三橋貴明はとっとと廃業しろ

しらばっくれるのもいい加減にしろ。
著名な経済評論家の三橋貴明氏は、なんとまあ、今頃になってやっと、安倍晋三がグローバリストであることに気づいたそうです。

棚田とトスカナの別荘(三橋貴明ブログ2013年10月5日)

笑わせるんじゃない。

おい、三橋貴明、お前が本当にそんな見識のない馬鹿な男であるならば、評論家などとっとと廃業しろ。
国民を「騙そうとしていた」「騙している」わけですから、あなた方は民主主義国家において情報産業で生きる資格がありません。もし、国民を騙そうとしていたわけではないのであれば、はっきり言って知能、知識不足です。いずれにせよ、あなた方に日本の情報産業における職はありません。

しかし、私はあなたがそんなに馬鹿な男だとは思わない。

倉山満が、消費税増税の責任をすべて財務省の木下某に押し付けたように、あなたは、安倍の掲げる新自由主義的な政策の責任をことごとく竹中平蔵や産業競争力会議に押し付けてきた。そして、あたかも、安倍晋三が竹中平蔵や産業競争力会議の構造改革推進論者たちと戦っているかのような嘘をついてきたではないですか。

あなたが採用した欺瞞の構造は、倉山満と全く同一のものです。

「彼ら」の洗脳手法: まとめという記事の中で、私が「スケープゴート」と呼んだ手法によって、あなたがた「インチキな仕立て屋」たちは、あらゆる安倍政権の国家破壊的な政策の責任を、安倍以外の人間に押し付けることで、安倍晋三に国民の批判が向かないように意図的にしむけてきたではないですか。

あなたがたは、今になって、安倍晋三がグローバリストであることに気づいたのではない。最初から分かっていた。分かっていながら国民を組織的、意図的に欺いた。これが事実です。

6月のロンドンでの安倍晋三の講演を、あなたも見ているはずです。にもかかわらず、あなたはいつまでも読者に対して真実を語らなかった。

参院選に安倍を勝たせて、もはや擁護する必要がなくなり、消費税増税に伴う国民の怒りに押されて、今頃、安倍晋三がグローバリストであることに気づいたふりをして批判に転じているだけの話です。

どいつも、こいつも、お前たち、インチキな「保守」言論人のやっていることは、醜悪きわまりない。

へどがでます。

国民が怒りだしたからといって、こそこそパレードをやめてんじゃねーぞ。

国民が石を投げつける中を、「安倍さんを信じよう」「安倍さんを信じよう」と唱えながら、「裸の王様」安倍晋三と一緒に、お前たち「インチキな仕立て屋」が始めたそのパレードを最後まで続けなさい。

この腰巾着どもが。

ブログ・ランキングにご協力ください。
一日一回、右のバナーをクリック願います。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

私達には選択肢が安倍晋三しかなかっただけ!ちょっとだけ、夢を見てただけ!

安倍晋三の正体を、知りつつ、もしや?と思ったのは、三橋さんだけでは無かったと思う!以前から、新自由主義的な発言を繰り返していた安倍晋三に対して、決して警戒感が、無かった訳ではない!でも、民主党政権に終止符をうち、日本を闇から救いだすためには、安倍晋三しか無かったと思う!自民党も巧妙に、政策、公約を曖昧にする事で支持層を広げる事に成功したと思う!
また、アベノミクスと云う、超ベタなデフレ脱却政策を掲げていたため
!「もしや?」「ひょっとしたら、本気かも?」「いつのまにか、宗旨替えしたのかも?」と勘違いしていたのは確かでしょう!

No title

済州島4・3事件でした。すみません。

ところで皆、三橋貴明の小説とブログ名を思い出せ。


「新世紀のビッグブラザーへ」


ビッグブラザーって何か知ってるかい?

ビッグブラザーというのは、イギリスの作家、ジョージ・オーウェルが1949年に刊行した

「1984年」というディストピア小説の中の登場人物だ。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%93%E3%83%83%E3%82%B0%E3%83%BB%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%B6%E3%83%BC

なぜ三橋はそんなタイトルにしたんだろう?

