人につかず事実につく(再掲)

さかき漣氏の至言。
コメント欄で、さかき漣氏のツイートを紹介していただきました。




「ある人物を尊敬したり影響を受けるのは悪いことではありませんが、その人物を盲信しては、ただの思考停止に陥るだけだと考えております。」

まったくその通りだと思います。

下は、「人につかず事実に付く」というWJFプロジェクトの古い記事の再掲です。

“自己をはこびて、萬法を修証するを迷いとす。萬法すすみて、自己を修証するは悟りなり。(出典: 道元『正法眼蔵』現成公案)”

事実に付かず人に付こうとするから、特定の誰それが批判されているだけで違和感を感じ腹を立てる。

事実に付かずに人に付こうとするから、「批判」を「悪口」と取り違える。

事実に付かずに人に付こうとするから、すぐに徒党を組もうとする。

事実に付かずに人に付こうとするから、自分の属する集団と、その外部の集団に対しては、二つの異なった基準で判断しようとする。

事実に付かずに人に付こうとするから、特定の誰それが語った言葉を、事実と違うことであっても鵜呑みにしてしまう。

事実に付かずに人に付こうとするから、物事が客観的に見られなくなる。

事実に付かずに人に付こうとするから、自分と異なる意見を持つ人に対して感情的な「悪口」を言ったりレッテルをはったりすることはできても、論理的に「批判」することができなくなる。

事実に付かずに人に付こうとするから、安倍信者という人々が生まれ、日本は大きな危険にさらされている。

事実に付かずに人に付こうとするから、「左翼VS右翼」「民主党VS自民党」といった二項対立に煽られる。

事実に付かずに人に付こうとするから、ある人々は「中野・三橋」一派に属し、ある人々は「上念・倉山」一派に属そうとする。

人に付くのではなく、事実に付く。

ソースを確認するという事実に対して厳正な姿勢をもっていれば、どんな人にも、どんな集団にも、どんな意見にも、等距離な客観的でニュートラルな姿勢を保つことができます。

大勢の意見に流されて、先入観に目を曇らされて、判断を誤ることも少なくなります。

人に付くのではなく、事実に付く。

互いに群れあって、既成の模範解答(ドグマ)を唱えあい、その模範解答(ドグマ)から外れた意見を持つ人々にレッテルをはったり悪口を言い合っていても意味がありません。

事実につく。

ソース(源流)をたどる。

ルーツ(根っこ)を深める。

そういう批判的な姿勢を保つことが大切だと思います。

“「独立の気力なき者は必ず人に依頼す、人に依頼する者は必ず人を恐る、人を恐るる者は必ず人に諛う(へつらう)ものなり。常に人を恐れ人に諛う者は次第にこれに慣れ、その面の皮鉄の如くなりて、恥ずべきを恥じず、論ずべきを論ぜず、人をさえ見ればただ腰を屈するのみ。」”

“「禍は思わぬところに起るものなり。国民に独立の気力いよいよ少なければ、国を売るの禍もまた随って益々大なるべし。即ち、この条の初に言える、人に依頼して悪事をなすはこの事なり。」”

“「一身独立して一国独立する」”

(出典: WJFプロジェクト「人につかず事実に付く」2014年5月29日)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

WJFプロジェクトについて
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
「TPP11協定批准反対」院内集会(第2回)のお知らせ

TPPへの関心が世の中に全く広まっていませんが、TPP批准阻止のために声をあげていきましょう。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。