地底の龍と原発と日本の地震

日本人らしい自然観と共同体意識の喪失。
白鳳時代の西暦684年、記録に残る最初の南海トラフ巨大地震「白鳳地震」が発生しました。南海地震、東南海地震、東海地震が連動し、伊豆諸島では新しい島が誕生したと日本書紀には記されています。

壬辰。逮于人定、大地震。挙国男女叺唱、不知東西。則山崩河涌。諸国郡官舍及百姓倉屋。寺塔。神社。破壌之類、不可勝数。由是人民及六畜多死傷之。時伊予湯泉没而不出。土左国田苑五十余万頃。没為海。古老曰。若是地動未曾有也。是夕。有鳴声。如鼓聞于東方。有人曰。伊豆嶋西北二面。自然増益三百余丈。更為一嶋。則如鼓音者。神造是嶋響也。

【現代語】

十四日、人定(夜10時頃)に大地震があった。国中の男も女も叫び合い逃げまどった。山は崩れ河は溢れた。諸国の郡の官舎や百姓の家屋、倉庫、社寺の破壊されたものは数知れず、人畜の被害は多大であった。伊予の道後温泉も埋もれて湯が出なくなった。土佐国では田畑五十余万頃がうずまった海となった。古老は「このような地震は、かつてなかったことだ」といった。この夕、鼓の鳴るような音が、東方で聞こえた。「伊豆島の西と北の二面がひとりでに三百丈あまり広がり、もう一つの島になった。鼓のように聞こえたのは、神がこの島をお造りになる響きだったのだ」という人があった。

(出典: 『日本書紀』天武天皇十三年冬十月、現代語訳は宇治谷孟による)


地震と日本人の信仰の間には深い相関関係があるようで、各令制国の一宮級の主要な神社や、修験道の聖地は、中央構造線や火山の周辺に集中しています。



此龍有千鱗。 千鱗上各顕千手持物之文絵。鱗下各有明眼。生身千手千眼也。 此山是補陀洛山九峯院之内別明鏡院是也。 此山地底有八穴道。 一路通戸蔵第三重巌穴。 二路至諏訪之湖水。 三路通伊勢太神宮。 四路届金峯山上。 五路通鎮西阿曾湖水。 六路通富士山頂。 七路至浅間之嶺。 八路摂津州住吉。

【現代語訳】

この龍の体には千の鱗があり、千の鱗の一つ一つの表面には、(走湯権現の本地である)千手観音の持ち物の模様が現れている。鱗の下には目があり、生身の千手千眼の仏となっている。当山は、(観音菩薩の住処とされるインドの)補陀落山の九つの峰の一つ、明鏡院の別院である。当山の地底には八本の穴道がある。一つ目の通路は、戸蔵(戸隠)の第三重巌穴に通じている。二つ目の通路は、諏訪湖の湖水に通じている。三つ目の通路は、伊勢大神宮に通じ、四つ目の通路は金峰山の頂上に通じている。五つ目の通路は九州にある阿蘇の湖水に通じている。六つ目の通路は富士山頂に通じ、七つ目の通路は浅間山の峰に通じている。八つ目の通路は摂津の住吉神社に通じている。

(出典: 『走湯権現縁起』巻第五、鎌倉~南北朝時代)


また熱海の伊豆山神社の鎮座する伊豆山は走湯とも言われていて、南北朝以前に成立した「走湯山縁起」には、走湯の地下には巨大な赤龍と白龍が潜んでいたと書かれている。また走湯の地下には八穴道があり、走湯山(伊豆山)は、戸隠、諏訪湖、伊勢神宮、吉野の金峰山、富士山頂、浅間山、そして阿蘇の湖水につながっていると書かれ、尾張の熱田神宮の古書にも、九穴道があり、諏訪湖、白山、富士山、琵琶湖、浅間山、そして天竺までつながっていると書かれている。中世の人々は、龍穴の奥の地下で各地の聖地とつながっていると考えた。

実際に地下で聖地はつながっていた。中央構造線という大断層が日本列島を横断し、阿蘇から四国の各札所を通り、阿波の名方では諏訪大社と同じ神を祀る多祁御奈刀弥神社を通り、吉野から伊勢に達する。伊勢から豊川稲荷、鳳来寺山、そして諏訪、諏訪の真東の鹿島神宮へと達している。断層は異なる地質の土地がぶつかり合ったところで、エネルギーの大きいところが多い。そのため昔からパワーのある神社が鎮座してきた。風水では大地の気を龍脈と言っている。日本列島には大きな龍が地下にうねっている。そして龍脈のパワーが集中しているところが龍穴だ。日本列島の地下に生息する龍が地上に現れる龍穴が、阿蘇であり、伊勢であり、諏訪などの聖地なのだ。

