安倍政権の危険性について

あなたは、あの時と同じやりかたで、再び、騙されてはいないか? そうして、あなたの子どもに過酷な未来を作りだそうとしてはいないか?
みなさんは「B層」という言葉をご存知でしょうか。

「B層」とは、郵政民営化の広報企画にあたって小泉政権の主な支持基盤として想定された、「具体的なことはよくわからないが小泉純一郎のキャラクターを支持する層」のことです。

2005年、小泉内閣の進める郵政民営化に関する宣伝企画の立案を内閣府から受注した広告会社「スリード」は、国民を下の四つの区分に分類しました。

Classb_2
後に外部に流出したこの宣伝企画書によって明らかになったのは、小泉政権が自分たちの支持者のことを「馬鹿だ」と考えていたという事実です。また、彼らが「馬鹿だ」と見下す「B層」の人々をいかにコントロールするか、つねに情報戦略の立案を怠らなかったという事実です。

安倍政権は、小泉政権の焼き直しであり、今熱心に安倍政権を支持している人々も、この「B層」の人たちが中心を占めています。「A層」のたくみな情報操作により、「B層」の人々は、安倍政権を純粋な愛国・保守政権と信じ、熱心に応援しています。しかし、「B層」が信じるイメージとは裏腹に、安倍政権が掲げる実際の諸政策は、国を守るどころか、日本という国家や国柄、国民の暮らしを根底から破壊する方向を明確に指し示しています。

皮肉なことに、安倍政権のもくろむ構造改革により最も傷つくのは、安倍政権を信奉している「B層」の人たちであり、「B層」はやがて確実に「D層」に転落していきます。にも関わらず「B層」は構造改革の問題に一番鈍感な人々です。

あなたは、いまどの「層」に属していますか?

ご自分やご家族が貧困や格差によって傷つく前に、新自由主義やグローバリズム、TPPや道州制などの構造改革についての知識や、自分の頭で考える習慣を身につけ、家族を守るため、ふるさとを守るため、国を守るため、TPPをはじめとする安倍政権のもくろむ様々な構造改革に断固反対する「C層」の群れに加わっていただきたいと思います。

同じやり方で二度も三度もだまされ続ける贅沢は、私たちにはもう許されていません。

(「B層」が国を滅ぼすという記事もお読みください。)
TPPと道州制について
今、日本に大変な危機が訪れています。

TPPと道州制という二つの画期的制度改変を通して、国家の障壁や枠組みが解体され、私たちの国はグローバルな秩序に直接組み込まれようとしています。

これは戦後のGHQによる占領統治下、日本独立後も継続されたアメリカによる間接支配、冷戦終結後さらに拍車がかかった構造改革の押しつけを通して漸次遂行されてきた、日本のグローバル化と国家改造のプロセスの最後の画竜点睛として理解するべきものです。

日本が歴史的に積み重ねてきた「強み」(文化的な長所)や「富」(マネーや技術や産業)が外に流れ出す一方で、移民が自由化され、外国人が海外から国内に流れ込んできます。

産業は空洞化し、農業は壊滅し、格差と貧困が広がり、日本の経済的疲弊と弱体化は避けられません。

さらには、国家の権限を限定し地域に主権を移譲する道州制により、日本はばらばらに切り刻まれていきます。日本全体は、一つの統一された国家としての性格を失い、TPP連邦内の一地域のような位置づけへと変わっていきます。

日本は、アメリカ、カナダ、オーストラリアのような本格的な移民国家へ移行し、長期的には様々な異民族によって構成されるようになり、アメリカ先住民族やハワイ民族と同じく、私たち日本民族はあたかも日本列島の先住民族のような位置づけに立たされるようになります。

このように安倍政権は、「日本を取り戻す」どころか、日本の徹底した国家解体とグローバル化を推し進めようとする過激なグローバリスト・新自由主義の政権なのですが、なぜか、この本質が隠蔽され、愛国的なイメージばかりが前面に押し出されてきました。

その結果、多くの国民は、アベノミクスの一時的な効果もあいまって、安倍晋三という政治家のグローバリストとしての本質に警戒心を抱くことなく、それとは正反対に、国民国家の堅牢化を目指す単純に保守的で愛国的な政治家であると誤認するようになりました。

実際には、安倍晋三は、新自由主義的政策を実現し日本のグローバル化を推進するために、人々の愛国心や愛国的シンボルを利用する、小泉純一郎や橋下徹と同じ新自由主義と新保守主義が結合したタイプの政治家なのですが、彼のグローバリストとしての本質を極力カモフラージュする情報操作が組織的かつ長期的に展開されてきたと考えられます。

WJFプロジェクトは、2013年年頭より、安倍政権の危険性と欺瞞性を、つよく皆様に警告してきました。

どうぞ、日本国民各位、しっかりと目を覚ましていただき、現在私たちの国に何が起きようとしているかを知り、日本を守り抜く私たちの戦列に加わっていただきたいと思います。
*
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

山よ

>批判さえしとけばA層(笑)になれるのですか?

