忘れがたい夜

南無蔵王大権現。
修験道の開祖役小角について、「歴史を形作る目に見えない力について」という記事のシリーズで論じたことがありますが、その役小角が開いた修験道の総本山、奈良県吉野にある金峯山寺で、国宝蔵王堂に祀られているご本尊の秘仏蔵王大権現が、平成24年から10年間、一年間の限られた期間、特別にご開帳されているのですが、その期間中に開催される「声明と闇に浮かぶ蔵王権現」という法要と、朝のお勤めに参加してきました。


(国宝、金峯山寺蔵王堂)

蔵王権現とは、役小角が祈り出したとされる、右手と右足を宙に掲げる独特のポーズで知られる、日本にしか存在しない仏像・神像ですが、金峯山寺の三体の巨大な青黒の蔵王権現像は、中尊が釈迦如来、右尊が千手観音、左尊が弥勒菩薩を本地仏にもつとされ、それぞれ過去、現在、未来、三世にわたる衆生の救済を誓願して出現されたとされています。


(画像出典: 金峯山寺ホームページ)


蝋燭の光だけで照らされた蔵王堂のほの暗い堂内に、金峯山寺のほぼ全ての僧侶と約百名の参拝者が参集し、声明と法螺貝や太鼓や鐃や鏧の音が厳かに響きわたる中、光に照らし出された三体の蔵王権現の圧倒する姿が浮かび上がります。

蔵王権現の憤怒のお姿とは対照的に、僧侶の方々の、穏やかでやさしい物腰や言葉使いがとても印象的でした。

法要の後にいただいた法話が、とても心を打つお話であり、過去、現在、未来の「つながり」、神と仏の「つながり」、あらゆるものごとを結ぶ「つながり」について印象深いお話をされていました。

往路や帰路の途中、伊勢神宮、熊野三山、高野山、大和朝廷が伊勢神宮に先立って祭祀を確立させた大神神社、ご本殿の造替と遷座が最近完了したばかりの春日大社にも立ち寄り、これまで探索する機会のなかった熊野古道紀伊路にある切目王子や藤白王子などの王子社や、熊野市の山間にある大馬神社にも勉強と調査のために足を伸ばしました。

伊勢神宮では、国賊安倍晋三があくまでも推し進めようとするTPPの目論見が、アメリカの離脱によって辛くも阻止されつつあることについて、心からの感謝を申し上げたことは言うまでもありません。


(伊勢神宮内宮風日祈宮橋)


(那智の滝)


(那智山青岸渡寺の三重塔)


(熊野本宮大社大斎原)


(神倉神社と、神武天皇が登った天磐盾に比定されるごとびき岩)


(神倉神社と神倉山から見下ろす新宮市街)


(平安時代に書かれた「熊野権現御垂迹縁起」によれば、神倉山は熊野の神々が最初に降り立った地であるとされる。御燈祭では、この切り立った鎌倉積の石段を松明を掲げた男たちが一斉に駆け下りる)


(熊野地方には、奈良県石上神宮の国宝摂社出雲建雄神社拝殿や大阪府堺市の国宝桜井神社拝殿のように、「馬道」という通路を中央にもつ「割拝殿」という独特の形状をした拝殿がある神社が多い)


(和歌山県海南市にある藤白神社は、平安時代後期から鎌倉時代にかけて上皇たちが用いた熊野参詣の公式ルート上に置かれた五体王子の一つである。写真は宇多・花山・白河上皇の熊野参詣を記念して平安時代に建てられた記念塔)


(藤白神社 ご神木の大楠。南方熊楠の名はこの大楠にちなんで名付けられた)


(高野山奥の院)


(高野山壇上伽藍)


(大国主の幸魂・奇魂を祀る大神神社)


(春日大社では本年11月6日に本殿遷座祭が催行され二十年に一度の式年造替が無事完了した。遷座を記念して春日大社では御本殿の特別拝観が行われている)
*
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

