愛国者・山本太郎の咆哮

と相変わらずのバカ右翼ども。
真の愛国者・山本太郎が、パチンコ換金合法化とカジノ合法化を長年推し進めてきた、自民党、日本維新の会、一部民進党の、売国議員どもが埋め尽くす参議院本会議場の真ん中で正論を叫んだ。

「パチンコ・スロット規制もやらず他のバクチを合法化ってないだろ、誰の為にやってる?セガサミーか?ダイナムか?外資か?」






カジノ法案採決で山本太郎が議場に向かい「セガサミーやダイナムのためか」と本質を絶叫! でもマスコミは

またもや“あの男”がやってくれた。自由党共同代表の山本太郎参院議員のことだ。

15日未明に成立した、カジノを中心とする統合型リゾート(IR)整備推進法案だが、14日の参院本会議採決の際、山本氏はひとり「牛歩」戦術を敢行。多数のヤジをものともせず、強行採決に抵抗の意を示したのだ。

牛歩自体は、伊達忠一参院議長の権限で投票時間を1分以内に制限され、反対票を投じるべく長時間には及ばなかったものの、しかし、この男の目的は、やはりパフォーマンスではなかった。壇上へゆっくりとあがり終え、伊達議長から「まもなく投票時間となります」と告げられた次の瞬間、山本氏は突然、議場の方を向き直し、大声でこう叫んだのである。

「パチンコやスロットの規制をせずに、どうして次の賭場を開くようなことさせるんだよ! おかしいだろって!!」

そして、鋭い眼光で議場を見渡しながら、腕を振り、次から次へと指を指して、議員ひとりひとりに対し政治家としての資質を問うたのだ。

「誰のためにやるんですか! セガサミーか? ダイナムか? 外資か? 国民のための政治をやれよ!!」

パチンコ業界大手の企業名まで具体的に出したことに、議場は騒然。だが、山本氏の叫びは、間違いなく国民の多くの声を代弁したものだ。

そもそもこの法案はIRなどと言い換えているが、実際は賭博を法的に認める「カジノ解禁法案」で、その影響によるギャンブル依存症患者の増加が医師や専門家からも懸念されている。国内で「病的ギャンブラー」と判断される人は全国で536万人にものぼるといわれており、そのうちの多くが、パチンコとスロットにのめり込んだ人たちだ。

山本氏は13日の参院内閣委でも、パチンコやスロットなどによるギャンブル依存症の危険性を指摘しながら、国がこれまでほとんどケアをしてこなかったことについて、こう糾弾している。

「パチンコ・スロットのホール、全国のローソンよりも多い1万2000館。世界中にあるパチンコ・スロットの機器が720万台中で、3分の2が日本にある。これ、誰がつくり出したんですか? 国ですよ。政治ですよ。それに対する依存症患者がたくさんいると思われる。すでに重症化している人たちたくさんいますよ(略)。それを国として野放しにするような状況で、ずっとエスカレートさせてきた現実があるじゃないか。カジノ解禁、じゃないんだよ。IRがどうしたって話じゃないんだよ。まず目の前のここに対策しろっていう話だと思うんですよ。それが政治なんじゃないのか?」

だが、安倍政権はこうした問題を置き去りにしておきながら、カジノ解禁法案についてほとんど議論することなく、強引に成立へと導いてしまった。その拙速な成立の裏には、山本氏が国会で「セガサミー(のため)か?」と叫んだように、安倍首相とセガサミーホールディングス会長・里見治氏の“蜜月関係”があるとみられている。

  パチンコ業界大手のセガサミーは、12年に韓国のカジノ企業と合弁会社を設立、来年4月には韓国・仁川に大型カジノリゾートをオープン予定で、今回のカジノ解禁法案の恩恵を大きく受ける企業だ。セガサミーはここ数年、国内カジノ利権の主導権を握るため政界工作を行ってきたといわれており、事実、13年に開かれた里見会長の愛娘の結婚披露宴には、森喜朗ら首相経験者や菅義偉官房長官などの大物閣僚が駆けつけて、とりわけ安倍首相は新婦側の主賓まで努めている(ちなみに、このセガサミーと安倍首相の関係に関しても山本氏は13日の内閣委で堂々と述べていた)。

さらに「選択」(選択出版)13年9月号の記事では、里見会長の側近の一人が「参院選前に、里見会長は安倍首相に五千万円を手渡した」と吹聴したと報じられるなど、カネをめぐるキナ臭い噂も流れている。

