「TPP11協定批准反対」院内集会(第2回)のお知らせ

「TPP11協定批准反対」院内集会(第2回)。
TPP違憲訴訟の会より、「TPP11協定批准反対」院内集会(第2回)の告知が届きましたのでお知らせします。

各位

日頃より、当会の活動に対する御理解とご協力に対し、冒頭厚くお礼を申し上げます。

TPP11(CPTPP)は、協定の承認案が5月18日に、関連法案が同25日に、それぞれ衆議院本会議で可決されてしまいました。「森友」「加計」疑惑や「働き方改革」法案をめぐって国会が緊迫するなか、TPP11協定案の外務委員会での審議はわずか6時間、関連法案の内閣委員会での審議は、参考人質疑、農水委員会との連合審査を含めても17時間という短時間でした。

私たちは、農産物輸入がTPP12以上に急増するおそれがあること、アメリカが二国間交渉で日米FTAの要求を強めることは必至であることなど、TPP11の危険を指摘し、慎重な審議を行うことを繰り返し求めてきました。これらの疑問点や不安を置き去りにしたまま、野党議員の反対を押し切って可決した政府・与党などの強引な国会運営は、決して許すことができません。

TPP11の国会審議は、参議院に舞台を移します。私たちは、ひきつづき野党議員のみなさんとも協力して、「協定案を衆議院に差し戻せ!」「関連法案は徹底審議せよ!」の声を強め、批准阻止のために全力をあげます。

ついては、下記の通り「批准反対」の院内集会を開催します。前回は会場に入りきれないほどの参加者が集まりました。会期末まで力を合わせて反対の世論と運動を広げていきたいと思いますので、ぜひご参加くださいますようご案内申し上げます。

         記

「TPP11協定批准反対」院内集会(第2回)
日 時: 6月6日(水)11:30~12:30
場 所: 衆議院第一議員会館第5会議室
内 容: ① 全国共同行動からの問題提起と国会議員への要請
② 国会議員からの情勢報告と連帯あいさつ

  ※ 院内集会の後、議員会館前で抗議アクションを行います。合わせてご参加ください

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【韓国 ソン・ギホ弁護士 学習会のご案内】
韓米FTA問題に取り組んでおられる韓国のソン・ギホ(宋基昊)弁護士を招き、学習会を下記のとおり開催いたします。 参加ご希望の方はメールにてお申し込みください。
人数に制限がありますので定員に達し次第締め切らさせていただきます。
※当日受付不可

           記

日時:6月18日(月) 17時から
場所:衆議院第1議員会館・第2会議室
参加申込:メールのみ受付(定員に達し次第締め切ります。当日受付不可)
info@tpphantai.com に件名「6/18学習会希望」、名前・連絡先を明記の上、ご連絡ください。

以上
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

WJFプロジェクトについて
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
憲法改正は天皇制の崩壊につながる

今後、皇室を敬愛しないであろう移民や日本国籍を取得する外国人が増え、憲法改正の手続きが簡易化され、憲法改正が頻繁に行われるようになれば、天皇の地位は守られていくどころか、逆に脅かされることになります。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。