蓮舫の二重国籍問題のジレンマ

世界の至る所に張り巡らされた罠。
移民の完全自由化であるところのTPPを、安倍や自民党があくまでも推進しているという深刻な事実から目をそらしたまま、自称「愛国者」たちが、相変わらず蓮舫の「二重国籍」の糾弾に夢中になっていますが、この問題はさまざまなジレンマをはらんでいます。

そもそも日本は台湾(中華民国)を国家として承認していないので、蓮舫が「台湾国籍」なるものを保持していたとしても、それは日本の法律によっては「国籍」と見なされません。

それでも「蓮舫は二重国籍を保持していた」と糾弾する人々は、「台湾は独立国だ」と主張していることになるわけですが、このような主張は通常「台湾は中国の一部ではない」「台湾は中国のような反日国と異なり親日国だ」「日本と台湾は一心同体だ」という主張と合わせてなされるものです。

ならば、「台湾は親日的な独立国であり」「日本と台湾は一心同体だ」とふだん主張する人たちが、蓮舫が台湾籍を保持し続けていたからと言って、「蓮舫は中国人だ」とか「蓮舫は中共のスパイだ」と言うのは、彼らのふだんの主張と真っ向から矛盾することになります。

また、蓮舫自身が、仮に、彼女が保持していた台湾籍を「国籍」と自覚しそれに固執していたとするのならば、それは、「台湾は中華人民共和国の一部ではない」「台湾と中華人民共和国は別々の国だ」と主張することに等しいわけですから、むしろ「愛国者」たちは、台湾を独立国家とみなす蓮舫のこの認識を糾弾するどころか歓迎しなければおかしいはずです。

自称「愛国者」たちがもう少し論理的に物事を考える頭脳や習慣をもっているのならば、「我々がかねがね主張しているように台湾は中華人民共和国の一部ではない独立国なので、蓮舫が台湾籍を保持していたことはむしろ歓迎すべきことである。まして、そのことは蓮舫が中国人であることを微塵たりとも意味しない。台湾は中国と異なり親日国なので蓮舫は親日である」と言うべきです。

(自称「愛国者」たちは、蓮舫の父親が戦後大陸から渡ってきた「外省人」であるから、蓮舫は「中国人だ」というのですが、これはデマであり、蓮舫の父親はもともと台湾にいた「本省人」で、しかも独立派の民進党と太いバイブをもつ家系の出身なのだそうです。参考)

以上の論点を整理すると次のようになります。

1. 台湾を独立国としてみなす立場に立つ場合

・台湾は中国の一部ではない
・台湾は中国と異なり親日国だ
・台湾と日本は一心同体だ
・蓮舫の保持していた台湾籍は「国籍」に相当し、蓮舫は二重国籍を保持していたことになるが、台湾は親日国であり、日本と台湾は一心同体なので問題ではない
・蓮舫を「中国人」としてではなく「親日台湾人」とみなすべきである

2. 台湾を独立国として承認しない立場に立つ場合

・台湾は独立国ではないので、蓮舫の保持していた台湾籍は「国籍」に相当しない
・したがって蓮舫は「二重国籍」を保持してはいない


どちらの立場に立っても、蓮舫を「中国人」とか「反日国のスパイ」として糾弾するのはおかしいことになります。

しかし、この問題にはもう一つのジレンマが含まれています。 安倍晋三や自民党のことが好きで好きでたまらない自称「愛国者」たちは、蓮舫を叩くことで民進党を叩き、民進党を叩くことで、自民党に支持を誘導しているのですが、当の自民党総裁安倍晋三は何と言っているかといえば「国籍や国境にこだわる時代は終わりました」と述べて、グローバル化政策を狂ったように推進しています。