A層にはなれませんがC層やD層にはなれます。

あと、「糞みてーな売国奴を、チャンネル桜の水島あたりのデマに洗脳されて、バカみてーに支持し続けた結果、日本の滅亡に加担し、子や孫に地獄を残すという生き恥をさらさずに済む」というご利益が付いてきます。

批判さえしとけばA層(笑)になれるのですか?

小林よしのり?

いまだにパチのりを有難がる人がいるとは、驚きました。
彼がマトモな作品を書いていたころは、優秀なブレーンがついており
彼はそれを分かりやすく漫画で表現しました。
あの頃の小林よしのりの作品は見るべきものがあると思います。

しかし、ブレーンを失ってからは惨憺たるものです
スタッフを食わせるのは大変でしょうが、パチンコ業界にまで取り込まれて
どんどんおかしくなっているし
「自分に金くれるパチ屋は、北朝鮮資本じゃない」と言ってますが
じゃあ南朝鮮でしょうかね

スポンサーの悪口は言いにくいものですよね

情報提供です

小林よしのりのブログから情報提供です。
小泉純一郎以来の自民党や、親米保守が主張してきた、
【アメリカにひたすらくっついて行けば日本は百年安心・安全!】
とばかりに、やってきた日本外交のツケが、あのイスラム国による日本人殺害事件であると、当のイスラム国も認めたという記事です。
最後に駄目押ししたのが、安倍晋三による、不注意・不用意な発言であった事も。
ここまで日本の国益を毀損した総理大臣は、民主党政権時代も含めて存在したのですかね?

(例によって魚拓の取り方が解らないので、必要部分を引用しておきます)

https://www.gosen-dojo.com/index.php?action=journal_view_main_detail&block_id=1998&p_id=4508&nc_session=n3k6k7po8uqu71qq7bpjmdhbf5

イスラム国の主張は、やはりわしの直感通りだった

12:25 by よしりん [政治・経済]

イスラム国は、英字機関誌で、邦人人質事件は「傲慢な日本政府に恥をかかせるのが目的だった」と主張している。
「カネには困っておらず、日本政府が身代金を支払わないことは分かっていた」そうだ。
安倍首相が2億ドルの人道支援を発表するまで、日本は「標的として優先度は高くなかった」とし、支援表明を「軽率な約束」と非難。
「日本人は今や戦闘員らの標的だ」と主張した。
さらに平和憲法がありながら、日本はアフガン・イラクの戦争で米国などを支持してきたと指摘。
つまり安倍首相の中東での演説によって、日本人は明確にテロの標的になったわけだ。
日本政府や安倍信者は、テロリストの言うことなど信じない、テロリストの分断工作には乗ってはいけない、
テロリストの言い分を信じることはテロリスト寄りの人間だと、決めつけるだろう。
だが、イスラム国のこの主張は、わしが予測していた通りのものだ。
わしは今回の人質に関しては、自己責任だと言っており、身代金を払う必要はないと主張していた。
先日の「ゴー宣道場」でも明確に断言している。
わしが問題にしていたのは一点、

中東支援の説明の仕方だ!

エジプトで中東支援を「イスラム国と戦う周辺国に2億ドルの支援」と演説したことである!
しかもイスラエル国旗の前でも「卑劣なテロは許さない」として2億ドルの支援を強調した。
イスラム国が言うまでもなく、わしはこれを「軽率な約束」だと言っていたのだ。

自称保守側や、大マスコミや、週刊文春などの雑誌も、これを「難民のための支援金がなぜ悪い?」と誤魔化して主張している。

問題は「イスラム国と戦うための支援金」と、明らかに敵意を込めた演説をしたことなのである。

支援金と言うなら、「中東で発生している争いごとの犠牲になっている全ての方々のために2億ドルの支援金を出します」と言っておけば良かったのだ。

一国の首相が「軽率な言葉づかい」をすることによって、無意識に「宣戦布告」をして、国民が犠牲になる。

支那事変も軍部の暴走を、国民は追認していくしかなかった。
その構図がまた始まっている。

集団的自衛権について関係各省庁に電話で問い合わせた結果

問い合わせた順は、防衛省→外務省→厚生労働省→内閣府→防衛省(二回目)