三橋は知っていたんじゃないかな?知らされていたんじゃないかな?

これから訪れる世界を。

彼らの仲間だから。末端の一人だから。

「このままだと民主党や左翼がそのような世界を作るから」と警告を発しておいて、それを阻止する振りをしながら、実は自分や自民党こそがその成立のための加担者だったわけだ。

三橋のやってきたことは、「二重思考」そのものじゃないか。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%8C%E9%87%8D%E6%80%9D%E8%80%83



No title

議員は2006年の段階で相当数国際勝共連合に関わっているようですから、現在は地方議員や秘書を含めて拘わらない人はいないくらいなのかなと。
http://gomisoji.web.fc2.com/index14.html
創価学会が世界ワンワールドと言っていたのはもう30年も40年も前、統一と創価は根は一緒なんでしょうね。
http://blog.livedoor.jp/sky7777777777/archives/51225767.html
国民が暴動を起こしてこの流れを止めないといけないくらいなのに全く騒がない、現実を理解できていない。
私が応援した地元の議員はTPP対策委員会主幹 党首選では安倍さんを支持していました。怒りの電話を入れてやりました。今後とも応援よろしくと言われたので、TPP反対しないと支持できないと言ってやりました。

No title

滅茶苦茶?

ぶれてはいないよ。

日本の保守の正体は、済州島3・4事件で

済州島から密入国してきた左翼朝鮮人のなりすましだからね。

左翼で朝鮮人という、二重で偽装保守なんだよ。

その目的は、

アメリカの代理人として、日本を支配すること。

アメリカによる支配占領という、日本の戦後体制を維持すること。

アメリカの利益に奉仕すること。

朝鮮人として憎い日本を滅茶苦茶にすること。

そして間もなく訪れる、国際金融資本によって人類史上初めて統一された世界、「新世界秩序」という全体主義に日本を導くこと。

記事の動画化

この記事を動画にして、ニコニコ動画に投稿しました。

三橋貴明はとっとと廃業しろ
http://www.nicovideo.jp/watch/sm22071969

もう保守もめちゃくちゃですね。

日本が好きな人のブログさん
10/8 三橋貴明「あなた方に日本の情報産業における職はありません」 (笑)
この記事もWJFさん同様にわかりやすいですね。
参院選は今後の日本を決めてしまう大事な選挙でした。捻れを維持しないと大変な事が起こるからTPP,道州制に反対の野党に入れようと声を挙げてもレッテル貼りされて届かなくされましたよ。この結果が現在の安倍自民党の状態。煽った人、(それに乗った人も)の責任は重大です。

noさん

昨年の衆議院選は、民主がああだったから、自民が浮上してくるのは仕方がない流れだったでしょう。私が問題にしているのは、安倍がTPP参加を表明し、6月のロンドン講演では安倍のグローバリストとしての本質がむき出しになったあとも、なぜあいもかわらず「保守」を名乗る人々が安倍を支持しつづけて参院戦を勝たせたのかということです。参院戦は政権を決める選挙ではないのだから、ねじれを維持する選択肢はあったはずです。TPPをやるのだ宣言している政権を支持しつづけるというのは狂気の沙汰ではありません。

>俺は三橋氏が主張していることが多数派になればよかったって思ってるよ。

彼の過去の言説をよく観察してごらんなさい。彼が繰り返し言ってきた事は、「自民(善)vs民主(悪)」「安倍(善)vs安倍以外のもの(悪」)という誤った刷り込みです。彼は安倍というグローバリストを神格化した最も悪質な言論人の一人です。彼が言ってきた事が多数派になった結果まねいたのが今の状況です。その責任をうやむやにしてはならない。彼らは「プロ」の言論人なのですから。

No title

去年の自民党総裁選

TPPと消費税を回避する可能性のあった候補者は安倍さんだけだったよ。
あの時安倍さんを本気で応援した人達はそれを期待している人が多かったんじゃないの?

