侵入生物

生物界のグローバル化。
ぴーのお墓に供えていた黄色い花は、家から神社にいく途中で道ばたに咲いていた花。



何の花だろうと調べたら、オオキバナカタバミという南アフリカ原産の「侵入生物」であることがわかりました。

国立環境研究所の「侵入生物データベース」によると、明治中期以降、観賞用に外国から日本に持ち込まれた花が、野生化したものだそうです。

綺麗な花を咲かせるので抜き取られることなく、各地ではびこってしまっているそうです。

ヒメウズラも東南アジアから持ち込まれた「侵入生物」であり、そのお墓にお供えしたオオキバナカタバミもまた「侵入生物」。

生物界も人間界も、日本は、「侵入生物」だらけになっています。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

WJFプロジェクトについて
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
安倍政権の正体

アメリカ国民の民意に反しても、あくまでもTPPを推進しようとする安倍晋三が、「日米同盟」のためにTPPを推進しているわけではないことはすでに明らかです。 なぜなら日米同盟とは、日本国民とアメリカ国民との融和と相互信頼を前提とするものだからです。 では、「日米同盟の強化」がTPPの目的でないならば、TPPの目的は何であり、それを推進する安倍政権の正体は何なのか。 それは日本人の各自が、自分の頭を使って考え、自分で気付かなくてはならない最も単純で基本的な問いであり、いまさら、誰かにわざわざ懇切丁寧に説明してもらうような事柄ではありません。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。