(出典: 若林純「日本の龍」、雑誌「時の旅人」Vol32 2008年6月号所収)


象徴的なのが、中央構造線の東端に位置する鹿島神宮であり、武甕槌神(タケミカヅチ)を祀るこの社の、日中でもほの暗い鬱蒼とした社叢には、小さな先端だけを地表に出した要石という巨石が地中に埋まっており、地震を引き起こす地下のナマズを押さえつけているという伝承が古来より伝わっています。



地震のような自然現象の背後に神の働きを看取するのは、日本人が古くから育んできたごく普通の感性なのですが、最近、熊本での地震について、女優でタレントの藤原紀香さんが、「火の国の神様、どうかどうか、もうやめてください」とブログに書いたことで、「不謹慎だ」と激しいバッシングを受けています。

熊本に失礼!藤原紀香に求められる「火の国の神様もうやめて」削除の理由と謝罪

藤原紀香がまた、世間からバッシングを浴びている。発端となったのは、4月16日に「どうか どうか…」と題した藤原のブログだ。内容としては“熊本地震のニュースに心を痛めている”というものなのだが、その最後に「どうかこれ以上、被害が広がりませんように そして 火の国の神様、どうかどうか もうやめてください。お願いします」と結んだ。

18日現在はこの一文を削除しているのだが、すでに削除前のブログを見た読者からは「一度でも読み直せば熊本に失礼な事書いてるって気付くのに、こんなんじゃ梨園の妻なんか到底無理だろ」「まるで熊本の人が神に罰を与えられるような事をしたとでも言わんばかり」「お前こそそのブログ、どうかどうか もうやめてください」と非難が殺到した。

紀香は17日、18日にもブログを更新しているのだが、問題になった文を削除したこともその理由も、謝罪も書いてはいない。

芸能ジャーナリストも「あまりにも軽率」という。

「アメブロMVPの市川海老蔵は、いち早く自身のブログを『伝言板に使ってください』と解放しました。余計なことは書かず『微力ですが、私に今できる事はこれくらいです』と綴って絶賛されました。一方、紀香のブログは、長々と被災者を慮りエールを送っていますが『火の国の~』の一文で台無しです。しかも削除するだけで“不快に思われた方にお詫びいたします”の一言もない。軽率で、そのうえフォローもできないのであれば、いっそ本当にブログはお止めになったほうがいい」

これらの声を紀香はどう聞くのだろうか?

(李井杏子)

(出典: アサヒ芸能(アサ芸プラス) 2016年4月18日)


日本人は、伝統的な自然観や宗教観をここまで喪失しているのかと、呆れるような話です。

熊本・大分の地震の後、ことあるごとに「不謹慎だ」と誰かをスケープゴートにしてバッシングする風潮が見られますが、この背後には、地震の被災者と、地震の被害にあわなかった人々との間に明確な境界線を引いて分離し、被災者を「かわいそうな人々」として特殊化するものの見方が隠れています。しかし、昔の日本人が、日本列島の地底に棲息する一匹の巨大な龍のイメージを抱いたように、一つの地震が構造的に他の地震を誘発するエネルギーの作用と反作用の一つの連動体であるならば、日本列島のある特定地点で生じた地震は、そのまま、日本列島全体にふりかかった危機でもあります。この島に暮らす誰しもが潜在的な被災者なのであり、地震の直接の被災者とそうではない人々の間には本質的な差異は存在しません。伝統的な自然観と共に、それと呼応し合う共同体意識が失われているから、被災者を特殊視し、針小棒大に誰かの「不謹慎」をあげつらう現象が起きているのではないでしょうか。

「まるで熊本の人が神に罰を与えられるような事をしたとでも言わんばかり」


熊本や大分の人たちがことさら罰をうけているわけではなく、日本人全体が、自分たちのあり方を省みる機会を自然から与えられているということなのだと思いますが、自然や伝統に対して謙虚になる代わりに、「私たちが自然から罰などうけるはずがない」「神様が地震を引き起こしたなどというのは不謹慎だ」とふんぞり返り、伝統的な自然観を侮蔑しているようでは、自然の私たちに対する懲らしめは、これからも情け容赦なく私たちの上に降りかかることでしょう。

昨今の日本人の自然に対する傲岸な姿勢は、原発に対する姿勢にも如実に表れています。

吉井英勝議員「海外(スウェーデン)では二重のバックアップ電源を喪失した事故もあるが日本は大丈夫なのか」
安倍首相「海外とは原発の構造が違う。日本の原発で同様の事態が発生するとは考えられない」