彼らは「二重国籍なんかとんでもない」と言って蓮舫を批判しながら、「国籍なんかどうでもいい」と公言してはばからない政治家を熱狂的に支持しているのです。

つまり、二重国籍の問題をめぐって蓮舫を批判する立場に立っても、「国籍や国境にこだわる時代は終わった」と考える政治家を支持し傾斜していくことになるし、

二重国籍の問題をめぐって蓮舫を擁護する立場に立っても、「国籍問題なんかどうでもいい」と安倍晋三の主張をなぞることになる。

どっちの立場を選んでも、結局、グローバル化を受け入れさせられる。

違う入り口を選んだハズなのに、ドアを開けると、同じ出口につながっている。

蓮舫問題を問わず、また、日本やアメリカを問わず、現代の世界の至るところに、同じような罠が私たちの周りにしかけられているように思います。
*
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ミケロ北野よ

>急に静かになりましたね。

忙しいし、面倒くさいので、反応してないだけ。

次のQ&Aに答えてみよう。

Q1. TPPが、日本を破壊するとんでもない貿易協定であることを認識していますか?

Q2. 安倍や自民党が、TPPをあくまでも批准させようとしていることを知っていますか?

Q3. 安倍や自民党の国家破壊を食い止めるためには、国会で野党が勢力を増す以外に方法がないことを知っていますか?

Q4.TPPが国会を通過しようとしているときに、「蓮舫、蓮舫」と大騒ぎをして、野党勢力を弱めようとすることは、自民党の国家破壊に加担するものであることを理解していますか?

Q5. 以上の4点を理解していても、日本がTPPという国家的な危機に直面している最中に、「蓮舫、蓮舫」と大騒ぎをしたいですか?

Q6. ああそうですか、そんなら勝手に大騒ぎをしていなさい、このくそじじい。

No title

急に静かになりましたね。

安倍政権はクソですよ。

だけどね、「安倍政権がクソだから、蓮舫の二重国籍問題なんかどうでもいい」こんな理論は通用しないわけですよ。

例えば、安倍政権が倒れたとしましょう。
そうしたら、嘘をつき続ける、どこの国の人間かも分からない、更にはアメリカの次期大統領を国会でコキ下ろす人が総理大臣になるわけですよ。
しかも質問ときたら、代案もなしに反対、審議拒否して時間が足りないからと議会延長を申し出て、更にそれに反対して、挙句の果てに「強行採決だ!」・・・。
恐ろしいほどの負けず劣らずのクソじゃあありませんか。

安倍か蓮舫かなんて、クソそのものかクソとミソを丹念に練り合わせたものか、の勝負じゃないですか。

ミソを混ぜたところで、クソはクソなんですよ。

私はね、何か凄いことを要求しているんじゃないんですよ。
代案だってね、簡単には出ませんよ。
それを議論こねくり回して、時間がきたら採決とか、最後は数かも知らんけど、強行採決と言われるには理由もありますわな。

でもそんな事とは関係なく、ただ、「嘘つくな」って言ってるだけです。

安倍総理、テメエ、TPPには断固反対、ブレないって言ってたんだろ?
政策の方向転換は、そりゃあんたたちには仕方のないこともあろうよ。
我々がTPPを認めるか認めないかとは別にな。
そこで「そんな事は口にした事はありません」じゃなくてさ、キチッと転換した経緯を話して、ごめんなさいする必要あるだろ?

それしたからって、別にTPPを認めるわけじゃねーけどさ。

それと同じくらい、蓮舫も国籍の問題では、キチッと説明する必要がある。
お前はただの一般人じゃなくて、ことによれば総理大臣にだってなれる立場にいるのだ。
それがどこの国の人間かも分かりません、説明も嘘ばかり重ねています、こんなんで許されるはずがない。

逆にそれを許すなら、安倍がどんな嘘をつこうが許さなければならない。

それとも蓮舫だけに嘘をついて誤魔化す権利があることを認めるというのか?
「他にもっと大事な問題があるから」なんてクソのいいわけにもならん。
それとも、他にもっと大事な問題があれば、いくら嘘をついてもいいですよと認めるのか?

一体、嘘をつくことを認めて、あなたたちは日本をどんな国にしようとしているのか?

私はただ、間違いや結果的に嘘になってしまっても、それを認め、謝罪しろと言っているだけ。
他にどんな問題があろうが、関係ない。
我々国民の代表である以上、我々国民に対してつく嘘は、どんな些細な嘘でも許してはいけない。

それをこんな風になあなあにしてきた結果が、今の安倍政権なのだと気付くべきだ。
嘘をついて許されるなら、最終的に出来上がる政権は「嘘ばかりつく政権」になるということはそんなに難しい理論か?

