BABYMETAL

天地のように二つの対立するものを、稲妻のように一つにつなぐ身体。
BABYMETALという、アイドルとメタルを融合した三人組のユニットが、世界中で文字通りの大旋風を引き起こしているそうで、興味があって、アルバムを聴いてみたり、動画を見てみたりしました。



世界中の人たちが夢中になるものには、やはり、それなりの理由があると感じました。

「天地のように二つの対立するものを、稲妻のように一つにつなぐ身体」

という、私が最近思い巡らせているテーマを、体現していると思いました。
*
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

SUKIYAKI

マーティ・フリードマンは「言葉は壁じゃない。ずっと日本語で歌ったほうがかっこよくて神秘的」とも言っていますね。
約50年前に大ヒットした故・坂本九さんの「上を向いて歩こう」も確か日本語だったと思い調べてみました。
■上を向いて歩こう – Wikipedia
>なお、キャピトル側は最初、アメリカで英語以外の歌がヒットした前例がほとんど無いことから坂本九に英語で歌わせようとしたが、米軍時代に駐日経験のあるオズボーンは日本語で売り出した方が受けがいいと主張、日本語のオリジナルバージョンがそのまま発売された。
■ベビーメタルがアルバム部門39位=坂本九さん以来53年ぶり-米ビルボード:時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016041300079&g=soc
何だか本当に色々なことを考えさせられる現象だと思いました。

BABYMETALと言えば、めいろまさんが4月に書かれてました

ザハ女史と落ちぶれ国家日本
https://wirelesswire.jp/2016/04/52013/
(BABYMETALは後半に出てきます)

>ところで大原様、この様に狂い具合が香ばしい日本ですが、その狂い方があるからこそ、海外では日本という国の発信するコンテンツが異彩を放っており、人気だという側面もあると思われますが、いかが思われますでしょうか?

例えばその代表の一つはアメリカのThe Late Show with Stephen Colbertにも登場したBabyMetalです。BabyMetalは最近ロンドンのウェンブリーアリーナでのショーが大盛況で、イギリスのみならず欧州や他の地域からもファンが遠征し、日本のメタル界の夜明けの様な状況になったのです。

アキバでヲタ芸打ってるとしか思えないスウェーデンの男性、家中がハローキティで囲われていると思われるイタリア人女子が、日本語でギミチョコギミチョコと叫んでいる光景。彼らの日本語熱は日本政府に強制されたものでも、補助金をもらってるからやってるわけでもありません。日本語で歌う一方で開演前にはAC/DCでヘドバンしている。

BabyMetalは欧州の地上波でもラジオでもほとんど流れず、最近までは雑誌にすら登場しておりませんでした。一方で、動画サイトには彼女たちの動画が溢れていると同時に、同じ動画を見た人々が楽しんでいるのは、日本のアイドルやアニメなのです。盗作が得意な某オリンピックロゴデザイナーのように、仲間内で仕事を回転させていたわけでもありません。こういうコンテンツの人気は作られたものではないのです。

かつてラウドネスやEZOといった日本のメタルバンドは、ほぼ完璧な英語、凄まじいテクで本場の市場に挑みました。しかしウェンブリーアリーナを埋めるには至らなかったのです。一方で、「本場」で熱狂的に迎えられているのが、メタルとアイドルの融合という、日本でしか生まれなかったコンテンツです。ザハ様式を嫌悪する欧州保守層であったら、こんなコンテンツは思いつかないでしょう。

「本場」のセクシー女子たちに比べると、BabyMetalのメンバー達は遥かに小柄で若く弱い存在です。しかし彼女達の一生懸命さに、世界中のヲタ芸男とブラゴリラ女子が熱狂します。中間層の実質賃金は下がり、正規雇用の仕事が減る一方で、富はトップ1%に集中しています。福祉は削減され、福祉国家と言われていた北欧でさえ資産がなければリッチになれない現実。新興国や「資本主義が正義」な北米やイギリスだと、資産の有無はもっと残酷に人生の先行きを決定します。

教育費は高騰しますが、資産も地縁も血縁もない中間層には、そんな費用を負担することはできず、子供達はおいしい仕事を振ってくれる「お友達サークル」に入れてもらうことはできません。そういう中間層は、一生、スポーツ用品店で靴下やジャージを売って暮らし、意識的には中間層でも、生活レベルは下層民なのです。

疲れている人々は、一生懸命に歌い踊る少女達に自分達を投影し、メタルの疾走感に身を委ねている間だけは、自分は一生家を買えないことも、靴下を売る店員であることも忘れます。

こういう現実に日本のコンテンツが世界で輝くヒントがあるように思います。




ちょっと皮肉な考察ですが、私もクールジャパンよりBABYMETALがいいです。

No title

元メガデスのギタリストがBABYMETALとの対談で「英語で歌うより日本語で歌った方が良いと思う。BABYMETALが好きだったら日本語で何を言ってるのか知りたくてしょうがなくなる。」と言うようなことを言ってました。彼女らも納得してました。

