「反・グローバリズム」の愚かしさについて

嫌韓を嗤いながら反ユダヤ。
下の動画は、おそらく、クラシック音楽の中で最も美しい作品の一つ、モーリス・ラヴェルの『ピアノ協奏曲ト長調」の第2楽章です。

音楽は静かで穏やかなピアノの独奏から始まります。この音楽のもっとも美しい部分は、3:00あたりから、フルート、オーボエ、クラリネットなどの木管楽器が哀愁に満ちた天国のような旋律でピアノに加わってくる部分です。
(ラヴェルには、もう一つ「左手のためのピアノ協奏曲」という素晴らしい作品があり、昨年、ピエール=ローラン・エマールというフランス人ピアニストの生演奏に間近で接する機会がありました。)

上の動画の中で「ピアノ協奏曲ト長調」を演奏しているのは、エレーヌ・グリモーというユダヤ系フランス人の著名なピアニストです。

エレーヌ・グリモーは、オオカミと共に暮らす、オオカミの研究者、また保護活動家としても知られています。
エレーヌ・グリモーに限らず、クラシック音楽の世界で活躍してきた著名な音楽家の多くはユダヤ人です。

メンデルスゾーンもユダヤ人、マーラーもユダヤ人、シェーンベルグもユダヤ人、ガーシュウィンもユダヤ人、ワルターも、バーンスタインも、ルービンシュタインも、ホロヴィッツも、アシュケナージも、アルゲリッチも、バレンボイムも、フィッシャーも、ギレリスも、ペイラアも、シフも、ゼルキンも、パールマンも、シュターンも、オイストラフも、クライスラーも、ミルシュテインも、クレーメルも、メニューインも、ヨアヒムも、シゲティも、ハイフェッツも、マイスキーもユダヤ人。

クラシック音楽のファンなら誰でも知っているこれらの作曲家や演奏家は全てユダヤ人です。

ユダヤ人が活躍してきたのは音楽の分野だけではありません。

自然科学、人文科学、社会科学を問わず、学問の世界でユダヤ人がどれだけ貢献してきたか。

スピノザもユダヤ人、フッサールもユダヤ人、フロイトも、マルクスも、チョムスキーも、デリダも、レヴィナスも、ポパーも、ベルクソンも、ブーバーも、ブロッホも、アレントも、アドラーも、アドルノも、レヴィ=ストロースも、デュルケームもユダヤ人。

全人類の中でユダヤ人が占める割合は0.2%以下だそうですが、ノーベル賞を受賞した人々の20%がユダヤ人なのだそうです。

ユダヤ陰謀論を鵜呑みにし、ユダヤ人を悪だと決めつけてその存在を否定すれば、ユダヤ人が、何世紀にもわたって学問や芸術の分野で積み重ねてきた人類に対する大きな貢献をも否定しなければならなくなってしまいます。

だから、ふだんから学問や芸術をたしなむ人たちは、ユダヤ陰謀論に陥ったりしません。

学問や芸術の世界におけるユダヤ人の貢献の度合いを知っているからです。

ユダヤ陰謀論にはまるのは、沢村直樹のように、学問や芸術の素養のない、視野の狭い、無教養な人々ばかりです。

嫌韓に飽きたら、反ユダヤ主義。

嫌韓をバカにしながら、反ユダヤ主義。

嫌韓も反ユダヤ主義も、憎悪の対象を変えただけで同じものに過ぎないというのに、自分が同じ過ちを繰り返しているという客観的な自己分析もできない。

グローバリズムと対峙することと、「反・グローバリズム」に陥ることは別物だということがわからない。

グローバリズムがだめだからといって、「反・グローバリズム」を掲げればよいというわけではないということがわからない。

韓国人であれ、ユダヤ人であれ、特定集団をバッシングするという、二項対立的な、二元的な考え方に立つことこそが、むしろ、グローバリズムのような一元化された世界を招来してしまうということがわからない。

参考記事:
グローバリズムと『二・一』構造」(2014年6月10日)

グローバリズムと対峙することとは、多元的な世界を守ることであり、多元的な世界を守るためには、世界のどのような集団に対してもニュートラルな距離感を保たなければならない、ということがわからない。

ユダヤ人のような特定集団をバッシングする二元的な思考のままでは、多元的な世界は守られないということが理解できない。

参考記事:
多元的保守思想の復興」(2014年7月9日)
多元的思考はえり好みをしない」(2014年8月14日)

沢村直樹氏の放送を見ていると、安倍信者にも、反安倍にもろくな連中がいないとうんざりさせられます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

愛国者よ

>だがユダヤ陰謀論を鵜呑みにするような人間が大多数を占めているという根拠は?

