近視眼的歴史観の持ち主たち

右翼と左翼は瓜二つ。
明治体制(明治維新から終戦までの体制)を理想化する戦前回帰型の皇室礼賛の右翼と、皇室全否定の左翼は、同じ近視眼的な歴史観の裏と表に過ぎない。

明治体制だけを見て、これを肯定すれば、皇室礼賛型の右翼ができるし、
明治体制だけを見て、これを否定すれば、皇室アレルギー、皇室全否定型の左翼ができる。

いずれの立場の人々も、明治維新以前の歴史と、明治維新以降の歴史が完全に切断されており、この二つを包括的、有機的に結びつける視点を欠いている。

彼らは、当ブログが繰り返し述べてきた「縄文から現代に至る日本人の歴史的あゆみの全体」を見通そうとする、俯瞰的な歴史観を持たない。

現在の自分が存在している場所を包摂している、過去の歴史全体を捉えようとする深みを持たないのである。

「縄文から現代に至る日本人の歴史的あゆみの全体」を見通す、俯瞰的な歴史観とは、同時に、「非政治」と「政治」を包括する、全体的世界観をもつことでもある。

明治体制だけに着目する近視眼的歴史観の持ち主たち(つまり右翼や左翼)の特徴は、「政治」に対して偏向した関心をもち、「非政治」の領域を軽んじたり、「非政治」の領域に留まる人々を「ノンポリ」だとか「愚民」だとかといって嘲ることである。

右翼も左翼も、日本人の全てが政治へ関心や知識をもち、彼らが「正しい」と信じる政治的立場につくべきだと信じている。

しかし、「政治」は常に、断片的なもの、特殊化されたもの、偏向したものに留まり、「縄文から現代に至る日本人の歴史的あゆみの全体」を包摂するような政治的立場は生まれようがない。

「非政治」が「政治」を包摂することはできても、逆はありえないからである。

ならば、日本人の全て(あるいは大多数)が、ある特定の政治的立場や政党に傾斜することは、そのこと自体が、日本の姿を大きく歪めることになるだろう。

大衆の過度の政治化は、ろくな結果を招かないことを、人類の歴史は指し示している。

右翼にも左翼にも関心をもたない「非政治」(ノンポリ)の人々は、特定の政治方向に大きく傾斜することがないように、中庸を保つ役割を果たしているとも言える。

私が繰り返し、「政治」よりも、「非政治」の重要性を説いてきたのは、日本が政治化した明治維新以降の歴史にのみ関心をもつのではなく、明治維新以前の日本の歴史(そこにより多く、私たち日本人の生活や文化の根拠がある)に関心もち、その背景の中で、明治維新以降の歴史を位置づけるためでもある。

右翼と左翼は瓜二つ。

両者が対立しあうのは単なる同族嫌悪であり、結局は、同じものを鏡映しにしたものにすぎない。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

日本人よ

>選挙にも行かない人が多いのですから何の役割も果たしていませんよ
>単に政治の知識がないだけの無知ですよ

「非政治」は、ただ「非政治」たるだけで無言の力をもつ。

この力を知らない人間は、ただの唯物論者であり、日本人ではない。

この力を知らない人間が、バカげた陰謀論や、反皇室の左翼思想に陥っていく。

「非政治」の力を知らないから、「非政治」の象徴である天皇を廃止せよなどとバカなことを言う。

皇室を失えば、日本の「非政治」は根を断たれ、枯れていく。

「非政治」が力を失い、ただ民が「政治」化していけば、そこで生まれるのは、北朝鮮やナチスドイツのような、全体主義国家や独裁国家である。

日本の「非政治」が「非政治」たり続けるためにも、皇室は絶対化に欠かしてはならないものである。

No title

>「非政治」(ノンポリ)の人々は、特定の政治方向に大きく傾斜することがないように、中庸を保つ役割を果たしているとも言える。
選挙にも行かない人が多いのですから何の役割も果たしていませんよ
単に政治の知識がないだけの無知ですよ

