千円札デマの背後にあるもの

ユダヤ陰謀論の背後に隠された反国家主義。
コメント欄で、いまだに、「千円札に描かれた山は富士山ではない」と言い張っている頭のおかしな人物がいます。この方に対して返信したコメントを、少し修正して記事としても掲載しておきます。

>仮にシナイ山だったらなにかマズいことでもあるのかな?

通貨制度は、ある国の国家体制の根幹を支えるものです。「愛国者」を名乗る沢村直樹や侍JPやあなたのような人々が、自国の国家体制を信じないというのはなんという皮肉な自己矛盾なのでしょうか。

日本国民が、千円札の裏に描かれた湖面に映る山の姿を見て、何の疑いも持たずに「これは富士山だ」と認識できるのは、日本国民が、日本という国家体制に対しても、また風土としての日本に対しても、自然で揺るぎない信頼と愛情をもっているからです。千円札に描かれた山の姿が富士山に見えることは、日本人の自然で普遍的な愛国心のあらわれであり、象徴なのです。

ユダヤ陰謀論の背後には、お金や権力や国家自体を悪しきもの、汚れたもの、邪悪なものとみなす極端な左翼思想があります。

本来、グローバリズムと戦うことの本質とは、国家という枠組みを守ろうとすることであるはずですが、ユダヤ陰謀論者たちはグローバリズムの責任をユダヤ人に帰し、「日本の国家体制はユダヤ人に支配されている」「千円札にはシナイ山が描かれている」というプロパガンダをまきちらすことによって、日本人が、日本という国家や社会や風土に対して自然に抱く信頼や愛情を毀損し、懐疑心に満ちた個人主義へと傾斜させ、国家のない世界=グローバリズムの推進に加担するという自己矛盾を犯します。

仮に、100年後に、千円札に描かれた山が富士山であることを認識できない人々によって、日本列島が埋め尽くされているとしたら、そのとき、日本という国家はすでに存在していないと考えてよいと思います。

つまり、ユダヤ人が国家破壊者なのではなく、ユダヤ陰謀論者が国家破壊者なのです。

「千円札に描かれた山は富士山ではなくシナイ山である」

このデマは小さな嘘であるように見えて、深刻な危険性をはらんだ反社会的・反国家的なデマなのです。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

リチャード・コシミズは陰謀論の矛盾を突くと承認せずブロックするクズ
ブログの記事もツイッターレベルで中身がない

そんならリチャード・コシミズやベンジャミン・フルフォードのブログに突撃して反論してみれば?

皆さんはどの新聞を読んでますか?
どこが一番マシですかね?

情報工作ごくろうさん!

暇やな!デタラメな記事ばかり書いて。

はいよっ!デマゴギストWJFプロジェクトへの記事書いた。


【千円札・逆さ富士の謎②】疑惑!WJFプロジェクトは何かを隠蔽しようとしてるのか?
http://wasavi0032016.hatenablog.jp/entry/2017/03/02/192902

※隠すなよ!
WJFプロジェクトについて
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
「反・グローバリズム」の愚かしさについて

ユダヤ陰謀論にはまるのは、沢村直樹のように、学問や芸術の素養のない、視野の狭い、無教養な人々ばかりです。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。