反安倍系のブログやサイトや掲示板のコメントを見てくればいい。

No title

そりゃどんな勢力にもろくでもない連中は少なからずいるだろう
だがユダヤ陰謀論を鵜呑みにするような人間が大多数を占めているという根拠は?

愛国者よ

>沢村が駄目だからといって反安倍にもろくな連中がいない、と
>反安倍全体を叩くのは駄目だろう


反安倍が全員ろくでもないと言っているのではなく、
反安倍の中にもろくでもない連中がいると言っているのです。

>反安倍には差別を許さない立派な人間が多くいる

残念ながらそうは思いません。
反ユダヤ主義に陥らずにグローバリズムや新自由主義を批判できる人はごく少数です。グローバリズムや新自由主義や安倍政権を批判しだしたとたんに、バカげたユダヤ陰謀論を鵜呑みにするようになっていく人々が大多数を占めています。

No title

沢村が駄目だからといって反安倍にもろくな連中がいない、と
反安倍全体を叩くのは駄目だろう
反安倍には差別を許さない立派な人間が多くいる
ネトウヨ上がりの沢村みたいなのとその他の反安倍は別

No title

「内部対立」という言葉は、企業や政党やスポーツチームのように、ある集団や組織が同一の目標を達成しようとしている時に使用可能な言葉です。

ではユダヤ人が、企業や政党やスポーツチームのように結束してグローバリズムを追求しているかといえば、そのような事実はありません。

下の記事で引用した日経新聞の記事を読めばわかるように、ユダヤ人だからといって皆が同じ考え方を持っているわけではなく、様々な考え方の人たちがいます。

http://wjf-project.info/blog-entry-1413.html

戦争中の特殊な事例を持ち出して日本人全般を一般化し、日本人が残虐な悪の民族であるかのように喧伝する「反日プロパガンダ」に、日本人は長く苦しめられています。

自分たちがされたら嫌なことを、他の人たちに対して平然と行うのは、正しいことではありません。

No title

返答ありがとうございます。
さて、

内部対立があるとか、学問や芸術で成果をだしているとか
他にもロクでもない事してる民族は沢山いるとか、
そういうのは全く関係ないでしょう。


K-POPだろうと漢字だろうと音楽だろうと学問だろうと関係ありません。
どんな文化も内部対立の存在も無関係です。
そんなこと知ったこっちゃない。
現に危険であるか否か、それが全てです。

もし擁護するのであれば
彼らは日本にとって何のリスクでもない
そう言うべきでしょう?
でも言わない/言えないのは、あなたも実際は知ってるからではないでしょうか。
「危険である」と。

「素晴らしき日本よ、永遠なれ」
問題はこれだけでしょう?
これへのリスクが何か、それだけを考えませんか?

さいよ

あなたがた陰謀論者がしっかりと確認しなければならない基本的な事実として、

1. ユダヤ人だけがグローバリズムを推進しているわけではなく、民族や宗教に関係なくグローバリズムを推進するたくさんの人々がいます。

たとえば、ユダヤ教やキリスト教と対立するイスラム教自体が、国家を超えたグローバルな価値体系なのであり、その証拠に、ヨーロッパなどの外国に移り住んだイスラム教徒の移民は、そこで移住先の文化に同化するかわりに、モスクを建てイスラム教の共同体を形成してしまいます。

ISISは、イスラエル再建と同時に中東に建設された民族国家を解体して、統一したイスラム帝国を再建しようとするグローバルな試みです。

イスラム教徒たちは、グローバリズムを推進する勢力の被害者であるかのように語られがちですが、イスラム教徒自身がグローバリズムの広がりに積極的に加担しています。

またグローバリズム推進の犯人とされる金融業にしてもその成員の全員がユダヤ人なわけではありません。日本のメガバンクの社員たちはユダヤ人ではありませんし、ウォールストリートに働く人々のすべてがユダヤ人ではありません。

金融業というとユダヤ人だけがそれを興したかのように言われがちですが、世界史の中で一番最初に先物取引を行ったのは日本人です。世界中の金融相場の中で使われているローソク足は、ユダヤ人ではなく江戸時代の日本人が発明したものであり、相場分析の手法を誰よりも古くから発達させたのもユダヤ人ではなく日本人です。

2. ユダヤ人の全員がグローバリズムを支持しているわけではありません。

グローバリズムを批判するスティグリッツも、クルーグマンも、サンダースも、すべてユダヤ人です。

シオニズムは、グローバリズムを推進する運動であるどころか、それとは真逆に、民族国家を再建し維持しようする運動です。

実際に、イスラエルの英字新聞「エルサレム・ポスト」は、グローバリズムを熱心に推進してきたユダヤ人投資家のジョージ・ソロスを、「グローバリズム」という無秩序を世界に蔓延させることに手を貸してきたとして、手厳しく批判しています。

