あなたが作り出す地獄の中で、あなたの子がのたうつ

よい国を残すことは親の責任です。
※この記事は、旧ブログの記事あなたが作り出す地獄の中で、あなたの子がのたうつ (2013年2月21日)を再掲したものです。

TPP: 日本を呑み込むもう一つの大津波 (2013年版)



大切な部分なので、多くの人たちに伝わるように、前回の記事を反復します。

「新自由主義政策を実現するために、人々の愛国心を利用する。」

小泉純一郎や橋下徹と同様、これが安倍政権の本質です。

「新自由主義」という言葉が何を意味するのか、具体的にイメージしにくい方は、小泉政権時代を思い出してください。

社会の格差が広がり、「勝ち組」と「負け組」に国民が二分されました。ホリエモンのように一攫千金をものにする人々がいる一方で、失業者や、派遣労働者、お正月をあたたかな家の中で迎えることすらできないたくさんのホームレスが街にあふれました。自殺者も増えました。まじめに汗水垂らして働くことがばかばかしくなり、いかに楽をして儲けるかばかりを考える風潮が広がりました。家庭の主婦までもが投資にのめり込むようになりました。

靖国神社に参拝し、愛国者のふりをしながら、このような社会を日本にもたらしたのが小泉純一郎でした。そして、そのとき幹事長として小泉純一郎の売国を補佐していたのが安倍晋三です。

TPPや道州制が実現してしまったら、そのときに訪れるであろう格差社会は小泉時代の比ではありません。

「安倍さん、さすが」と手を叩きながら、

みなさんは、自分の子どもたちに地獄を用意しています。

「どうして、こんな世の中なの?」

「どうしてこんなに生き辛いの?」

彼らが、みなさんを恨めしそうに見つめる日がまもなくやってきます。


みなさんは日米同盟のためなら、TPPも仕方がないと考えるかもしれません。

安倍さんが決めることならば、安倍さんを信じて、受け入れようと思うかもしれません。

しかし、子どもたちに、上のように問われたとき、

「日米同盟のためなのだから、仕方がないじゃない。」と説明できますか?

「安倍さんが決めたことなのだから、がまんして受け入れなさい。」と答えられますか?

子どもたちに地獄を味わわせたくなければ、

今、体を張って、TPPと道州制を止めて下さい。

それこそが「大人の」日本人の責任であり義務です。


日本は、今、大変な危機の状態に置かれています。

目を覚ましていただきたい。

そして、声を挙げていただきたいと、強く願います。

ブログ・ランキングにご協力ください。
一日一回、右のバナーをクリック願います。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

いまだにいずれかの既存政党(どの政党も日本を破壊するのを最終目標としている勢力の傀儡)を支持している人間は自らのこどもが苛烈な境遇に追い込まれようと自己保身しか考えていないと思います。
そういう人達は都合が悪くなったら「わたしは騙されていた」などと被害者面をしたり、「若い時は苦労するのが当然だ」などと精神論で開き直ったりして一切責任なんて取りませんよ。
そんな人達はともかく、自分もできることはしていかないといけないと痛感しています。
WJFプロジェクトについて
ご寄付のお願い
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
蓮舫の二重国籍問題のジレンマ

違う入り口を選んだハズなのに、ドアを開けると、同じ出口につながっている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。