吉井議員「冷却系が完全に沈黙した場合の復旧シナリオは考えてあるのか」
安倍首相「そうならないよう万全の態勢を整えている」

吉井議員「冷却に失敗し各燃料棒が焼損した(溶け落ちた)場合の想定をしているのか」
安倍首相「そうならないよう万全の態勢を整えている」

吉井議員「原子炉が破壊し放射性物質が拡散した場合の被害予測を教えて欲しい」
安倍首相「そうならないよう万全の態勢を整えている」

吉井議員「総ての発電設備について、データ偽造が行われた期間と虚偽報告の経過を教えて欲しい」
安倍首相「調査、整理等の作業が膨大なものになることから答えることは困難」

吉井議員「これだけデータ偽造が繰り返されているのに、なぜ国はそうしたことを長期にわたって見逃してきたのか」
安倍首相「質問の意図が分からないので答えることが困難。とにかくそうならないよう万全の態勢を整えている」

(出典: 2006.12.13 参議院における吉井英勝議員と安倍首相の原発事故防止関連の質疑応答)


2011年の東日本大震災で引き起こされた福島第一原発のような原発事故の危険性は、その五年前からすでに指摘されていました。

当時、「そんなことはおきない」と、人間が制御し尽くせるべくもない自然の力に対して、傲岸な態度をみせた安倍晋三。

日本人は、実際に、東日本大震災で福島第一原発の事故を引き起こし、先祖から受け継いできた神聖な大地を汚し、世界の人々に多大な迷惑をかけるというとりかえしのつかない失態を犯してしまいましたが、そのことを真摯に反省せず、誰も責任も取らず、誰も罰せられず、自然に対する畏怖の感情を取り戻すどころか、いまふたたび「そんなことはおきない」と自然に対して傲岸不遜な態度を取り、わざわざ活発化しつつある中央構造線の真上にある川内原発や伊方原発を稼働させ(つづけ)ようとする。

危ないから「危ない」といっている人たちに、「左翼」だの「反日」だのといったレッテルを貼る。

下に引用するのは、熊本、大分で地震が起きる以前の、昨年6月の古い記事ですが、すでに中央構造線を震源とする大地震の危険性が警告されていました。

“日本沈没”の危機 地震学者らが警告「活断層近くにある伊方、川内、浜岡の再稼働は危ない」

ここ最近、小松左京のSF小説『日本沈没』を彷彿とさせる地震、火山噴火が頻発している。5月下旬から6月上旬にかけて茨城県と北海道で震度5弱を記録。箱根山にある大涌谷で蒸気の噴き出しが続く中、5月29日には鹿児島県の口永良部島も爆発的噴火を突如、起こした。

連動するように翌30日にはマグニチュード(M)8.1の巨大地震が列島を襲った。観測史上初めて全国47都道府県で震度1以上(最大は5強)を記録。震源が小笠原諸島西方沖682キロと深かったため、大きな被害は出なかったが、揺れの大きさに衝撃が走った。地震学者で武蔵野学院大学の島村英紀特任教授が言う。

「東日本大震災が日本列島の地下にある基盤岩を大きく動かしてしまったのが、火山や地震活動の活発化に関係している可能性が高い。あの地震では牡鹿半島近くで5.3メートル、関東地方で30~40センチ、木曽御嶽で20~30センチほど地盤が一気に動いた」

その変動が今後数年間で、地震や火山に様々な影響を与えるという。東海大学地震予知研究センター長の長尾年恭氏も同様の意見だ。

「地震を鍋でお湯を沸かすことに例えれば、いまは沸騰寸前。地殻は連動しているため、どこか1カ所が大きく動くと周りに影響する。いつどこで地震や火山噴火が起きてもおかしくない」

日本列島が地震の活動期に入ったといえそうだ。長尾氏はさらに予想する。

「20世紀の高度経済成長期には幸運にも劇的に地震や火山噴火が少なかった。これから50年ぐらいは各地で頻繁に起きるだろう」

そんな危険な状態の中でも安倍政権は粛々と原発再稼働へ向けた準備を進めている。川内(鹿児島)、高浜(福井)原発に続き、5月20日には伊方原発3号機(愛媛)に事実上の合格証を与えた。四国電力の社員がこう意気込む。

「先日、うちの役員クラスが、『再稼働を急いでほしい』と政府筋から言われたと聞いた。口永良部島など噴火の影響で川内がスムーズにいかなくなる可能性があり、うちが一番最初にやれれば、大手柄になる」

