倉山満、さっそくぶれる

「プロ」の言論人としての責任と矜持を知れ。
安倍晋三の太鼓持ち、倉山満は、数日前にチャンネル桜の下の番組の中で、安倍晋三が消費税増税を発表しても安倍支持をやめないと断言していました。安倍晋三を批判し退陣を求める人々のことを「支那ゲロ」と呼んで、上念司と一緒にあざ笑っていました。(32:27〜)



しかし、どうしたことでしょうか。最近のチャンネル桜の討論で、倉山満はさっそくぶれています。(53:13〜)

倉山「ほんとにその程度のことが分からない安倍晋三だったら、チャンネル桜あげて、文字通り血を流しながら応援したのは一体、最初から何だったんだって話じゃないですか。」

水島「だから、それはただ、さっきから・・・そこは戦後レジームの中でね、安倍さんはオールマイティーな男じゃないから・・・」

倉山「オールマイティーとか、この程度の判断もできない男を、我々は応援したのかってことですよ。」

水島「いやいや、それはね、戦後の日本が・・・」

倉山「我々の反省ですよ。」

水島「いや、だって・・・」
倉山さん、私は、以前、「三橋貴明は腹を切れ」(旧ブログ2013年6月11日)という記事の中で、あなたがた「インチキな仕立て屋」の皆さんに、次のように警告しました。
あなたがたが自らを裁かなくても、やがて、時代がみなさんを裁き処罰するときが必ずやってきます。国民が目覚め、騙された怒りをあなたがたに向けるときがまもなくやってきます。そのとき、「王様は裸だ」「安倍晋三は売国奴だ」という怒号の中を、皆さんは安倍晋三と一緒にパレードすることになるでしょう。わたしはそのことをあなたがた「インチキな仕立て屋」にはっきりと予告しておきます。
倉山さん、あなたは「裸の王様」のパレードから、途中で、こそこそと逃げ出してはいけません。

あなたがた「インチキな仕立て屋」は、人々が「詐欺師」「国賊」とどなりつけながらあなたがたに石を投げつける中を、それでも、「安倍さんを信じよう」「安倍さんを信じよう」と唱えながら、安倍晋三とともにこのパレードを最後まで歩き尽くさなくてはなりません。

それが、あなたがたが、選んだ道なのですから。

「プロ」の言論人が、安倍晋三やアベノミクスをさんざん持ち上げて国民を煽って一稼ぎしておきながら、「間違ってました、すみません」と言って、騙し逃げして済む話ではありません。

さあ、あなたの大好きなパレードにお戻りなさい。
そして、国民の怒りと制裁を甘んじて受けなさい。
*
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>2013年の時点で倉山の嗅覚が冴え渡っていた事が確認出来る動画でした。

バカも休み休みに言いましょう。

>倉山は気付きが他人より早過ぎるのかもしれない。

あなたの気づきが他人より100年ぐらい遅れているのです。

倉山がこれまで安倍が売国奴だと批判したことは一度もないし、安倍のような売国奴を救世主のように持ち上げた非を認めたこともありません。

>これが倉山を取り巻く言論界なのだろう。

倉山や三橋のようなインチキ保守言論人どもが、どんなデタラメな言論を並べようと、読者に読解力や論理的な思考力がないから、インチキやでたらめが書かれているといつまでも気づかない。この期に及んで「倉山の嗅覚が冴え渡っている」ととんちんかんなことを言い出す始末。これが、「保守言論界」を取り巻く環境です。

2013年の時点で倉山の嗅覚が冴え渡っていた事が確認出来る動画でした。
今でこそ三橋は安倍政権を売国奴として必要以上に罵っておりますが、今にして思えば何を今更と言う感じがします。
倉山は2年前にそれを感じ、三橋は二年のタイムラグかあると。そして倉山は今は安倍を売国奴だと罵ってはいない。少し中立な視点に戻っている。
おそらく二年後、三橋も中立に戻るだろう。シレッとね。
倉山は気付きが他人より早過ぎるのかもしれない。
だから周りからはずれている様に感じられる。だけどそうじゃない。ずれていたのは周りだったというオチ、これが倉山を取り巻く言論界なのだろう。

No title

よしふるさんが上げている動画の再生数が急激に伸びていますね。
消費税増税という現実を前にして、「安倍さんを信じよう」や「財務官僚の木下が悪い」といった整合性のない感情論を主張するチャンネル桜に不安を感じずにはいられないのでしょうか。

倉山満や上念司らは総理を信じない輩は「偽装転向コミンテルン」だといってきましたが、彼らがもし総理不支持にまわるなら、「偽装転向コミンテルン」という特大級のブーメランが返ってくることになります。

肉声はまだ聞いてない!と言いますが、復興法人税廃止や法人税減税、自動車取得税の段階的廃止などから、総理の姿勢はうかがえます。
なんにしろ、あとは安倍総理の玉音放送を待つのみですね。

記事の動画化

この記事を動画にして、ニコニコ動画に投稿しました。

倉山満、さっそくぶれる
http://www.nicovideo.jp/watch/sm21942266

インチキ「保守」言論人の皆様は、どうするつもりなのかなと思います。嘘はいつまでも続きません。

No title

普通の国・美しい国・戦後レジームとか言ったところで保守の想像するところとは違い
無国籍でフラットな物を目指す意味で使っているのが本当
元々強い国だとか想像を膨らむ余地を残した標語など政治ではよく行われます
日本に欠落しているものを回復するという一点で重なるに過ぎずあとの大部分は破壊したい位でしょう

安倍が著書でも移民を肯定するなどグローバリストでしかないと知っていながら
「裏切られた」としれっと逃げ出す人間と
安倍を全能のように語っておきながら「本当に信じてたのですか?」と開き直る人間
どちらの役者も安倍その人の考えには触れずどんな逸脱も安倍以外の作用として片付け
自分についてこない人間は保守ではないせっかちな敗北者というような語り口
自民党は保守好みの取り組むつもりもない幻想を国民に見せ続けることで戦後レジームの維持に努めてきた
倉山水島は戦後レジームに加担した代表そのものでは?
WJFプロジェクトについて
ご寄付のお願い
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
蓮舫の二重国籍問題のジレンマ

違う入り口を選んだハズなのに、ドアを開けると、同じ出口につながっている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。