時間が止まった人々

3年前にタイムスリップ。
参院選が近づいているからでしょうか。下のような書き込みがなされています。

3年前に書かれたものかと見間違えるような内容ですが、本日書き込まれたばかりの、書き立てほやほやのコメントです。

News U.S. もついに朝鮮系の在日か中共の工作員に乗っ取られてしまったのでしょうか。このサイトは先の日韓合意の際にテレビや新聞がこぞって「日本政府が支払う賠償金の額を決めるために岸田外相が韓国に行く」などと偏向報道をしたことに多くの国民や保守ブログが騙されていた中、合意の記者会見を真っ先に載せて真実を明らかにしてくれたので信頼していたのですが。

News U.S. の管理人も、日韓合意の真実を拡散したために反日勢力に狙われたのかもしれません。

反日勢力に乗っ取られてしまった?サイトといえば、私はWJFプロジェクトを思い出します。
http://wjf-project.info/

このサイトは慰安婦や竹島、日本海表記問題の真実を拡散する動画を各国語で制作してユーチューブにアップロードして世界に拡散していました。

ところが、第二次安倍内閣が発足したとたん、このサイトは豹変しました。

突然「よしふる」と名乗る管理人が「安倍のバカ」などと口汚く安倍総理を罵るようになり、「TPPや道州制を推し進める安倍は売国奴だ!」「安倍は統一教会の関係者だ!」などの、安倍総理をおとしめる内容の記事ばかり書くようになりました。(TPPや道州制はともかく、安倍総理が統一教会と関係しているというのは全くのデマです。)

また、彼は自分と異なる主張を持つ保守言論人をことごとく馬鹿にし、おとしめる記事も多く書いています。

よしふるは定期的に他の保守ブログのコメント欄にも現れ、自分のサイトの記事のリンクを貼って読むように誘導しています。

日韓合意の後にも、それを批判する記事への誘導リンクを保守ブログに貼っているのを見かけました。

よしふるは慰安婦問題の真実を英語で拡散した映画「スコッツボロー・ガールズ」を手がけた谷山雄二朗氏もこきおろしています。

マイケル・ヨン氏による「スコッツボローガールズ」批判
http://wjf-project.info/blog-entry-736.html

さらに、よしふるは下のサイトのコメント欄にもYamada Taro なるハンドルネームで現れ、日本人の常識が世界に通用すると思うな、日本人には慰安婦問題を批判する権利はないなどの発言をし、他の人たちから在日認定されています。

日本:「スコッツボロガールズ」――この映像をプロモートしないでください
(Japan: “The Scottsboro Girls” — Do Not Promote this Film ) http://michaelyonjp.blogspot.jp/2015/05/japan-scottsboro-girls-do
-not-promote_20.html

よしふるの正体は中国共産党の工作員ではないか、と疑っている人も多くいます。
TPPと安倍総理をつぶして有利になるのは、最終的には中国共産党だからです。

よしふるは今でも「安倍を支持する安倍信者は国賊」などと、自分を批判する者や安倍総理を支持する人たちへのレッテル貼りをしています。

WJFプロジェクトは現在も各国語で慰安婦問題などの動画配信をしていますが、以上の理由から私は支持することができません。

(出典: 余命三年時事日記2016年2月11日)

よしふるさんと、WJFは別人であり、マイケル・ヨン氏のブログに書き込んでいたYamada Taroなる方は、WJFプロジェクトと無関係です。

*
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

棚橋よ

>その、日本の伝統文化を
「日本人の手によって」というのが
信用出来ません。
何故なら、それを殺したのも日本人
だからです。
殺した人間がそれを救うというのは
おかしな話です。


手作りの味噌を作り続けているのも日本人なら、それを購入するのも日本人。ブラタモリのような番組を作っているのが日本人なら、それを観るのも日本人。出雲大社や大神神社のように記紀に登場する古い神社のみならず、日本の各地に無数の神社仏閣を守り続け、いまだに足繁くお参りに通うのが日本人。

一部の事例を引き合いに出して日本人全員を一般化し全否定するデジタル脳のあなたのような人間には何を話してもわからないと思いますが。

参考記事: 垂直方向に町を探索する
http://wjf-project.info/blog-entry-1105.html

>この「七転び八起き」だって
「七回転んだら起きるのは七回だろ?」と
いう疑問に「昔からそう言われてるんだから
それに従え」と保守と呼ばれている人は
毅然とした態度が取れない。