今年も大変な年でした

今年も残り僅かと思い、久しぶりに投稿させて頂きます。
矛盾だらけの売国安倍政権の行いを見聞きするだけで気分が滅入る一年では
ありました。
時折、WFJさんが神社仏閣等を尋ねられてる記事を見ると、何故だかホッと
します。
先日、9月末から高野山金剛界結縁灌頂を受けに近畿方面へ行ってきました。
早めに行ったので、訪れた事の無かった金峯山寺へ、近くの脳天大神、東南院
にも足を延ばしました。ガンジーが寄贈した仏舎利を納めてある塔が裏手にあ
ったのは偶然でしたが、しっかり般若心経は唱えさせて頂きました。
今回の旅の目的の一つの熊野三山の牛王符を頂くことも出来ましたが、
高野山から熊野本宮途中の十津川から玉置神社に行き、そちらでも牛王符があ
りました。熊野三山の奥院と言われ、その牛王符に書いてある文字は空海が記
したものと言われてました。
神倉神社も再度で上るのが大変でしたが、地元の方とお話も出来良かったです。
瀧原宮の奥伊勢から伊勢神宮へ、今回は倭姫宮、伊雜宮へも訪れ多くの野鳥の
賑やかさに心地は良かったです。
WFJさんが紹介されてる奈良の石上神宮、近くの大神神社へも参拝する事が出
来ました。
大安寺、中宮寺、八坂神社、北野天満宮、上賀茂神社、神護寺は初めてでした。
大坂のサムハラ神社、神戸から四国にも渡り、お大師さまの出生地の善通寺の
宿坊にもお世話になりました。
途中で淡路島の伊弉諾神宮にも行きたかったのですが・・・・
最後は出雲に行き、美保神社と出雲大社、大神山神社、須佐神社、熊野大社に
も訪れました。
今回の旅は高野山から途中数度体調が悪くなる状態で厳しかったのですが
最後は体調も戻り何とか予定のスケジュールで成し遂げる事が出来ました。
参拝することが出来た神社仏閣には、ご縁があり有難い事だと勝手に解釈して
おります。
今回、神社参拝では神社拝詞と祖霊拝詞、略拝詞を自分の口で伝える事もあり
ました。それは現状のこの国の有り様を何とか好転出来ないかとの思いであり
ました。今の神拝詞の内容は昔と異なるとの見識もありますが、尊い言葉であ
ろうと感じます。
一部抜粋ではありますが、直き正しき真心もちて、誠の道に違ふことなく、負
ひ持つ業に励ましめ給ひ、家門高く身健に、世のため人のために盡さしと・・
祓え給え、清め給え、守り給え、幸へ給え。
今年は東京にも選挙応援で一泊でしたが、孤軍奮闘の山本太郎氏に宇佐神宮の
お守りを渡し(本人は判って無いようでしたが)、そこで支えてる多くの若者た
ちとも会話する事ができ希望は感じました。
自然の一部の小さな小さな一人の人間が祈る事ではありますが
自然と共存し誇りある日本人として命ある限りは願って止みません。
少々早いですが、WFJさんも年末年始体調を崩される事無くご自愛下さい。



No title

写真にも心が落ち着きますし『つながり』もいい言葉です。国政を考える時、先人達や未来の日本人の意思も考慮に入れないとならないと私は思います。しかし近年の日本は近代化のせいか金銭至上主義の影響か、今の日本人同士は表面上はつながっている様に見えても実際はその場だけの軽薄な『つながり』だけであるという様に見えます。

震災が起きてもその時だけ『つながり』という言葉だけが流行りますが、時の経過と共に震災も復興も忘れられ、いつの間にか『つながり』というその言葉だけが独り歩きしている様な気もします。

WJF氏の様な文章力と感性で日本の伝統文化を時折発信していただけると、私は日本人としてまた1つ勉強になりますのでWJF氏には感謝しております。
WJFプロジェクトについて
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
論点の整理

みぬさよりかずは、自分が何をしているのか、わかっているのでしょうか。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。