死の床にある三橋貴明

騙した、煽った、稼いだ。
振り返れば、充実した、なかなかよい人生であった。

たくさんの本を書き、テレビやラジオに出演し、全国を講演で飛び歩いた。

なによりも、自民党の宣伝マンとして、私は自民党に多大な貢献をなした。

力ある諸先生方の厚遇に預かり、かずかずのおいしい思いもさせていただいた。

安倍政権という超ネオリベ政権を指さして「正しい経済政策を理解している」と世の人々に信じ込ませたことは、私の人生における最も偉大な業績であり、TPPや消費税増税に賛成の意を表明していた、超ネオリベ政治家赤池まさあき氏を指して、「正しい経済政策を完璧に理解していることを保証します」と語り、彼の当選をもってネット保守の勝利であるかのように信じ込ませたことは、私の人生の二番目に偉大な業績に数えられよう。

いやはや。まさか、安倍支持を煽ったときと同じやり方で、ネット保守の人々が欺かれるとは、わたしも予測だにしない事態であったが、世耕氏の指南の通り、大衆はやはり愚かであった。

TPP交渉参加表明の三日後に「TPP交渉に参加したからといって安倍批判に転じるのはバカげたことです」と語ったときには、さすがに私の正体がばれるかとひやひやしたが、それでも私の愚かな読者に気づかれることはなかった。

『アベノミクスで超大国日本が復活する』は、私の人生を賭けた代表作であり、『原発再稼働で日本は大復活する!』は、私の二番目に偉大な傑作であった。

その後の日本が大復活するどころか、アベノミクスや原発再稼働によって、凋落の一途をたどることになったことは言うまでもないことだが、そのことのゆえに、私の上記の二つの著作は、黒いものを白だと大衆層に信じせしめる、私の華麗なるレトリックの巧みさを示す記念碑となっているのである。

早くから私の正体を見抜いたWJFに「インチキな仕立て屋」呼ばわりされて、何年間も絡まれたときは、しつこくて辟易したが、所詮、一般大衆は、泡沫ブロガーの言葉などに耳を傾けることはなかった。

WJFに、私がかつて流していたデマの詳細なリストを作成されたときには、ぶっちゃけ、かなり弱ったけどね。

WJFプロジェクト「三橋貴明は腹を切れ」(2013年6月11日)
WJFプロジェクト「三橋貴明による嘘のカタログ」(2014年9月1日 )
WJFプロジェクト「三橋貴明はなぜ歓喜の涙を流したのか」(2014年6月16日)
WJFプロジェクト「本物を見抜く目: 三橋貴明、また嘘をつく」(2014年2月8日)

「言論人として落とし前をつけろ」とWJFから言われたが、何の落とし前をつけろというのだ。

私たちの国では「言論の自由」が認められている。

「自民党総裁選から2013年10月まで一年間も安倍さんに騙され続け、安倍さんがネオリベであることにまったく気づかなかった、子どものように純真な心の三橋さん」という設定で私が何を述べようが、私の自由ではないか。

騙した、煽った、稼いだ。

我が人生に悔いなし。

え?

死んだら私がどこにいくかって?

韓国経済が破綻し、中国経済が崩壊する、夢の世界じゃないのかい。

まさか、閻魔様に舌を切られるなどと子供じみたことは言わないでいただきたい。

*
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

問題無用ノ介

芸人杉良太郎が法務省肝入りの刑務所巡業で 「俺様は、問題無之介?w」 と受刑者に対し問いかけを投げかけつつ、その一方で、熊本の被災者を激励。
はてな?と思う。 どのみち、テレ朝審議委員、幻冬舎社長の肝入りで脚本付けされた平成版「勧善懲悪」の講談でR。一流の売文屋出版社に文学的な芳香などあるはずもない。 (嘲笑w)
m橋は夙に曰く、悪いのはすべて財務省、御用経済学者と田母神、俺様は問題無之介wwwwww 
さぁて、どうかな?w
身内のはずの「みぬさよりかず」blogコメントでボロクソに叩かれているm橋。(嘲笑w)
また、「問題無用ノ介」を日頃からうそぶく本丸は「官邸」ではないのか?w

WJFプロジェクトについて
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
憲法改正は天皇制の崩壊につながる

今後、皇室を敬愛しないであろう移民や日本国籍を取得する外国人が増え、憲法改正の手続きが簡易化され、憲法改正が頻繁に行われるようになれば、天皇の地位は守られていくどころか、逆に脅かされることになります。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。