とかげのしっぽ切り

二度と騙されてはならない。
チャンネル桜と倉山満の間で生じた内ゲバは、いわば、トカゲのしっぽきりです。

トカゲが自分のしっぽを切り離して、敵の注意がばたばた暴れるしっぽに向いている間に、とかげがさっさと逃げるように、先鋭化した原理主義的な「安倍真理教」を掲げる倉山満一派を切り離すことで、チャンネル桜は、安倍晋三を支持して以来、内部に蓄積させてきた矛盾の切り離しと、チャンネル桜本体の生き残りを図ったということです。

批判の矛先が倉山にむけば、チャンネル桜は本来は自分たちに向けられるべき批判を回避することができますし、倉山は倉山で、安倍晋三を過剰に信じ込んでしまった人たちを内部に取り込む事ができます。

この茶番劇がシナリオに従って演じられているかどうかまではわかりませんが、チャンネル桜と倉山満の両者にとって「おいしい」展開であるのは確かだと思います。

倉山満を切り離すと同時に、チャンネル桜が安倍晋三への批判に転じたからといって、油断をして、チャンネル桜の言説を鵜呑みにしてしまうと、ふたたび、あらぬ方向へと誘導されることになりますから、よくよく彼らの語る言葉にはまゆにつばをして聞くようにしていただきたいと思います。特に彼らが特定の政治家や政党を推し始めたときには注意してください。

今回の茶番劇は、チャンネル桜と倉山満のどちらが正しいかという問題ではありません。チャンネル桜も倉山満も、安倍晋三というグローバリストが真の愛国政治家であるかのように、私たちを、さまざまなプロパガンダの手法を使って組織的、計画的に欺いてきた同じ穴の狢であることを忘れてはなりません。

また、なんだかんだと詭弁を使って、チャンネル桜を擁護する人々が必ず現れるはずですが、そのような人々にもよく注意を払っていただきたいと思います。私たちが守るべきものは、「日本」なのであって、「日本以外の何か」ではありません。「日本」を犠牲にして「日本以外の何か」を守ろうとすることの愚を、今回、安倍晋三という男を通じて私たちは嫌というほど十分にあじわったはずです。

チャンネル桜が意図的に我々を騙したにせよ(私は彼らの言説を観察した結果そのように判断していますが)、彼ら自身が騙されたにせよ(そんなことはまずありえませんが)、かけがえのない「日本」を守る上で、彼らの言説が、結果として日本の未来と国民生活に、甚大な実害を与えてしまったわけですから、その責任は必ず問われなくてはなりません。彼らの過ちを安易に許す事は絶対にあってはなりません。

私たちはままごとやゲームをしているのではない。

次世代に国を受け継いで行くというのは、ごっこ遊びではない。

プロの言論人の集団が、こぞって「間違ってました」で済む話ではない。

チャンネル桜に関わるプロの言論人たちが何人もいて、その集団の誰一人として、安倍晋三がグローバリストであることに最近まで全く気づかなかったなどというばかなことが、あるはずがありません。

彼らは、安倍晋三がグローバリストであることを最初から分かっていながら、安倍晋三が愛国者であるかのように見せかける情報工作に組織的に加担し、世論を煽動して参院選の勝利を安倍晋三にもたらし、安倍晋三が「ドリルの刃」と化して日本の国家解体を極限まで押し進める環境づくりを助けた。

結果によってすべてが厳正に判断され、その責任が厳しく追求されなくてはなりません。

ブログ・ランキングにご協力ください。
一日一回、右のバナーをクリック願います。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

記事の動画化

この記事を動画にして、ニコニコ動画に投稿しました。

とかげのしっぽ切り
http://www.nicovideo.jp/watch/sm22076841

No title

>先鋭化した原理主義的な「安倍真理教」を掲げる倉山満一派

それにしても、倉山は自分の書いたブログを読み返したりしないんですかね?

