健忘症の日本人へ: 目の前に迫る貧困と格差

「あのとき、自分は愚かだった」と後悔する時。
※この記事は、旧ブログの記事健忘症の日本人へ: 目の前に迫る貧困と格差 (2013年5月22日)を再掲したものです。

下の動画は全て2009年の政権交代以前に報道されていた、日本の貧困と格差の問題を報じたニュースの動画です。









2009年と言えば、2001〜2006年まで続いた小泉構造改革の悪弊や、リーマンショックによる不景気に日本が襲われていた時期です。

全日本民主医療機関連合会が2006年に作った下のサイトは、小泉構造改革と格差社会の問題を伝えています。
「格差が出るのは悪くない」と首相

医療改悪で命の格差ひろげるのか!

所得の「格差」が拡大していることが社会問題になっています。国会で小泉首相は、「格差が出るのは悪くない」「これまでが悪平等だった」などと答弁。自民党の石原伸晃議員は、生活保護を「施し」だとする暴言を吐いています(2月5日、NHK日曜討論)。人間らしく生きる権利の否定です。小泉「構造改革」の痛みが国民を直撃し、格差を広げているなか、首相は「構造改革」の仕上げを豪語し、医療大改悪に乗り出しています。中央社会保障推進協議会の相野谷安孝次長(全日本民医連理事)にききました。

「構造改革」の本質は 利益のためには何でもあり

いま、「構造改革」の本質を見極めることが、ほんとうに大切になっています。この間、もうけのためには何でもあり、といわんばかりの、国民の命・安全を脅かす重大事件が次々と起きていますね。「住」の安全を民間任せにした耐震強度偽装事件。株取引の規制緩和が生んだライブドア事件。平気で障害者を排除する東横イン事件。昨年5月のJR西日本の事故も、競争、効率化のなかで起きたものではないでしょうか。米国産牛肉輸入再開事件では、「食」の安全までアメリカに売り渡したことが明らかになりました。・・・

(続きはサイト上でお読みください:
http://www.min-iren.gr.jp/syuppan/genki/174/genki174-03.html)
私たちは小泉構造改革の引き起こした問題を直接目にしてきたはずですが、そのことを既に忘れてしまったのでしょうか。

日本人の多くを貧困と格差へと突き落とした小泉構造改革の最大の戦犯は、竹中平蔵ですが、安倍内閣の政策は、竹中平蔵の考え方をそのままなぞっています。

TPP、道州制、日中韓FTA、RCEP、マイナンバー制度、消費税増税、水道民営化、電力自由化、英語公用語化、留学生30万人計画、ビザ免除国拡大、アベノミクス特区など、安倍政権が推進している新自由主義的政策がもたらす貧困と格差は、小泉構造改革の比ではありません。

上の諸政策が実現されれば、TPP参加国の賃金は平準化されていきますから、日本人の最低時給が200円や300円になる時代が必ずやってきます。

アメリカでは6人に1人が食料不足に陥るほど貧困が広がっています。



ミシシッピ州では5人に1人が生活保護を受けています。



TPP参加によって、日米の障壁を取り除く事によって、そのアメリカの貧困が日本に津波のように襲ってきます。

安倍政権を支持している人たちに訴えたいのは、かつてないような貧困と格差が、自分自身や、自分の子や孫の世代に直接襲いかかるのだということです。

本当にそれでいいのでしょうか?

子どもたちの首を自分の手で絞めるようなことは、人の子の親として絶対にしてはならないことだと思います。

安倍支持者の人たちは、「安倍さんがんばって」と手を叩きながら、自分の子どもたちに地獄を用意しています。

日本を、これ以上、生きづらい世の中にすることは絶対にゆるされません。

安倍晋三は、愛国的なパフォーマンスで国を売る小泉純一郎と全く同じタイプの政治家です。

TPPは元寇、大東亜戦争に匹敵する国難です。

「あのとき、自分は愚かだった」と、自分が仕事を失い、家を失い、家族を失い、痛い目にあってやっと気づく前に、今、気づいていただきたいと思います。

二度も三度も同じやり方で騙されてはなりません。
*
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

WJFプロジェクトについて
ご寄付のお願い
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
蓮舫の二重国籍問題のジレンマ

違う入り口を選んだハズなのに、ドアを開けると、同じ出口につながっている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。