安倍政権の問題点

政治の肥大化。
日本の時代劇のヒーローは、たいてい、「政治」と「非政治」の媒介者として描かれてきた。

『遠山の金さん』も、『水戸黄門』も、『暴れん坊将軍』も、全てそうである。

彼らは、大きな「政治」の権力をもつ立場にありながら、町人に扮して庶民の間に入り込み、「非政治」の世界の実態を知ろうとする。

「非政治」の世界の実態を肌で知り、「非政治」の世界に生きる人たちの生の声に耳を傾け、その心にしっかりと寄り添った上で、「政治」のあり方を正そうとする。

それが、日本の大衆が理想としてきた「政治」の姿である。

翻って安倍晋三がどうかといえば、伝統的な時代劇のヒーローたちとは、真逆の姿をさらしてきたことは、いまさら言うまでもない。

安倍政権の実態を端的に言い表すならば、「政治」が肥大化しているということに尽きる。

「政治」と「非政治」とが乖離し、「政治」が一人歩きをしてぶくぶくと膨れ上がり、「非政治」を圧迫している。

これまで、安倍政権が実現しようとし、実際に実現してきた政策(構造改革)の中で、「非政治」の中から構想されたものは何一つない。

「非政治」とは無関係な場所で、「非政治」とは無関係な人々によって、「非政治」の利益や自由や活力を損なう形で構想されたものばかりである。

たとえば、安倍晋三は、政府や大企業に対しては、これまで加えられてきた規制を撤廃し、無際限な自由を与えようとする一方で、国民に対しては監視と規制を強化し、従来国民に対して認められていた自由や権利を制限しようとしてきた。

「非政治」の利益に相反する形で、自分勝手な国家改造を行ってきたのである。

にもかかわらず、「政治」が「非政治」に寄り添うどころか、逆に、国民の側が「安倍さんを守ろう」「安倍さんを信じよう」などといって、「非政治」が「政治」にべったりと寄り添おうとする有様である。

「非政治」が「非政治」たることの自覚を捨てて、いたずらに人々の政治化を煽り、政治の肥大化を助けている。

だから、問題は、「何党を支持するか」でない。

必要なのは、いたずらに政治化するのではなく、「非政治」の世界に生きるそのままの姿で、「政治」に対して怒りをもつことである。

「政治化」した「非政治」は、「政治」にとっての脅威にはならない。

「政治」が最も恐れるのは、「非政治」のままの「非政治」が、自分らに敵対するその時である。

(だから安倍政権を支持する勢力は、反対勢力を「民主党」や「共産党」という政治的な枠の中に囲い込もうとする。「非政治」を政治化させることで「非政治」の無力化を計っているのだ。)

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>人の数だけ考えや捉え方がある
>オシャレ上級者に「お前も制服を着ろ」
グローバリズム政党である自民党を支持することが良いとでも?
安倍やグローバリズムを批判しているのがこのブログですが?
それでいながら自民党を消極的に支持することはオシャレ上級者とは言えませんね

>国語力、特に長文読解力がない人間の哀れを感じつつ
この矛盾に気づかないあなたのことですね

まさに「お憑かれさま」

某コメント投稿者が「お仕事で」、または「誰かに頼まれて」やっているのではないのなら、学校や会社から支給された制服しか持っておらず、それしか着たことがなく、更には学校や会社以外の世界を知らない人間が、自分でデザインした服を自由に着こなしているオシャレ上級者に「お前も制服を着ろ」「制服を着ないのはおかしい」「制服を持っているくせに隠している」とか何とかしつこく絡んでいるような光景が続きますね。

国語力、特に長文読解力がない人間の哀れを感じつつ。

No title

どのような物事に対しても人の数だけ考えや捉え方がある。
それにも関わらずとあるひとつの考えしか受け付けず、それに対して○か×しか判断できない視野の狭い思考に陥っている時点で何らかの組織や人間にはめられているのだ。

No title

>多くの日本人が左翼政党を支持するのをいやがるのは、左翼の人たちに日本の伝統、文化、宗教、皇室に理解や共感を寄せない人たちが多いからです
つまりあなたも左翼政党は嫌だから自民党を消極的に支持するその辺のネトウヨと同じということですね
よくわかりました

それから社民党や自由党に関しては無視ですか
質問にすらまともに答えないのでは安倍と同じですね

No title

>共産党は宗教を認めていますし皇室も国民が支持する限り解体しないと言っていますが?

