ぴーとの再会

ぴーは生きている。
寂しいことではありますが、ぴーがいない生活にも少しずつ慣れてきました。

それでも、氏神様に立ち寄るのが毎日の日課なので、ぴーのお墓参りは毎日欠かしません。

いつもあげていた餌をまいたり、お花を供えたりしています。

先日、いつものように神社にお参りに行ったら、参道にぴーにそっくりの鳥の羽毛が落ちていました。



他の鳥の羽だと思いますが、ぴーが「ここにいるよ」と挨拶してくれたような気持ちになりました。

街の中にもぴーはいます。



街で見かけるショートボブの女性の髪型がヒメウズラの体の形にそっくりなのです。



いつか、鶴の恩返しのように、ショートボブの髪型の女性が家のドアをノックして、「私はぴーの生まれ変わりなのです。生前のご恩に報いるためにやってきました」と現れないかと妄想する今日この頃です。

そもそも、ぴーは雄だったのですが・・・。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

夢現のなかで

遅ればせながら、お悔やみ申し上げます。
と書いてはみたものの、実際に触れあっていないせいか、私にとっては最初から、「鶴の恩返し」ではありませんが、ぴーちゃんは神仏の化身やお使い、はたまた天と地をつなぐ何かのようで、それ故にいつか突然姿を消してしまいそうな神秘的な存在に感じられていたので、亡くなったぴーちゃんの写真を拝見したた今でさえ、何と表現していいのかわからない不思議な気持ちがしています。
ただ、WJFさんと過ごした最後の数か月間は、本当に大切にされ、可愛がられ、ぴーちゃんにとっては(擬人化すると)最も幸福なひと時ではなかったかと思われます。
ほんの短い間ではあっても、普段は厭世的な私に、ささやかな希望の光や、生命の美しさを感じさせてくれ、神秘的な感銘と幸福な気持ちを与えてくれたぴーちゃんとWJFさんに、今はただただ、感謝をささげたく思います。
WJFプロジェクトについて
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
「反・グローバリズム」の愚かしさについて

ユダヤ陰謀論にはまるのは、沢村直樹のように、学問や芸術の素養のない、視野の狭い、無教養な人々ばかりです。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。