やっぱり一番の問題は裏切られたことを問題にしない世論を形成した日本人自身じゃないの?

なんで三橋氏が攻撃対象になるのか意味が分からない。
三橋氏が推さなかったらひょっとしたら安倍政権じゃなかったかもしれないけど
石原か石破が勝てばよかったってことか?

結果は最悪なことになりつつあるけど安倍政権だからこうなったのか?
安倍さんを推したから詐欺師とか馬鹿言ってんなよ。

俺は三橋氏が主張していることが多数派になればよかったって思ってるよ。

関係ないことだけど。。。
[ですます]文章なのか、どっちかに統一してほしい
言ってること以前の問題
[ーだ]の後に[ーです]とかw

俺も、三橋の欺瞞、インチキはスレ主の言う通りだと思う
三橋は安倍を無理に持ち上げ過ぎた
愛国保守を気取る売国奴ほど手に負えないものはない
そういえばこの三橋。原発推進みたいだなw
伊方原発に行ってきたとかw
伊方なんて、本当に危険な原発で、何時事故が起きても不思議ではない
福島収束してないのに原発再稼働とか、キチガイにも程がある

三橋は、心の底からダメな男だわw
下痢便糞野郎と同じで、愛国保守を気取る売国奴ほど救いようがないものはないw

望さん

有能な詐欺師は、自分の話を100%嘘で固めたりはしません。毒リンゴのように、90%の本当の話の中に10%の深刻な「毒」(嘘)を巧妙に忍び込ませます。三橋やチャンネル桜がやっている事もそうであり、彼らが述べている事が100%誤りであるというのは事実ではありません。彼らは正しい事も述べています。しかし、彼らの話の中の10%の「毒」が見抜けないのであれば、望さんのおっしゃるとおり、彼らの言説に始めから近寄らない方が賢明です。

このサイトのコメント欄は議論する場所としては設けていませんので、先ほどもお願いしたとおり、続きの議論は立派なブログをお持ちですので、ご自分のブログ上で展開していただくようにお願いします。

No title

>三橋の政局以外に関する主張が完全にでたらめであるならば
>三橋の安倍批判は全くのデタラメということになってしまいます。
>信じるか信じないかではなく自分で考えて何が正しいかを判断するのが重要だと思います。

こうして並べてみると、結論は「三橋を信じましょう」にしかならないんですよ。

洗脳・マインドコントロールされてる人間は、皆自分で考えて判断してるんです。

洗脳がとけてから騙されたことに気付くのです。「自分で考えて何が正しいかを判断する」と言う言葉には何の意味もありません。

相手はプロの詐欺師です。騙されるなと言っても無理です。三橋が詐欺師だと気付いたら、三橋から離れる以外にありません。三橋や三橋信者の言う事には一切耳を傾けない事、それ以外にありません。

三橋の言説はマーク式のテストでわざと間違いに誘導するようなもので、シナリオを書いてる人がいるような気がします。

No title

自分が糾弾していたことがブーメランとして自らに突き刺さる。
恥ずかしい奴だな。

もし、本当に安倍と自民の企み、危険性を見抜けなかったのなら
ただのピュアな馬鹿。こいつ自身未来の自分を過去のブログで批判してたわけだ
あんなけデータにうるさいから、安倍の行動・言論をチェックしてない理由はない
よって可能性は低い。
つまり、
知ってて煽った可能性が高い。
よって、ただの売国ゼニゲバ似非保守作家。ということになる。

No title

三橋の政局以外に関する主張が完全にでたらめであるならば
三橋の安倍批判は全くのデタラメということになってしまいます。
安倍晋三が正しいのであれば日本が良い方向へ進むでしょうがそうとは思えません。

三橋のデフレによる自分の利益拡大という疑義はなくなりません。
彼の主張には気をつけなければならないところもあるでしょうが
安倍晋三と真逆の主張をしているのは間違いないはずです。

