国民に戦いを挑んだ総理大臣

そして、「こんな人たち」に負けた安倍晋三。
都議会議員選挙の前日、秋葉原で行った街頭演説の中で、自民党の石原伸晃、安倍晋三は次のように発言しました。


石原伸晃 「このあと、総理総裁、安倍晋三総理総裁からお話があると思いますけれども、私たちは政権をお預かりする身として、本当に一部の人間が不用意な発言、あるいは不用意な行動をした事によって、今日ここにお話を聞きに来てくださった皆様がたに対して、あのような形で邪魔をする人たちが来てしまった事は、本当に申し訳ないと思っております。実は皆さん 今回の都議会議員選挙はいたるところで、都政の話ではなくて、私ども、自由民主党のこの演説会に反対だけをする人たちがたくさんやってまいりました。これはある意味では、民主主義を否定いたします。自分たちの主義主張があるならば、その自分たちの応援するところに行って、自分たちの主義・主張をするのが民主主義の基本でありますけれど、残念ながら反対をすることだけしか、出来ない人たちがこうやって様々な会場で60人の仲間の前で選挙の妨害を繰り広げたということは、民主主義をしっかり守っていく私たちとしては本当に情けなくも、また申し訳なくも思っております。」


安倍晋三 「みなさん、あのように、人の主張の訴える場所に来て、演説を邪魔するような行為を私たち自民党は絶対にしません。私たちはしっかりと政策をまじめに訴えていきたいんです。憎悪からは何も生まれない。相手を誹謗中傷したって、みなさん、何も生まれないんです。こんな人たちにみなさん、私たちは負けるわけにはいかない。都政を任せるわけにはいかないじゃありませんか。」


石原伸晃、安倍晋三の上の発言はまったく異常です。

自民党候補者の応援演説で、「防衛省、自衛隊、防衛大臣として(投票を)お願いしたい」と述べた、稲田朋美の発言もさることながら、それを上回る異常さだと思います。

街頭演説は、政治家が有権者に直接、政策を語りかける場所です。

政治家の演説に対して、有権者の側から、賛成と反対、両方の声が上がるのが民主主義国家の自然な姿です。

政治家の演説を批判してはならない、拍手喝采しかしてはならないというのは、民主主義国家ではなく、一党独裁国家の発想です。

有権者は、自民党や安倍政権に対して怒るべき理由があるから怒っています。

理由もなしに怒っているわけではありません。

安倍政権に対して怒るべき理由の数々

・国民に対する監視と規制の強化
・国民に対する税負担の強化
・外国人に対する規制の緩和(ビザ取得要件、永住権取得要件の緩和etc)
・公権力と大企業に対する規制の緩和
・大企業に対する税負担の緩和
・有権者を無視した強引な国会運営
・農業解体(企業参入の準備、農協解体、種子法廃止、国家戦略特区)
・国民の資産の外国への無節操なバラマキ(公的年金でアメリカのインフラ投資etc, 2016年1月時点で総額80兆円の海外バラマキ)
・領土問題や歴史問題に関する中国・韓国・ロシアに対する妥協
・アメリカへの隷属の強化(集団的自衛権行使容認etc)
・株インフレと賃金デフレしか引き起こさなかった出口のない金融政策
・TPPという国家破壊の執拗な推進
・身近な人間への「忖度」問題


安倍晋三は、国民全体の利益に奉仕する総理大臣の立場にありながら、かつ国民を愚弄するような傍若無人な政治をこれまでさんざん行っておきながら、自らに怒りを向ける有権者を指さして、「こんな人たち」と呼びすてました。

さらには、「こんな人たち(自民党を批判する有権者)に負けない」と言い放ちました。

国民は、総理大臣(公務員)が奉仕する対象ではあっても、戦いを挑む対象ではありません。

日本国憲法前文

そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであつて、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。


日本国憲法第十五条

1. 公務員を選定し、及びこれを罷免することは、国民固有の権利である。
2. すべて公務員は、全体の奉仕者であって、一部の奉仕者ではない。
3. 公務員の選挙については、成年者による普通選挙を保障する。
4. すべて選挙における投票の秘密は、これを侵してはならない。選挙人は、その選択に関し公的にも私的にも責任を問はれない。


総理大臣が、国民を指さして「こんな人たち」と貶めるばかりか、国民に対して戦いを挑む。

こんなおかしな話はこれまで聞いたことがないし、総理大臣によるこの発言は明らかな憲法違反です。

これこそが、民主主義の否定ではありませんか。

稲田朋美のみならず、安倍晋三、石原伸晃、彼らの政治感覚は根本からずれています。

ここまで民主主義という言葉の意味をまったく理解していない、異常な感覚をもつ人々が、日本国憲法を改正するというのですから、恐ろしい話です。

安倍晋三は、次のようにも述べました。

「あのように、人の主張の訴える場所に来て、演説を邪魔するような行為を私たち自民党は絶対にしません。」


演説を邪魔するような行為を自民党は絶対にしない?

