ジャカランダと演歌の似合う町

あまりに熱海的な。
熱海が再ブーム 駅ビル完成し著名人含め移住者からも注目

今、静岡・熱海を訪れる観光客が増えている。2015年度、熱海市内の温泉のある旅館やホテルに滞在した宿泊客は300万人の大台に乗った。これは実に13年ぶりの大記録だ。さらに、2016年には楽天トラベルが発表した「人気温泉地ランキング」で、2年連続の1位に輝いている。

花見客や熱海駅前や駅前商店街の人だかりを見ても、若者から家族連れ、お年寄りまで幅広い世代から熱海が支持されているのがわかる。なぜ今、熱海の人気は再燃しているのか--。

昨年11月、熱海駅前が大きく変わった。駅が大規模改装を終え、駅ビル『ラスカ熱海』がオープンしたのだ。多くのお土産店や観光案内所のほか、高級スーパー、ドラッグストアに100円ショップも入居していて、観光客だけでなく、地元の住民にとっても便利な施設となっている。もともと熱海駅前の商店街には、歴史ある店が軒を連ねていて、そこにも青果店や鮮魚店があるため、より一層、生活に便利な環境が整ったといえる。

熱海市役所観光経済課の末丸大介さんは「駅前の商店街には数年前にパン屋さんができたり、観光者向けだけではなく、生活者にも便利な店が増えています。また、これまで駅の近くにはスーパーはなかったので、その点で駅ビルができたことで、さらに利便性がよくなったのは確かです」と言う。

熱海市内に移住する人は年々、増加傾向にある。2015年度の数字を見ると、45才以上では転入者の数が転出者を上回っている。熱海市全体では人口減少が進むが、この世代の“移住者”は増えているのだ。著名人でも、脚本家の橋田壽賀子さん、女優の泉ピン子さん、スピリチュアルカウンセラーの江原啓之さん、作家の森村誠一さんなど、熱海に居を構える人は多い。

(出典: ZAKZAK 2017年2月15日)


パソコンと本を鞄に詰めて、ときどき、日帰りの小さな旅にでかける。

お気に入りの場所で、勉強や仕事をするためだ。

最近は、熱海をよく訪れる。

熱海には勉強がはかどる素敵な場所がたくさんある。

お腹が好いたら海鮮丼を食べたり、疲れたら温泉につかったりもできる。

小さな町なので、歩いてどこにでも行けるのも熱海の魅力だ。

熱海では今「ATAMIジャカランダフェスティバル2017」というお祭りが開かれている。(今月25日まで)



ジャカランダというのは、ポルトガルの姉妹都市から熱海市に送られた木。

六月に青紫の花を咲かせる中南米原産の木で、世界三大花木の一つに数えられているそうだ。(ジャカランダ、フランボヤン、スパトデアが世界三大花木)。



熱海では1990年に送られた二本の木が、今では100本以上に増えて海岸沿いの通りを彩っている。





ジャカランダが咲く熱海にふさわしいのは、大貫妙子さんの歌。


大貫妙子さんが暮らしてきた葉山と、熱海が、地理的に通じるところがあるのだろうか。

アップルの「Apple Music」というサービスに、iCloudミュージックライブラリーという機能があり、パソコンに蓄えてきた音楽ライブラリーをクラウド上にアップロードして、iPhoneでどこでも聞くことができる。

このサービスを利用して、大貫妙子さんの"Classics"というお気に入りのアルバムを聴きながら本を読んでいたら、突然、演歌が流れてきてびっくりした。



大貫妙子さんの「風の道」という曲が、どういうわけか、演歌歌手大川栄策の「風港」という曲に勝手に入れ替わっていたのだ。

調べたら、iCloudミュージックライブラリーでときどき起きているバグらしく、利用者はみんな困っているそう。

それはそうだ。

大貫妙子さんの歌が聴きたいのに、大川栄策が流れてきたら、誰でも困るだろう。

しかし、それもまた熱海的かもしれないと思った。

異国のジャカランダの木で飾っても、おしゃれなカフェや新しいリゾートマンションが増えても、古ぼけたあかぬけない昭和の風情を残しているのが熱海なのだ。

熱海は、大貫妙子さんよりも、大川栄策が似合う町なのかもしれない。

熱海は、小さな港町でもある。

気持ちのいい風がそよぐ「風港」だ。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

まつぼっくりさん

大貫妙子さんの曲に「ハカランダの花の下で」(アルバム「Tint」所収)という曲もあります。

「ハカランダ」は、「ジャカランダ」のスペイン語の読み方で、ブラジリアン・ローズウッドとも呼ばれ、ギターの材料に使われています。

このような曲名を特に意識していたわけではなかったのですが、ジャカランダの花と、シャンソン+ボサノバっほい曲調の多い大貫妙子さんの音楽がなんとなく直感的に結びついて、熱海で大貫妙子さんの曲を聴いてみたくなったのだと思います。

大貫妙子さんは、日本において真に「アーチスト」の名にふさわしい矜持とスタイルを備えた歌手の一人ではないかと思います。大好きな歌手の一人です。

偶然にも

ジャカランダの写真、初めて見て感心すると同時に、大貫妙子さんの「OUT OF AFRICA」の一節

逃げ惑う楽園に香る Jagaranda
OUT OF AFRICA/大貫妙子 - 歌詞検索サービス 歌詞GET
http://www.kget.jp/lyric/188002/OUT+OF+AFRICA_%E5%A4%A7%E8%B2%AB%E5%A6%99%E5%AD%90

に出てくる「Jagaranda」=「Jacaranda」で、この花のことだったのかな?と思いながら読んでいたので、大貫妙子さんが出てきてちょっと吃驚してしまいました。
(因みにこの曲はヘミングウェイとも関係があるのかもしれませんね。私は読んだことがないのでよくわかりませんが。)
WJFプロジェクトについて
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
野生と文明の相克の物語(3)

日本人が、遅ればせながら、「帝国主義」という名の「文明」の所作を、アメリカ人やイギリス人から学び、まねるようになるはるか以前から、アメリカはその建国のはじまりよりすでに「帝国主義」をその本質として標榜する国家だったのである。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。