一回目に起きるところからカウントすれば、「七転び八起き」で間違いがない。

1回目起きる→1回目転ぶ
2回目起きる→2回目転ぶ
3回目起きる→3回目転ぶ
4回目起きる→4回目転ぶ
5回目起きる→5回目転ぶ
6回目起きる→6回目転ぶ
7回目起きる→7回目転ぶ
8回目起きる

小学校の算数程度の、単純な論理的思考すらできないから、あなたはとんちんかんなことばかり、ぐだぐだと言い続ける。

時間の無駄です。

日本の伝統文化の商業化

その、日本の伝統文化を
「日本人の手によって」というのが
信用出来ません。
何故なら、それを殺したのも日本人
だからです。
殺した人間がそれを救うというのは
おかしな話です。

TPPや昨今の外国人による日本ブーム
というのは
日本の伝統文化が日本人にソッポを
向いたんです。担い手として失格と
言われたに過ぎない。

日本の伝統文化は商業化するんです。
そしてその消費者は外国人です。

勿論それは外国人のテイストに合わせた
アラベスクならぬジャパネスクでしょうが
それでも有難がってくれれば御の字でしょう。
骨董品が海を渡ったのと同じです。
日本では誰も評価出来る審美眼がないんだから
それは仕方がないことです。

伝統文化は売り物と思い、割り切るのか。
日本人がその売り物である伝統文化を
完全破壊するしか、道はないと思っています。
勿論悲しいことです。
ですが日本人は日本の伝統文化の担い手を
止めた以上は、その道で突き進むしか
ないでしょう?

日本人なのに和式トイレが使えないん
ですよ?

伝統文化から離れて、「七転び八起き」
するしかないんです。

この「七転び八起き」だって
「七回転んだら起きるのは七回だろ?」と
いう疑問に「昔からそう言われてるんだから
それに従え」と保守と呼ばれている人は
毅然とした態度が取れない。

というか聞いた事がないです。

諺レベルでこれです。何が日本の伝統文化ですか。

安倍晋三は悪魔の遣いよ

>従って、この記事の私のコメントは全て削除してください。

与国秀行氏の動画をチェックしてみました。

幸福の科学の幹部であるだけでなく、爬虫類型宇宙人(レプティリアン)がどうのこうのというトンデモ系の陰謀論を垂れ流している方であることがわかりました。

【衝撃・UFO・宇宙人】地球人への手紙【上巻】~光のファミリーよ、目覚めて!~
https://www.youtube.com/watch?v=MMcszvsIWy4

安倍政権に疑問を抱くようになった人たちを、おかしな陰謀論に誘導しようとする人々が後をたちません。

宇宙人が存在するのか存在しないのか私にはわかりませんが、宇宙人の存在を信じたり、幸福の科学の動画を視聴しなければ、グローバリズムと対峙できないとするならば、反グローバリズム、反安倍政権の気運は、一般の国民の間に拡がってはいかないと思います。

WJFプロジェクトはそのようなトンデモ系陰謀論のサイトではありません。味噌の価値を見直したり、神社にお参りしたりする、日本人として当たり前の感覚をとりもどすことで、グローバリズムに対峙しようとするサイトです。

そのことをお忘れなく。

棚橋よ

>つまり、外国人に向けた日本の伝統文化に
なるのだ。日本人お断りの和食のお店が
増えるかも知れない。
これを誇りと思う日本人が何と多いことか。


このブログでは、日本人自身が、神社仏閣やお味噌のような日本の伝統を大切にしなければならないという話をしているのです。

右翼の人々の誤った愛国心がグローバリズム推進の道具として利用されることもあれば、伝統や歴史を顧みない左翼の人々の「愛国心などいらない」という世界市民的な姿勢も、グローバリズム推進の道具として利用されます。その証拠にSEALDsという、横文字のプラカードを掲げて安保法制を批判する左翼の若者グループは、TPPについて一切批判をしません。

