自民特命委「単純労働者」受け入れ容認へ

「保守・愛国」の終着地点。
今さら、ニュースでもなんでもありませんが、自民党の労働力確保に関する特命委員会が単純外国人労働者の受け入れを政府に提言するそうです。

自民特命委「単純労働者」の受け入れ容認へ 外国人労働者受け入れに関する政府への提言案概要判明

自民党の労働力確保に関する特命委員会(委員長・木村義雄参院議員)が外国人労働者の受け入れ拡大に向け、政府に示す提言案の概要が25日、分かった。政府がこれまで原則として認めていない建設作業員などの「単純労働者」の受け入れを「必要に応じて認めるべきだ」として容認し、外国人労働者政策の抜本的な転換を求める。

政府は外国人労働者について、大学教授や経営者、高度な技術者など「国の利益になる高度な人材」の受け入れを進める一方で、単純労働者の受け入れには慎重な対応を続けてきた。

特命委の提言では、単純労働者について「その概念自体をなくす」とし、「移民」以外の外国人の受け入れを基本的に認めるよう求める。

2020年代には介護分野で25万人、建設分野では77万~99万人の労働力が不足するとの推計もあり、安倍晋三首相は平成27年10月の国家戦略特区諮問会議で「外国人を積極的に受け入れ、総合的に在留資格を見直す」との考えを示している。ただ、単純労働者の受け入れ拡大については、治安の悪化や居住地域での日本人とのトラブルなどを懸念する声は多い。特命委は5月中に首相に対し提言を提出する考えだが、提言のとりまとめまでには曲折も予想される。

特命委は、政府内で統一的な定義のない「移民」についても「入国時に在留期間の制限がない者」との独自の定義を近く示し、国民に抵抗感の強い「移民政策」には踏み込まない考えを明らかにする方針だ。

(出典: 産経新聞 2016年4月26日)


毎度のことですが、姑息なのは、特命委員会が「単純労働者の受け入れを進める」といっておきながら、国民の反発を恐れて、「それは移民ではない」と言い張っている点です。

しかし、自民党の外国人材交流推進議員連盟が2008年に作成した提言書では、「単純労働者」どころか「高度人材外国人」や「留学生」も移民として位置づけられています。

【日本が受け入れる移民のカテゴリー】

1 高度人材(大学卒業レベル)
2 熟練労働者(日本で職業訓練を受けた人材)
3 留学生
4 移民の家族(家族統合の権利保障)
5 人道的配慮を要する移民(難民、日本人妻等北朝鮮帰国者、その他日本が人道上受け入れを考慮すべき人々)
6 投資移民(富裕層)

(出典:自由民主党・外国人材交流推進議員連盟「人材開国!日本型移民政策の提言」2008年6月)


「単純労働者」ですら「移民」ではないと言い張るのならば、一体、この世界において、何が「移民」だというのでしょうか。

移民を推進する政党が保守政党なはずがないし、移民を推進する政権が保守政権なはずがありません。

安倍信者のためのワンポイントレッスン1

Q 日本を外国人だらけにしようとする政権を、国民が熱烈に支持したらどうなりますか?

A 日本は外国人だらけになります。

(出典: WJFプロジェクト「安倍信者のためのワンポイントレッスン」2014年2月24日)






参考記事:
「1000万人移民計画」は実行に移されている(2014年6月12日)
1000万人移民計画と自民党に関するQ&A(2014年3月5日)
外国人労働者は移民か?(2014年7月1日)
入管法改正に関する事実の整理(2014年6月2日)
TPPは移民自由化である(2015年9月6日)
*
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

でたらめ政治

終わらない、証明するしか

安倍政権の支持率
大手新聞と地方新聞の支持率
かなり違うようです

保守リベラル関係なく
大手新聞は高いけど、地方新聞は低い

安倍 本当 支持率
で検索わかると思います

MXテレビ「淳と隆の週刊リテラシー」
調査
不支持が71%らしいです
潜在的には国民は反安倍でしょう

新聞と政府が嘘つきだとわかりました
いくら悪政を証明しても

安倍をSP払いのけて殴る奴はいないんですから
誰のために政治をしてる
ごく少数のため外国のため、背任罪成立

政治家を止める法律がない
物理攻撃しか、、、、
GHQの政策で去勢されてる





名無しさん

>安倍政権の支持率が高いからと国民をバカにするのは結構ですが、それで解決しますか?
>今の日本の議会に必要なのは骨のある強烈な反グローバリズムの野党を育てることであり国民が支持するように世論を誘導すること、自民党や維新の脅威となる大政党にすることではないですか?

他にもこちらで似たような政治的提言をする方がいらっしゃいますが、そういうご意見を拝見する度に、ご自身はその実現に向けて具体的にどのような活動をなさっているのか、まずそれを示して頂けたら、と思ってしまいます。
(ご意見そのものを否定しているわけではないので。)
また、さきに過去記事を読んでみることもお勧めしたく思います。

■【再掲】日本人は愚かではない
http://wjf-project.info/blog-entry-1084.html

■【再掲】自省と反省
http://wjf-project.info/blog-entry-1071.html

■自民特命委「単純労働者」受け入れ容認へ
http://wjf-project.info/blog-entry-1175.html

>選挙によって「政治」を変えられる段階はとうに過ぎ去りました。
>「政治」によって「政治」を変えられる段階はとうに過ぎ去りました。
>しかし、うなだれてはいけません。
>「非政治」が、「政治」を圧倒します。

尚、私自身はWJFさんにはWJFさんにしか出来ないことがあるので、他の人にも出来るような活動に労力を割くよりも、そちらに専念して頂くのが望ましいと考えております。

ヨーロッパ各国も一部の国(スウェーデン等)を除いて国民の熱烈な支持で大量移民政策が進みました、日本は熱烈ほどでは無いですがやはり前民主党政権の裏切りで政治不信が高まったのは事実で自民党に戻ったら安倍政権は何をやっても許される政治になってしまいました

恐らく日本国民はEU各国と同じ地獄(移民二世等による爆破銃撃テロ)を経験しないと自民党等の移民推進政党は潰せないでしょう

管理人さん

安倍政権の支持率が高いからと国民をバカにするのは結構ですが、それで解決しますか?
今の日本の議会に必要なのは骨のある強烈な反グローバリズムの野党を育てることであり国民が支持するように世論を誘導すること、自民党や維新の脅威となる大政党にすることではないですか?
WJFプロジェクトについて
ご寄付のお願い
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
蓮舫の二重国籍問題のジレンマ

違う入り口を選んだハズなのに、ドアを開けると、同じ出口につながっている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。