歴史を形作る目に見えない力について(17)

BABYMETALと自然国家。
"BABY"(アイドル)とMETAL(ヘビメタ)が、本来は真逆のものであるように、自然と国家(文明)は、本来は真逆のものです。

自然の克服から文明が生まれ、自然の克服のためには、組織的で大規模な人員の動因が必要でした。

組織的な人員の動因を可能にしたのは強大な権力であり、強大な権力の誕生が国家を作り出しました。

ですから、自然と国家(文明)は、本来は対立しあうものです。

しかし、「日本は『自然国家』である」という不思議なことが、しばしば言われます。

本来対立しあうはずの二つのものが、日本においてはひとつながりになっているのです。

それはBABYMETALにおいて、BABY"アイドル)とMETAL(ヘビメタ)が、ひとつながりになっているのと同じです。

自然と国家という、天と地のように対立する二つのものが、身体を介して、稲妻のように一つに結ばれるとき、そこに立ち現れるのは「THE ONE」という、ただ一つの比類なきものです。

BABYMETALの一ファンが的確に指摘している通りです。

日本が「自然国家」である点に、日本に課せられた人類史的役割があることは言うまでもありません。

このような国こそが、BABYMETALという「THE ONE」を生み出し、世界中の人たちが、いま、その比類なき存在に、熱狂しているのです。

本論は、日本という国が、いかにして、「自然国家」という、人類史において比類のない国家として成立していったのか、また「自然」と「国家」は、日本においてどのように一つに結びついているのかを明らかにしていきます。

*
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

WJFプロジェクトについて
ご寄付のお願い
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
蓮舫の二重国籍問題のジレンマ

違う入り口を選んだハズなのに、ドアを開けると、同じ出口につながっている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。