信じるか信じないかではなく自分で考えて何が正しいかを判断するのが重要だと思います。
そうでなければ安倍信者のように妄信し続けてしまうと思います。

お金を払ってしまったがためにそれを無駄にしたくないという気持ちから
自分を言い聞かせるために、信仰心のようなものが生まれてしまうという人もいると思うので
そういう方は書籍等にお金を支払わないようにしたほうが良いでしょう。

我々のできること、、

月並みな考えですが、まずは三橋貴明、渡邊哲也、上念司、倉山満等チャンネル桜のレギュラー陣の本など一切購入などしないこと!勿論、奴等の主宰する各種有料の勉強会等にも一切参加しないこと!

いまだにチャンネル桜の「二千人委員会」及び、「友の会」として金銭面でチャンネル桜を支えている方々は早急に脱会すること!

そして今後一切カンパしないこと!

以上のことを徹底することです!!

No title

ってかこんな奴まだ信じてる奴いるのかよ、依存心の高い人間が嵌るのかな…。

本当にそう、TPP交渉参加表明・ロンドンの講演を聴いた時点で
まともな保守なら安倍&自民に眉につばをつけて警告しなければならないのに
三橋は、スルーorマスコミの飛ばし記事ーっ責任転嫁で安倍&自民を擁護。
そして着々と売国が進み、今回の悲劇を招いた。(倉ナントカと水島のおっさんも同じく)

ブログで自分の責任を明確にせずに、これからも経済を分かっている他の自民議員に
教えを説いていゆく宣言。マジで二度と保守を語るな。そして皆もこんな奴に騙されるなよ。
お前と自民のマッチポンプは見たくないし、信者から金巻き上げるのは止めてやれ。
巻き上げた現金ニコニコ実はデフレで嬉しい!ってか。

望さん

三橋貴明は、デフレ下で、金融政策(アベノミクスの第一の矢)と、財政政策(アベノミクスの第二の矢)を同時に実施することの有効性を繰り返し説いてきましたが、これ自体は、クルーグマンや、ステグリッツといったノーベル経済学賞を受賞した経済学者たちも正しい政策であると認めているものです。

このままゆるやかにデフレから脱却していけば、自ずから財政は均衡していくはずでした。

マクロ経済とは国家を単位に見なければならないものであり、政府という主体にのみ着目して、政府の財政収支を経済状況に関係なく常に均衡させなくてはならないとする、原理主義的な財政均衡主義が長期のデフレ経済を引き起こしてきた事はまぎれもない事実です。

安倍政権の過ちは、アベノミクスの第一の矢と第二の矢にあるのではなく、第三の矢として、デフレを促進するような規制緩和や新自由主義的な構造改革を導入したり、消費税増税を決定したことです。アベノミクスの第一・第二の矢のもつデフレ脱却効果を打ち消すような政策を導入して支離滅裂な状態に陥っています。

また、三橋貴明の過ちは、三橋貴明が従来語ってきた思想とは正逆の思想をもつ過激な新自由主義者であり、グローバリストである安倍晋三を、あたかも救世主のように祭り上げてしまったこと、また民主党をスケープゴートとして利用することによって自民党が正義の愛国政党であるかのような事実と異なる刷り込みを読者に対して執拗に行ってきたことです。

この議論の続きは、ご自身のブログ上で展開していただきたいと思います。

匿名様へ

私のブログ記事に対する批判・反論であれば、私のブログに直接書いてください。

>経済学の主張とずれているのであれば、その間違いを定性的な話で論破しなければならたいと思います。

とっくに論破しています。あなたは日銀が国債を買い続ける事が可能だと思ってるのですか?

