「保守分断」

矛盾と矛盾の激しい衝突。
チャンネル桜の周辺が大変なことになっています。

「安倍信者」が二手に分かれて抗争状態に陥っています。

水島総は、「安倍総理が負けを認めるまであきらめない」という視聴者のメッセージをふふんと鼻で笑い、マスコミの報道の通り安倍晋三が既に消費税増税を決定していること、消費税増税の決定を行った責任は安倍晋三にあることを認めながら、それでも、その過酷な現実を受け入れて、安倍晋三を支持し続けるべきであると訴えています。



安倍晋三が消費税増税を発表しても、それでも安倍晋三を支持し続けよという水島の呼びかけは、WJFプロジェクトが以前から指摘してきたことですが、ドメスティック・バイオレンスの奇怪な心理そのものです。
「あなたの暴力(売国)は嫌い、でもあなたから離れられない」
以前、「安倍自民とch桜は尼崎事件の角田容疑者と同じだ」という卓見を紹介させていただいたこともありました。
●尼崎角田の場合(ダブルバインド手法)

①嘘八百の親切で被害者と入籍して家族になる(不可逆的運命共同体の構築)。
②想像を絶する暴力を振るう。被害者は大混乱(親切と暴力の矛盾)。
③逃げようとすると連れ戻される。もう逃げられないと思わせる。
 家族内の問題として警察も取り合わず。

●安倍自民とch桜の場合(ダブルバインド手法)

①嘘八百の愛国(TPP反対など)で国民に応援させて組織に取り込む(不可逆的運命共同体の構築)。
②想像を絶する売国(TPP推進など)を振るう。国民は大混乱(愛国と売国の矛盾)。
③逃げようとするとch桜やマスゴミが捏造世論調査発表などして連れ戻す。もう逃げられないと国民に思わせる。
 組織内のこととして世間も取り合わず。

自民やch桜が売国カルトであることは間違いない。カルトが使う洗脳手法・暴力詐欺矛盾混乱手法はいつでも同じだ

(出典: WJFプロジェクト旧ブログ 「安倍政権とチャンネル桜は、尼崎事件の角田容疑者と似ている(1)」2013年6月9日)
水島総としては、消費税増税に反対する人々があまりに先鋭化して、10月1日に安倍晋三が消費税増税を正式発表した際に、人々の間に大きな失望と怒りが広がり、安倍政権への不支持へと転じていくのを未然に防ぎたいというねらいがあるのでしょう。

一方、消費税増税に関する報道はマスコミの偏向報道であるという従来の主張をあくまでも崩さず、安倍晋三が自分の口で正式に消費税増税を発表するまでは、最後まで認めないあきらめないとがんばっているのが、倉山満です。

彼が最近ブログ上で展開した下の批判は、消費税増税が既に決定されており、消費税増税を決定した責任は安倍晋三にあると認めた、水島総に向けられていると思われます。
誰ひとりとして安倍首相の肉声を聞いていないのに、
「安倍が増税を決断した」
という前提で、安倍首相の“責任”論をふりかざしている。
しかし、“責任”て何だ?

形式的には総理大臣の責任だ。
しかし、財務省の号令一下、十重二十重の包囲網が敷かれているのは子供でも分かる状態だ。
そいつらの責任が不問にふされるわけではないことを忘れるな。
特に、先陣切って斬りかかってきた麻生太郎だけは、安全地帯でいられる訳がない。

安倍の“責任”を今から強調する奴、テレビ朝日で星記者が「安倍増税と呼ばれますよ」
と迫ったのと同じ精神構造だな。

倉山満の弟子であることを最近表明したKAZUYAも、白旗をあげた水島総を名指しで厳しく批判し、倉山満の主張の通り、最後まであきらめるべきではないと訴えています。



倉山満は、マスコミや、財務省の木下某や、麻生太郎を吊るし上げて、痛烈な批判を浴びせるのですが、消費税増税を決定する最終責任者である安倍晋三には決して批判の矛先を向けず、安倍晋三が消費税増税を正式に発表した場合でも、安倍批判に転じる意図はないことを既にほのめかしています(出典)。

正直、倉山満がここ数日行っている消費税増税に反対する過激な訴えは、彼がこれまでさんざんへらへらした態度で、消費税増税に関する楽観論を人々の間にばらまいてきたことに対する批判を逃れるためのパフォーマンスにも見えなくはないのですが、同時に、最後まであきらめずに、声をあげ続ける姿勢の正しさも、私たちは認めないわけにはいきません。

二つの陣営が激しく反目し合っているわけですが、消費税が増税されても、安倍晋三を支持し続けるという点では両者の姿勢は一致しています。

「安倍晋三ハ神聖ニシテ犯スヘカラス。」

「安倍信者」の「安倍信者」たるゆえんです。

要するに、今回の両陣営の抗争は、「消費税絶対反対・安倍政権絶対支持」という矛盾した立場と、「消費税絶対反対・安倍政権絶対支持」という矛盾した立場が激突しあっているにすぎません。水島陣営は「安倍政権絶対支持」に若干重心があり、倉山陣営は「消費税絶対反対」に若干重心があるというわずかな違いはあるのですが。