また、IRの大阪誘致を目論むなど自民党以上にカジノ解禁法案に積極的だった日本維新の会も、セガサミーとは無関係ではない。橋下徹氏(現・法律政策顧問)は大阪市長時代に「大阪カジノ構想」をぶちあげたが、その橋下の大学時代からの友人で、松井一郎大阪知事(当時)が13年に大阪府教育長に抜擢した中原徹氏は、部下へのパワハラが発覚し辞職してからわずか1カ月あまりで、セガサミーホールディングスの役員に就任している。

カジノ解禁をめぐる疑惑はまだある。しんぶん赤旗が12月8日付で、カジノ解禁推進法案を提出し成立を推進した議員のうち3人に、カジノ関連業者から献金やパーティ券購入があったことを報じた。これによれば、自民党の西村康稔議員、平沼赳夫議員、日本維新の会の小沢鋭仁議員の各政治資金団体や代表を務める政党支部に、ギャンブル関連会社から合計で691万円分の献金やパーティ券購入があったという。

とくに平沼議員にはセガサミーの経営者から3年間で計450万円の個人献金が、小沢議員はダイナムジャパンホールディングスから計130万円分のパーティ券購入が政治資金収支報告書から判明。ダイナムはパチンコホールを全国チェーン展開する大手企業で、すでにカジノへの参入を表明している。

まさに、山本議員が叫んだ「セガサミー」と「ダイナム」というギャンブル関連業者から資金を受けた議員らが、カジノ法案を強固に推進していたのだ。これは企業への利益誘導であり、贈収賄の疑いさえある。実際、カジノ法案の審議がスタートしただけで両社の株価は高値をつけている。

ところが今回のカジノ解禁法案を巡って、大手メディアがこうした数々の癒着疑惑を踏み込んで報じる気配は皆無。一応、毎日新聞と朝日新聞だけは、しんぶん赤旗の報道を受け、12月14日付で維新・小沢議員のダイナムのパーティ券問題を報じてはいる。しかし、これはその前日の参院内閣委員会で、共産党の大門実紀史議員からこの一件について追求された小沢議員が返金する考えを示したことで、初めて報じたにすぎない。明らかに腰砕け状態なのだ。

なかでもお笑いなのは産経新聞だ。ウェブ版「産経ニュース」14日付では、「自由党の山本太郎代表がまた『牛歩』 参院議長の『1分以内』警告であえなく退散」なるタイトルで山本氏の牛歩を揶揄したが、一方、そのなかで〈大声で「ギャンブル法案には反対だ」と叫び、反対票を投じた〉と書くなど、山本氏が癒着疑惑を追及したセガサミーとダイナムの企業名を露骨にネグっていた。「物言う新聞」を自称する産経だが、聞いてあきれるではないか。

国内カジノの開業は、今後1年以内に政府が実施法案を国会に提出し、可決されてはじめて解禁される。表向きはカジノ解禁法に反対している大手マスコミだが、安倍政権や維新との癒着の報道に尻込みしているところみると、疑惑追及にはほとんど期待できない。

だからこそ、山本氏にはこれからも国会内外で存分に暴れまわってほしい。そして、本サイトもカジノ解禁がいったい「誰のため」なのか、明らかにするために、取材を続けるつもりだ。

(出典: LITERA 2016年12月17日)


安倍や自民党にやっと見切りをつけたバカ右翼どもが、今度は桜井誠というインチキ右翼を持ち上げ始めているが、「バカにつける薬はない」「バカは死ななきゃ治らない」ことを、彼らは身をもって証明している。

日本第一党など、ただのごきぶりホイホイであり、桜井誠はその誘引剤にすぎないことは、すぐれた動物的知性と嗅覚をそなえた本物のごきぶりでさえ簡単に見破ることだろう。

実際に、バカ右翼が、安倍だの、田母神だの、桜井だというインチキ保守に何度も何度も引き寄せられていく一方で、淘汰を重ね進化を遂げた昨今のごきぶりは、ごきぶりホイホイになかなか捕まらないではないか。

愛国者・山本太郎に「左翼」だの「反日」だのといったレッテルを貼って済ませているバカ右翼どもは、ごきぶり程度の知性も持ち合わせてはいないのである。
*
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ちょんぎらいさん

あなたがゴキブリでもないかぎり、次のようなソースを簡単にみつけられるはずですが?