日銀が国債を買う事を止めたら、どうなるかもすでに指摘しています。


>マイルドなインフレが解だというのが主な主張だと思います

日銀がインフレ率や国債金利をコントロールする事は出来ません。つまり市場をコントロールする事は出来ません。三橋の頭には市場原理が無い。何度も言うように三橋教は経済学ではありません。

No title

枝葉の問題とおっしゃりますが結構重要な話だと思いますよ。

>日本円がどこへ向かったかを追跡調査でもしない限り、日本国債購入に向かったかどうかはわからない。

三橋の主張ではデフレにより通貨の価値が上がるので預金が増えていき、銀行は預金の利子を回収するための日本円の運用先が日本国債しか無いということです。
仮に別の日本円の運用先があるのなら、誰かが借金をして投資をするということなので良いことであると主張されています。

三橋は数字とか言ってるのかもしれませんが、個人的な印象として、定性的な話をすることが多いと思います。
それが常識と合っていると感じている人が多いのだと思います。
これらの主張が経済学の主張とずれているのであれば、その間違いを定性的な話で論破しなければならたいと思います。

一応動画も見ましたが冷静になったほうがいいと思います。
マイルドなインフレが解だというのが主な主張だと思います。

No title

詐欺師たちは要は自分達が「A層」になって、自分達だけは「勝ち組」となって

助かりたいだけの御仁達なのでしょう。そういうエゴイスト詐欺師連中に

騙されてきていたと言えます。

そう考えてみれば彼らの言動はすっきり見えてきます。

自分達だけが経済貧民から抜け出し、権力の犬になりたいだけのだと。

三橋の本音

>ドイツ国債や米国債は日本円では買えません。
>日本円を別の通貨と両替して買うわけです。
>日本円がどこへ向かうのが日本国債だろうというのが三橋の主張

日本円がどこへ向かったかを追跡調査でもしない限り、日本国債購入に向かったかどうかはわからない。

「「統計的」に当たり前の話」と三橋が言うのなら、統計を示さないと無意味。経済評論家を自称するなら、「当たり前の話」では済まされない。

根本的な問題は別にある。この手の話は枝葉であって、木の幹や根ではないのだ。

三橋の頭には市場原理が欠落している。根本的な問題はそこであり、市場原理を欠いた経済学などあり得ないから、三橋が経済学を理解しているかどうか疑問だ。意図的にウソを言って洗脳してるのだろう。

池田信夫が三橋の言う事は全部あるいは殆どウソだと言うのもまさにそこだ。日銀が国債を買えば済むと言う話ではない。国債価格を決めるのは市場だ。

物価上昇分の国債金利の上昇があるのが普通だが、今のところ日銀が国債の7割を買うと宣言しており、金融機関は日銀に転売する事を目的に国債を買っている。すでに日銀による財政ファイナンスと殆ど同じ事だ。これを止めたら国債金利は上昇するし、続ければ国債や円は信用を失う。米国はQEを止める事が出来ない。QEは覚せい剤のようなもので、止める事が難しい。日本も止める事が難しいのだが。

資源も食糧も輸入に依存している日本が日銀による国債買い入れで借金返済などできない。しかも金融危機に備えて各国は金地金を持っているのが普通だが、日本が所有する金地金の量はドイツの5分の1に過ぎない。日本の外貨準備の7割は売ることのできない米国債である。円の価値を担保する物が何もない。

国の借金は政府の負債だから国民に返済義務がないというのも、小学生レベルのウソ。政府が負債を増やせば、国民の金融資産が増えるというのもトンデモなウソで、実際国民の金融資産は多少の変動があっても90年代から増えていない。これは三橋自身も小黒との討論の中で認めている事実であるにも関わらず、いまだに同じウソをつき続けている。

【経済討論】2011年 どうなる!?日本と世界経済の行方
この討論で小黒は三橋を完全論破している。小黒の主張に三橋は一言も反論できていない。
そして三橋と水島は戦後のようにハイパーインフレで国の借金を無くせと言う。さらに三橋は金融資産税で国民の資産を奪えと主張している。戦後はハイパーインフレと資産税、預金封鎖、新円切り替えで政府は国民の資産を強奪し借金を無くしたのである。三橋は戦後同様ハイパーインフレと資産税で国民の資産を奪えと主張しているのだ。この討論の中で三橋は本音を言っているのである。