最も納得の出来る答えだと、私は思うが?

だから言ったじゃないの

私が先に投稿させていただいたコメントより
>言語中枢がおかしい、または大脳新皮質の発達が乏しい方は、(当人にとって)高度かつ複雑な内容の記事に下手なイチャモンをつけない方が身のためですよ。

これをわかりやすく書き直せば、文章読解力と思考能力が記事のレベルに追いついていない人のコメントというのは、自分の能力の限界を晒すだけ、又は信仰告白におわるので虚しい、ということです。
丁寧に回答するためには国語の授業から始めないといけない、というのも非常に面倒臭いですね。
以上。

だいたい政府批判するなら代案を出せ!偏向ブログ大杉内

どあほうどもめ

日本のためにならぬことばかりする安倍政権をひたすら盲目的に支持し、多くの日本人が困ることばかりすることに何ら痛みを感じぬ馬鹿ども。

大好きな安倍と地獄にまで一緒に堕ちてゆけ!

このド愚されどもが!

No title

親日であることと一心同体であることはイコールにならない。
親日であれば日本の法を守らなくてもいいってことですか?
日本を愛しているなら日本の法を守らなくてもいい?
頭大丈夫ですか?

No title

あのね、誰も「蓮舫の嘘だけが許されない」なんて言ってない。
「嘘をつく国民の代表は許されない」とは書いていても、自民党は例外とか、安倍はいいとか書いてる?

何で自民党や安倍の話に持っていこうとするの?
蓮舫の二重国籍問題なんでしょう?
蓮舫は自民党の議員なの?
二重国籍問題は、TPPや移民に対する自民党の政策から生まれてきたの?

まさにスピード違反で捕まった奴が「他にもスピード違反をしている車がある!」とか「他にももっと悪いことをしている奴がいる!」って言っているのと同じじゃん。
その通りです。全く持ってそれは事実ですよ。
でも、それはその人のスピード違反を見逃していい理由にはなりません。

国民の代表でありながら、国民を欺くなら、それは誰であれ許してはいけません。
蓮舫だろうが安倍だろうが、誰もが等しく許してはいけないのです。
それは国会議員の暴走を許すことになるからです。

だから、安倍も「そんなことはどうでもいい」と言っているわけです。
それは暴走へのご朱印だからです。
「蓮舫の嘘はOKだが、安倍の嘘はダメ」なんて事は出来ないのです。
蓮舫の嘘がOKなら、安倍だって嘘をついていいのです。

だから、国会議員で国民の代表である以上、嘘を許してはいけません。

つまり、それが誰であれ、国会議員の嘘を許すあなたたちは、遠まわしに安倍自民の暴走を助けているのです。

この管理人は何を言っておるのだ?安倍政権の移民受け入れは支持できるが蓮舫は別問題だ

ミケロ北野よ

蓮舫のような外国人が、その経歴に関して日本国民を欺いて日本でのさばることが問題だというのならば、無制限の移民受入を含むTPPを、「ウソつかない。TPP断固反対。ブレない。」という偽りの公約を掲げて国民を欺き、あくまでも推進しようとする安倍晋三や自民党を批判すべきであるし、

逆に、無制限の移民受入であるところのTPPを推進する安倍晋三や自民党を批判せず、彼らが推進するグローバリズムには問題ないというのならば、安倍晋三の言葉の通り「国籍や国境にこだわる時代はすぎさりました」と言って、蓮舫の国籍問題には口をつぐめばよい。

いずれにせよ、あなたがたのやっていること、言っていることには何の論理的な一貫性もない。

TPPという深刻な問題から人々の目をそらし、安倍晋三や自民党という国賊どもが、日本を破壊する売国の手助けをしているだけのこと。

まともな脳みそのついた人間なら、目下、何が一番深刻な問題なのか、物事の優先順位ぐらい見分けがつく。

本当にあなたがたが、TPPと蓮舫の国籍問題とどっちがより深刻な問題なのか見分けが付かないぐらい頭の弱い人たちならば、政治のことなんか口出ししなくていいから、人に迷惑のかからない他のことをしなさい。