グローバリズムと対抗する上で大切なのは、正しい愛国心の復興です。

右翼がおかしなことばかりしているから右翼を批判する気持ちはわかります。

しかし、あなたのように、すべての愛国的なもの、すべての右翼的なものを唾棄してかかる単純な姿勢もまたグローバリズムの進展に加担しているのです。

迂闊だった

なるほど、確かに安倍信者の様なレベルの低い者に分別を期待するのは無理ですな。
TPPの危険性を啓発する動画として出来が良く、インパクトが強い為、使えると思ったのは失敗でした。
間違ったメッセージを与えるのは、私としても不本意です。
従って、この記事の私のコメントは全て削除してください。

TPPに参加するということ

TPPに参加するということは
アメリカと日本の交渉だけを
取り出したなら、どちらが
得をしてどちらが損をするかに
スポットライトが当たる。
しかしながら、他の国から
見ればそれは日米がグローバル
スタンダードの雛形を作り
世界のルールにしようとしている
と捉えられてもおかしくない。

日本政府に「日本なんてどうでもいい」と
いう勢力がいようかいまいが、
それが日本のTPP参加の免罪符になる訳では
ない。

日本の伝統文化はTPPに即した形になる
だろう。それが日本の守り方になるなら、

昨今の外国人観光客の急増や外国人による
日本伝統文化の評価、「爆買い」などと
いうのはそれを暗示している。

つまり、外国人に向けた日本の伝統文化に
なるのだ。日本人お断りの和食のお店が
増えるかも知れない。

これを誇りと思う日本人が何と多いことか。
「日本が海外に評価された」とテレビでも
頻繁に放映されているが、
これはつまり「日本伝統文化の
グローバリズムへの組み込み」ということでは
ないのか。

私の眼にはそう見えました。
だから、日本「特殊」論はグローバリズムの
尖兵だと言った次第です。

棚橋よ

>だから日本人が特別ならウズベク人も 特別だ

その通りだ。

>両方特別なら何も言ってないのに 等しい。

そんなことはない。

万物がそれぞれのやり方で特別だと考えるのが、万物の中に八百万の神を認め、外国の神ですら自分たちの生活や信仰の中に大らかに柔軟に取り込んできた日本人の思考なのだ。

>TPPを含むグローバリズムとは ある一定の様式、つまりアメリカの やり方に合わせるべきだ、ということは
アメリカのやり方を一段上のもの、 特別なものとして捉えなさいということ
ならば、 それはそもそも「力が強い『特別』に 従いなさい」という事に他ならない。


多くのアメリカ人がTPPに反対していることからわかるように、アメリカ政府が推進するグローバリズムは、一面では「アメリカ」の帝国主義の延長線上にあるように見えながら、「アメリカ」という国家自体も解体し、その国民すらも奴隷化し、そのナショナリズムすら否定する方向で進んでいる。

グローバリズムを推進しているのは特定の国家なのではなく、その内部にいて、国境を越えて手を結びつつある権力を持つ人たちなのだ。

>日本政府がグローバリズムに賛成なのは
>きっとそのグローバリズムの中で
>日本が勝つことを「戦略として」持っている
>からだろう


そうではない。日本政府の中に「日本が勝つ」ことなどどうでもよいと考え、「日本」という国家ではなく、「国境を越えた特定勢力」が勝つことに加担する連中が紛れ込んでいるから、日本政府はグローバリズムを推進している。

その国境を越えた権力は、世界の効率化のために、世界の中に存在する差異や多様性を払拭化し、「グローバル・スタンダード」の名の下で、世界の諸文化、諸民族の、画一化を進めていくだろう。

だからこそ、世界の諸民族が、それぞれの特殊性を自覚し、それをまもろうとする意識をもって戦っていくことが重要なのだ。

日本人ならば、自分たちの伝統の中に深くもぐり、「日本の根」を深く自覚しなければならないだろう。

>私は日本特殊論こそ、グローバリズムの尖兵だと思っています。

グローバリズムを推進してきたインチキ右翼が、大衆層をあざむくのに「日本は特別」という愛国的な意識を利用したのは事実である。

その点では「日本特殊論は、グローバリズムの尖兵となった」というあなたの指摘はそのとおりだけれども、グローバリズムと対抗する上では、各民族の文化の「特殊性」を守らなければならないのも、また事実である。