三橋自身が本音を言ってるのだから、もう何を行っても無駄。三橋を擁護する事は出来ない。

http://www.youtube.com/watch?v=jhm2wc4zFeo
http://www.youtube.com/watch?v=Em8e-of75gk
http://www.youtube.com/watch?v=LRnuVHELfQI

↓に解説がある。文字起こししてる。
http://megu777.blogspot.jp/2011/11/blog-post.html
↑のブログのコメントより。
>仕事上、私は取引先の複数の銀行の支店長に「銀行が保有する日本国債を一斉に売りに出したら、金融庁はどう動くか?」と聞いたところ、皆、「頭取のクビが飛びます」との回答でした。
>日本国債は日本の金融機関が積極的に買っているのではなく、「買わされている」「売らせてもらえない」のが現状だと思います。

以前から国債は政府が金融機関に強制的に買わせてきたと言われていた。藤井厳喜等もそう主張していた。藤井厳喜はチャンネル桜に出るようになってから、それまでの主張を180度変えたが、単にチャンネル桜に出たかったからだろう。

No title

一応1点だけ書き込みます

>株と日本国債しか買う物が無いのか?と直ぐ突っ込みを入れたくなる。株価が下がると株よりも比較的リスクの少ない社債や国債が買われる事が多いが、日本国債が買われるとは限らない。ドイツ国債や米国債等の外国債も購入の選択肢に入る事は言うまでもない。

ドイツ国債や米国債は日本円では買えません。
日本円を別の通貨と両替して買うわけです。
日本円がどこへ向かうのが日本国債だろうというのが三橋の主張

今回三橋氏が愚かな行為を行っており、工作員と言われてもおかしくないのは間違いありませんが
主張すべてが間違っているという決めつけも危ない行為だと思います。

No title

http://urayamaneko.seesaa.net/article/374469152.html

アベノミクス詐欺・売国奴・三橋貴明の洗脳方法と統一教会の洗脳方法の類似性

自称経済評論家三橋貴明の教義は完全なマジ基地カルト宗教で、三橋に洗脳されておかしくなった信者が後を絶たない。三橋信者=安倍信者であり、B層を大量に洗脳している。三橋は独学でいろんな経済学の本を読んだらしいが、体系的に経済学を学んだ形跡はなく、自分に都合の良い部分をつまみ食いし、都合の悪いところは無視することで表面的には経済学を装いながら、実は経済学でも何でもないマジ基地な教義を作っている。平和憲法だの自分に都合の良い部分だけを切り取って妄想を語る自称憲法学者土井たか子に似ている。土井たか子には学歴詐称疑惑があるのだが、三橋には経歴詐称疑惑が浮上している。
http://megu777.blogspot.jp/2011/10/blog-post_22.html

三橋は安倍信者でアベノミクスを持ち上げる一方で、TPP反対の立場をとっており、TPP賛成派を売国奴と罵っている。ところがTPPに積極的に参加した安倍を全く批判しないのだ。

>株価が下がったら「株式を売ったおカネ」が国債に向かい、国債価格は上昇し、金利は低下します。そんなことは「統計的」に当たり前の話である

株と日本国債しか買う物が無いのか?と直ぐ突っ込みを入れたくなる。株価が下がると株よりも比較的リスクの少ない社債や国債が買われる事が多いが、日本国債が買われるとは限らない。ドイツ国債や米国債等の外国債も購入の選択肢に入る事は言うまでもない。

>そもそも、『国の借金』ではなく、政府の借金だろ

政府には元々収入が無いのだ。だから治安の維持や国防のような必要最小限の事しかしない政府でも、政府を運営する資金を税金で賄っているのだ。個人がガードマンを雇うようなものだが、そんなことは金持ちにしかできないから、国民は税金を払って対価として治安の維持と言うサービスを得ているのである。

国債発行は増税の代わりに行うものであり、増税を先送りしているにすぎないのだから、国民が税金で政府の借金を返済する以外無いのである。歳出削減を徹底的に行い無駄を省くべきなのは言うまでもない。

