中沢新一と南方熊楠(13)

南方熊楠の平凡と非凡。
中沢新一氏の最近の著作、『熊楠の星の時間』に、下の図式と重なる記述を見つけましたのでご紹介します。



南方熊楠のじっさいの思考法をみると、そのことがもっとよくわかります。彼は当時のヨーロッパで飛躍的な発展を見せていた自然科学の方法を学び、それを十分使いこなすことができていましたが、自分の知っている現実界の実相にその方法はまったく適合できていないという不満を感じていました。実証科学(ポジティブ・サイエンス)は現実の世界にあらわれた(現実化した)事実だけを集めて、その因果関係をあきらかにしようとします。しかし、世界はそんな風にはつくられていない、というのが熊楠の実感でした。

事物には「潜在性の状態」と「現実化した状態」との二つの様態があって、現実化している事実もじつは潜在性の状態にある事実を介して、お互いにつながりあっています。そのため現実化した事実だけを集めて因果関係を示してみせたとしても、それは不完全な世界理解しかもたらさない、というのが熊楠の考えでした。事物や記号はいったん潜在空間にダイビングしていく見えない回路を介して、お互い関連しあっています。そして潜在空間ではあらゆるものが自由な結合を行う可能性を持って流動しています。

(出典: 中沢新一『熊楠の星の時間』)


西洋科学は、「潜在性の状態」とも言うべき、「非・A」の領域に着目することなく、一つ一つの事物が現実化された状態である「A」だけに着目して、その因果関係だけで現象を説明しようとする。この西洋科学の限界を、ほとんどの日本人が西洋文明を吸収することだけに必死になっていた明治の時代に、南方熊楠という人物が既に見抜いていたというのです。



しかし、南方熊楠は、決して特殊な日本人であったわけではありません。

「A」と「非・A」とをつなぐ「往還のルート」を切り開いたのは、歴史に名だたる一人や二人の特殊な人物ではありません。白鳳時代の役小角に始まり、上皇から貴族や武士や農民にいたる、あらゆる社会階層の夥しい数の日本人が、1200年間に及ぶ長い時間をかけて、日本列島の各地を行脚して切り開き踏み固めたのが、熊野古道に象徴されるような、「文明」と「自然」とを結ぶ「往還のルート」でした。

明治の世に移り変わり、多くの日本人が古い生き方に背を向け、「文明開化」に明け暮れるようになってからも、南方熊楠は、名もない無数の日本人が歩んだ「往還のルート」という古道の上を、頑なに歩き続けていたにすぎません。

この点で、南方熊楠は、決して変わり者であったわけではなく、変わってしまったのは明治維新以降の日本の方でした。

熊楠が偉大なのは、劇的な変化を遂げつつあった時代の風潮の中で、ただ単に新しい西洋文明と古い日本の伝統とを対置させ、どちらかを捨てどちらかを選ぶというやり方で問題の処理を計ろうとはせず、西洋文明と日本文明(東洋文明)の間に、二つを結ぶ「往還のルート」を切り開くことで、人間の知の「全体性」を実現させようとした点でした。



南方熊楠は、どこまでも徹底して「ただの日本人」として、愚直なまでに日本文明の本質に即しながら振る舞い続けていたのです。

その究極の平凡さの中に、南方熊楠という人物の非凡さがありました。

(つづく)
*
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

よくあるTPPの誤解

以下のジータ氏の文章は「自民党支持者によるデマを鵜呑みにした典型的間違い」。


>消費税増税、tpp、外国人参政権に領土問題etc・・・
全部ゴミンスの時からある話じゃねーか!!!
こいつらがtppとかやらんかったんは無能過ぎて私等抵抗勢力を打ち砕けなかったからだろ?それで民主党の功績になるのか?イミフ( ̄_ ̄|||)
そもそも民主政権の時にこういう下劣な話が出たからこそ、現在のアベの戦後最悪の売国行為があるのだ。奴らはその下地を造った。そういう意味ではチャンネル錯乱と同じ、いやそれ以上に罪は重い・・・
現在は過去の積み重ね、だからこそ我々はアベ売国を長い目で批判しているし、それだけでなく過去の橋本政権や小泉竹中の改革を批判している
お前はどうだ?ちょっと過去のおさらいで触れているだけじゃねーか
長い目で政治見られねぇ癖にエラソーな事言いやがって・・・


WJF氏が上記主張に対し完全に反論しているが、当時からのTPPウォッチャーの立場から、安倍政権によるTPP交渉参加と事前協議の関係について付記しておきたい。看過できない間違いがあるからである。