http://www.kurayama.jp/modules/wordpress/index.php?p=774
私はこれからの日本に大して希望をつなぐことができない。
このままいったら「日本」はなくなってしまうのではないかという感を日ましに深くする。
日本はなくなって、その代わりに、無機質な、からっぽな、ニュートラルな、中間色の、富裕な、抜け目がない、ある経済大国が極東の一角に残るであろう。 


三島由紀夫の残した予言を引用し、倉山はこう言います。

無機質? その通りですね。
からっぽ? 同じく。
ニュートラル? 色々な意味で偏っているような。
中間色? 私には、アカとか桃色に見えます。
富裕? ではなくなりました。
抜け目がない? 泣きたくなるくらいマヌケです。
経済大国? 今や経済小国です。

日本が無くなるってどういう意味だろう。。。
最近、本気でわからなくなってきた。


安倍こそは、三島が警鐘を鳴らしている
『無機質な、からっぽな、ニュートラルな、中間色の、富裕な、抜け目がない、ある経済大国』
を『ドリルの刃』として目指している当の張本人ではないですか!

「安倍原理主義者」の倉山は、何を思って三島由紀夫の予言を紹介したのでしょうかね・・・

かつて・・・

「ソ連は労働者の天国!」
「中国は毛沢東主席の素晴らしい指導により大躍進を遂げている!」
「北朝鮮は地上の楽園!」

冷戦時代、散々このように主張してきた人々が居りました。
しかしソ連が崩壊し、東欧諸国が民主化し、中国の文革の実態や北朝鮮の実態が明るみに出るにつれ、彼らはその責任を取ったでしょうか?

朝日・毎日新聞が廃業していないのを見れば、全く何の責任も取っていないのが明らかですし、
・本多勝一(毛沢東を賛美)
・洞富雄(スターリン・毛沢東を賛美)
・藤原彰(毛沢東・北朝鮮を賛美
・井上清(毛沢東・文化大革命を賛美)
・和田春樹(ソ連・スターリンを賛美)
などなどが、臆面もなくのうのうと発言し、またかつての自分の間違った書物を回収もしていません。
それどころか「慰安婦問題」とか「歴史認識問題」に活動を移し、「日本は悪かった~」と世界に向かって主張し続けた始末です。

彼らの言動を見れば、日本の言論家たちは

「責任を取らないのが常識」

のように見えます。

今から10年近く昔になりますが、そんなサヨク達の無責任さを、水島はチャンネル桜の番組の中で痛烈に批判していました。
証拠の動画が見つからないのが申し訳ないのですが・・・

証拠の動画は見つかりませんでしたが、上記のサヨク言論人の無責任さには、水島もチャンネル桜系言論人も怒りを覚えるはずでしょう。
その怒りは正当ですし、真っ当な感情です。

であるならば、今回の安倍にまつわる様々な問題でミスリードを繰り返した件について批判されるのも当然の論理的帰結ですよね?

「北朝鮮は地上の楽園」と言ったサヨク言論人と、
「安倍晋三こそ日本の救世主」と言ったあなた方と、

一体如何なる違いがありましょうか???

チャンネル桜の次の手は、沖縄・尖閣だと思います

No title

消費税増税宣言で、安倍が「とんでもない奴」だと見破られて、このままでは自分達が信用されなくなり、
 
総スカンを喰らうと察知して、

姑息にも「方向転換」せざるを得なかっただけなのでしょう。(今度ので二千人委員会からの脱会者が

急速に増えていくのは間違い無いと思います!)

水島は、今日首相官邸で「消費税反対」デモを行ったようですが、それだけ?

「TPP撤回」デモ、否「安倍内閣倒閣」デモをすべきだったろうに。テレビでの表情も固くなっており、言葉も途切れ途切れでしたね!

「騙された」というのなら、「無能」さが明らかになっただけの事で、言論人としては大失格の烙印を押されたという事。彼の主張を

もう二度と信じる事は無いでしょう。「扇動家」と言うべきでしょう!
WJFプロジェクトについて
ご寄付のお願い
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
蓮舫の二重国籍問題のジレンマ

違う入り口を選んだハズなのに、ドアを開けると、同じ出口につながっている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。