『騎士団長殺し』読了

傑作です。
村上春樹の話題の新刊『騎士団長殺し』を読了しました。



村上春樹は、デビュー以来一人称の話法で小説を書いていましたが、近年、三人称で小説を書くようになってから、彼の作品はあまりおもしろくなくなっていました。

今回の作品は、久しぶりに、かつての村上春樹のスタイルに戻り、一人称で書かれています。

『海辺のカフカ』や『ねじまき鳥クロニクル』と同じく、登場人物たちの魂の遍歴と成長を描くBildungsroman(教養小説)であり、現実と非現実、ナチスドイツによるオーストリア併合や南京事件などの歴史的事件、ダンテの『神曲』や上田秋成などの古典文学、哲学や美術、映画や大衆音楽などのサブカルチャーなど、広いパースペクティブをもって巧みに編まれた全体小説です。

小説のスケールは、『ねじまき鳥クロニクル』や『海辺のカフカ』には及ばず、こじんまりとまとまりすぎている感じがしますが、傑作だと思います。

口やかましく批評している人たちもいますが、このような作品を書けるのは村上春樹しかいないと思います。

久しぶりに(『海辺のカフカ』以来)、貪るように読めた村上作品でした。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

WJFプロジェクトについて
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
漱石と日本の近代化(21)

美的な超越世界へのベアトリーチェ的な「飛翔」への憧れをもって語り出された物語は、「飛翔」に、それとは鏡像関係にある、オフィリア的「落下」のイメージを重ね合わせながら、その両者を一瞬にして、ハイデッガー的な「投企」の意味へと反転させる。 この「鏡」は、画工のみならず、漱石自身の創作活動の方向性を「反転」させる意図をもって、この作品の中心に置かれている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。