安倍晋三が、総理大臣という立場にありながら、国会の予算委員会での審議中にしばしばヤジを飛ばして、野党議員の質問を妨害してきたことを、国会を見てきた人なら誰でも知っています。



「あのように、人の主張の訴える場所に来て、演説を邪魔するような行為を私たち自民党は絶対にしません。」


よくも、まあ、このような嘘が平気で口からでてくるものだと、改めて、呆れるばかりです。

参考記事: WJFプロジェクト「安倍サイコパス政権」(2015年7月10日)

当然の結果として、自民党に対して有権者の厳しい審判が下りました。

これまで都議会議員選挙での自民党の最低議席は、1965年と、民主党への政権交代が起きた2009年の、38議席だったそうですが、今回の選挙では、過去最低を大きく下回り、自民党の獲得議席はわずか23議席に留まりました。

自民党が解体するレベルの、歴史的大敗です。


(画像出典: 毎日新聞)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>都民ファーストを恒久的に支持すると言っているのではなく
では今後国政に出てきても投票はせず時限的に民進党や共産党などに投票するのですか?

日本人さん

私は共産主義革命や社会主義革命を支持しないので、共産党やその他の左翼政党を支持しません。

日本共産党のHPを読めばわかりますが、共産党が最終的に目指しているのは、安倍晋三と同じく、国家なき世界です。

http://www.jcp.or.jp/web_jcp/html/Koryo/

右派勢力の力を減少させる必要があると思うときに、時限的に、左翼政党に投票することがあるだけのことです。

同じように、都民ファーストを恒久的に支持すると言っているのではなく、都議選において自民党が大敗することが、安倍政権の崩壊につながるので、時限的に都議選に限っては都民ファーストを支持すると述べただけです。

私は原理主義的なノンポリ主義者であり、恒久的にコミットできる特定の政党はありませんし、特定の政治イデオロギーに加担したりもしません。

人々が過度に政治化しない社会、非政治的な活動に邁進できる社会が私の理想です。

No title

やはり都民ファーストは国政に出るようですね
小池はまだ知事を続けるのでとりあえずは若狭が中心のようですが
政党助成金がもらえるので年内に作るようです
今後は憲法改正を安倍と連携して進めて行くことでしょうね

No title

>どちらも支援しません。【NO】です。
と言って選挙すら行かない愚民

>秋葉原の安倍氏の街頭演説を妨害したのは国民(市民)でしょうか?
国民と認めたくないバカウヨ

No title

「こんな人たち」発言については、私も自分のブログで書こうと思っていたのですが、とにかく菅氏のこの対応もひどいですね。

「こんな人たち」問題ない=菅長官:時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017070300871&g=pol

街頭演説時のヤジについては民主党でも似たようなことがありましたし、今の自民党の状態はヤジは全て「工作員の仕業だから」「工作だから」と断定して打ち捨てていいものではないわけで。

菅首相に「辞めろ」「出直せ」街頭演説で痛烈ヤジ…民主代表選
http://www.asyura2.com/10/senkyo94/msg/155.html

初の街頭演説 野田首相 「人殺し」「辞めろ」コールに思わず涙目 (日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/12/senkyo136/msg/119.html

民主代表選“街頭演説”はヤジの嵐!帰れ、やめろ、うそつき ! | 楽天Social News
https://socialnews.rakuten.co.jp/link/112298

尚、皇室に関してはB〇その他が発信する怪しい情報に振り回された挙句、様々なブログやサイト、掲示板でその情報を宣伝して回る方々をしょっちゅうみかけますが、それらに対しては地味ながら反証も出ていますし、全体の流れを俯瞰した上で、各自慎重に吟味すべきかと思われます。

りんごにペンを突き刺す奴ら

主様、ずっと以前より拝読しておりますが私のような小心者では敷居が高く傍観をしておりました。

自民党の黒歴史と安倍家そのもの黒歴史を考えますと、当初は米国派資本主義者であり、現在はグローバリスト派資本主義者と考えます。
韓国宗教と根が深く、金融資本家の犬ですね。
彼が成立させた法案はことごとく売国法案であり、グローバリストの為の法案です。
一方で、海外に対する資金援助名目の投資は、常軌を逸した金額です。
これらの金はグローバル企業のためにドブに捨てられた金です。
その税金を国内で回せたらどれほどの国民が潤うことか。