日本の教育の状況を見れば、彼女達に日本という国の成り立ち、歴史と言ったものへの関心があるとは思えませんが、平成に生まれた日本人として、新しいやり方で日本を意識するようになっている気がします。我々日本人はそんな彼女達の姿に気付かされることも有るかも知れません。彼女達のライブで日本語で叫ぶ欧米人の姿は、欧米文化の毒気に精神的に侵略された日本人には軽い驚きかも知れません。今までは、いかに英語を上手く話して欧米で通用するようになるかが日本人の考える海外に向けた戦力でしたから。
彼女達もあと何年も出来ないと思いますが、それまでは見続けたいと思います。

明治の元勲たちがこれを見たら

 150年前、産業革命に成功したイギリスをはじめ欧米諸国を視察した明治の元勲たちが、このソニスフィア・フェスティバルの様子を見たらなんと思うだろうか。10代の日本の娘たちの歌と踊りに、欧米のマッチョたちが狂喜乱舞する光景が150年後の欧州で見られるようになるとは想像できなかったにちがいありません。当時は鹿鳴館を作り、西洋人に馬鹿にされながらも必死に西洋化に尽力していました。圧倒的なグローバル化が進む中、初代文部大臣の森有礼は英語の公用語化すら提唱していました。彼は、日本語の歌がそのまま熱狂的に欧米人に受け入れられる時が来るとはまったく想像できなかったと思います。
 いくら、政策として強力に西洋化を進めても、「非政治」の力はしぶとく、たくましく生き残り続けたといえますし、BABYMETAL現象はそのことを示していると思います。
 現政権だけでなく、野党も含めて絶望的な政治状況にある中、「非政治の力」が蘇ることを期待したい。戦いを挫けさせないためにも、TPPや移民という政策にも抗っていかなくてはと思います。

垂直方向への旅

 沢村さんやその仲間のニコ動の議論は時々聞いていて、彼らの危機感はよくわかります。しかし、彼らの戦闘的な話し方を生理的に受け付けない人は多いのではないでしょうか。隣人に彼らの動画を見てくれというのではたぶん、失敗に終わる。私は彼らの話を受けて、私のやり方で隣人に伝えたいと思う。WJFさんが示唆してくれたように、BabyMetalの話から始めることの方が私にとってはとてもやりやすい。もし、彼女たちが大学生くらいの年齢なら、すべて英語で歌うこともできたと思いますが、その年齢に達していなかったことも幸いだったと思います。彼女たちは日本語を大切にしている、日本語の音感は世界の人たちを震わせることができる、といった切り口で親子ほど年齢が離れた若い人たちに、日本語の良さや日本国の独自性、そしてそれが脅かされつつある今の危機的状況について語ることができます。良い動画を教えてくださって感謝しています。

 ゴールデンウィークは普段なら旅行など水平方向の旅に出るのですが、今年は、参考書を手にして日本史を勉強していました。それはWJFさんの言葉を借りれば垂直方向への旅になろうかと思います。これは、「歴史を形作る目に見えない力」のシリーズを読んで触発されたものでした。
 高校教育で日本史が必須科目からはずされて、世界史が必須となって久しく、私の高校では日本史の授業は行われていませんでした。ですから、私の日本史の知識は中学生レベルで止まっています。私のように、日本史のことをほとんど知らない日本人はとても多いのではないでしょうか。
でも、私にとって、年を重ねた今の方が日本史をとても興味深く学べると実感しています。これからも学生とは違ったやり方で日本史を学んでいきたいと思っています。
 そんなことで、興味を持つようになったのが日本語の歴史でした。
 8世紀初めに編纂された日本書紀は漢文で書かれています。それからずっと漢文が公用語として用いられてきました。ひらがなが完成するのは10世紀の初めの古今和歌集が編纂されたころで、唐の影響が薄まる国風文化が花開いたころでした。
 そして、漢字とひらがなの混交体として現在の日本語の基礎が確立するのはそれから300年後の鎌倉時代、方丈記が編纂される時まで待つことになります。日本語は長い年月をかけて、熟成されています。
 感情表現を豊かにするひらがな、論理的な構成を持つ漢字、そして、カタカナやローマ字が加えられて日本語はさらに熟成されてきました。今ではBABYMETALのように英語すら日本語化してしまっているようDEATH。
 このような言語が他国にあるでしょうか。
 国民=国語であり、国語は侵略に対する最大の防壁だと思います。歴史を学びながら、私は、私のやり方、戦略によって、平板化していく世界にResistanceしてみたいと思います。

絶望さえも光になる

>変なものを宣伝している余裕がどこにある?

