分からないことについては沈黙する

情報発信を行う主体としての責任。
WJFプロジェクトは、これまでSTAP細胞の問題を一度も取り上げてきませんでした。

マスコミや大衆がこぞって、小保方晴子氏に対して激しいバッシングを行っていた時にも、小保方晴子氏を批判もしなければ擁護もしませんでした。

「嘘つきだらけの国、恥ずかしい国」というサブタイトルをもつ「悲しい国」という記事を書いて、昨今の嘘つきたちを列挙した記事を書いたこともありますが、その中でも、小保方晴子氏を取り上げていません。

STAP細胞の問題を一切語らずにきた理由は単純であり、誰が正しいことを言っているのか、一次的なソースを確認して自分の頭で判断するだけの科学的な資質を持ち合わせていないからです。

現在、小保方氏に対する評価が変わりつつあるようですが、現段階でも、小保方氏をどのように見なしたらよいのか、明証性をもって論じる資格を私は残念ながら持ち合わせてはいません。

小保方氏を叩く側であれ擁護する側であれ、第三者が述べている、二次的、三次的な意見を鵜呑みにして、それに同調することはとても簡単なことです。

服を選ぶように、自分を心地よくしてくれる意見を選べばよいだけのことだからです。

しかし、それはWJFプロジェクトのスタイルではありません。

WJFプロジェクトは、小さなブログを運営し、ささやかな動画を作っているにすぎませんが、情報発信を行う以上は、自分が世の中に流す情報について責任を持たなくてはならないと思っています。

その責任がある以上は、石橋を叩くように慎重に情報を吟味した上で発表するように心がけています。

このような所作を守っているので、それほど大きくは、過去に行った発言について、あとから訂正しなくてはならないような事態には至っていません。

しかし、ネットを見回すと、事実を確認する面倒な手間や時間を惜しんで、安易な思い込みや決めつけを放言するだけの言論に溢れています。

そのような質の悪い言論は、かえって扇情的な力をもつので、思い込みが思い込みを呼び、デマがデマを呼んで、増幅していきます。

その結果、人々が何かをこぞって支持したり、逆に何かをこぞって叩いたりする事態に至るわけですが、そのような時ほど、私たちは自分の態度決定に関して慎重であるべきであると思います。
*
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

1億総コメンテーターの時代

コメンテーターという仕事は、その時の気分に乗り感情に流れ、凡庸な意見を言えばいいのです。求められるのは素人の感想。隣人が共感する意見を即座に言える人をテレビでは求められています。
テレビのワイドショーの街の人の声、新聞の投書欄、こうした素人の声がメディアが形成する世論の材料となる。今やそれだけに足らず、インターネットも活用する。最近ワイドショーの司会者やコメンテーターにお笑い芸人が増えてきた。昔のように学者や専門家は起用されなくなってきた。何しろ誰もがネットで時事について呟ける時代なのだから、芸人が意見を述べてもおかしくない。
そういえば、とあるコメンテーターの経歴や学歴、職業などが全て詐称であることが発覚して、表舞台から消えるはめとなったことがあった。だが、このご時世に経歴など肩書きは不要ではないか。匿名の意見ですら重宝される世に肩書きなど無意味だと思う。
基本的に自分の専門外の領域について素人が口を出すのは憚られてきた。今やこんな常識も失われつつある。正しいかどうか以前に美しい所作ではないからです。知らないことを知ったかぶり意見するのが誰もが当たり前となり、違和感を忘れて、そして恥を晒し続け、信用を失うのです。
これは無知であることが前提となって、それを恥じらわずにいる現代人の1億総コメンテーター化の時代を作り上げてきたことに危機を感じる。民主主義は身分を解消して平等化し、あらゆる人間を参加させて多数決で解決させる原理です。ソクラテスの意見よりも、二人の泥棒の意見が尊重されるのが民主主義であり、そこに長い歴史の中で様々な偉人や賢者が知恵で素人の暴走を封じ込めてきた。三権分立しかり二院制しかり、プロの領域に素人が立ち入ってはならないことです。
先日、とあるラジオ番組の中で、オリンピックのエンブレムの盗作問題について意見を求められたコメンテーターが、全く興味が無かったので「興味なし」とだけしか答えませんでした。自分の知らないこと、興味がないことには口を出さない方がいいのです。
WJFプロジェクトについて
ご寄付のお願い
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
蓮舫の二重国籍問題のジレンマ

違う入り口を選んだハズなのに、ドアを開けると、同じ出口につながっている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。