かといって、【竹島がほしけりゃくれてやればいい】というような
タローちゃんとお仲間さんには政権は任せられません。
【TPP反対・移民政策反対】などバカでもチョンでも口先で言います。
どちらも支援しません。【NO】です。

それと、秋葉原の安倍氏の街頭演説を妨害したのは国民(市民)でしょうか?
事前にプラカードを用意し、マスクにサングラスをしたあやしい連中をタイミングよく
撮影したカスゴミの仕込んだ安倍下ろし劇に見えて仕方ありません。
そうゆう連中に向かって【こんな人たち】と称したのでしょう。
見ていて国民を愚弄したお粗末な報道です。
まあ、自業自得ですが。

また、記事には関係ありませんが天皇制に関しては
英帝国が関与した明治維新の時、祭祀王として担がれた胡散臭さ、
カスゴミの昭和天皇批判から美智子妃(現皇后)入内後の手のひらを
かえした皇室アゲアゲの気持ち悪さを考えると、
現皇室はアメリカと在日の共同合作に見えます。

神社の氏子ですから、毎日、日本の八百万の神に手を合わせておりますが
主様も毎日手を合わせておられますか?
そこに【天皇制】の必要性を感じるか感じないかは個人の自由です。
決して【皇室・祭祀王】を否定はしませんが、眞子様のご結婚の背景も含め
手放しでは喜べません。

No title

こんばんわ。今回の結果は良かったですね。安倍晋三には、早く消えてほしいと心から願っております。
ところで、いくら安倍政権への評価や自民党の評価が表向きは下がったとしても、果たしてそれがどのような政治のポイントで、国民が判断したのかも大変気になります。

WJFさんが書いた「安倍へ怒る理由の数々」の内容がまさにそれですが、一体何を判断して国民は今回の結果へ導いたのか。
安倍政権はとっくに異常なのは、もう正直に見るならば誰でも分かるのですが、TPPで気づいていた国民はどの程度いるでしょうか?国家戦略特区、移民政策、マイナンバー、社会保障の削減緊縮や消費税、世界強制連行奴隷遺産、農協改革や水道民営化、日韓合意・・・。

ここまでひどい政権は類例がない。それとも、結局、マスコミが森友やカケイ学園などを煽って、自民党へのイメージ(問題なのは事実ですが)が悪くなって、「なんとなく」、でしょうか?マスコミが言うんだから、今回はやめておこうかな?でしょうか。そうだとするなら、かなりヤバい。もっと安倍や政権や政府の政策の危険性を気づける国民にならないと日本は危ない。
また、小池も結局どうなるかも分かりませんし(安倍政権と変わらないネオリベ政権になるのか?)、油断は出来ない。

そして、また相変わらずのネトウヨ系右翼著名人や論壇人の安倍政権の擁護っぷり。嫌韓嫌民進党ネト ウヨの安倍政権への擁護っぷり。まだうじゃうじゃいます。ただし、かなり元気は無くなった印象も受けます。惰性でもうやけくそになって応援している様にも見えます。 こういう有害なゴミどもは全員地獄へ落ちてくれればと、いつも願っております。

愛信さん

コピペ投稿はご遠慮ください。

【カタール国交断絶】 プーチン大統領とアール・サーニ首長が電話会談

【カタール国交断絶】 プーチン大統領とアール・サーニ首長が電話会談

http://www.trt.net.tr/japanese/shi-jie/2017/07/02/kataruguo-jiao-duan-jue-putinda-tong-ling-toarusanishou-chang-gadian-hua-hui-tan-762902

中東に火が付いたら、アメリカ大統領の国内化政策(鎖国政策)の変更が必要になる。
フイリピン国籍のコンテナ船(日本郵船)をアメリカ海軍のイージス艦に衝突させて見た
り、この記事のように中東に紛争の火種を撒くいたり。 反日売国テレビ局・マスコミが報
道しない自由を行使しているので日本人視聴者には危機感は伝わらない。

詳細は
【前航空幕僚長の国防問題の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj10.cgi
【前航空幕僚長の国防問題タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

No title

国政だといまだに自民党の支持率が一番高いんだから愚民が多すぎる
しかも都議選でも投票率はたったの51%
WJFプロジェクトについて
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
日本語と日本社会(45)

天皇陛下万歳。 日本国万歳。 すばらしき日本よ、永遠なれ。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。