歴史を形作る目に見えない力について(4)

偶像の破壊と、根源への遡行。
キリスト教や、イスラム教のような一神教には、「偶像を拝んではならない」とする共通の教えがあります。

目に見えない神の姿を、目に見える形に表してはならないというのですが、仏教も、これに類似した考え方を持っています。

その考え方は、当ブログでも過去に取り上げたことのある、次の禅語に集約されています。

「仏に逢うては,仏を殺し,祖に逢うては,祖を殺し,羅漢に逢うては,羅漢を殺し,父母に逢うては,父母を殺し,親眷に逢うては,親眷を殺して,始めて解脱を得ん。」(『臨済録』)

人間の意識が作り出す、神や仏や祖霊や悟りに関するイメージ(image=像)が、概念として固定化されれば、人の心を縛るものとなり、実体からは乖離したものとなってしまう。だから、これらの概念(=偶像)は、不断に破壊されなくてはならず、その破壊を通して、無限に、根源への遡行を続けなくてはならない。

これが上にかかげた禅語の意味です。

同じ趣旨を表した公案(禅問答)に次のようなものもあります。

雲門、因みに僧問ふ。
如何なるか是れ仏。
門云く、乾屎蕨。

雲門に僧侶が尋ねた、
「仏とはいかなるものか?」
雲門は答えた、
「糞をかきとるためのへらだ。」

(無門関第二十一則)

「仏とはいかなるものか?」と問われたとき、雲門は、「仏」に関する抽象的な理論を展開する代わりに、質問者の心の中に先行して存在している仏の概念(=偶像)を破壊するために、「糞かきべら」という言葉を突きつけます。

糞かきべら(トイレットペーパー代わりに使用されていた)が仏であるはずはなく、仏とはかけ離れたモノ、仏ならざるモノを突きつけることによって、「仏」の概念が破壊され、その概念の破壊を通して、逆説的に、仏の実体が無意識の中から姿を現します。

このように、仏の否定と、仏の出現は、同時に起こります。

仏の存在(=有)と非在(=無)、形あるモノ(色)と形なきモノ(空)は、表裏一体であり、これが、「色即是空・空即是色」という般若心経の言葉の意味でもあります。

日本の古い神道にも、これと同じとらえ方があるように思います。

神道には、仏教の影響から、仏像のような神像を刻み、ご神体とした時代もあったようですが、古くは、岩や石や木や山そのものを神の「依り代」(よりしろ)や「神籬」(ひもろぎ)と考えたそうです。

現代の私たちの合理的な感覚から見れば、ただの石や木や山が神であるはずもありませんが、ただの石や岩や木や山という神の非在こそが、そのまま神の出現の場として古代の日本人には把握されていた。

つまり、徹底した非在の中に、神が姿を現すと考えられていた。

これは、仏教の考え方と似たものがあるかもしれません。

だから、日本にとっての最初の構造改革が行われた白鳳時代に、役小角が修験道を開き、神に在らざる山、神の非在の山を歩き尽くすことによって、意識が作り出す自己の中の偶像を破壊し、その破壊を通して、ただの山と一体となる己の身体の中に、神の出現を体得しようとしていたとき、それは古い神道の実践であるのと同時に、そのまま仏教の修行でもありました。

修験道において、神道と仏教が一つに習合していった所以はここにあると考えられます。

しかし、一人の行者としての、内面の戦いとしての偶像破壊、「無意識」や「非政治」や「自然」への肉薄、すなわち根源への無限遡行は、「神」や「仏」の概念の破壊のみならず、「意識」や「政治」や「人為」にまつわるものすべてを相対化する力をも、同時に秘めざるを得ませんでした。

白鳳時代という、中国から導入された律令制度によって、「意識的」「政治的」「人為的」に、この国が改変されようとしたまさにその時に、「無意識」や「非政治」や「自然」に徹して山にこもった役小角という修験道の開祖の存在は、体制に対する無言の批判力を必然的に帯びざるを得ませんでした。

これが、律令政府によって、役小角が、危険人物として伊豆へと追放されることになった理由です。
*
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

愚夫の法

棚橋さん
仏教全般について、知識に基づいて「論じる」ことを希望しておられるのでしたら、こちらよりは他に適した場(仏教専門又は関連サイトやブログ、掲示板、Q&Aサイト等)があると思われますが、とりあえず棚橋さんご自身で、基本的な事柄(これだけでも膨大な量になると思われますが)から徹底的に学び直し、それらを整理し直す必要があると思われます。
ただ、私自身はこれ以上この場で(仏教を主軸とした)「群盲像を評す」的な散漫な議論または井戸端会議をすることにあまり意義を見出せません(失礼ながら、これまでのやりとりも棚橋さんの一方通行が続いており、対話になっていないように思いましたので)。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
『正法眼蔵』春秋 提唱(2)
http://zazen.blog.jp/archives/1037363598.html

道を明らめた人、真実を見極められた人達のとりあげられているものと
ただ単なる見解、そういうもので取り扱っているものとは違う。

実物と偽者は違うと言っていいのかしら。

一度も本当の熱さに触れた事がないのに、
文章に熱いとは火傷をするような事だとか、温度が何度かとか
書いてある事を知って、いかにも熱いって事を知っているように
思ってる事は愚夫の法でしょうかねえ。

今の社会ではだんだんそういう人増えてきた。

実物抜きでインターネットなんかを通してでもですね、
あらゆる知識がすぐに検索できて、検索したものをみると
あたかもそれ、自分で知ったかのように自分の知識にしてる。

だけどそれは他人がやった事をわずかに見て
そう思い込んだ位の事なんでしょう。

そういう事だと思いますよ。

仏教について

修行を通して人間として突き詰めていったプッダと
突き詰めた結果神に近い仏となっていったブッダと
この二面性が私の混乱の原因であります。

仏教というのはある意味に於いて哲学的です。
その批判の方向は有神論、就中一神教へ
向かいます。「見た事も聞いた事も触れた事もない、
人々から断絶された神を『存在する』と思うのは
痩せ我慢に似た信念だ」ということらしいです。
正確ではありませんが、何かの本で読みました。

であれば、56億7千万年後に人々を救うと言われる
弥勒菩薩とは、一体何の事でしょう?

