陰謀論という名の心の病

湖面に映る山が、富士山に見えないそうです。
コメント欄で、ある陰謀論者の方が、写真家岡田紅陽の『湖畔の春』の湖面に映る山は富士山ではない、岡田紅陽が加工していると執拗に言い張っておられます。

写真家の岡田紅陽が撮影したとされる『湖畔の春』を拝見しても、富士と逆さ富士では雪の積もり方や、山の形など微妙に違って見える。 つまり、加工でも付したのではないか?とさえ思えるほど、なにか不自然なのである。(意図的に別の山を写真に付したのではないか?とさえ思えるほど不自然)


そこで、湖面に映る山が、本当に富士山が映ったものなのか確認してもらうために資料を作成しました。

上下反転させた写真を、元の写真の上にかぶせて、透明度を20%ずつ変えてみました。



当然のことですが、湖面に映る山と富士山の像がぴったり重なることがわかります。

この方に対してコメント欄で下の様にも説明しました。

>写真家岡田紅陽(1895-1972)が本栖湖を撮影した写真『湖畔の春』の湖畔に映った「逆さ富士」とみられる山は、本当に同じ富士山に見えるのか?

はい、見えます。

岡田紅陽は、富士山をライフワークとした写真家であり、40万枚もの富士山の写真を残したのだそうです。

http://shikinomori.webcrow.jp/okada_shuuzousakuhin.html

『湖畔の春』は、40万枚の彼の富士山の写真の一枚であり、撮影されたのは昭和10年5月2日だそうです。彼が撮影した当時、自分の写真が半世紀も後に日本銀行券のデザインに使われることなどまったく想定していなかったことでしょう。岡田紅陽が、昭和10年に、彼が撮影した無数の富士山の写真の中で、『湖畔の春』一枚だけに、その湖面に富士山以外の山の写真をレタッチしたのですか?それは一体全体何のためなのですか。

富士山の写真家が、苦労して撮影した自分の作品の中に富士山以外の写真をレタッチしたら、自分の作品が台無しになります。私も風景写真を趣味にしていたことがありますが、風景写真家は一瞬のシャッターチャンスのために、同じ場所に何時間もねばることがあります。写真家がわざわざ自分の作品を損なうようなことするわけがありません。

まともな理性の持ち主ならば、湖面に映る富士山の形がゆがんでいる場合、それは湖面が風か何かで波打っているのだろうと考えます。

実際に、グーグルで「山中湖 富士山」とか、「本栖湖 富士山」などのキーワードで画像検索してみてください。完全に無風のときなど、天候条件がいい場合には、ごく希に、湖面が鏡面のように平らになり、なんのゆがみもない富士山の像が映し出されることもありますが、ほとんどの写真では、湖面に映る富士山はゆがんでいたり、あるいは全く反射しないことすらあります。


これでも、この方は「湖面の山は富士山ではない」と言い張ることでしょう。

陰謀論に陥ると、目の前にある「事実」ではなく、「観念」を優先するようになります。

どんな「事実」を突きつけられても、自分の「観念」ではなく、「事実」の方を歪めようとします。

現実の湖には、必ずしも、鏡のようにはっきりと山の姿が映るわけではないという、単純な事実も見えなくなってしまうのです。

陰謀論は、カルトの一種であり、心の病です。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>ぶっとばすぞ、この糞左翼
これはいけませんね
論理で言い返せないからといって暴力は最低の行為ですよ

No title

>ぶっとばすぞ、この糞左翼
こうやって気に入らない人間を暴力で排除しようとするのが日本の恥である反日ネトウヨ
在特会の桜井と同種の人間

似非日本人よ

>天皇の権威が安倍の暴走の抑止になっている、
>非政治が政治を打ち倒すという観念のことですね

幕府や太政官政府がもつ政治権力と天皇のもつ権威の二重構造が、政治権力の暴走を抑制していたというのも、伝統的な権威を廃止した国でスターリンや毛沢東やヒトラーのような独裁者が生まれたというのも、歴史学の定説です。