カジノに参入するのは、従来のパチンコ企業です。

ビジネス・ジャーナル2015年1月4日
安倍首相と政府関係者、カジノ参入のパチンコ大手セガサミーとの“親密すぎる関係”
http://biz-journal.jp/2015/01/post_8463.html

WJFプロジェクト2013年8月20日
あなたはいまだに騙されていないか
http://wjf-project.info/blog-entry-39.html

No title

カジノ反対を叫ぶのは、カジノという競争相手が現れるのを恐れている者たちでしょ。

パチンコ・スロットという博打が既に存在しているのにカジノという新たな博打の誕生は駄目、これで利益を得られるのは誰なの?
カジノの話が出る前から山本太郎はパチンコ・スロットを叩いていた?
仮にカジノ解禁が白紙撤回されても山本太郎は引き続きパチンコ・スロットを叩き続けると思う?
パチ屋を守るためにカジノを潰したがっているようにしか見えないんだが。

No title

桜井誠は単に韓国憎しで行動してるだけのネトウヨですから
愛国者でも何でもありません
格差を拡大させるTPPや大企業優遇の税制に反対しカジノに反対する
山本太郎や共産党や社民党こそが愛国者と言えます

全ては民主主義に隠れた狡さでしょう

日本人にとっての朝鮮人という枠を越えた、血液型O型の狡さ

それがあらゆる悪の枢軸

民主主義と狡さは敵対してるのにねぇ

資本主義と狡さは合致している

ワルツさん

下は在特会としばき隊のメンバーが仲良く記念写真に収まっている有名な写真です。

http://blogs.yahoo.co.jp/zombie_oheohehe_revenge/40474741.html

どうして彼らは仲良く写真に収まっているのか考えて見ましょう。

意見や思想の違いがあるのはどの世界でも同じですね。それに対して否定はしません。個人の考えは自由ですから。いつかは答と言うか、結果が出るときが来るでしょう。その時が来るまで、同じ土俵に上がり正々堂々と意見が言える様だといいと思います。思想が違っても同じ姿形をした人間同士なのだから。お互いゴキブリ魂でガンガン頑張りましょうよ。

ワルツさん

私は桜井誠という男が、2013年3月15日に安倍晋三がTPP交渉表明を行った前後に何をしていたかはっきり記憶しています。

この男は、TPPのTの字にも触れずに、しばき隊とプロレスを展開して大騒ぎしていたのです。

まるで、B層右派の関心を、TPPからそらそうとでもするかのようにです。

下がその証拠の動画です。

https://www.youtube.com/watch?v=oylJNM3AGQI

この男が「愛国者」なら、TPP交渉参加表明がなされようとし、また、なされたその時に、TPPの問題をまったく取り上げずに、しばき隊などというどうでもいい連中とプロレスをやっているなどということはあり得ません。

常識さえあれば、安倍の売国をほったらかしにして、在日を叩き殺せだの在日を叩き出せだのと年がら年中わめき続けている連中が、まともな日本人ではないことぐらいわかるじゃないですか。

「嫌韓」にしろ、「在日」叩きにしろ、何かに対する「アンチ」としてしか、「愛国」や「保守」を語れない連中が、本当の「愛国」や「保守」であるわけがない。

こんな男に都知事選で11万票も票が集まる。異常の極みです。

この間、我が家に久しぶりにゴキブリが出現しました。

ごきぶりホイホイを、4個ほどゴキブリが出現した場所を取り囲むように設置し、次の朝にはかかっているだろうと思ってその夜は眠りました。

次の朝みたら、ごきぶりホイホイは空でした。

昨今のゴキブリは、ごきぶりホイホイに騙されないのです。

「確かに、この箱からはうまそうな匂いが漂ってくる。だが同胞よ、騙されるな。この匂いに引き寄せられてはならぬ。こんなものに何度も何度も騙されていたら、それは我が種族の滅亡を意味する。」ということをゴキブリはよくわかっているのです。

日本のB層右派(通称バカウヨ)が、ごきぶりホイホイを見分ける程度の知性を身につけるのはいつのことなのでしょうか。

日本第一党

確かに自民党は腐りきってます、公明党も左翼政党であり創価と蜜月の関係で問題外。野党何てものは、民進、共産、社民、これも大問題外。選びたい政党が無い状況です。日本第一党は最後の受け皿になるのではないでしょうか?桜井誠氏は言葉はキツいように見えますが、すべて理にかない、当たり前の事を述べてますよ。愛国者なのですよ、桜井氏は。おかしいものに対しておかしいと言う、当たり前ですよね♪

