私たちが命をかけて守らなければならないもの

「国体」の破壊と喪失としてのTPP
消費税増税に国民の関心が向いています。安倍晋三による来年4月からの消費税増税の決定を聞いて、さすがに安倍政権の正体に気づいて安倍政権の支持をやめる人たちもこれから増えていくでしょう。

しかし、私はそのようなみなさんに言いたい。

消費税増税は、大切な問題です。

しかし、皆さんが、目を覚まし、立ち上がるべきときは、今ではありませんでした。

安倍晋三が、3月15日に、TPP交渉参加を表明したときに、みなさんは反旗を翻して、立ち上がらなくてはならなかった。

なぜだかわかりますか?

消費税増税は、確かに私たちの生活を直撃する問題です。もちろんTPPにも、国民生活にダメージを与える経済的な側面があります。

しかし、TPPの問題の深刻さは、そのような経済的な側面にあるのではありません。

TPP参加によって、私たちが先祖から連綿と受け継いできた、時間を超えた有機的なまとまりとしての「国」、つまり「国体」(national entity)と呼ばれるものが、決定的な形で損なわれ、失われてしまう。

それだからこそ、私たち日本人は、その時点で、安倍政権に反旗を翻さなくてはならなかったはずです。

参院選前の6月には、ロンドンで行った講演の中で、安倍晋三は、TPP参加は、チャンネル桜が言っていたように、アメリカから脅されたり、いやいや押し付けられたものではなく、彼自身の「政治家になって以来の一貫した哲学」に基づいて積極的に推進しているものだとはっきり告白しました。



その言葉が何を意味するのか。

安倍晋三は、日本の国体破壊が、彼の政治家になって以来の哲学だとはっきりと私たちに告げたということです。

その時点で、「保守」を標榜するあなた方は、なぜ怒らなかったのか。

なぜ、安倍晋三に反旗を翻さなかったのか。

なぜ、参院選で、安倍自民党政権にNOを突きつけなかったのか。

私たち日本人にとって、少なくとも「保守」を標榜する人間にとっては、「国体」以上に守るべき大切なものはあるのでしょうか?

経済も外交も国防も大切ですが、そもそも守るべき「国」を失っては、経済も外交も国防も意味を失います。

下のKAZUYA君のように「TPP一点で意見が合わないだけで、安倍不支持じゃなきゃいけませんか」と問うぐらい、「国」を軽んじた、的外れな発言はありません。



TPPという問題の深刻さに比べたら、消費税増税ははるかに小さな問題です。なぜなら、私たちがどんなに貧乏になろうと、日本が日本であり続けることには変わりはないからです。

しかし、TPPは、私たちの生活や経済を損なうだけに留まらない。

私たちの国を根底から破壊し消滅させてしまうものです。

「国」というものを粗末にあつかった罰、先祖代々の日本人が果たしてきたもっとも基本的なつとめをおろそかにした罰が、この時代の日本人に下るのだと、私は思っています。

あなたがたは、命をかけて「国」を守ろうとした人々を裏切った。



いつまでも、ぼんやりした頭と心で、騙され続けていないで、はっきりと目を覚まし、私たちと共に立ち上がってください。

TPP参加を止められるよう、少しでも皆さんの力を貸してください。

ブログ・ランキングにご協力ください。
一日一回、右のバナーをクリック願います。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

記事の動画化

この記事を動画にして、ニコニコ動画に投稿しました。

私たちが命をかけて守らなければならないもの
http://www.nicovideo.jp/watch/sm21964730

いつも同じようなことを言っている様な気がしますが、この10月で何かしらの動きがないと、相当厳しいように思います。

ヤマト魂

老木と若木のセッションでしょうか。「なりすまし保守」と「職業保守」がコラボレーションする昨今。言葉の機微が解る勘の良い方なら どなたが日本人か或いは反日非日本人か 見破る事も可能であると思います。

先日の動画で水島氏は「消費税増税は発表があっても諦めない 実施されても諦めない 簡単には諦めない」とひつこく連呼していました。これは視聴者に向けて「諦めるな」と連呼しているのと大差ありません。安倍神像への執着心を煽りたいのでしょうか。まるで「安倍ぴょんストーカー育成講座」を聞いてるようでした。

確固たる信念をもって 揺るぎない真実を伝え続けていらっしゃるWJF様やよしふる様こそ「真の救国者 保守本流」であったと気付く人々が 今後ますます増えてゆくでしょうね。遠い未来の日本人達が 口々に言い合っているかもしれません。「あの時代 ひたすら国を護ろうと ひたすら踏ん張ってくれた真の日本人が居たんだ!」と。

こんばんは

今日もこちらから頂いたTPP反対のチラシを、ポスティングしながら帰宅しました。本当にわずかですが、チリも積もれば山となる、と、希望を持って続けています。
WJF様のおかげで安倍信者にならずにすみました。どうもありがとうございました。

No title

怖い怖い怖い!安倍信者が怖いです。

増税も受け入れようって。安倍さんになら殺されてもいいって言ってます。

デフレ脱却ができるから、増税を決めたって言ってますけど

デフレ脱却を予想しての増税と、デフレ脱却してからの増税って

ぜーんぜん意味違う、マニフェスト違反なのに
これでもまだ擁護する安倍信者ってどこまでマゾなのでしょうか。。。

今ごろだけど今からでも

>消費税増税は、大切な問題です。

しかし、皆さんが、目を覚まし、立ち上がるべきときは、今ではありませんでした。

安倍晋三が、3月15日に、TPP交渉参加を表明したときに、みなさんは反旗を翻して、立ち上がらなくてはならなかった。


仰る通りです。
保守言論で食べている連中、政治ブログを読んだりしている一般より政治に興味がある層(自称保守)が立ち上がらなかったのは唾棄に値すると思いますが、日本人全体も、生活に直結する消費税を食らわないと他人事なのも困ったものです。
WJFプロジェクトについて
ご寄付のお願い
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
蓮舫の二重国籍問題のジレンマ

違う入り口を選んだハズなのに、ドアを開けると、同じ出口につながっている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。