>「日本政府の借金なんぞ、日銀が買い取れば終わる話じゃないか」

そんな簡単な話ではないのだが、この発言を繰り返しているところに三橋教の特徴が良く現れている。三橋には日銀が国債を買う事を市場がどう判断するか?この視点が完全に欠落している。国債価格および国債金利を決めるのは日銀ではなく市場である。三橋の頭の中には、そもそも市場と言うものが無いのだ。三橋は市場原理を全く理解していない。市場原理を無視しては経済学は成り立たない。

>生産年齢人口が減少していくのが本当に問題なら、供給能力不足で日本はインフレになります
>デフレに苦しんでいる状況で「人口が減少で~」などと言い出している時点で、「頭悪い・・・・」としか表現のしようがないのです。
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-11609902194.html

生産者は同時に消費者でもある。現役世代が払う年金で生活している高齢者は生産年齢人口には加えていないが、形の上では消費者である。税金で生活している公務員、夫の収入で生活している専業主婦や保険料や税金で支えられている医療・福祉関係従事者等も形の上での消費者であって本来は生産者ではない。彼らの収入は生産者の稼いだお金だ。年金老人が1万円消費したところで、その1万円は現役世代が払った年金保険料から出ているのだから、現役世代が1万円消費を減らしていることになる。高齢者は消費より貯蓄に回す傾向が強いから、消費の全体量は減る。また生産者数が減少すれば彼らが支払う税金や保険料も減るから全体で消費は減る。生産者数の減少は実質的な消費者数の減少を招く。税金や保険料の負担を増やしても、消費に回す額が減る。(税収の殆どが借金の利払いとして金融機関に支払われるから、国や地方の借金も消費を減らすことになる。)生産年齢人口(実質的な消費者)が減少していけば需要不足が起こる。需要が減って供給過剰になるからデフレになると言うのが常識であろう。三橋の言う事は少し考えればおかしいと直ぐに気付くトンデモ論ばかりなのだ。

三橋が登場したのは2009年頃で、韓国経済がやばいとか「他人の家の火事見物をしない君子はいない」と言う韓国のことわざ通りの人の不幸を喜ぶタイトルの本だった。(読んでいないが)日本では人の不幸は蜜の味と言う。下劣な人間のする事として知られている。

自分の家から火が出ているのに他人の家の火事見物をするバカはいない。三橋は自分の家から出た火を見ないように他人の家の火事見物をしようと呼びかけている。自分の家から火が出ても大丈夫だ、安心しろと洗脳している。原発から火が出ても爆発しても放射性物質が出ても大丈夫だ、安心しろと今でも呼びかけている。例のあれだ。三橋やチャンネル桜は自分の家から火が出ても、中国や韓国の火事見物をしようと呼びかけている。

>彼の「経済論」の目的は、「日本は韓国や中国より優れている」と証明する事の様に思えます。
>それが、長引く景気低迷で悲観的になっている若者の心に希望を植え付けるのでしょう。
>同時に、ネトウヨ的な現在の風潮にシンクロして支持を拡大します。
http://green.ap.teacup.com/pekepon/1155.html
日本は韓国や中国より優れていると言う優越感(しばしば劣等感の裏返しとして見られる)だけではなく、日本の財政破綻問題から目をそらす事が目的でもあるようだ。

三橋の洗脳方法はGHQのそれに似ている。国民が敗戦でどうなるのか不安で仕方が無い時に、国民は悪くない、悪いのは軍部と言って安心させる。ドイツでも国民は悪くない、悪いのはナチスだと安心させる洗脳が行われた。日本はこのままでは財政破綻してしまうと不安がってるところに、日本は絶対に財政破綻しないから安心しろ、と言って洗脳する。三橋のこの洗脳方法は統一教会のそれともよく似ている。統一教会は堕落論を説き「貴方にも堕落の血が流れてる」と信者を不安がらせ、後から「救世主(メシア)がいる」と言って安心させる。統一教会・勝共連合と安倍は岸の代からのつき合いである。統一教会とは限らないが安倍の側近には洗脳のプロ集団がいるのではないかと思われてならない。