BABYMETALは、絶望の闇を吹き飛ばす、日本の希望DEATH。

今、BABYMETALが世界中に引き起こしている現象は、海外でのこれまでのJ-RockやJ-Popやアニメの人気とは別次元のものです。

日本語の歌が、日本語のままで、(つまりグローバル・スタンダードに合わせて加工されない素のままで)、従来のweeaboo(海外の日本オタク)を超えた一般の人たちにも受けいれられています。

本人たちも、日本語の美しさを伝えたいという気持ちを明確に語っています。

BABYMETALの動画のコメント欄を読んでごらんなさい。

「日本語の歌が日本語のままで受けいれられている。英語ができなきゃこれからの時代生きていけないなんて嘘だ。過剰な英語教育なんていらない」

という健全なコメントが見られます。

BABYMETALが世界中の人たちに熱狂的に受けいれられているという現象を通して、政治に関心のない人たちも、政治にもつながる、様々なことを考えたり、気づいたりします。

イギリスのロックの聖地、ウェンブリー・アリーナで開かれたコンサートでは、最後に歌われた"We are the one"で、観客たちが持ち寄った自国の旗が掲げられるということが起きました。

日本・イギリス・イングランド・フランス・イタリア・ノルウェー・スイス・ドイツ・オランダ・インド・・・

様々な国の国旗が掲げられていたそうです。

"We are the one"という歌を介して、健全なナショナリズムと、健全なインターナショナリズムが姿を現したということです。

"We are the one" という歌は、"We are one"(「私たちは一つ」)ではなく、"We are THE one"(「私たちは、個性をもつ、たった一人の、その一人だ」)であることがすばらしい点です。

一見、グローバルな世界の一致を歌っているように見せて、"THE"という冠詞の一語が、グローバリズムを否定しています。

YouTubeの動画を介して、世界中に拡がったBABYMETALの人気は、一見するとグローバリズムの産物にみられるかもしれませんが、その中に、グローバリズムに対する、明確には意識されない、"Road of Resistance"(抵抗の道)が引かれているのDEATH。

グローバリズムに対するResistance(抵抗)において大切なのは、「媚びない」姿勢です。BABYMETALのパフォーマンスは、「媚びない」姿勢に貫かれています。逆に、日本が終わるのは、日本人がこぞって安倍のようにグローバリズムにどこまでも媚びへつらいながら生きるようになったときです。

たとえばファースト・アルバムの「BABYMETAL」は、「BABYMETAL DEATH」という歌から始まるのですが、"DEATH DEATH DEATH DEATH DEATH"という、ガテラルボイスでの連呼の上に、「スーメタルです(DEATH)、ユイメタルです(DEATH)、モアメタルです(DEATH)、ベビーメタルです(DEATH)」というダジャレによる自己紹介がかぶせられるだけの曲です。冒頭からメタルを笑い飛ばしており、メタルに媚びようとしない。しかし、同時にバックバンドは、圧倒的な超絶技巧で、一般のメタルファンにあなどられるような隙をみせない。徹底してメタルをやりながら、メタルを笑い飛ばす。そのような姿勢こそ、まさにメタル的でもある。メタルに対してアイドルとしてしかけるレジスタンスが、同時に、そのままメタルを体現しているという二律背反に、世界の人たちがやられてしまっています。人間の心を虜にするのは、やはり、単一のメッセージよりも、ダブルバインド的なメッセージです。

グローバリズムに徹して生きながら、同時に、グローバリズムを笑い飛ばす、"Road of Resistance"の可能性を、私はここに感じています。

「グローバリズム反対」という単一のメッセージを掲げて、グローバリズムの外側に立つことによっては、グローバリズムをつぶすことはできません。

グローバリストたちは、「面背腹従」のダブルバインドの罠を大衆の中にしかけたが、私たちは逆に、「面従腹背」のダブルバインドの姿勢でグローバリズムに立ち向かうべきです。グローバリズムの中に食い込むように生きながら、グローバリズムを内部から変質させていくのです。

BABYMETALの中に仕掛けられたのと同じような、グローバリズムに対抗する非政治の「罠(陰謀)」を、世界の各所に仕掛けなくてはなりません。

No title

変なものを宣伝している余裕がどこにある?
我武者羅に目の前の悪政を阻止せんと頑張っている沢村や侍jpを尻目に貴様は何をやっている。
彼らの風上にも置けない。
これから日本がどうなっていくか知っているだろう。
それなのに、いつからか貴様は知っていて口を紡ぐ「狡賢い子供」に成り果てた。
いますぐ「正直な子供」に戻れ。

全て米国支配層

日本の経済悪化も、慰安婦問題も、中国の反日活動も全て米国支配層の元でおこなわれいるとおもいます!そんな米国親米主義主義者安倍を支持する日本国民が間違っている事に気ずくべきがCIAによる マスゴミ工作により日本人が騙され誘導されています!
自民党は親米日本解体政党と日本人が認識する事を広めないと行けないです!

No title

BABYMETALは最高DEATH.。

アイドルに興味のない私ですが、BABYMETALには、いつの間にかはまってしまいましたよ。一生懸命なんですよね彼女達。そのエネルギーが稲妻級なのかも知れません。そこに打たれたオヤジファンは少なくないと思います。
WJFプロジェクトについて
ご寄付のお願い
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
蓮舫の二重国籍問題のジレンマ

違う入り口を選んだハズなのに、ドアを開けると、同じ出口につながっている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。