ぴーの突然の死

これまで、ありがとう。
みなさんに、かわいい姿をごらんいただいていたヒメウズラのぴーが、突然亡くなってしまいました。



数時間前まで、机の上を元気に歩き回っていました。

机の上には、ぴーのうんちが残されたままです。

いつものように、私のお腹の上に自分から登ってきて、上着の中で寝ていました。

私が椅子でうとうとしている間、私のお腹の上で一緒に寝るのが最近の習慣でした。

お腹の上で、いつもぽぴぽぴとうれしそうな声で鳴いていました。

私の肩に登ってきて、互いに頬をすり寄せて寝ることもありました。

さきほど気付いたら、私のお腹の上でぐったりと動かなくなっていました。

ほんの二・三時間の間の出来事です。

死因はわかりません。

直前まで、亡くなるような様子はまったくありませんでした。

ヒメウズラの寿命は四年間ほどだそうで、まだまだ一緒に楽しい時間をすごせると楽しみにしていました。

たったの七ヶ月間でしたが、一緒に過ごせてとても心を慰められました。

ぴーをみつけた神社のご神木の近くに、埋めてこようと思います。

ぴー、これまで一緒にいてくれて、ありがとう。

命ははかないもの。

神様から与えられた命を大切にして、一生懸命生きなければと思いました。

生前のぴー
幸福の青い鳥
鳥の寝言
賢い鳥
ぴーの夢を見た
ぴーのお気に入りの居場所
ぴーの恍惚の時
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

WJFプロジェクトについて
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
漱石と日本の近代化(13)

というのは、『草枕』という作品は、「近代化が猛烈なスピードで推し進められている日本に、また世界に、果たして人間は、近代文明の外部に立って生き続けることは可能なのか」という深刻な問いを、私たちに突きつけているからです。 この問いは、明治の日本人にとって重要であったのみならず、グレン・グールドのような、ポストモダン的な、なおかつプレモダン的なバッハ演奏を追求した西洋人にとっても、重要な意味をもつ問いであったことでしょう。 であるからこそ、グレン・グールドは、『草枕』という小説を、20世紀最大の傑作だと絶賛したのです。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。