郵政民営化がもたらしたもの(3)

郵政民営化の結果、国民は貧しくなり、日本は財政危機に陥った。
2001年「資金運用部資金法等の一部を改正する法律案」により、「郵便貯金・公的年金の財政投融資への預託義務」を廃止し、かつて、日本の財政と実体経済とを力強くバックアップしていた郵便貯金・簡保保険を民営化した結果どうなったか。

日本という国家が一つの共同体であった時代が終わりを告げただけではない。

国債の発行残高と政府債務が増え、政府は緊縮財政を取るようになり、財政の悪化を理由に増税され、国内の消費は冷え込み、長期的なデフレ不況に落ち込み、国民は貧しくなった。

郵政民営化以降、なぜ国債の発行額が増え、財政危機に陥っていったか。

下のグラフを御覧いただきたい。


(資料出典)


(資料出典)

郵政民営化への第一歩であった行財政改革・金融改革に取り組んでいた橋本龍太郎内閣(平成8〜10年)の直後から、国債の発行額が急増していることが確認できる。

国債の発行残高が、郵政民営化以降増加したのには、三つの要因がある。

一つは、「財投債」の発行である。

郵政民営化前は、郵便貯金・簡保保険・国民年金の巨額の資産の全額を財政投融資の原資として日本政府がそのまま運用することができた。しかし、郵政民営化以降は、国が発行する「財投債」という新しい国債と、各特殊法人が主体となって発行する「財投機関債」によって、民間から直接資金を借り受けなければならなくなった。「財投債」という新しい国債の発行がはじまったため、その分の国債の発行額が増加している。

(金融商品としては普通国債と財投債は一体のものであり、国会の議決に基づき、発行限度額もが制限されるが、財投債の償還財源は財政投融資の融資先である特殊法人の収益であるため、税金を償還財源とする普通国債とは異なり、政府債務には分類されないと政府は主張するが、経済学者の中には異論も存在する。出典1出典2)

二つ目は、「借換債」である。

日本の国債には、たとえば、10年固定利付国債の場合、十年ごとに、六分の一に相当する金額を、国債整理基金から支払われる現金で、残りの六分の五を「借換債」の発行によって得られる収入で償還し、六十年後に全額を償還する仕組みがある。過去に発行した国債の満期を迎えた平成10年頃から「借換債」の発行額が増えている。

(ただし、借換債は、過去に発行した国債の借り換えであるため、新しい債務が増加しているわけではない。)

三つ目は、「新規財源債」であり、建設国債や特例国債(赤字国債)が、これに類する。

消費税増税を行った橋本行財政改革・金融改革の頃から、一般会計税収が減少し、それに伴って新規財源債の発行が増えているが、公共事業費や財政投融資の減少が景気の悪化に拍車をかけ、さらなる財政悪化を招いている。





バブル崩壊後、90年代の金融危機を日本が乗り切ることができたのは、郵便貯金や簡保保険に集まった巨額の資産という「公的資金」があったおかげであるが、昨年の郵便貯金の株式上場と完全民営化によって、日本は財政や金融の安定装置を失いつつある。

国民が貧しくなり、貯金をする余裕がなくなってしまったことに加えて、郵便貯金・簡保保険が公的な性質を失った結果、郵便貯金・簡保保険に集まる国民の資産は年々目減りしており、「財政投融資への預託義務」廃止後、郵貯・簡保の資産は国債に運用されることで日本の財政を支えてきたものの、これも時限的なものであり、昨年の株式上場によって、今後、国債以外の運用比率が拡大していくことが予想されるからである。

三橋貴明や藤井聡のような「インチキな仕立て屋」たちは、郵政民営化に歯止めをかけようとした民主党政権に「反日」のレッテルを貼り、小泉郵政改革の後継者であった安倍晋三を日本経済の救世主であるかのように担ぎ出した上で、政府の債務を増やし公共事業を増やすように執拗に呼びかけている。