統一教会(正式名称はもっと長い)は忍者のような存在で、団体名をひた隠しにして活動している。宗教団体あるいは政治団体である事すらひた隠しにして活動しているため、普段その存在に気付く事は殆ど無いが、確実にどこかに潜んで活動している。警察官が「統一教会だけは止めとけ」と言うくらいのカルト教団だ。

WJFも三橋批判をしている。それによると三橋の教義は単純な善悪二元論だと言う。元々善悪二元論は神とサタン、陰と陽、共産主義と自由主義等と言うように統一教会にも顕著に見られる教義である。例えば三橋の語る経済はものすごく単純で、インフレとデフレの二元論からなっている。デフレ時には通貨増刷、インフレ時には通貨を減らすだけと言うものである。

三橋の教祖的な発言や下劣で尊大な性格も信者を増やしている。三橋は専門の経済学者を「頭悪い・・・・」等と口汚くののしっている。マスコミに登場する著名な経済学者はすべて間違っていて、三橋本人だけが真理を語っているかのように言う。三橋信者は三橋を教祖として信仰するだけで、全く経済の勉強をしなくても、つまり何の努力もしなくても、米国の大学院で博士号を取った経済学者より上位に自分を置く事が出来る。教祖と自己を同一視する宗教団体にはよく見られる現象である。

三橋信者は三橋の教えは分りやすいと言う。それだけならいいが、だから三橋は正しいと彼らは言うのだ。彼らの中には、分りやすい事=正しい事と言う認識があるようだ。分りにくく感じたり、難しく感じたりするのは自分の勉強不足、知識不足のためだとは決して思わず、難しい物を理解しようとする努力を最初から放棄する。このような態度はゆとり教育の結果なのかも知れない。B層が日本を滅ぼすのなら、ゆとり教育が日本を滅ぼすとも言える。

No title

そもそも言論人じゃなくて工作員だし

 

三橋は、安倍が文芸春秋創刊90数年記念号の寄稿した内容に書かれていた「道義を重んじ、真の豊かさを知る、瑞穂の国の市場主義」に感銘を受けて、支持をしてきたと釈明していますね。

ならば、その発言の後、大よそ同じ人物とは思えない正反対の演説、行動ばかりしている安倍に対して、批判の矛先を向けることを何故してこなかったのか、言論人としての不誠実さしか感じません。

WJFさんの怒りはごもっともで、安倍の以下の如き代表的な発言を、ブログを日々発信していくだけの情報収集力を持つ三橋が見逃していたことは、まずあり得ないでしょう。

 「私は、この構造改革をむしろ加速させ、そして補強していきたいと考えております。」

 「TPPへの交渉参加はまさに国家百年の計であると私は信じます。」

 「国を開くこと、日本の市場を、オープンにすることです。これは、政治家となって以来、私の中に流れる一貫した哲学でした。」

 「固い、岩盤のような日本の規制を、私自身をドリルの刃(やいば)として、突き破ろうと思っています。」

これらの安倍の言葉から、散々三橋が批判してきている新自由主義者、構造改革者そのものであることが明白です。
しかも、三橋がいつも言ってる一次ソースで考えよという言葉のとおり、安倍本人が確実に発言した言葉ばかりです。

ドミナントストーリー=結論ありきで優先する物語を語るものは、絶対的価値を持つものであると彼は批判していましたが、彼は安倍総理に絶対的価値を置いたまま、自らの正しさを正しく行使することが出来てこれなかった無様な姿を晒しています。

言論人としての彼の価値はもはや地に落ちています。

No title

http://senkyo.mainichi.jp/46shu/kaihyo_area_meikan.html?mid=A35004001001
このアンケート調査を見てください。安倍は消費税賛成と回答しています
WJFプロジェクトについて
ご寄付のお願い
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
蓮舫の二重国籍問題のジレンマ

違う入り口を選んだハズなのに、ドアを開けると、同じ出口につながっている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。