日本共産党ですら、信教の自由や宗教の存在を認めているときに、全ての宗教はカルトであり法律で禁止すべきと言って、日本国憲法が保障している信教の自由すら否定するのはやはり極論だと思います。

日本共産党が公式には宗教や皇室の存在を認めているとしても、多くの日本人が左翼政党を支持するのをいやがるのは、左翼の人たちに日本の伝統、文化、宗教、皇室に理解や共感を寄せない人たちが多いからです。

No title

>宗教や皇室の存在を認めない共産主義の政党など私は支持できません
共産党は宗教を認めていますし皇室も国民が支持する限り解体しないと言っていますが?
共産党が嫌なら社民党や自由党はどうですか?
いずれにしろ対抗馬を支持しないなら自民党支持と変わりませんね

No title

>あなたみたいに倒そうとしない人が多いからですが?
>現実をみましょう


あなたのように、神社やお寺を頭ごなしに否定し、ひいては皇室の存在すら認めない、極端な唯物論者の左翼の人たちが、安倍批判の浸透を妨げていませんか。

安倍政権がだめだからといって、宗教や皇室の存在を認めない共産主義の政党など私は支持できません。

No title

>現に安倍政権や自民党が倒れていないのが現実ですが?
あなたみたいに倒そうとしない人が多いからですが?
現実をみましょう

No title

>非政治とかいつまで現実逃避しているんでしょうね
>自民党を倒すには選挙でしか倒せないんですよ
>そのためには対抗する勢力を応援しなければなりません
>それが今の民主主義ですからね
>もう少し現実を見ましょう


現に安倍政権や自民党が倒れていないのが現実ですが?
もう少し現実をみましょう

No title

非政治とかいつまで現実逃避しているんでしょうね
自民党を倒すには選挙でしか倒せないんですよ
そのためには対抗する勢力を応援しなければなりません
それが今の民主主義ですからね
もう少し現実を見ましょう

やっぱり三橋貴明さんって

2017年5月24日文化放送おはよう寺ちゃん活動中より

全編 【三橋貴明】 おはよう寺ちゃん活動中 2017年5月24日
https://www.youtube.com/watch?v=pmm_dH3i5kc
本日の流れ
5:26 テ◯等準備罪 今国会成立へ
10:57 規制改革 新鮮さに乏しく
13:15 トランプ大統領 予算反発必至
16:16 北 中国との貿易むしろ増加
18:58 日本の農業とモンサント法
25:34 テ◯リズムとグローバリズム
37:35 エンディング

※【三橋貴明】個人的に共謀罪の何がいけないのか分からない。
https://www.youtube.com/watch?v=F7brOWUVTFo

安倍内閣の売国政策を批判しておきながら、テロ等準備罪に反対しないし、安倍内閣打倒しろと決して言いません。化けの皮が剥がれてきたのではないでしょうか?

昔は結構まともなこといっていたのに
おはよう寺ちゃん活動中!!2015年5月20日より
https://www.youtube.com/watch?v=wYoEkvzo84g&t=191s

適菜収さんぐらいだな、筋を通してる方は
【適菜収】 おはよう寺ちゃん活動中 2017年5月19日
https://www.youtube.com/watch?v=4Wqhmv16Jk8

【適菜収】共謀罪法案、憲法9条改正について語る
https://www.youtube.com/watch?v=q9rl3vlkZuE&t=508s

真実にたどり着くためには、電波芸者のコメントに振り回されないためには、自分で調べるしかありませんね。

無構え

昔、「水戸黄門」最終回のときに検索してみたら、勧善懲悪のヒーローへの依存心やら、国(国家権力)への幻想を増長させるし、そういう話が好きだからこそ日本人はダメなんだというような批判をしていた人もいましたが、
「政治」と「非政治」の媒介者
日本の大衆が理想としてきた「政治」の姿
と視点というか重点ををずらして捉えなおしてみた方が、より建設的な思考ができそうですね。
(遠山の金さんや水戸黄門でも何でもない人物をそうだと思い込んで依存している国民も中にはいるようですが、それは日本以外にも当てはまる話ですし、話がややこしくなるので今は飛ばします。)

それから、いつもWJFさんの非政治と政治、政党の支持に関する記事を読むと、武道でよく聞く「無構え」という言葉を思い出していたので、今回は特に最後のくだりなど興味深く拝読しました。

No title

何党を支持するかは重要
自民党や公明党を支持するなら今のまま
どこも支持しないのも結局は今のまま

三橋みたいにいくら安倍を叩いても野党を支持しないなら何も変わらない

沢村が嘘、大げさに言うから反安倍とか悪政とか冷めてた。

なるほど

「非政治が政治を圧倒する。」
以前から、WJFさんが書かれていたことです。
私にとって、抽象度が高く、いまいち理解できないでいました。
一般国民が政治に対して無関心になることは政治の肥大化を招くだろうし、政治に関心を持ちすぎても誰かさんのようにPCの前で毎晩しゃべり続けるようになってしまいます。そのさじ加減のことかなと思っていました。
でも、少し認識が違っていたのかなと思いました。