しかし、「国土強靱化論」が模範とする田中角栄の「日本列島改造論」は、一般会計のみならず郵便貯金と公的年金の潤沢な資金に支えられた財政投融資を前提としていたのであり、「郵便貯金・公的年金の財政投融資への預託義務」が廃止され、郵政民営化が完遂され、郵便貯金や簡保保険が財政と金融のセーフガードとして機能する力を失い、さらにはグローバル化の結果、乗数効果がほとんど効かなくなっている現在の状態で金融緩和と積極財政ばかりを推し進めれば、破滅へと転がり落ちるだけである。

「経世済民」や「国土強靱化」を訴えるのであれば、郵政民営化の見直しと「郵便貯金・公的年金の財政投融資への預託義務」の復活を叫ばなければおかしいのである。

郵政民営化と同じく、国家を豊かにするどころか、正反対に国民を貧困化させ国を滅ぼすことになる、TPPや農協解体のような「構造改革」を行っても、日本が持ちこたえる余力は、今の日本にはもう残されていない。

郵政民営化を含めたかつての構造改革をすべて見直し、その失敗を認め、時計を逆回転するような原状回復を行わない限り、日本が救われる道はない。
*
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

カスさんに共感します

ついでに書いてしまいますと、この間の三橋氏への脅迫メール騒動で、(偶 々だつたのかもしれませんが)「カス」と名乗る三橋信者の下記記事へのコメントを思い出して、また「なりすまし」による犯行か、としか思えなかった私です。

WJFプロジェクト これは何の苦行だろう
http://wjf-project.info/blog-entry-1188.html

ところで、最近よく「田中角栄ブーム」に関する記事を見かけますが、漠然としたものが多かったので、こちらの「日本列島改造論」の解説は勉強になりました。
しかし、安倍政権の政策をまとめたら、「日本と日本人大改造論」でしかなくなることに「愛国的」支持者はいい加減気がつくべきだと思うのですが、既にショッカーと化しているので無理なんでしょうかね…(仮面ライダーと旧統一協会の噂はさておき)。

No title

おっしゃる通りだと思います。

成功モデルがあるのですからその仕組みに戻そうと考えるのが通常の思考回路だと思います。新幹線にワクワクしたい新自由主義者の三橋らにその気は無いって事です。
下の(保守)とかいうコメント者のように小泉政権、安倍政権の新自由主義は共産主義なのに、それすら気が付かないアホには幻滅します。
しかし一般国民なんてそんなもんで馬鹿に付ける薬は無いのでしょう。
ネット上もフィクサーの様な三橋や藤井が耳障りの良い事を言えば愚民はそのまま信じてしまう人が多数派の様な気もします。
その愚民らの感性の悪さや頭の悪さ、臭いモノや都合の悪いモノには蓋をして善人面や愛国者面をしている姿の現実を嫌と言うほど思い知った時、国や政治については絶望しか感じなくなります。

そんな中で私はWJF 氏は世に出るべき人だと思います。

ようやくコメント採用された

勉強になります

「公的資金」

財政投融資の抜本的改革について

8.自主運用のあり方

(1) 基本的考え方
郵便貯金及び年金積立金について、現在の預託義務を廃止する場合、それぞれの所管省庁が責任を持ってそれぞれの資金を管理・運用することになる。郵便貯金及び年金積立金が国の制度・信用によって集められた公的資金である限り、 以下のように、その運用のあり方を考えていかなければならない

(出典: 財務省「財政投融資の抜本的改革について」平成9年11月27日)

https://www.mof.go.jp/about_mof/councils/unyosin/report/1a1502a8.htm

郵貯や簡保の資金を公的資金と言い切ってしまうとは本当に傲慢かつ強引ですね。逆に清々しい。
やはりWJFさんは共産主義、社会主義に親和性が強いですね。
WJFプロジェクトについて
ご寄付のお願い
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
蓮舫の二重国籍問題のジレンマ

違う入り口を選んだハズなのに、ドアを開けると、同じ出口につながっている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。