まず、防衛省には、
「集団的自衛権が解禁され、安倍首相は地理的な制約はしないと国会で述べたが、自衛隊には世界中への派兵能力はあるのか?」
「世界中に派兵している間、日本そのものの防衛力が弱体化する恐れはないのか?」
「それをチャンスと近隣諸国が侵略に乗り出す恐れは無いのか?」
「過去の歴史を振り返れば、地理的な制約が有るのが当然で、日本の自衛隊の実力で中東やアフリカで戦えるのか?」
「集団的自衛権の発動によって、アメリカの戦争で死ぬ事になる自衛官も万が一出てくるだろうが、彼らに対する名誉や鎮魂、慰霊、顕彰、奉献に対する制度はどうなってるのか?」
色々訊ねてみましたが、防衛省の答えは、

【集団的自衛権についてのご質問は、まだ決まったばかりで何もお答えできません】

の繰り返しでした。
加えて、最後の戦死者の扱いについての話は、
『仮定の質問には答えられない』
そうです。
防衛省ほど、ありとあらゆる「仮定」を想定して対策を立てておかなければならない省庁は無いと思うのですけど。
「もしも中国が攻めてきたら」「もしも北朝鮮が攻めてきたら」「ロシアが攻めてきたら」「韓国が攻めてきたら」「アメリカが裏切ったら」などなど。
これ全部『仮定』の話ですし、当然防衛省としてはこの手の『仮定』の事態については全てあらかじめ出来る限り想定しておくのが仕事の省庁だと思うのですが。

ついで外務省に電話しました。
用件は2つ。
「国際情勢などを見て判断した結果、安倍首相に集団的自衛権解禁を進言したのかどうか?」
これに対しては答えはノーでした。
安倍首相が安保懇か何かを下部組織として立ち上げ、そこで出た結論を閣議決定したというもので、
『集団的自衛権を解禁すればアメリカに媚びを売れますよ~』と外務省がそそのかしたわけではないようです。

二点目の質問としては、
『今後は、集団的自衛権を発動するかしないのかの判断は、国際情勢を勘案して外務省が行うのか?』
という問いについてですが、これに対する答えは、相も変わらず、
【これから考えます】という答えでした。

次は厚生労働省。
個別的でも集団的でも良いのですが、自衛権が発動されれば当然【戦死者】が発生します。
戦死者の出ない戦争なんて、「ゲームの世界」だけです。
妻子持ちの自衛官がもし万が一戦死した場合、その家族は否応なしに「母子家庭」となるわけですが、ただの普通の母子家庭と違い、
何か「加算」とか「手当て」が付くような対応をしているのか訊ねたのですが、
『特にそういった物はない』
『特別な扱いはしない』
とのお答えでした。
国を守る為に戦い、そして死んだ遺族に対し、あまりにも冷たすぎる対応としか言いようがありません。

次に内閣府に電話。
今までの省庁とのやり取りを伝え、どこの省庁でも集団的自衛権解禁の準備は整っていないのに、なんでそれでもやろうと思ったのか訊ねたのですが、
インターネットで誰でも調べられる程度の、集団的自衛権解禁の経緯だけ説明されて終わりました。
私としては、閣議決定する前に、各関係省庁で充分な準備をしてから、初めて集団的自衛権解禁を表明すべきではなかったかと言いたかったのですが。
で、都合が悪い質問は全部『防衛省に聞いてください』でたらい回し。

そして二度目の防衛省です。
『何の意図があって電話しているのですか』とか言われました。
「防衛省が日本で一番国防や軍事について詳しい省庁だからです。ついでに内閣府にたらい回しにされました」
と正直に答えておきましたが、
「お疑いなら、この電話を逆探知して警察使って捕まえに来ても良いですよ。自分は国家機密を盗もうとか防衛省の足を引っ張ろうとか悪い事やってるつもり無いので」
とも付け加えておきました。

とりあえず各省庁及び内閣府とのやり取りを説明。
どこの省庁も集団的自衛権解禁の準備はまるで整っていない事を説明しました。
で、未だ何も具体策が決まってない集団的自衛権ではなく、個別的自衛権について質問してみました。
これなら、自衛隊の設立当初から個別的自衛権は有るとなっていたのですから、何も心配せずに堂々と答えられるはずでしょう。

