大斎原

近代に押し流された中世の聖地。
熊野本宮大社の社地は、かつて、熊野川の中州に存在していた。


熊野本宮并諸末社圖繒(江戸時代中期〜後期)

「大斎原」(おおゆのはら)と呼ばれたこの中州こそが、平安時代後期以降「蟻の熊野詣」と呼ばれるほどの行列をなして、人々がこぞって熊野を目指した熊野古道の最終目的地であった。

人々は、長く険しい旅路の果てに、精進潔斎をして「大斎原」に詣ると、今度はそこを起点に、新宮(熊野速玉大社)や那智山(熊野那智大社)という隠国(こもりく)の聖地を巡って再び「大斎原」に戻り、その地を蘇りの出発地として、それぞれの岐路についたのである。

熊野坐大神が鎮座した、この「大斎原」(おおゆのはら)は、かつては「大湯原」とも記載され、温泉とのゆかりの深さがその名前からも伺える。

能(猿楽)の代表的な演目である「熊野」は「ゆや」と読むし、「小栗判官」という蘇生を題材とした中世の物語では、主人公は、熊野本宮にほど近い、湯の峰温泉の「つぼ湯」によってその生命を完全に回復する。

江戸時代に作成された、全国各地の温泉の効能をランク付けした「温泉番付」では、「紀伊熊野本宮の湯」は、「津軽大鰐の湯」や「伊豆熱海の湯」と並んで、行司の筆頭の位置に置かれ、全国の様々な温泉の中で、別格の扱いを受けていたことがわかる。


諸国温泉功能鑑:1851年 (嘉永) 4年2月発行

温泉という「地の底から出づる力」を介して、熊野と伊豆は、やはり、一つに結ばれていたのである。

(熊野と伊豆を媒介するこの力が、どのように、中世という新しい時代を日本にもたらしたかについて、「歴史を形作る目に見えない力について」というシリーズで詳細に論じています。)

かつて、大斎原には、五棟十二社の社殿、楼門、神楽殿や能舞台が、壮麗な境内を構成していたが、1889年(明治22年)の大洪水で、上4社を除く、その他の社殿類はすべて失われてしまった。

明治維新以降の近代化により、熊野川上流の山林の伐採が急速に行われ、山の保水力が失われた結果、引き起こされた洪水であったという。

近代が中世を押し流した、象徴的な出来事だった。

洪水を避けるため、大斎原からほど近い小高い丘の上に移されたのが、熊野本宮の現社地であるが、2011年の台風第12号で、熊野川流域は、明治22年と同じような大洪水に見舞われ、本宮地域も大きな被害を受けた。

参照記事:
み熊野ねっと: 台風12号による熊野本宮大社周辺の被害状況

現在の大斎原には、孝謙天皇から与えられた「日本第一大霊験所」の称号にふさわしく、日本一巨大な鳥居が建てられており、森の中に残された瑞垣跡の古い石垣が、往事を忍ばせる。



*
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

沢村直樹様

情報提供ありがとうございます。

>5月10日にインターネット盗聴法が、国会で成立予定です。
>また、ヘイトスピーチ規制法も成立の方向です。
>ぜひWJF様のブログで取り上げてください。

WJFプロジェクトのスタイルとして、インターネット上に流布されている情報を、回覧板のように、そのままコピーペーストして「拡散」させるのではなく、一次的な情報を自らで分析し、整理し、考察を加えた上で、皆さんに紹介するという形をとっています。誤った情報が紛れ込んだり、デマの流布に加担してしまう可能性があるためです。

しかし、このスタイルでは矢継ぎ早に繰り出される「売国法案」のすべてをフォローすることは不可能です。

ヘイトスピーチ規制法一つ取り上げても、自分の思い込みや聞きかじりの知識を述べるのではなく、情報発信の主体として責任をもってこの問題を論じるためには、この法案を直接読み込んだり、日本が1995年から加入する国連の人種差別撤廃条約や、2014年の国連勧告との関係を調べたり、各国のヘイトスピーチ規制の現況や歴史的背景を精査したりする必要があります。つまり生半可ではない相当の勉強が必要なわけです。

しかし、ヘイトスピーチ規制法という一つの問題の理解を深めている間に、次の売国法案が浮上します。その頃には、ヘイトスピーチ規制法の問題はすでに過去の話になっています。人生の時間は限られており、このようなモグラ叩きを続けていては、いつまでも切りがありません。ですから、数日後に成立する法案について、一夜漬けの受験生のように慌てて対策するというのではなく、もっと先の方を見つめ、古い過去にさかのぼり、根本的なところから、俯瞰的に、時間をかけて丁寧に、今起きている問題を論じたいと願っています。

時事的な問題も時々はとりあげていきたいと思っていますが、以上の点、ご理解ください。

ところで、私からも情報提供があります。

「TPP交渉差止・違憲訴訟の会」の関係者が、「そうだったのか! TPP」という一般向けのリーフレットを制作してくださいました。以前、 「TPP交渉差止・違憲訴訟の会」に対して沢村氏や侍JP氏が貼られていた「ガス抜きの反日団体」という誤ったレッテルを明確に訂正していただくと共に、こちらのリーフレットの活用を呼びかけていただけたら幸いです。

リーフレット「そうだったのか! TPP」を取り寄せました
http://wjf-project.info/blog-entry-1150.html

侍JP氏の反TPPの歌には、とても感銘を受けています。
https://www.youtube.com/watch?v=g9NyS_B73oU

お二人のご活躍を、陰ながら、応援しております。

世話やき爺様

ご忠言ありがとうございます。上の記事の三橋言及部分は削除しました。

老婆心ながら、

はじめまして。
あのう、此処のブログ記事をたまに興味深く読ませて頂いている者ですが、
最近の記事を拝見して、一こと老婆心ながら言わせていただきます。
ひとまず此処で主張なさっている言論に関しては賛同も批判もさし控えますが、
ここ最近の特定の人物に対する攻撃の手法には少々ひいてしまいます。
緻密なロジックで批判するなら良いと思うのですが、コラを用いた安易な手法で
口撃するのは如何なもんでしょう? 折角良質の動画を制作なさっているのに、
此処の品位や信憑性を大勢の人達から疑われてしまうのではないでしょうか?
もし、そんな杞憂が現実のものとなったら、とても残念でなりません。
良いセンスをお持ちのなのですから、それなりの「らしい」手法がある筈です。
どうか御一考を。

インターネット盗聴法とヘイトスピーチ規制法が国会で成立予定

5月10日にインターネット盗聴法が、国会で成立予定です。

また、ヘイトスピーチ規制法も成立の方向です。

ぜひWJF様のブログで取り上げてください。

応援しております。
WJFプロジェクトについて
ご寄付のお願い
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
蓮舫の二重国籍問題のジレンマ

違う入り口を選んだハズなのに、ドアを開けると、同じ出口につながっている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。