一人区で、自民党全敗を目指そう

参院選 野党、1人区一本化完了。


第24回参議院議員通常選挙が、今日、公示されました。

投票日は、7月10日です。

「公示」というのは、内閣の助言と承認に基づき詔書を出して選挙期日を公に示す、日本国憲法第七条が定める天皇陛下の国事行為のことを言います。

参院選の仕組みを簡単におさらいしておきましょう。

参議院の定数は242。任期は6年。

衆議院が4年ごとに全議席を改選するのに対し、参議院は、3年ごとに半数の議席、つまり121の議席の改選を行います。

121の議席のうち、48議席は、「非拘束名簿式比例代表制」によって決められます。

有権者は、投票用紙に、政党名か、候補者名かの、いずれかを記入します。

「非拘束名簿式」というのは、政党が候補者名簿内の順位をあらかじめ定めず、各候補者が獲得した個人名による得票数で、名簿内の順位を決定する方式のことです。

121の議席のうち、73議席は、選挙区制で決められます。

全国の47の都道府県がそのまま47の選挙区として扱われます。

投票用紙には、候補者名を記入します。

2016年第24回選挙から適用される選挙区割り一覧
改選数 選挙区数 選挙区
6人 1選挙区 東京都
4人 3選挙区 神奈川県、愛知県、大阪府
3人 5選挙区 北海道、埼玉県、千葉県、兵庫県、福岡県
2人 4選挙区 茨城県、静岡県、京都府、広島県
1人 32選挙区 青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、栃木県、群馬県、山梨県、新潟県 富山県、石川県、福井県、長野県、岐阜県、三重県、滋賀県、奈良県、和歌山県 鳥取県・島根県、岡山県、山口県、徳島県・高知県、香川県、愛媛県、佐賀県、長崎県 熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県


今後、安倍政権の悪政にブレーキをかける上で大切になるのは、全国で32ある、一人区での勝敗です。

幸い、民進・共産・生活・社民の4党が共闘し、一人区での候補者を一本化したため、自民党を追い込む好機を迎えています。

参院選 野党、1人区一本化完了

共産党佐賀県委員会は31日、参院選佐賀選挙区(改選数1)に擁立した新人の上村泰稔氏(51)を取り下げ、民進党の元職、中村哲治氏(44)の支援に回ると発表した。上村氏は比例代表に移る。これにより、参院選全体の勝敗の鍵を握る32の改選1人区全てで、民進、共産、社民、生活の4野党による候補一本化が完了した。

(出典: 毎日新聞 2016年6月1日)
*
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

WJFプロジェクトについて
ご寄付のお願い
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
蓮舫の二重国籍問題のジレンマ

違う入り口を選んだハズなのに、ドアを開けると、同じ出口につながっている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。