なぜ、「○○よ」と呼びかけるのか(16)

「言霊」と「言挙げ」(5)
「AはBである」

という、主語と述語からなる定言命題は、個物が一般的な概念によって包摂される論理的関係のみならず、現在が過去によって包摂される歴史性を含んでいる。

そのため、「主語優勢」的な社会が下の様な特徴を持つのに対し、

・個人主義
・現在と過去の断絶
・現在を重視
・個人の自由意志や主体性の尊重
・人間と自然の分離
・中心を志向する

「述語優勢」的な社会は、下の様な特徴を持つ。

・集団主義
・現在と過去の連続
・物事の始原と伝承を重視
・集団の合意と調和の尊重
・人間と自然を一体と捉える
・中心よりも辺縁や末端を志向する

というのがこれまでのお話でした。

以上の理解をもとに、万葉集のテキストを読み返し、「言霊」が「述語優勢」的な概念であり、「言挙げ」が、「主語優勢」的な概念であることを二回の記事に分けて確認していきたいと思います。

今回は、まず「言霊」や「言挙げ」という用語そのものに注意を向けてみたいと思うのですが、実はこれらの用語自体が、それぞれ「述語優勢」や「主語優勢」的な意味を表現しています。

万葉集では「コトアゲ」という言葉に、「言挙」「事上」「事挙」「辞挙」「言上」という様々な漢字を当てています。

よく知られているように、古語において、「言(コト)」と「事(コト)」は、もともと同じものを言い表す言葉であったことが伺えます。

紀貫之が書いた有名な『古今和歌集仮名序』も、「コト」という言葉の意味を明らかにしています。

やまと歌は、人の心を種として、よろづの「コト」(言)の葉とぞなれりける

世の中にある人、「コト」(事)、わざ(業)しげき(数が夥しい)ものなれば、心に思ふことを見るもの聞くものにつけて言ひいだせるなり

(後略)

(出典: 紀貫之『古今和歌集仮名序』)


「言葉」(コトの葉)という日本語は、言葉を植物の葉に喩えていますが、紀貫之もこの比喩にならい、「コト」(言)は、人の心という一つの「種」から生じ、夥しい数の多様な「コト」(事)を言い表そうとした結果生じた、植物の「葉」のようなものだと語っています。

「言」にせよ「事」にせよ、「コト」の特徴は、数が多いこと、多種多様であることです。

それに対して「タマ」(霊)とは「タマ」(玉)でもあり、その特徴は、円満な一体性や根源性です。

つまり下の図のような理解が成り立ちます。



上の図を、下の図と対比させてみてくだい。



こう捉えると「言霊(コトダマ)」という日本語の用語自体が、「コト」という無数の個物が、「タマ」という一般者によって包摂されるという、述語優勢的な論理構造(=時間構造)をそのまま表現していることがわかります。

さらにこの理解を踏まえて「言挙げ(コトアゲ)」という言葉の意味を考えると、「タマ」(一般者)との包摂関係から切り離して、「コト」という個物だけを「取り上げる」という解釈が成り立ちますから、「言挙げ」という言葉自体が「主語優勢」的な考えを表していると考えることができます。

(つづく)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>日本を再生するには谷垣禎一氏の下に集まる政治家集団を
>日本人有権者が総力を結集して応援して行く他はない
谷垣氏はTPP賛成のグローバリストで安倍の仲間ですが?
自民党信者はすぐ騙される人間ばかりですね

法務委員会での採決を「中間報告」と言う汚い手を使い参議院本会議で可決

法務委員会での採決を「中間報告」と言う汚い手を使い参議院本会議で可決

反日売国政党創価学会が仕切る安部晋三総理
が笑顔で東京都知事小池百合子と握手するこの
写真を見て騙されていると思う東京都民が沢山
いるだろう。 東京の改革は創価学会により進
めらる物ではなく、日本の改革は創価学会によ
り進められる総体革命ではない事に憤りを感じ
ている日本人は沢山いる。
 多くの日本人が意識を改めカルト教団創価値
学会公明党を殲滅する為に共に立ち上がり働き
ましょう。

詳細は
【新党勝手連の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/ktr/ktr.cgi
【新党勝手連タイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。

No title

WJF様
お疲れ様です。古典的な文学を読み,母国語について深く勉強することの大切さを痛感するところです。そのことを教えていただいていることに深く感謝しております。世間ではいわゆる「売国法案」が次々と成立しているようですが,時事的なことを追いかけること以上に,もっと根源的なことに目を向けることが大切であることを感じております。
今後のご活躍をお祈りします。私も万葉集やその歴史についてようやく勉強し始めたばかりです。もっと自己研さに励んでいきます。

谷垣禎一氏前幹事長メッセージ全文 「1日も早い復帰に向け準備している」

谷垣禎一氏前幹事長メッセージ全文 「1日も早い復帰に向け準備している」
http://www.sankei.com/politics/news/170616/plt1706160043-n1.html

民主党が政権をとり、野党時代に自民党を守っ
てきた谷垣禎一氏前幹事長メッセージには
日本の保守本流の心がある。 日本国民有権者を
騙して日本人社会の破壊を進める安倍信三や
国籍法の改定を行い誰でも日本人に成れるように
したり、水道事業の外資ハゲタカへ売却を企む
麻生太郎の再登板などが話題になっているが、
何れも日本国には害あって獲るものは何も無い。

 日本を再生するには谷垣禎一氏の下に集まる
政治家集団を日本人有権者が総力を結集して応援
して行く他はない。

詳細は
【新党勝手連の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/ktr/ktr.cgi
【新党勝手連タイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。
WJFプロジェクトについて
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
漱石と日本の近代化(21)

美的な超越世界へのベアトリーチェ的な「飛翔」への憧れをもって語り出された物語は、「飛翔」に、それとは鏡像関係にある、オフィリア的「落下」のイメージを重ね合わせながら、その両者を一瞬にして、ハイデッガー的な「投企」の意味へと反転させる。 この「鏡」は、画工のみならず、漱石自身の創作活動の方向性を「反転」させる意図をもって、この作品の中心に置かれている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。