なぜ、「○○よ」と呼びかけるのか(11)

「関係の言語」と「題・述構造」(4)
1. 日本語は主語を持たない「主題優勢言語」である。
2.「主題優勢言語」とは、「述語優勢言語」のことである。
3.「述語」は、個物を包摂する働きをもつ。
4. 日本語が「述語優勢言語」であることは、日本語が、個物を包摂する「一般者」を根底にもつ言語であることを意味する。


これまで、大変駆け足ではありますが、以上の点を一つ一つ確認してきました。

今回の記事では、上の第四の項目に着目し、これを「ことだま」という概念との関係で論じてみたいと思います。

これまで、日本語は主語のない「述語優勢言語」だと述べてきましたが、これをさらに踏み込んで言えば、日本語は「述語だけでできている言語」と言ってもよいと思います。

日本語の文の中にちりばめられているさまざな名辞は、さまざまな助詞を伴って、一見、主語や目的語のような働きをしているかに見えますが、それらの分節は、真の主語や目的語として対象化され、述語から独立したものとして分離されることのないまま、述語の中に埋め込まれています。

述語の根底にある「一般者」と、「一般者」が包摂する個物が、二つに分離せずに一体化しているのが日本語の文です。

つまり日本語の文とは、長大な一つの述語です。

特に「長大な述語」である日本語の特質が現れているのが和歌です。

歌詠みの技術とは、「いかに巧みに述語を編むか」の技術です。

有名な百人一首の歌を引用してみましょう。

あしびきの 山鳥の尾の しだり尾の 長々し夜を ひとりかも寝む

(『拾遺和歌集』恋3・773、柿本人麻呂)


花の色は うつりにけりな いたづらに わが身世にふる ながめせしまに

『古今和歌集』春・113,、小野小町


和歌のどの分節を取り上げても、一つの長い述語の一部をなしており、述語から分離された分節が存在しないことがおわかりになると思います。

和歌は述語の芸術であり、一つの述語です。

和歌や日本語の文が、主語を立てない「述語」であることと、「ことだま」という古来からの概念は、なにがしかの関係があると思います。

西田幾多郎が明らかにしたように、「述語」の根底には、「ものごとを包摂する働き」が存在します。

「ことだま」とは、述語、つまりは日本語の根底にある、「ものごとを包摂する働き」のことに違いありません。

述語の根底にある「ものごとを包摂する働き」を呼び覚ますために、述語の詩である和歌が詠まれます。

だから和歌は「述語」だけで出来ています。

次に引用する万葉集の長歌は、「述語」そのものである日本語のもつ包摂作用を、雪や富士に喩えて、そのまま歌にしているかのようです。

天地の 分れし時ゆ 神さびて 高く貴き 駿河なる 富士の高嶺を 天の原 振り放け見れば 渡る日の 影も隠らひ  照る月の 光も見えず 白雲も い行きはばかり 時じくぞ 雪は降りける 語り継ぎ 言ひ継ぎ行かむ 富士の高嶺は

私訳「天と地が二つの分離した古く根源的な時代にまで遡る、崇高な富士の山は、太陽の光も、月の光も、白雲も、包み隠してしまう(包摂してしまう)ように、いつも雪が降りしきる。その壮大な富士の山を、言葉に語り継ぎ、言い継いでいこう。」

(出典: 『万葉集』巻3, 317 雑歌, 山部赤人)


上の長歌は、太陽も、月も、雲も、さらには、包摂者として描かれる雪や富士の山そのものすらをも含めて、あらにる名辞を、一つの「述語」=歌の中に包摂しています。

このように、和歌のみならず、「述語」だけで文を紡ごうとする日本語は、その根底に、全てのものごとを包摂する「一般者」を抱え持っています。

そして、日本語の根底にある「一般者」の働き(包摂作用)を予感して、古来の日本人は日本語の中に「ことだま」を感じ取ったに違いありません。

(次回は、「ことだま」の反対概念である「ことあげ」について簡単に論じます。このブログで頻繁に使う「非政治」という概念や「ことだま」が「述語優勢」的な日本の伝統と関係すること、一方「政治」や「ことあげ」が「主語優勢」的なものであることを説明し、なぜ日本で政治運動がなかなか定着しないかについても論じてみたいと思います。「主語優勢」的な「ことあげ」の一形式である近代憲法の問題についても論じられたらと思います。)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

コメント欄で批判したり反対意見を言ってはいけないということですか
安倍の批判を許さない安倍信者と同じ思考ですね

No title

人様のブログに粘着していちゃもんつける時間があったら自分がブログを立ち上げて多くの人が見に来るような立派な批判記事を書いたらどうですか?
人を批判するのは簡単だけど、日本人さんが本当に日本人なら人任せにせず、WJFさん並みの文章で自分の主張を書くのが先だよ。