No title

>遅かれ早かれ皇室を廃止してやろうと目論んでいるような政党を、まともな日本人が支持できるわけない
だったら一生自民党を支持してろや売国奴

>皇室がいやなら、君たち左翼はむしろ、安倍を支持すればよい。
安倍がいつ皇室を廃止するって言ったんだよ嘘つきが
大体皇室の廃止なんて優先順位としては最下位レベルなのに
それだけで支持できるわけねーだろ売国奴

右も左も関係ない

1968年に、明治に改元されてから来年で150年になります。長州だった山口県では、「やまぐち幕末ISHIN祭」と銘打って観光誘致に力を入れていますし、福島県会津若松の鶴ヶ城では、「プレ”戊辰戦争150年”」を今年度のテーマとして、来年の戊辰戦争150年に向けて、幕末をメインに展示会を催しています。長州の山口県では明治維新を全肯定し、疑義を挟む余地はないように見えます。一方で、会津では明治維新に複雑な思いあるのも確かです。会津は全肯定しないけれども否定もしていないように思います。
この肯定も否定もしないという立場や慎重さが、私にとって、現在の日本のあらゆる現象を理解するうえで一つのカギとなっています。

年初に、仙台でドキュメンタリー映画「知事抹殺の真実」を観ました。事故隠しを重ねる福島第一原発に対して厳しい対処をしてきた佐藤栄佐久元知事が、突然、身の覚えのない収賄容疑で東京の拘置所に入れられたときに読んだ本が吉田松陰の本だったったということでした。松陰が安政の大獄で収監された時と同じ心境だったといいます。彼は会津地方からも大きな支持があった人で、その人が維新の指導者だった萩の吉田松陰の本を読んでいたとは意外であったけれど、維新を否定も肯定もしない人たちにとっては別にこだわるほどのことではないのでしょう。佐藤氏は自民党だったし、保守派でしたが、原発には厳しい態度で臨みました。現在も彼は、原発の問題点を各地で語っておられます。

原発事故によって、避難を余儀なくされた住民たちの生活の立て直しという、広大な非政治の領域が広がっていて、政府を信用できなくなった人たちが自助努力をせざるをえない状況になっています。そんな住民にとって、右左のイデオロギーは関係ないです。

また、原子力災害被災地である南相馬市の桜井市長はもともと左翼的な思想の持ち主でした。原発事故後、地方自治体で初めて「脱原発宣言」を表明しました。桜井市長がサヨクだからできたことだという向きもあるかもしれません。しかし、彼はサヨクとも言い切れないと思います。相馬や南相馬地方では千年以上の伝統を誇る「相馬野馬追」という祭りがあります。桜井市長は、原発事故後、この伝統行事を規模を縮小してでも継続させました。自ら甲冑を着て馬にまたがって祭りを主導しました。伝統を保守することの大切さを知っているのです。いくら左翼的思想を持っていたとしても、簡単に伝統をないがしろにするわけにはいかない。ばらばらにさせられた人々を回帰させる大きな力となるのが伝統に培われた野馬追祭りであり、桜井市長はこの存続に全力を注ぎました。

今、原発に賛成するのが保守でウヨクであり、反対するのがサヨクだという見方があります。政治ランキング上位ブログで、瀬戸さんという福島在住の保守活動家の方がそのようなことを書かれていますけど、首をかしげざるを得ない。国土を広大に汚染し、立ち入ることができないような地域を作ってしまい、人々の暮らしが断絶させられ、バラバラにさせられ、また、補償金などの格差で人間関係もぐちゃぐちゃになっている現状を見て、痛みを感じることができない人は保守派とは言えず、人命や文化伝統を否定してでも発展を求める中国共産党に近い思想の持ち主ではないかと思ったりもします。