天皇陛下が存在しなかったら、安倍程度の独裁では済んでいません。実際安倍ごときは独裁者の内にも入りません。

北朝鮮や中国のような伝統的な権威を全て否定し廃止してしまった「人民共和国」で、どのような独裁者がうまれ、多くの人たちが命を奪われたか知らないのですか。

あなたのように祖国の伝統や権威を憎み破壊する運動だった中国の「文化大革命」では、7,800万人もの人たちが毛沢東を狂信する人々の手で虐殺されたんですよ。

皇室を廃止しろとか、いい加減にしろよ。

ぶっとばすぞ、この糞左翼。

安倍がいくらおかしなことしているからとって、調子にのるな反日左翼。

No title

>目の前にある「事実」ではなく、「観念」を優先するようになります
天皇の権威が安倍の暴走の抑止になっている、
非政治が政治を打ち倒すという観念のことですね

でも現実には天皇の力では安倍の暴走を止められませんし
自民党という政治を打ち倒すには反対勢力である野党を応援し
野党に投票する政治的行動でしかできません

>単純な事実も見えなくなってしまうのです
正にその通りですね

No title

WJFさま
お疲れ様です。

>陰謀論は、カルトの一種であり、心の病です。
全く仰る通りです。
しかしながら、人間は程度の差こそあれ「事実」よりも自身の「観念」(信仰)に重きを置くものです。
一種の自己防衛機能(本能)であり、冷厳な「事実」であるほど受け入れられないことが多いのです。
これは、誰にでもあることです。

現代人はとかく忙しく、世の中の仕組みや数多事象・現象の原義や一次資料(それらを参考資料とした書籍等)を精査する時間がありません。
逆に、インターネットを媒介して瞬時に検索できる便利な世の中でもあります。

ここに落とし穴がある訳で、無知蒙昧から安易に陰謀論に陥る方が後を絶たず、一度刷り込まれたらその「観念」(信仰)から抜け出すのは容易ではありません。
(陰謀論者も安易に情報を信用せず疑う姿勢は良いのですが、その方向性が間違っているというか、斜め上と云うのか)

陰謀論に感染しないためには、自衛的に彼らと関わらないのが最善です。
WJFさまがあえて陰謀論者を相手にしているのは、彼らの蒙を啓きその感染源を一つひとつ地道に根絶して、パンデミックの如く人々に陰謀論が伝播するのを予防するがためなことは痛いほどよく分かります。
(WJFさまが一人で背負うには、あまりに面倒で骨の折れることなので、ただただ頭が下がる思いです)

岡田紅陽の「湖畔の春」
これを例示しても、自分で調べもしないでWJFさまへの反駁を執拗にする陰謀論者が存在することに驚きを禁じ得ません。
(早く陰謀論から完治なさることを祈念いたします)

>銀行家云々(「でんでん」ではありません)
伝聞情報としてその方がどの銀行(日本銀行なのか都市銀行なのか投資銀行(外資含む)なのか)お勤めで、紙幣意匠の決定プロセス知り得る人なのか?

新紙幣の発行は法律で規定され、大蔵省(大臣決裁、現在の財務省)と日本銀行と印刷局(旧三公社五現業のひとつで現在の国立印刷局)が関わり、その意匠を機関決定し印刷局の技官が図案化、工場で印刷し日銀へ納品(そこで初めて現金となる)する訳です。
(行政機関・中央銀行・現業機関が関わり、政治家である大臣決裁が必要なわけで、陰謀論者はそのすべてが陰謀と断じるのですね)
いち銀行員が知り得る情報とは到底思えませんが・・・。

このやり取りは最後まで見届けたいと思います。




WJFプロジェクトについて
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
日本語と日本社会(45)

天皇陛下万歳。 日本国万歳。 すばらしき日本よ、永遠なれ。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。