>必要なのは、いたずらに政治化するのではなく、「非政治」の世界に生きるそのままの姿で、「政治」に対して怒りをもつことである。

なるほどですね。

このことから、以前コメントしたことがある山口県の祝島の反原発運動を思い浮かべました。
島民はまさに、それを30年の長きにわたって実践してきたからです。彼らがなぜ上関原発建設を建てさせない運動を展開できたのか。それはひとえに、島民の生活のそのままの姿で「政治」に対して怒りを持ってきたからだろうと思います。
島特有の一本釣りの漁法を守って漁業を続ける、ひじきを採って特産品とする、狭い島内で石垣を組み棚田を作って稲作をする、豚を買う、びわからびわ茶を作る、そして、4年に一度の神舞を継承する。そんな暮らしを守りながら、原発建設に反対してきました。まったく政治的でないわけではなく、上関町議会へ議員を送り込んだり、市長選に島の代表を立てたりという運動はしてきました。でも、それは島の生活を守るためであり、何の政治的イデオロギーはありませんでした。
原発反対運動にはいろんな政党や政治団体からのアプローチがあったといいます。でも、「応援は歓迎するが、指導は受けない。」というスタンスで、あくまでも主体は島民であることを貫きました。つまり、「政治化」しなかったからこそ、30年間もさまざまな圧力に屈することなく、運動を継続できたのだと思います。
最近になって、菅直人や河野太郎といった政治家たちが祝島を訪問しています。政治が非政治の魅力に惹きつけられることも起こるのではと思います。

祝島島民はサヨクではありません。現在、運動の主体は「上関原発を建てさせない祝島島民の会」という名称ですが、以前は「愛郷一心会」という名前でした。
島内の漁協の大会議室で集会がある時は、壁に大きな日の丸が掲げられていました。郷里を愛し、国を愛する気持ちは素朴さからの発露です。人工的なものではないと思います。
祝島の朝、島民は朝日を拝みます。毛利元就の日輪信仰が継承されたものかどうかはわかりません。どちらにしても、自然の恵みに感謝する姿勢を持ち続けている場所です。
その朝日が昇るまさにその下に上関原発建設予定地がある。
大自然の源である太陽の下に、核燃料を燃やす人工的な太陽を作ろうとしていることに、本能的な、無意識の拒否感があるのかもしれません。
今、日の丸の深紅の意味するものが、自然の源である太陽なのか、それとも人工的な太陽になろうとしているのか。人工的なものに傾いているとき、自然国家から人口国家への傾斜が進むのではないか。
原発問題は単に、原発、反原発という二元的争いではないように思います。
反原発運動がなかなか国民に浸透しないのは、非政治からかけ離れた運動を展開し、政治化してしまっているからではないかと思います。
祝島のような、日々の暮らしを営む非政治の力を侮ることがあってはならないと思います。

https://www.youtube.com/watch?v=9YXl_ChXAy8


No title

> 金さんはおしらすだし光國さんは印籠だし完全な政治力じゃない。挙

三権分立の存在しない江戸時代において司法・行政・立法の間に境目はなく、実際に、北町奉行や南町奉行であった遠山金四郎は、将軍の後ろ盾を受けて、老中水野忠邦による「天保の改革」に対する抵抗勢力として戦うという政治力を発揮したそうです。

https://ja.wikipedia.org/wiki/遠山景元

>そもそも時代劇は完全なフィクションだし、みんなはこう思ってるはずもこの記事では定義が曖昧なせいで検証不可能なレベル。

水戸黄門や暴れん坊将軍はフィクションですが、そのようなフィクションが作られる事実の中に、日本の一般大衆の願望が映し出されています。

金さんはおしらすだし光國さんは印籠だし完全な政治力じゃない。挙げた方々の活動資金ってどこからでてるの?金さんなんか遊び人だよ(笑)
そもそも時代劇は完全なフィクションだし、みんなはこう思ってるはずもこの記事では定義が曖昧なせいで検証不可能なレベル。
この文章をこのままプリントアウトして、現状をよく表現できてる、まあまあできてる、あまりできてない、全然違うの偶数選択肢で近所の大きな駅でアンケートでもやれば「世間の感想」はわかるかもしれないけどね。
WJFプロジェクトについて
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
野生と文明の相克の物語(3)

日本人が、遅ればせながら、「帝国主義」という名の「文明」の所作を、アメリカ人やイギリス人から学び、まねるようになるはるか以前から、アメリカはその建国のはじまりよりすでに「帝国主義」をその本質として標榜する国家だったのである。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。