右翼や左翼といった分け方はすでに意味がなくなっていると思います。水平方向にだけ視野を持つのではなく、縦方向にも視野を広げることで、現在の現象を根源的なところから考察することができるのではないかと思います。
原発問題ひとつとっても、その根源をさかのぼれば、明治維新の急速な改革の中で忘れ去られてしまった大切なものにあるのではないかと思います。
それは会津で見つけることができるかもしれないし、もっと北の青森の縄文遺跡の中に見つけることができるかもしれない。いつか、言葉にしたいと思うし、それは必ず可能だと思っています。

こんなことを考えるようになったのは、このブログに出会ってからです。そのことを深く感謝しています。


 


記事に寄せて

「日本人の歴史的あゆみの全体」で思い出したのですが、何かの行事で初めて直に接した天皇陛下が「日本の長い歴史そのもの」に感じられて仕方なく、深い衝撃を受けたという、ある文化人か知識人のエピソードを週刊誌で読んだことがあるます。
(こちらの以前の記事にも似たようなことが書かれていましたが、その時にコメントしそびれてしまったので、遅ればせながら、かつうろ覚えの要約になりますが。)
この話をもとに感じたことや、余計な茶々入れ防止のための注釈なども書いておきたいところですが、今の状況下ではやはり面倒なのでやめておきます(泣)。

以上、こちらの「たとえ話」としての「悪貨は良貨を駆逐する」を思い出しつつ。
悪貨は良貨を駆逐する - 故事ことわざ辞典
http://kotowaza-allguide.com/a/akkawaryouka.html

反安倍よ

>天皇制だって反対を主張してるだけですぐに廃止しろなんて言ってねーだろが
いい加減にしろや

遅かれ早かれ皇室を廃止してやろうと目論んでいるような政党を、まともな日本人が支持できるわけないだろ。

皇室がいやなら、君たち左翼はむしろ、安倍を支持すればよい。

安倍のグローバル化政策のために、日本が、日本に根をもたない移民だらけになれば、君たちと同じように、皆が皇室なんかいらないと言い出して皇室は廃止されてしまうんだから。

No title

>左翼も、安部も同じ
特権階級と安倍の友達だけが得をする安倍政治と平等を求める左翼のどこが同じなんだよ
安倍のための構造改革と国民のための構造改革を一緒にしてんじゃねーよ
天皇制だって反対を主張してるだけですぐに廃止しろなんて言ってねーだろが
いい加減にしろや

反安部よ

>>両者が対立しあうのは単なる同族嫌悪
>全然違うわ

憲法改正して天皇制廃止したいんだろ?

歴史的文脈を無視して、特定の集団の好みや都合によって、自分の好き勝手に国を改造(構造改革)しようとする点で、君たち左翼も、安部も同じじゃないか。

右翼による国会改造は悪で、左翼による国家改造は善ということにはならない。

歴史的文脈を無視した、日本人すべて(縄文から現代にいたる全ての日本人だ)の立場を代表していない、特定集団による構造改革は全て悪である。

No title

>「非政治」の領域に留まる人々を「ノンポリ」だとか「愚民」だとかといって嘲る
自民党がこれだけ悪行やってんのに選挙に行かないのは愚民だろが

>日本人の全て(あるいは大多数)が、ある特定の政治的立場や政党に傾斜することは、そのこと自体が、日本の姿を大きく歪める
それが民主主義だろが それができてないから日本が歪んでんだろが

>特定の政治方向に大きく傾斜することがないように、中庸を保つ役割を果たしている
現に安倍政権が多数の議席を持って大きく傾斜してんだろが

>両者が対立しあうのは単なる同族嫌悪
全然違うわ
自民党の悪行の数々に賛成か反対かで対立してんだろが

もっと少しは政治を勉強しろ
WJFプロジェクトについて
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
日本語と日本社会(45)

天皇陛下万歳。 日本国万歳。 すばらしき日本よ、永遠なれ。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。