TPP交渉参加については、事前に「入場料」を払わなければ、交渉参加のテーブルにつくことはできない。

元農水省・東京大学鈴木宣弘教授の発言を引用する。
鈴木宣弘 東京大学大学院教授 講演ツイートまとめ
http://togetter.com/li/502453

鈴木宣弘教授

「野田総理がハワイでオバマ大統領と約束以来、日本は高い入場料を払ってきた。米国はまだ足りないぞ、と交渉が始まってから並行協議をしようとして、さらに規制緩和を飲ませようとしてくる。日本は「身ぐるみ剥がされていいんですよ」と約束をしている。これほど屈辱的な外交はない」

「今まで野田総理が決意表明できなかったのは、国民が懸念してきたからでも何でもなく、米国が入場料がまだ足りんと言っていたから。政権が変わって入場料を払ったから、安倍政権で参加になった」


つまり事前協議に注目すれば野田政権以上に「売国的交渉」をしているのが安倍政権だと、2013年上旬でわかるのだ。
 

アメリカで交渉を担当するUSTR(アメリカ合衆国通商代表部)が事前協議の内容を公表している。日本では隠されているため、USTRの発表から日本国民は交渉内容を知ることとなった。

USTR 2013.4.12
TPPへ向けて:日本との協議事項報告 <仮訳>
https://twishort.com/yTidc

民主党でTPP反対の論陣を張っていた首藤信彦前衆院議員が仮翻訳、山田正彦TPPを慎重に考える前会長がブログにその仮翻訳をアップ。

TPP反対の中心だった山田正彦氏は「こんな屈辱的な、一方的な『合意』は戦後最大!ミズーリ艦上降伏文書に等しいものではないでしょうか」と述べている。



民主党で飲めなかった「入場料」を、安倍内閣・自民党はどんどんと呑んで「合意」し交渉参加に踏み込んでいったのが事実。

米国に要求される「入場料」に抵抗していたのが民主党時代であり、安倍政権になってからはどんどんと吹っかけられる入場料を呑んでいたのが事実。



たとえば以下の記事はその「入場料」の反映だ。

かんぽ生命の新商品参入、認可する考えない=麻生金融相
http://jp.reuters.com/article/tk0653899-kampo-aso-comment-idJPTYE93B00V20130412

つまり
>こいつら(民主党)がtppとかやらんかったんは無能過ぎて私等抵抗勢力を打ち砕けなかったからだろ?
というのは無知に基づく妄言にすぎない。

「入場料」を払うのに手間取っていたのである。

(もちろん幼稚に騒ぎ立てるだけの突っ込む必要もない妄言なのかもしれないが)事前協議を呑んで参加したというプロセスを理解してないのは、自民党を支持してきた人によくある間違いなので、今回あえて指摘した次第です。

このような記事も当時話題になった。

読売新聞 2013年3月16日

『麻生氏は、TPPを国論を二分するやっかいな問題とみて、昨年、民主党の野田政権に片づけてもらおうと動いたことがある。衆院選の最中の12月、麻生氏は当時の野田首相に電話し、「TPPをやってくれ。それがあなたの最後の仕事だ」と迫った。

「参加表明したら、私を支持してくれますか」と問い返す野田氏に、麻生氏は「選挙をやってるんだから、批判するに決まってるだろ」と素っ気なかった。結局、野田氏は参加表明を見送った。』



つまり民主党に国論を二分する問題の責任を押し付けるのが、TPP推進派・麻生の立場ということだ。麻生事務所に何度もTPPについて問い合わせたが、一貫して積極的な推進派であり、隠すことはなかった。


自民党支持者の誤解をとくために書いた拙ブログ過去記事を載せておきます。
口笛 TPP反対運動 自民党支持者・三橋支持者の本気度を問う
http://kknagomi.blog.fc2.com/blog-entry-24.html





No title

よりによって青山とかw
 
リセット願望
近代主義の盲目的信奉
グローバル志向礼賛
職業専門家の蔑視
 
悪しき大衆社会の縮図みたいな男じゃないか

http://shiaoyama.com/

ジータなる人物に関するお知らせ

流れをぶった切って恐縮ですが、相当の苦情が寄せられているようです。

■横須賀リサーチパーク
http://www.yrp.co.jp/
(TOPICSより)
2016/6/8
お知らせ
最近、当社に勤務していると公言し、ネット上で種々発言をしているジータなる人物は、当社の社員や職員ではなく当社とは全く関係ありません。

■YRPユビキタスネットワーキング研究所
http://www.ubin.jp/
2016/06/08
最近、当研究所に勤務していると公言し、ネット上で種々発言をしているジータなる人物は、当社の研究員や職員ではなく当研究所とは全く関係ありません。
WJFプロジェクトについて
ご寄付のお願い
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
蓮舫の二重国籍問題のジレンマ

違う入り口を選んだハズなのに、ドアを開けると、同じ出口につながっている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。