だが、伊方、川内原発ともに巨大地震のリスクが潜んでいる。二つの原発の近くを日本最大の断層、中央構造線が通っているためだ。冒頭の小説『日本沈没』は、この中央構造線が千切れて西日本が水没するストーリーだが、地震活動が活発化する中で再稼働した原発を巨大地震が襲えば大惨事は避けられない。放射性物質が放出されれば、風向きによっては首都圏にまで達することになる。

建築研究所特別客員研究員の都司嘉宣氏が解説する。

「地震学者として最も動かしてほしくないのは、東海地震の想定震源域の中心にあり、津波にも弱い地形に立つ浜岡原発。2番目が伊方原発です。伊方の場合、北にわずか数キロほどの海中に中央構造線が東西に走っています。これまで活動はしていないと思われていましたが、2000年代になり1596年に四国西部から九州東部にかけて中央構造線を震源とするM7.7の巨大地震があったことがわかってきた。そのちょうど真ん中あたりに原発が位置する。中央構造線を震源とする地震が起きれば、伊方原発を10メートルを超える大津波が直撃する恐れがあります」

前回の地震から約400年が経っているため、次の大地震がいつ起きてもおかしくないという。活断層の真上近くに原発があるのにもかかわらず、伊方原発は耐震基準が低すぎると指摘するのは高知大学の岡村眞特任教授(地震地質学)だ。

「伊方原発設計時の耐震基準となる加速度はわずか473ガル。もともと巨大な活断層があると言われてきたのに、四電がそれを受け入れなかったためです。愛媛県知事の要請もあり、再稼働までに1千ガルへ引き上げるようですが、もともと低いレベルの設計を急激に強靱化するのは難しい。そもそも中央構造線で大地震が起きれば1千ガル以上は揺れるでしょう。国が四電に評価を求めた長さ480キロの断層が連動して動いたら、どのくらいの規模の揺れになるのか想像もできない。岩手・宮城内陸地震では4022ガルを記録しました。安全性を確保するなら、原子炉を建て替えるしか手はありません」

(桐島 瞬、今西憲之/本誌・小泉耕平)

(出典: 週刊朝日 2015年6月19日号)


動物程度の学習能力すら持たない現代の日本人に、神々が今後、ふたたび罰を加えたとしても、日本人は誰も「不謹慎だ」と文句はいえないはずです。

選挙によって「政治」を変えられる段階はとうに過ぎ去りました。

「政治」によって「政治」を変えられる段階はとうに過ぎ去りました。

しかし、うなだれてはいけません。

「非政治」が、「政治」を圧倒します。

それは、火山の噴火のような天変地異かもしれない。

それは、ある種の、私たちの痛みを伴うカタストロフかもしれない。

あるいは、総理大臣の突然の辞任かもしれない。

なんらかの形で、この国の浄化は、「政治」や「人為」とは異なる方向からの力によって、行われることになるでしょう。

(出典: WJFプロジェクト「『非政治』が『政治』を圧倒するであろう」2014年12月14日)
*
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

九州が揺れた今回の地震

今回の連続した地震は九州で生まれ育った私にとって初めての経験です。
それは、ほぼ無力な専門家の困惑したコメントで更に不安を感じます。
半世紀を生きた私個人としては、自然の一部である人間が自然災害で亡くなる
事も有りです。
だが、危険だと思われる事象に関しては可能な限り、回避排除すべきでしょう。
それでも頑として周辺の原発を止める、稼働させないという選択肢は全く無い
ようです。
まあ、これも福島原発の対応等の今に至る流れで想定内の事ではありますが。
数度訪れた事のある熊本城も大きな被害を受けましたが、最悪の崩壊は免れま
した。
古くからの部分よりも、近年のコンクリート等を使った部分の被害が酷い。
今回の連続した大きな地震では地盤も新しい家屋も脆い事が実証された。
仮に地震が予測、対処しようとしても限界がある。もっと自然の力に謙虚にな
るべきでしょう。
原発事故は決して広大でも無い日本の大切な土地を不毛にする大きなリスクを負っている。
防ぎようがあるのに自然の警鐘に耳を貸さない。一体何が大切なのか判りません。
日本人は古来から自然や見えない脅威を恐れ、信仰崇拝する謙虚な思考があった。それは自然の一部である生命体からすれば普通の感覚だと言えます。
人間だけではない日本の全ての命、日本の美しい土地や伝統を守り子子孫孫に
伝えていく。
これが日本人として縁あって生まれて来た意味でもあると思うのですが。

PS、今回の地震によって被害に遭われた方々にはお見舞い申し上げます。
WJFプロジェクトについて
ご寄付のお願い
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
蓮舫の二重国籍問題のジレンマ

違う入り口を選んだハズなのに、ドアを開けると、同じ出口につながっている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。