ふざけないで下さい

言語を通して「日本及び日本人」について探求している記事の最中に、要は国政を論じるにあたり、まず最初に着目し、考えておかなければならない基本的かつ重要な事項について論じている記事の最中に、傍からみれば「自分の感情的満足を得たいがための実に表層的かつ幼稚なイチャモンをつけ続けるかまってちゃん」にしか見えない日本人さんにこそ、自重して頂きたく思います。
(失礼ながら、本当に日本人さんこそふざけているようにしか見えない位、子供じみたコメントばかりなので、見ていて情けなくなるものですから。)

余談になりますが、こちらのコメント欄でWJFさんにああしろ、こうしろと細かくもどうでもいい注文をつけてくる人達(しかも、「そこまで他人のブログに難癖をつけるなら、先に自分のブログで手本を見せればいいじゃない」、と言いたくなるレベル)を見る度に、私が「またこれか」と思ってしまう宮本顕治ならぬ宮沢賢治の短編を紹介させて頂きます。

宮沢賢治 注文の多い料理店
http://www.aozora.gr.jp/cards/000081/files/43754_17659.html

No title

なぜ安倍政権を批判するのか
とか記事を色々書いているくせに加計や共謀罪についてはひどいしか書けない
とかふざけないで下さい

No title

>テレビが取り上げたことに対して感想や意見を書く、
>それだけでもそのブログの存在意義はありますが?


加計学園の感想

→ひどいですね。

共謀罪の感想

→まったくひどいですね。

感想は全て一言で済んでしまいます。
「ひどい」の一言に尽きる感想をわざわざ書いても記事になりません。

No title

>新聞やテレビが書かないことを書かなければ、ブログの存在意義はありません
テレビが取り上げたことに対して感想や意見を書く、
それだけでもそのブログの存在意義はありますが?
新聞やテレビが書いたことをそのまま載せろなどと誰が言いました?

No title

>安倍が加計学園で問題になっているのにどうでもいい記事ばかりですね
>共謀罪についてもスルーですし
>所詮は消極的な自民党支持者なのでしょうね


新聞やテレビが取り上げていることを知りたければ、新聞やテレビを見ればよい。
新聞やテレビが書かないことを書かなければ、ブログの存在意義はありません。

「右を向けと言われたら左を向き、左を向けと言われたら上を向く。」
これが、WJFプロジェクトのモットーです。

皆が同じ話で大騒ぎしているときこそ、
私はそれとはまったく関係のない話をしたくなります。

No title

安倍が加計学園で問題になっているのにどうでもいい記事ばかりですね
共謀罪についてもスルーですし
所詮は消極的な自民党支持者なのでしょうね

諸悪の根源はこいつらだ!

適菜収さんがリツイートしていました。

官邸を支える山口敬之と仲間たち
https://twitter.com/aladdin1990san/status/869503572584431616

返信がほんとわが意を得たりの内容です。
我々は国民の敵として、彼らの顔を忘れてはいけませんね。どなたか、彼らの写真と名前の対応をつけてくださるとありがたいです。

上記のようないわゆる自称保守の言論人とアベウヨが両輪となって、全体主義が加速し、我が国は亡国路線まっしぐらというわけです。

「“安倍首相は大局を見ている”“野党の安倍批判はすべてブーメラン”と思っている人たちは少なくないでしょう。しかし、早く認識を改めなければ、日本はとんでもないことになる。こんなことを言ったら出版社や書店から怒られるかもしれないが、まずは立ち読みでもいいので本書を手に取ってほしい。少し知る努力をすれば、安倍のデタラメは明らかになります。末期状態に近づいている日本の現状に、ひとりでも多く気づいてほしいと思っています」by適菜収さん


著者インタビュー 「安倍でもわかる保守思想入門」適菜収氏 2017年5月18日日刊ゲンダイ
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/book/205540

安倍政権に何の疑問も抱かず、思考停止を起こした多くの日本人にとって、本書が気づきのヒントとなることを願っていると著者は言う。適菜収さんのおっしゃる通りです。ただし願うだけではダメです。安倍内閣打倒のため、実践というか行動あるのみです。


WJFプロジェクトについて
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
安倍政権の危険性について

このように安倍政権は、「日本を取り戻す」どころか、日本の徹底した国家解体とグローバル化を推し進めようとする過激なグローバリスト・新自由主義の政権なのですが、なぜか、この本質が隠蔽され、愛国的なイメージばかりが前面に押し出されてきました。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。