「地球市民賞」を受賞した安倍晋三

日本は世界で最も迅速に永住権が得られる国になる。
いまから三年前の2013年9月25日、安倍晋三は、ニューヨーク証券取引所で次のように語りました。

もはや国境や国籍にこだわる時代は過ぎ去りました。

(出典: 首相官邸「ニューヨーク証券取引所 安倍内閣総理大臣スピーチ」2013年9月25日 )


この言葉の通り、安倍晋三は、TPP・RCEP・FTAAPなどの自由貿易協定の推進、国家戦略特区の制定、出入国管理及び難民認定法の改正等によって、日本を取り囲む国境の壁に、自らドリルの刃と化して、大きな穴をこじ開けてきました。

その歴史的な功績が評価され、安倍晋三は、今年9月19日、ニューヨークで、大西洋評議会(Atlantic Council)というアメリカのシンクタンクから「地球市民賞」(Global Citizen Awards)という賞を授与されました。

安倍首相に「地球市民賞」

【ニューヨーク時事】安倍晋三首相は19日、米国の有力シンクタンク、大西洋評議会から国際的に優れた功績を残したとして「地球市民賞」を授与された。ニューヨーク市内で行われた授与式で、首相は「私がこの賞を受賞するのは日本人を代表してのものだ」と述べた。イタリアのレンツィ首相らも同時に受賞した。

同賞は、過去にミャンマーのアウン・サン・スー・チー国家顧問相兼外相や緒方貞子元国際協力機構(JICA)理事長、キッシンジャー元米国務長官らが受賞している。

(出典: 時事通信社2016年9月20日)


安倍晋三は、この受賞の翌々日、ニューヨークのトムソン・ロイター社で、次のような講演を行い、日本は世界でもっとも迅速に永住権が得られる国になるだろうと述べました。

(前略)

2点目は「開放性」です。申し上げます。日本は「開放性」を推進する立場です。貿易自由化を推進する立場です。そして投資の自由化を推進する立場です。例えば、一定の条件を満たせば、日本は世界最速級のスピードで永住権を獲得することができる国になります。現在、詳細の詰めを行っています。乞う御期待です。

最も重要な課題は、もちろん、TPPです。皆様、私たちは、できるだけ早い国会承認を求めていきます。それは、TPPが、自由で、公正で、開かれた貿易に貢献するからです。TPPは意欲ある日本の農家にとっても良いものです。和牛などの日本の高付加価値産品が、海外の食料市場に参入しやすくなるからです。

日本は自由貿易の推進役であり続けます。私たちは、日EU・EPAのできるだけ早い合意のために、一層の努力をします。

ここで、私から皆様にお願いがあります。ぜひ、TPPを批准してください。アメリカがTPPの完全な一員になることで、アジア太平洋地域はもっと、もっと、もっと良くなります。アメリカがリーダーとしての役割を発揮することを期待しています。アメリカの皆さん、共に歩もうではありませんか。これが私から皆様へのメッセージです。

(後略)

(出典: 首相官邸「 安倍総理と金融関係者との対話」2016年9月21日)


「地球市民賞」は、「国境や国籍にこだわる時代は過ぎ去った」と信じる稀代のグローバリスト安倍晋三にもっともふさわしい賞であると言わざるを得ませんが、いまから数年前、民主党政権時代に、「日本列島は日本人だけのものではない」と述べた鳩山由紀夫を「売国奴」と呼んで痛烈に批判した人々が、今も熱心に安倍晋三を支持し、彼を愛国者として賞賛している姿は、実に奇妙です。
*
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

地球市民宣言…

>首相は「私がこの賞を受賞するのは日本人を代表してのものだ」と述べた。
↑↓
>日本はなくなつて、その代はりに、無機的な、からつぽな、ニュートラルな、中間色の、富裕な、抜目がない、或る経済的大国が極東の一角に残るのであらう。それでもいいと思つてゐる人たちと、私は口をきく気にもなれなくなつてゐるのである。
>三島由紀夫「果たし得てゐない約束――私の中の二十五年」

最早、経済的大国として残ることが出来るのどうかもわかりませんが、まさに安倍首相とその支持者らのことですね。

記事の動画化

この記事を動画にしました。

「地球市民賞」を受賞した安倍晋三
・YouTube: https://www.youtube.com/watch?v=VEuSo4U-Sr4
・ニコニコ動画: http://www.nicovideo.jp/watch/sm29725678

よろしけば、コメントやマリスト、高評価などの支援をしていただけると助かります。

日本人さん

>この安倍という人は両班系ではないでしょうか。
>両班系ならば在日韓国朝鮮人に対する最近の締め付けや、米国への追従、日本人大衆から搾取、バラマキなど説明がつきます。


安倍が在日を締め付けているというのは、ネット上で流されているデマであると思います。

下の記事を参考になさってください。

安倍晋三は在日と戦っていない
http://wjf-project.info/blog-entry-373.html
あなたはいまだに騙されてはいないか?
http://wjf-project.info/blog-entry-39.html

No title

歴代自民政府が日本人大衆の方を向いてないとずっと感じていました。
小泉もそうですし歴代首相は非日本人ばかりですね。
これでは政府が日本人大衆から搾取増税するのみで建設的なことを一切しないのも当然ですね。
この安倍という人は両班系ではないでしょうか。
両班系ならば在日韓国朝鮮人に対する最近の締め付けや、米国への追従、日本人大衆から搾取、バラマキなど説明がつきます。
在日韓国朝鮮人に対しては、下層である
米国追従は、強くて怖いので尻尾を振る
日本人搾取は、日本人大衆など増税収奪の対象にすぎない
バラマキ、他国に感謝され優越感を感じ名誉である
など両班人の特徴に見事に一致します。
両班人は金銭名誉が性癖ですから、在日韓国朝鮮人のように国籍などに拘りませんね。
日本国籍になっても両班の優雅な生活が出来れば良いのでしょう。
そこが始末悪いですね。安倍首相など書類上は間違いなく日本人ですから、朝鮮系などと言っても信じてもらえないでしょう。日本国籍保持者の両班人と言ったところでしょうか。
この状況を打破するのは相当大変でしょうね。方法は無くはありませんが。

平成26年、「出入国管理及び難民認定法の一部を改正する法律」

改めて、最近可決された事実上の「移民法」が端的にまとめてあるものを紹介します。
http://www.visaadvice.jp/point.html

一番露骨なのは、どの「高度」分野にも、日本の大学で学位を取得するだけで「ボーナスポイント」があることです。本当に「高度」を追求するなら、日本の大学を特別扱いする必要ないじゃないですか。むしろ、日本の大学では学べない特殊知識を優先すべきですらあります。これは、日本の大学への留学を入口とした移民流入の工程表にしか見えません。

移民党

http://www.news24.jp/articles/2016/09/22/04341646.html

糞安倍が日本の高齢化や人口減少について、「重荷ではなくボーナスだ」とか、「日本の人口動態にまったく懸念を持っていない」とか、「一定の条件を満たせば世界最速級のスピードで永住権を獲得できる国になる。乞うご期待です」などと寝言ぶっこいていると胸糞悪くなる。
少子高齢化なんて知ったことかと言わんばかりに、日本に大量の外国人、移民を呼び集める気でいる。大量に移民を入れて上手くいっている国ってどこ?よほど日本を壊したいようだ。何でこんな奴が支持されるのか解らない。
WJFプロジェクトについて
ご寄付のお願い
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
蓮舫の二重国籍問題のジレンマ

違う入り口を選んだハズなのに、ドアを開けると、同じ出口につながっている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。