個別的自衛権によって戦死した自衛官は(厳密には戦死と言わないそうですが)、
防衛省の敷地内にある、あまり人々に知られていない上に、簡単に出入りはできない(手続き必要)、無宗教の【訓練中殉職者慰霊碑】に祀られるのだそうです。
「無宗教」で「慰霊」というのが意味が解りませんし、どうして「靖国神社」では駄目なのかも全く解りません。
訓練中殉職者と戦死者が一緒に祀られるのは靖国神社も同じなので、そこは納得するしかないのですが。
特に防衛省からは、慰霊以外の【名誉】の類を与える事は無いそうです。
たとえば戦前・戦時中だったら、靖国神社に祀られて【神様】になれたわけですが、
そういうのも無いって事です。
彼らは一体何の為に亡くなったのでしょう?
亡くなった人々に対して、与えられ得る限り最高・最大の【名誉】を与えてあげるのは、生き残った者の義務だと思うのですが。

結局解った事は、日本では防衛省すらも含めて、「今後戦死者が出る」ような事態を全く想定していなかったという事だけでした。
電話が終わった今、脱力感だけがしています。

同盟や集団的自衛権発動には地理的制約があるという事も知らない馬鹿総理の安倍晋三

また安倍晋三が余計な事を言い出したので情報提供です。

http://military38.com/archives/42594005.html
>安倍晋三首相は2日午前の参院予算委員会で、集団的自衛権を行使する際に地理的制約を設ける必要はないとの認識を表明した。
>「地理的にどこだからそれが当てはまらない、近くだから当てはまるということではないと思っている」と述べた。

「安倍晋三は少しは歴史を勉強しろ!」
そう大声で罵倒したいところです。

1902年に締結された日英同盟ですら、日本の受け持ち範囲は『西太平洋からインド洋まで』と【地理的制約】を設けていました。
http://www.archives.go.jp/ayumi/kobetsu/m38_1905_01.html
>明治38年(1905)8月12日、日英同盟協約が改訂・調印されました。
>適用範囲をインドまで拡大し、韓国に対する日本の保護権を承認するほか、従来の防禦同盟から攻守同盟に改め、イギリスのインド領有と防衛権を承認するなど、同盟の強化が図られました。

1940年に締結された、悪名高い日独伊三国軍事同盟ですら、
1942年に【日独伊軍事協定】が締結され、『インダス川河口の東寄り東経70度』を境界線とし、両国の作戦地域の分担を行っています。
(中川雅普 著『東條英機の親友 駐独大使 大島浩』セルバ出版より。ちなみに作戦の分担を提案したのは大島浩)

『地理的制約』の無い同盟、及び集団的自衛権発動だなんて、アメリカくらいの超絶軍事大国でもない限り実現不可能でしょう。

今の日本は、昔の日本軍よりもずっと人数も兵器の数も訓練も不足していると言うのに、
アメリカに求められれば『地球の裏側まで派兵する』とか有り得ないし、信じられません。
ただでさえ現状ですでに軍事力の乏しい日本なのに、より一層自衛隊を世界各地の紛争にバラまいて日本の軍事・防衛力を弱体化させ、
中国やロシア、北朝鮮、韓国が、日本を侵略しやすくするつもりなのですか?
そうとしか思えないのですが。

>同時に「実際に自衛隊が出動して武力を行使する場合には、国会の承認が必要となる仕組みにしていくことを考えている」として、国会の事前承認を原則として義務付ける意向を示した。

国会の多数党の党首が総理大臣になるのが日本の政治システムなのだから、こんな【原則】、まるっきり無駄・無意味・無価値です!