彼らの演じる茶番劇をひややかに眺めつつ、私たちは、次の単純明快な事実を再確認すべきです。

TPP、RCEP、道州制、消費税増税、秘密保全法、電力自由化、水道民営化、留学生30万人計画、ビザ免除国拡大、国家戦略特区、サービス残業自由化、解雇自由化・・・

安倍晋三が用意する壊国政策のフルコースメニュー。

安倍晋三を支持するということは、安倍晋三が推進する政策を支持するという意味しか持ちません。

そして、人々が安倍政権を支持し、安倍政権の支持率が高止まりしつづける限り、安倍政権の掲げる壊国政策が一つ一つ実現に移されて行くという結果しか私たちを待ちうけてはいません。

「TPP絶対反対・安倍政権絶対支持」

「消費税絶対反対・安倍政権絶対支持」

といった矛盾した言葉を掲げて、安倍政権を支持しつづけていれば、安倍さんが危険な政策の実行を思いとどまってくれるだろうなどと都合のよいことは絶対に起きません。

「安倍さんを支持し、安倍さんを信じ、安倍さんに強く訴えれば、安倍さんは私たちの声を聞いてくれる」という楽観的な姿勢では、「ドリルの刃」と化すことを宣言したこの人物のもくろむ国家破壊(グローバル化と構造改革)を食い止めることはできません。(出典)

安倍政権にブレーキをかける方法はいまや一つしかありません。それは、

安倍政権を支持しないこと。

安倍政権への不支持の声が人々の間に広がっていくこと。

安倍晋三退陣の声が人々の間に広がっていくこと。

そのことだけです。

TPPや道州制や消費税増税など、私たちの生活に深刻な影響もたらす危険な政策を見て「実現してほしい」と願う人々がいるならば、そういう人たちが安倍政権を支持することに、私たちは何も言うつもりはありませんが、安倍政権の掲げている政策に一つ一つ「反対だ」と唱えながら、「安倍政権絶対支持」などと矛盾したことをもはや口にしてはなりません。

このことに、今回の消費税増税という過酷な現実に直面することで、多くの「安倍信者」の方たちに気づいていただきたい、目を覚ましていただきたいと願っています。

WJFプロジェクトは、安倍政権は「救国政権」でもなければ「保守政権」でもないこと、安倍政権の本質を隠すたくみな情報工作が行われており、人々が騙され洗脳されていることを、今年の1月1日から一貫して主張し、警告の声をあげてきました。改めて年頭からの記事を読み返していただき、参考にしていただければと思います。
*
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

記事の動画化

この記事を動画にして、ニコニコ動画に投稿しました。

「保守分断」
http://www.nicovideo.jp/watch/sm21914083

この記事は動画化に少してこずりました。
本当にどうなるのでしょうか。今度の年末年始はどういう気分で過ごしているのか、なかなか想像するのが難しいです。もう少し頑張ります。

しかし八重垣姫さんの時も同じ様でしたが、水島という男はみっともないですね。

ご無沙汰してます。ずっと訪問はさせていただいてました。
両者とも本当に、同じ穴のムジナですね。
必死に安倍晋三に批判の矢がたたぬよう、論点ぼかしをしてますが、裏で繋がっていて、役割が決まってるだけだと思いますよ。
安倍晋三は、いわゆるネトウヨと言われる安倍信者達を、本当に心の拠り所にしているそうです。僕の一番大切なファンだから・・・と。
マスコミで発表されてる支持率はうそっぱち。
一番解っているのは、当の安倍晋三でしょう。
だから、ネットの反応に異常に敏感。
安倍信者達も、ネット世論が批判に傾くのが、一番怖いのでしょうね。まさにカルト。
日本はこんな奴等に牛耳られてます。
今自分が出来る事を、安倍の危険さ、胡散臭さを一人でも多くの人に伝えるのみです!

このエントリーに関係するであろうYouTubeの動画とコメント欄を見ました。

内ゲバ状態ですね。安倍総理を批判出来ない連中が、次は誰を吊し上げるのか?誰が悪いのか?を必死で探しているように見えました。

答えは簡単ですね。安倍批判をすれば全ての辻褄が合うはずなんですが…そこまで行き着かないようです。

洗脳とはこういったものでしょうかね。

こんにちは

これまで安倍政権を支持してきたんですが、増税、TPPを推進する安倍政権の危険性に気づきこちらのブログにたどり着きました。
安倍信仰へ導くチャンネル桜の欺瞞もご説の通りだと思います。

TPPだけでも阻止するためには、「安倍政権倒閣も辞さず」との覚悟も必要かも知れませんね。

ですが当面国政選挙も無いし、また仮に安倍政権が倒れたとしてもTPPに歯止めをかける総理候補が自民党にはいないように思われます。

なんたる閉塞状況か。

同じ穴の狢

この状況を一言で言いますとタイトル通りになります。
wfjさんのがおしゃるとおり基本的に安倍信者は売国奴で
あり、カルト集団である。TPPや特定秘密法案で独裁体制が
固まりつつある状況を無視する安倍信者は万死に値するものです。
軽度の信者は今目覚めれば救いがあるのかもしれませんが、重度の
信者やアホの安倍自身はもう助かりません(笑)。散々利用されつくした
挙句捨てられて気づいた国民から売国奴のレッテルと事実だけが残るでしょう。
そして、子々孫々それが着いてまわるでしょう。そうなる前に目を覚ますべきです。
WJFプロジェクトについて
ご寄付のお願い
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
蓮舫の二重国籍問題のジレンマ

違う入り口を選んだハズなのに、ドアを開けると、同じ出口につながっている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。