あくまで私個人の考えではありますが、
哲学的な教えとは哲学的故に難しく、従って
その成果というものはその個人の内に留まりますが、
救世的な教えとは万人に分かり易く、従って
霊験灼かなものになり易いということなので
しょうか?

まあ、密教は?修験道は?となると、
また違った考え方は出で来るのでしょうが、

時宗の「踊り念仏」は黒人教会に見られる
聖霊体験に似ている気がしました。

何か間違いなどございましたら
ご指摘下されば幸いです。

仏教にも(当然ながら)歴史あり

棚橋さん

仏教 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/仏教
の記事の内容はともかく、「仏教宗派の伝来に関するタイムライン」をご覧になれば
>論理的飛躍
>エキセントリックな展開
という程のことでもなかったことがおわかりになるのではないでしょうか。

尚、『般若心経』で説かれているのは、簡単に言えば「悟りの世界」であって、「死後の世界」ではないと思います。
浄土教については、日本史の授業で簡単に習っただけなので詳しいことは知りませんが、これも歴史(発生過程)を調べれば「どこから来ている」かがおわかりになるのではないかと思います。

話は変わりますが、京都の新熊野(いまくまの)神社の尾竹慶久宮司が神社本庁の改憲運動を批判していますね。

■特集ワイド:続報真相 改憲急ぐ安倍首相を応援する人々 「美しい日本の憲法」とは – 毎日新聞
http://mainichi.jp/articles/20160318/dde/012/010/017000c
(会員登録していないと読めないかもしれませんが、2chにスレがたっていたので記事の一部抜粋ならそちらでお読み頂けます。)
■新熊野神社ホームページ
http://imakumanojinja.or.jp/index.html

No title

ある仏教学者と言える大学教授の方が、仏教とは悲しみの中から生まれると
言われています。
人は何故この世に生まれて来るのか、生まれて来る以上、誰しもが心穏やか
な幸せな人生を送りたいと思うでしょう。だけれども人それぞれ、この世は
理不尽であり、生きる事が苦しみでもあります。
一番の苦しみは身近な者が亡くなる事。お釈迦様も母親を生後間もなく亡く
されてます。その悲しみや苦しみの中から生まれてきたものが、仏教発祥の
根本であると思われます。
聖武天皇が仏教を受け入れたのは、己も含め庶民も救いたい一心での想いに
あります。これは自分の事だけでなく他人の悲しみや苦しみを理解出来なけ
れば判りません。
年齢に関係なく、自分の大切な人が亡くなって初めて見出せる事が今は多い
と思います。家が代々継いでいなければ、歴史の流れもあり様々な宗教に帰
依する事も多いでしょう。
しかし自然崇拝、神道のある日本人に最も迎合しえたものが仏教であり神仏
習合に成りえたのだと思います。

残念ながら近代日本はそれを過去に分断、現在は一部で政治利用してるのが
人道としてあまりに情けない事だと思ってなりません。




棚橋さん

>貴方は時々仏教に触れています。
貴方のご意見をお伺いしたいです。

ご質問に答えられるほどの知識は私にはありません。

ただ、妙好人、浅原才市が、下駄作りの合間に、かんなくずの裏に書き記したという言葉には胸にしみるものがあります。

「他力には 自力も他力も
ありわせん 一面他力
なむあみだぶつ」

他力とは何か、極楽とは何か。

概念による穿鑿が尽きた後に開かれる世界、ただの石ころの中に神を見いだした古代の日本人のスピリットに通底する世界から語られた言葉ではないかと思います。

上の記事で「根源への遡行」と私が呼んだものと同じ場所から語られた言葉であると思います。

仏教について

その昔、お釈迦様が弟子に
死後の世界について訊かれ、
「今この生きている世界の事すら
分からないのに、死後の世界を
訊いてどうする?」と答えたそうです。

ところが、日本の仏教、例えば
浄土教などは
「南無阿弥陀と唱えておけば、
死んで極楽に行ける」と説いています。

「ギョウテイギョウテイハラギョウテイ
ハラソウギョウテイボジソワカ」でも
何でもいいですが、

この仏教に於ける論理的飛躍はどこから
来ていると思われますか?

基本、日本の仏教は中国から輸入されました。
漢字で書かれたものです。

どれ位嘘が混入されたかは定かではありません。
しかしながら、このエキセントリックな展開は
どうしても合点が行きません。
また、
日本の各宗派は仏典の「この部分を信じる」
という、ある意味「不完全性」を以って
それを真理としています。

貴方は時々仏教に触れています。
貴方のご意見をお伺いしたいです。
WJFプロジェクトについて
ご寄付のお願い
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
蓮舫の二重国籍問題のジレンマ

違う入り口を選んだハズなのに、ドアを開けると、同じ出口につながっている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。