ソース: The Jerusalem Post "Soros's Campaign of Global Chaos" 2016年8月22日
http://www.jpost.com/Opinion/Our-World-Soross-campaign-of-global-chaos-464770

>K-POPがどれだけ世界的に流行しようと、
>竹島の侵略や性奴隷の捏造の問題と何の関係もないのと一緒です。


クラシックや学問と、K-POPを同列に語るから、あなたがた陰謀論者は、バカで無教養だと言われるのです。

No title

おっしゃる通り、彼らはとても大きい文化的貢献をしている人たちです。
私も尊敬する人が多くいます。
しかし同時に、ある民族が学問や芸術において大きい成果があるからと言って、
それが他の領域における行為の免罪符になるわけではないでしょう。

彼らが問題となる基本的な理由は、政治・経済・社会といった領域での、
他集団・他国家の破壊に向かう行為にあるんですから。

K-POPがどれだけ世界的に流行しようと、
竹島の侵略や性奴隷の捏造の問題と何の関係もないのと一緒です。

沢村を皮肉った動画の新作が上がりましたので見てください。


【替え歌】Get Washitsu【Get Wild】
http://nicovideo.jp/watch/sm31103334

No title

そもそもすべての国民がここまで深く理解できるわけがないというのが僕の思想なんです。
そりゃ多くの国民が日々の仕事で忙しく、仕事をしていない人は大抵アニメやゲームに夢中でソクラテスのように思考にふけっているっていう人はほとんどいないでしょう。
そんで、思考にふけいる立ち位置であるはずのネトウヨは2元論になっているというね。
もう今の時代はソクラテスですら思考することが不可能なほどスケールが大きく複雑になってしまい、多くの市民にとっては二元論を用いないと説明ができない、自己解決ができなくなってしまっているのでしょうか。

共鳴したので書かせて頂きました

沢村さんの放送を前から見ており何度かコメントで起動修正を試しておりますが取り入れはするもの基本的な部分が違うのでやはり元に戻ってしまわれる

当方が左翼的思想??だからか知りませんがグローバル資本主義、金融資本主義、グローバル化の新自由主義が世界を覆っている、そして自民党が過去をきちっと清算できずに現在まで来てしまっているのが要因にあると思います、米ソ冷戦時代はそれで良かったのですが

グローバルが駄目なのではなくグローバル化の新自由主義が駄目なのです。
人やお金の流れは人の頭で良し悪しに変える事が出来る、グローバルが駄目としてしまってはトランプの様な排外主義者を認める事になる。

ただ当方は左翼の部類に入るのかな?と思うので、あっているのか間違っているのかわかりませんが、ただWJFさんの「グローバリズムと対峙することとは、多元的な世界を守ることであり、多元的な世界を守るためには、世界のどのような集団に対してもニュートラルな距離感を保たなければならない、ということがわからない」に共鳴したので書かせて頂きました。

美しい曲ですね

長々コメントを書いたのですが、
反映されなかったようです。

多元的思考は大切ですね。

ラベルの曲を聞きましたが、美しさの中に憂いのある旋律だと
思いました。

今後のご活躍をお祈り致します。

タイトルにドキリとし、関連記事を読んで共感致しました。

2回目のコメントをさせて頂きます。
嫌韓を嗤い、反ユダヤという所で多少ドキリとしましたが、
多元的保守の考え方に賛同致します。

私は、岩手県沿岸に住んでいた震災被災者です。
今は同じ県内の岩手県に住んでおります。
震災前から地元の寂れように心を痛め、町を元気にしようと考えていましたが、津波と火災で被災した故郷を目の当たりにし、復興を誓ったものの、漁業者や飲食店などではなく、
零細斜陽産業の跡取りでして、親の様なスキルもなく、
また、事業も先の見通しが立たないため、内陸で仕事をすることにしました。しかし、心の病でフルタイムの仕事を辞めて、
今、ようやく新聞配達の仕事をしております。

震災後2年ほど無為に過ごしていたのですが、
暇にかこつけてネットサーフィンをしていて偶然に
嫌韓に目覚め、チャンネル桜やWJFプロジェクトのボレロにのせた韓国コピー商品を列挙した動画を見て、韓国のダメっプリに失笑しながら安倍政権の誕生に心踊らせていました。

しかし、その当時から上念司氏、倉山満氏、三橋貴明氏などの
書籍を購入しながら、「要はこれこれである。簡単に言えばこれこれである。」という経済学を単純化した論法に疑念を感じていました。わかりやすいのですが、鵜呑みにしてはいけない。そう思いましたので、世の中の実相を知り再就職に役立てようと経済学の文庫と民法、伊藤塾の日本国憲法の本など買って少しずつ読んでいます(本当に少しずつです)。

