国土強靱化という名の国土脆弱化

日本の脆弱性はどこに由来するか。
今、地震の大きな活動期を日本は迎えています。

現在、熊本や大分で発生している地震は、中央構造線と呼ばれる断層系の上に位置し、今後、同じ中央構造線上の他の地点で、類似した内陸型の地震が連動する可能性があると言われています。



断層のずれが引き起こす、この内陸型の地震は、近い将来、南海トラフにおける海溝型の巨大地震を誘発していくとも言われてます。

現在の日本は、地震の危機に対して、日本の歴史上、最高度に高い脆弱性を抱えています。

たとえば、江戸時代の江戸の町に比較して、現代の東京は、地震に対する、はるかに巨大な脆弱性を抱えています。

人々が竪穴式住居に暮らしていた縄文時代の関東平野の集落と比較すると、現代の東京は、さらに桁違いな脆弱性を抱えています。

つまり、この脆弱性はどこに由来するかといえば、単にこれから起きる地震の大きさによるものではありません。

巨大で複雑な構造物を、日本の都市が抱えるようになったことに由来する脆弱性です。

なぜ、日本は、巨大で複雑な構造物を、その国土の上に抱えるようになったのか。

そのきっかけは、デモス(文明)的な西洋の建築様式を日本が受け入れた、明治維新にさかのぼることができます。

江戸時代までに作られていた日本のエトノス(土着)的な木造建築は、地震で壊れることを前提にした簡易な構造をもっていたり、地震の揺れを巧みに吸収する柔軟な構造をもっていました。

明治以降、日本が受け入れた西洋の建築様式は、地震のない国々で考案されたものであったため、関東大震災は、日本の歴史上、過去に類例のない甚大な被害をもたらしました。

日本の土地柄に合致しない近代的な構造物が,日本の脆弱性を増大させているのならば、「国土強靱化」を叫び、公共事業をふやし、街をコンクリートで固め、近代的建造物の数を増やしていくだけでは、日本の都市や国土の脆弱性をかえって強めることになるでしょう。

現代の建造物の耐震性は、以前に比べて飛躍的に向上していると考えられますが、それでも、現代の都市のあり方と、「地震が多い」という日本の自然は、まだまだ一つに調和しているとは言えません。

この日本の自然(ピュシス)と、その上を覆う都市のあり方(ノモス)との根本的なズレが、現代の日本が抱えている脆弱性の本質です。

ならば、このズレを拡大させていくようなやり方での「国土強靱化」は、日本の一層の「国土脆弱化」をもたらします。

必要なのは、日本が伝統的にそうであろうとしてきたように、文明(デモス)と土着(エトノス)、自然(ピュシス)と人為(ノモス)を、一つに融和させていく。

そういう発想で、日本の国や都市のあり方を、根底から再設計していくことです。

日本の都市が地震に対する大きな脆弱性を持つと言うことは、建築を含めた「近代」を、日本人がまだ十分には、その土着(エトノス)性の中に消化しきれていないことの、なによりの証なのだと思います。
*
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

強靭化の思想

「国土強靱化計画」は、自然災害に対する地域の脆弱性を評価し、最悪事態を回避するために必要なハード、ソフト両面の対策を優先順位や数値目標を掲げて推進するものです。

「想定外とも言える大規模自然災害の歴史をふり返ると、これまで様々な対策を
講じてきたものの甚大な被害により長期間にわたる復旧・復興を繰り返してきました。これを避けるためには、とにかく人命を守り、また経済社会への被害が致命的なものにならず迅速に回復する、「強さとしなやかさ」を備えた国土、経済社会システムを平時から構築するという発想に基づき継続的に取り組むことが重要です。」http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/kokudo_kyoujinka/about.html

国や自治体はもとより、
企業の事業継続計画の策定や地域の防災人材の育成なども含めた地域挙げての
取り組みを網羅し、地域防災計画などより上位に位置づけられるものです。

民主党のスローガン「コンクリートから人へ」のようにどちらかに偏るのではなく「コンクリートも人も」両方ともやり、「ハード」だけでなく「ソフト」も含めた強靭化の思想であって、自然と調和させていくものあれば、是非実現して欲しいものです。

だだし実態は、亡国安倍政権の公共事業費はバカ民主党政権以下であり、
「コンクリートも人ないがしろ」にしていることを知らなければなりません。
http://livedoor.blogimg.jp/kasumigaseki_soken/imgs/6/4/646e100a.png

(三●貴明氏は、安倍政権は公的固定資本形成は増えているなんていってたけど)