No title

では、蓮舫自身は台湾を独立国と認めていない限り、戸籍を見せることに何のためらいも必要ないということだ。
子供に影響があるというのなら、子供の部分を黒く塗りつぶせばよい。
私達は何も子供のことを知りたいわけではないのだから。

二重国籍問題は、ただの発端に過ぎません。
それ自体、キチンと手続がされなかった事を認めて、手続を完了すれば、騒ぐほどの事ではない。

この問題の本質は、党の代表が嘘をつき続け、今なお誤魔化し続けようとするところにある。
更には、公職選挙法違反だ。
結婚したとき、戸籍を当然閲覧したはずであり、その時点で自分に日本国籍がないことは明らかだったはずである。
でなければ、改めて手続する意味がない。

そうであるにも関わらず、日本人と偽って選挙に出る、これは明らかな違法行為である。

国会議員は国民の代表である。
その国民に自分の国籍を偽り、尚且つ、嘘の説明を重ねる、これは他にどんな問題があろうとも真偽をハッキリさせなければならない問題である。

TPPがあろうがなかろうが、台湾が独立国であろうがなかろうが、国会議員が自分の経歴を偽り、尚且つそれを追求されると嘘の説明を重ね、未だにその経緯の説明や証明を拒んでいる、このことは許されないことである。

じゃあ、今後、自分の経歴にデタラメを並べ、嘘の答弁しかしない国会議員をあなたたちは許すと言うのか?

この蓮舫の問題は、「国会議員は経歴を偽り、嘘の答弁で誤魔化し、経緯の説明も証明も必要ない」ということを認めるのか、認めないのか、の話であり、TPPも台湾がどんな国かも、グローバル化も何の関係もない。

自分たちの代表がどこの誰かも分からない、それを追求されると嘘でかわして、どうなったかその説明も証明もしない、そんな国にしようとしているのか?
そりゃ、政治家にとっちゃ都合のいいことばかりだから、安部だって「そんなことはどうでもいい」って答えるさ。
だってそれが通れば、得する事はあれ、損する事なんて何もないのだから。

今あなたたちは、何を売り渡そうとしているのか、よく考えてみるべきだ。

No title

いわゆる自称保守のみなさんはただ民進党を叩きたいから蓮舫の二重国籍を叩いただけなんでしょうね。
実際自民党で二重国籍の議員がいたことがわかった時にはネットはかなり静かでしたから。
私の認識では自称保守の基本となる思想が嫌韓反中自民党マンセーなんです。
だから日本国民の暮らしを破壊するようなTPPも中国が困ると自民党に言われればなら賛成するという事象が起きるのではないのでしょうか。

プリンシプル

言語中枢がおかしい、または大脳新皮質の発達が乏しい方は、(当人にとって)高度かつ複雑な内容の記事に下手なイチャモンをつけない方が身のためですよ。
何にせよ、記事の内容が深まるにつれ、それを理解できない故にか下品な負け惜しみしか書けない人が無謀なコメントを投稿をして自爆する機会が増えてきたように思います。

ところで、私はこちらの記事を拝読して、白洲次郎氏の総合的な評価はさておき、彼がよく口にしていたという「principle」なる言葉を思い出しました。

白洲次郎の心を打ち抜く名言
ttps://matome.naver.jp/odai/2137810916135607401/2137811021636637603
「プリンシプルとは何と訳したらよいか知らない。原則とでもいうのか。…西洋人とつき合うには、すべての言動にプリンシプルがはっきりしていることは絶対に必要である。日本も明治維新前までの武士階級等は、総ての言動は本能的にプリンシプルによらなければならないという教育を徹底的にたたき込まれたものらしい。」

西洋人といってもやはり人それぞれなので一概には言えませんし、私自身も実践できていませんが。

No title

おかしいのはお前の脳味噌だろ
WJFプロジェクトについて
ご寄付のお願い
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
蓮舫の二重国籍問題のジレンマ

違う入り口を選んだハズなのに、ドアを開けると、同じ出口につながっている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。