ところが、安倍政権は消費増税に踏み切りました。
倉山氏と上念氏は桜を去り、
都知事選で田母神氏を擁立した水島氏は、
田母神氏のみんなから集めた選挙資金を横領した事により、
田母神氏と決別。

民主党から安倍政権に代わった時のわずかな希望が、
失われていくような気になりました。
ブログを自前で立ち上げたのは、アルマゲドンへの危機感からでした。
韓国に妥協的な態度をとらざるをえなかったり、
TPP交渉をせざるを得ないのは、
アメリカの強い圧力があるのだと感じたからです。
そして、まさに陰謀論であるイルミナティの存在を強く意識するようになったのです。

しかし、陰謀論も甚だ怪しいものばかりです。
リチャードコシミズ氏
ベンジャミンフルフォード氏
大田龍氏などいろいろ読みましたが、
なかなか理解できません。

歴史好きだったので俄に信じがたいものばかりです。
しかし、グローバリストと呼べる人達はいるし、
グローバリゼーションも進んでいます。

陰謀組織がいると仮定して、これらに如何に対抗し、
さらに国体を守るかという事で思案した結論が、
椅子取りゲームに勝つ如く「陰謀組織に勝つまで戦う」
というものでした。軍事的にも経済的にも勝利する事を目指す。その為に饅頭のような二重国家を構想しました。

しかし、ここで一つの思考のジレンマに陥ります。
ユダヤ人の選民主義を唾棄しながら、
日本人が優越感をもって他国を征服したら同じことになりはしないかと。。。
この事に非常に悩みまして、その思索は現在ストップしたままです。

故郷の復興が私の目標であり、グローバリズムの思想の淵源をしることが金を稼ぐ事に役立つのではないかと、アメリカ独立前後の世界や、金融の歴史を調べていきたいと思っています。
調べ始めると不思議と親近感が湧いてきます。

例えばアメリカにはインディアン虐殺や黒人差別など負の側面もありますが、それには時代の気分や成り行き上仕方のないところもあり、人間臭さや、意外に繊細な面も見えてきます。
アメリカ人自身がそれらの過去に苦悩している面もあります。

ユダヤ人も調べてみましたが、実に人種的に多様です。
宗派も別れていますし、カバラーやハシディズムといった
理解するためには旧約聖書の知識がないと難しい精神世界もあります。

また、ユダヤ人のコミュニティの全世界への拡散の足跡を辿るのも興味深く、血縁や同胞を大事にする信仰に根差した絆の強さにも驚きます。

ユダヤ人の知恵には率直に感銘を受けるところがあります。
恐らく、キリスト教世界に住むなかで土地所有を許されず、
土地よりカネ、カネより知識を大事な財産として考える暮らしとキリスト教の教義に縛られない発想が可能であった事が、
ユダヤ人が科学や哲学などの分野で傑出した業績を残すことにつながったと考えています。

歴史的背景から金融業でも主要な役割を果たした事がわかります。実は金融業が現在の経済で大きなウェイトを占めている事が問題なのではないかとぼんやりと考えています。
私には、実物経済に比べて、金融だけが膨張しているように思えてなりません。信用創造といいますが、マネーストックの増大が度を越していると思うのです。

これが1%富裕層の富を劇的に増大させ、残り99%を貧しくさせていると思います。

すみません。長々自分の考えを書いてしまいました。
結論としては、分からないことは結論を出さず、
なるだけ多くの情報を調べなければ行けない。
保守、革新と選り好みせず、
様々な角度から物事を見なければならない。
と、いうところですか。。。

そういうわけで、WJF様と全て見解が一致するとはいえませんが、単純化して考える事の危険性と、なるだけ様々な人や考えと距離をおいて接することは大切だと改めて思いました。

ロスチャイルド家の記事等、書きたいと思っていますが、
ユダヤ人全体への誤解や憎悪を煽らぬように注意したいと思います。

今後のご活躍をお祈り致します。

名前を挙げられた音楽家の方達はユダヤがどうこうでなく国籍をお持ちなのでは?
てゆかユダヤ人がありならキリスト人やイスラム人みたいなくくりもありになりませんかね。ん?同じキリスト教系のユダヤ人を独立項としてカウントしたんだから、もちろんカトリック人とプロテスタント人もそれぞれ別カウントか(笑)
◯◯人がユダヤ教徒、ならわかるのですが…ユダヤ人って何人よ?って思ったりはしないんですか?
WJFプロジェクトについて
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
なぜ、「○○よ」と呼びかけるのか(7)

日本語で日本人同士が「議論」(のまねごとの域をでられないが)しようとすれば、「命題の真偽」を明らかにするという本来の目的ではなく、「相手とどのような関係を取り結ぶか」という議論の本質とは無関係な脇道へと逸脱してしまう(例: 進撃の庶民)。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。