三●氏はダメだけど、藤井聡先生は本当の意味でネオりべという怪物
(=売国ペテン師安倍政権、ビッグブラザー)と闘えるかな。(欲しい)
https://youtu.be/YuYDr9eF4Ek

No title

http://folklore2006.jp/007.htm
ある災害地名学者が、日本のように災害が起きない国のインフラを日本にそのまま持ち込むことに対して書いていました。その代表として東京の地下鉄を上げています。つまり浸水リスクが高い東京に、浸水リスクの少ない国で発案された地下鉄を持ち込むのはどうなのか?ということなんでしょうが、逆に言えば東京に地下鉄を作らなかったことによるマイナスや災害の確率などを勘案するとなかなか微妙な問題ですね。それと鈴木宗男さんがBlog(ムネオ日記・平成26年8月22日)で「昨日も触れたが、10年に一度位の割合で土砂崩れが起きている場所にどうして行政側は建築許可を出したのだろうか。私はふと疑問に思う。」と書いてあります。私も同様な疑問を持ちますが、それでは何年災害が起きなかったところならいいのでしょうか?それを突き詰めれば、この災害列島日本に住むところは無くなってしまいます。国や地域だけで無く人もそうですが、山高ければ谷もまた深し。日本のように四季がはっきりしていて風光明媚で作物の生産に適している地域。反面、こういった地域は災害と隣り合わせとも言えるのでしょうね。

No title

Wikipedia
強靭(きょうじん)は、
(日常用語):強くて粘りがあること。強くてしなやかなこと。
(工学用語):強度(硬度)と靭性を兼ね備えた固体状態。強度は変形や破壊に耐える、臨界応力で機械的性質の代表例であるが、実際の破壊に対する安定性は強度だけでは決まらず、固体に亀裂を入れてその亀裂の進展しにくさを測定し、靭性とする。この強度と靭性を兼ね備えた状態を強靭であるという。つまり強度と靭性の両立した状態であり、その代名詞として安来鋼(やすきはがね)が有名である。



参考までに

もう少し調べてから記事にしようと思っていたのですが、とりあえず。

■熊本城の瓦が落ちたのは単に地震で崩れたのではなく理由があった「いつの時代も地震のことを考えてるとは」 - Togetterまとめ
http://togetter.com/li/962782

>熊本城の瓦が崩れているが、
>日本建築の本来の発想としては『地震時には瓦は振るい落とされ、建屋の倒壊を防ぐ』のが正しいと元建築事務所勤務の父が言っておりました。
>現代では固定してしまうが。

■【真田丸】熊本城、地震があっても400年前に造られた部分は無事→加藤清正という偉人が話題に【地震加藤】 - Togetterまとめ
http://togetter.com/li/962788

国土強靭化という欺瞞

賢明なる皆さまならご存知のとおり、国土強靭化を提唱したのは、かの京都大学 藤井教授です。

そして、売国奴の集まりである安倍政権の内閣官房参与です。

藤井教授は「グローバリズム」「新自由主義」「道州制」「構造改革」「TPP」を学術的・学究的な知見から批判されてきた急先鋒の一人です。
ところが、なぜかそれら全てを過去のどんな自民党政権より急進的に進める安倍政権の要職に着任し、それらの批判については封印してしまいました。

藤井教授の地方で行われた講演会で、そのあまりの自己矛盾ぶりに対して問いただす絶好の機会と思い本人に直接質問をしました。
それに対し藤井氏は「政治は清濁併せ呑む」と、にっこり簡単に答えただけで、私の真摯な質問に対しては何ら明確な答えはいただけませんでした。

藤井氏はそもそもプラグマティズムの信望者であり、日本の根っこに繋がる伝統的気質より、目の前の功利主義的なことこそが本質的に氏の学問のスタンスなんでしょう。
だから自分自身の実利の前には、日本国を奈落の底に陥れているような安倍政権を支えてしまう立場でも何の痛痒も感じない。

WJFさんの正鵠を射た解説のとおり、日本の土地に適していない藤井教授の国土強靭化政策は、千年以上の時を経ても健在な五重塔のようなしなやかさを発明した古代から続く日本人の精神ではなく、西洋の風土によって純化された極めて局所的な近代主義かつ設計主義の成果物をそのまま日本に適用してきたことの反省を踏まえること無く、自民党の利権政権と結実することで、未来の日本全体に遍く脆弱性を広げているのです。
WJFプロジェクトについて
ご寄付のお願い
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
蓮舫の二重国籍問題のジレンマ

違う入り口を選んだハズなのに、ドアを開けると、同じ出口につながっている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。