No title

現在支持する政党はありません。

但し日本の国柄を破壊する政策を推し進める
現在の与党(と自民の傀儡の維新・日本のこころ)に
これ以上議席数を与えてはならないと考えているので、
次の選挙でも上記以外の政党に入れるつもりです。

ところで日本第一党は怪しいとは思ってましたが、やはりインチキ政党なのでしょうか?
そうであるならば、そのように喧伝して行く必要があると思います。
騙される人が減らないかぎりは日本の政治は何も変わらず、
このまま日本は沈んでいくばかりです。

追記です

安倍首相支持者は、こういうニュースも「安倍さんは悪くない、周囲の人間が悪い」で済ませるのでしょうけれども。

マルハン韓会長が「紺綬褒章」受章 – パチンコニュース : ニッカンアミューズメント
http://www.nikkansports.com/amusement/pachinko/news/1703961.html?mode=all


[2016年9月2日16時7分]

 マルハンの韓昌祐代表取締役会長は8月30日、公益のために私財を寄付し、功績が顕著な個人または法人・団体に対して、日本国政府より贈られる「紺綬褒章」を受章した。

 韓代表取締役会長は2015年に同社の創業の地である京丹後市に対して、地域振興と人材育成の支援を目的に寄付金を贈呈。この寄付金が京丹後市の教育、文化、地域経済活性化のための新産業の興隆や、街づくりにつながる人材育成等を目的に運用される基金「京丹後市韓哲・まちづくり夢基金」設立の基となった事が評価され、山内一京都府丹後広域振興局長より「紺綬褒章」が伝達された。

 同社では今後とも企業、個人ともに、地域社会との「共感・信頼」、社会の持つさまざまな問題に真摯に取り組み、「良き企業市民」としての責務を果たして行く。(娯楽産業)

納得

>カジノ法案でギャンブル依存症を言う野党議員らは、なぜパチンコなど他のギャンブルには言及しないのでしょう。

等々、某ランキング上位の保守ブロガーが「パチンコと野党の害についてのみ」呟いていたのを見て、幾ら(自称)保守派でも長くやっていればもういい加減、パチンコ業界、自民党とパチンコ、安倍首相とパチンコについて気が付いていないとおかしいのではないかと吃驚したのですが、やはり普段から産経を愛読しているからか…とこちらの記事を拝見して思ってしまいました。
そういう人たちはこういう記事も「リテラだから信用できない」で却下するんでしょうね(リテラ以外でも報じられている話ですが)。

小渕優子よりひどい!? 安倍首相が世襲したパチンコ御殿と暴力団人脈|LITERA/リテラ
http://lite-ra.com/2014/10/post-594.html

オスカー・ワイルドが「ロンドンの霧は詩人と画家が描くまで存在しなかった」というような言葉をのこしていますが、彼らにとっては「産経その他の自分たちが好きな報道機関や保守派の論客が繰り返し語るまで存在を認められない(認めたくない)事実」が多数あるようです(因みにワイルドで検索したら生長の家の方の記事が多数ヒットしましたが、こういう言葉を観念遊戯に用いるだけで終わらせず、実生活に生かして頂きたいものです)。

何にせよ、私からすると「半か丁か」ならぬ、「右か左か」・「自民党か民進党その他の野党か」・「(表面的な)反日か親日か」の短絡的な二元論で、自分の支持する方が何でもいいから勝てばいいという思考パターンに陥っている人々も一種の「ギャンブル依存症」のようで感心できません。

No title

長野の写真やそばのお話しなどを拝見して、やはり長野県や日本の田舎はいいなあと思った次第です。

山本太郎の真っ直ぐさに好感が持てます。
桜井氏は在日朝鮮人を政治利用しているだけで自民党の手先でしかないのは明白です。
日本国内で日本人への逆差別があるのは事実だとも思いますが、民主党政権時から急に朝鮮人、朝鮮人と連呼されてもですね。

No title

さすが産経、露骨すぎて乾いた笑いが出てきます。
それにしても、愛国者の皮を被った鬼畜売国奴のなんと多いこと。
山本氏に拍手!

まさに愛国者
WJFプロジェクトについて
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
にゃんごすたー Plays「紅月」

下が本物の「紅月」です。圧巻です。神がかっています。下の動画を見てBabymetalを好きにならない人間なんてこの世界に存在するのでしょうか。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。