本当に日本は困った馬鹿宰相を担ぐ事になりました。

No title

いつものように情報提供です。
第一次安倍政権で官房長官を勤め、今は厚生労働大臣を勤める塩崎恭久という男は【中核派】です。
つまり山本太郎と同じです。
山本太郎を批判するネトウヨが、塩崎恭久を批判しないのは明らかにそこに差別とか不公平がありますね。

しかも、山本太郎は中核派らしい活動=ヘルメットかぶってゲバ棒振り回して……なんて振る舞いはやっていませんが、
塩崎恭久は『ヘルメットかぶってゲバ棒を振り回していた劣等落第生だった』のです。

安倍晋三が「中核派」を政権の要職に就けたという事実。
そして安倍晋三が「中核派」を「友人」として、第一次政権でも第二次政権でも高く遇している事実。
これは絶対に忘れてはなりません。

http://bakusai.com/thr_res/acode=9/ctgid=104/bid=78/tid=2473818/
http://senkyomae.com/p/205.htm
http://www.nikaidou.com/classic/archives/1211

http://ameblo.jp/minusa-yorikazu/entry-11919426917.html
特に、移民推進の黒幕は、元中核派の塩崎だとするこちらの論文は必見です。

No title

アホノミックスにノーを突きつけるきかいですよ無関心な庶民が経済的にこれほど苦しく一方では税金.タバコ値上げの金を湯水のごとく官僚に垂れ流し特権階級がぬくぬくと自分たちの地位賃金の確保2重.3重.4重と莫大な退職金をむしり取るアホノミックスできの悪い2世議員の集団これからの若者が苦しく子供が増えるわけがない有言不実行.約束違反の嘘つき阿部政権これほどの図々しい政治家は家族.親戚.知人恥ずかしくないか?

No title

安倍晋三は23日夜、東京都内のホテルで

日本維新の会の橋下徹共同代表(大阪市長)

と夕食を共にしながら3時間以上にわたって会談した。

安倍晋三は母親の私邸に到着した際、会談について

記者団に「まあいろいろ。今年1年を振り返って」

と述べるにとどめた。大阪市長を連携相手として

憲法改正でつなぎ留めておきたいとの思惑があるとみられる。

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol

安倍晋三動静

【午後】4時46分、東京・永田町のザ・キャピトルホテル東急。

レストラン「ORIGAMI」で日本維新の会の橋下共同代表(大阪市長)、

松井幹事長(大阪府知事)、松野国会議員団幹事長と食事。

菅官房長官、石破自民党幹事長同席。

http://www.asahi.com/articles/ASF0TKY201312230157.html

>地方の首長を相手に機密費(国民の税金)で野党を抱き込む

安倍晋三の異常な白痴さが知れます。


 

No title

日本は行き着くところまで落ちていくのでしょうか
民主党の頃の政策と自民党の政策はそっくりです。



http://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=JIV1pypW2vU

No title

勝共連合とはどういう団体なのか気になりますね。
TPP、消費税は経団連
道州制は、北朝鮮系朝鮮人のキャンペーンに見えます。

このまま国の形が消えていくのだろうか

現在に至ってもTPP報道はほとんどない状況に何の手立てもないのだろうか

TPPに入れば社会保障も景気回復もあったものじゃない

国が機能しなくなるのだから

http://www.youtube.com/watch?v=HLVKAalmD48&feature=player_embedded

No title

今年、二十歳になって政治に興味を持った者です。
WJFさんのブログを見るまではずっとチャンネル桜の動画を見ていました。
チャンネル桜でTPPについての危険性を知ったのですが、安倍総理自ら推進するTPPの批判を許さず、WJFさんのブログに噛み付いたり、異様な擁護が目についてこのブログにたどり着いた次第です。
僕自身はD層に分類されると思います。というのも虚弱体質でジストニアという原因不明の奇病を患ってます。他にも喘息や首に持病があり、3割負担で15000円もする注射を顔に20箇所打たないと社会生活もままならない現状です。
TPPについては国民皆保険制度は守ると政府は言っていますが、それも怪しくなってきました。最近は不安で夜も眠れません。
このままアメリカ型医療制度がきたら僕みたいな弱者は切り捨てられるでしょう。僕の祖母も透析をしています。高額医療制度がなくなれば文字通り死ぬと思います。
愚痴が多くなってすいません。とりあえずは最悪な結果にならないことを願うばかりです。

アベノミクスに警鐘

アベノミクスの名前の下に集まっているエコノミストはイデオロギーに基づいたプロパガンダである。
ベッカーとリチャードポズナーの経済論はお金で測った富の最大化こそが正義である。
2008年のリーマンショックで反省。
小泉改革はベッカーとリチャードポズナーの理論に基づいて行われている。
今のアベノミクスは小泉改革の焼き直し。
アベノミクスはリスクと不確実性があるので不安でいっぱい。

http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=xRQtjwlE1X0
WJFプロジェクトについて
ご寄付のお願い
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
蓮舫の二重国籍問題のジレンマ

違う入り口を選んだハズなのに、ドアを開けると、同じ出口につながっている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。