レバノンの結婚式

楽しみです。
友人のお姉さんが結婚することになり、結婚式に招待されたため、9月にレバノンに行くことになりました。

Batrounという、レバノン北部に位置する、フェニキア時代の遺跡が残る地中海に面した港町で、こじんまりとした式をあげるそうです。

ファイナルファンタジーに出てくるような滝」として、しばらく前にネットで話題になった滝にも立ち寄ってくれるそう。



政治情勢がよければ、今まで行ったことがない、トリポリというレバノン北部のスンニ派の都市も訪問できるかもしれません。

友人によれば、トリポリのバクラヴァ(中東のお菓子)が大変おいしいそうです。

親しくさせていただいている家族が暮らすレバノンは、私にとって第二の祖国といってもよい懐かしい国です。

レバノンは、日本から遠く離れた国でありながら、外国にいるという感じがまったくしない不思議な国。

通りを歩いていると、皆がほほえみかけてきたり、話しかけてきたりします。

レバノンの魅力は、重要な歴史的遺産や美しい風景を持ちながら、レバノン国内や中東の政治情勢のために観光客があまりこないので、観光地化が進んでいないことです。

レバノンの美しい風景

レバノンの結婚式はどのようなものでしょうか。

レバノンの友人家族との再会が今から楽しみです。

わが花嫁よ、レバノンからわたしと一緒にきなさい、レバノンからわたしと一緒にきなさい。アマナの頂を去り、セニルおよびヘルモンの頂を去り、ししの穴、ひょうの山を去りなさい。

わが妹、わが花嫁よ、あなたはわたしの心を奪った。あなたはただひと目で、あなたの首飾のひと玉で、わたしの心を奪った。

わが妹、わが花嫁よ、あなたの愛は、なんと麗しいことであろう。あなたの愛はぶどう酒よりも、あなたの香油のかおりはすべての香料よりも、いかにすぐれていることであろう。

わが花嫁よ、あなたのくちびるは甘露をしたたらせ、あなたの舌の下には、蜜と乳とがある。あなたの衣のかおりはレバノンのかおりのようだ。

わが妹、わが花嫁は閉じた園、閉じた園、封じた泉のようだ。

あなたの産み出す物は、もろもろの良き実をもつざくろの園、ヘンナおよびナルド、 ナルド、さふらん、しょうぶ、肉桂、さまざまの乳香の木、没薬、ろかい、およびすべての尊い香料である。

あなたは園の泉、生ける水の井、またレバノンから流れ出る川である。

北風よ、起れ、南風よ、きたれ。わが園を吹いて、そのかおりを広く散らせ。わが愛する者がその園にはいってきて、その良い実を食べるように。

(出典: 旧約聖書『雅歌』4:8-16)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

【税金8億投入】東京に初の在日韓国人中心の老人ホームが完成

【税金8億投入】東京に初の在日韓国人中心の老人ホームが完成

こんな事に税金が浪費されている。
 日本国民の生活が困窮していく時節にこの様な
施策を容認してはならない。
 消費税増額、年金額の削減を実施しながらこの
様な施策は許されない。

詳細は
【年金問題の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj1.cgi
【年金問題タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。
WJFプロジェクトについて
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
野生と文明の相克の物語(2)

人類は、一元的な普遍的秩序を志す性向と、多元的な世界の中に留まろうとする性向の二つを併せ持つ。 それゆえに、人類の歴史を通じて、「一元的な世界」に向かおうとする「文明」の力と、「多元的な世界」の中に留まろうとする「野生」の力とが、互いに尽きることのない闘争を繰り返してきた。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。