本来は「日本特殊論」や愛国心は、グローバリズムと対抗する上での重要な武器なのだ。

その武器を、本来の場所に取り戻さなくてはならない。

安倍晋三は悪魔の遣いよ

>だから私は、前もって与国氏の略歴を説明した上で紹介したつもりなのですが・・。
偏見を持ってはいけない、というのは、その後に続く説明の通り、与国氏は幸福の科学とは一線を画す考えの持ち主だという意味で表現したものです。


あなたがしていることは、三橋信者がしていることと同じ。

三橋貴明も、自民党員でありながら、唱えている主張は反新自由主義、反グローバリズム、反構造改革。自民党とは「一線を画す」真逆の政策を唱えている。

しかし、三橋貴明は、新自由主義を批判しながら、選挙が来れば、新自由主義政党である自民党に支持を誘導するというツボをはずさないし、三橋貴明や西田昌司の反グローバリズムの言論のおかげで多くの人たちは、「自民党の中にも解っている先生方もいる」とか、果ては「安倍政権は反グローバリズムの政権である」と誤解するまでに至った。

だからこそ、三橋貴明は危険なのであり、彼の言論を称揚したり、彼の言論に依存する罠に陥ってはならないと、私は口を酸っぱくして警告してきた。

あなたは三橋貴明や、その支持者を批判しながら、同じ事をしている。

幸福の科学の幹部が、どんなに正論を語ろうと、その正論部分を賞賛してしまえば、あなたがどんなに「幸福の科学には注意してください」とよびかけようとも、世の中の人は、幸福の科学の幹部がすばらしいことを語っていれば、「幸福の科学はすばらしい」と誤解してしまう。

参ったね

だから私は、前もって与国氏の略歴を説明した上で紹介したつもりなのですが・・。
偏見を持ってはいけない、というのは、その後に続く説明の通り、与国氏は幸福の科学とは一線を画す考えの持ち主だという意味で表現したものです。
私も幸福の科学に限らず、カルトなど一切、否定する者であり、どこの宗教にも入っていません。
だからこそ、堂々と紹介したのです。
与国氏は幸福の科学の大川とは全く違う思想なのであり(私は大川なる人物など、いかがわしさの塊と思ってます)、又、思想と表現しましたが、これは現実に起きている事象を的確に捉え、事実に基づいた考察と言って良いものです。
また、氏の動画の中には、何ら一切、幸福の科学への誘導的な表現は無く、全く氏独自の思考で製作された動画です。
幸福の科学とは一端切り離して考え、先入観を持たず、兎に角、一度ご覧になってみてください。

違いがある事と特別である事

例えば日本人とウズベク人は違う。
言葉も文化も。
だから日本人が特別ならウズベク人も
特別だ。
両方特別なら何も言ってないのに
等しい。

TPPを含むグローバリズムとは
ある一定の様式、つまりアメリカの
やり方に合わせるべきだ、ということは
アメリカのやり方を一段上のもの、
特別なものとして捉えなさいということ
ならば、
それはそもそも「力が強い『特別』に
従いなさい」という事に他ならない。

そんな特別思想を日本も持っているなら
止めるべきだろう。

日本政府がグローバリズムに賛成なのは
きっとそのグローバリズムの中で
日本が勝つことを「戦略として」持っている
からだろう。

そう考えていないない、つまりグローバリズム
において国としての自我を発露しないなら、
本当の意味でアメリカの植民地だし、
そう考えていたとしても、そんなの上手くいく
訳がない。

私は日本特殊論こそ、グローバリズムの
尖兵だと思っています。

棚橋よ

>「日本は特別」
>「日本は他の国とは違う」
>「日本人は優秀」
>などという言葉がは慎んだ方がいい。
>そういった言葉こそがカルトだからだ。


「日本人は特別」という右翼イデオロギーも宗教になりうれば、「日本人は特別ではない」「人類皆兄弟」「世界市民を目指そう」「宗教はアヘン」という左翼イデオロギーもまた宗教になり得るだろう。

あらゆる宗教や思想やイデオロギーを焼き尽くし、「無思想」「無宗教」の根底に立ったときに、そこに宗教は「ない」かといえば、そこに宗教は「ある」だろう。

神話は、イデオロギーが成立する以前の原初の人間の姿、「宗教」に転じる以前の原初の人間の祈りと関わりをもつだろう。

しかし、その根底に立ち現れる宗教は、教条をまとってイデオロギーと転じていく危険を常にはらむだろう。だからこそ、

「仏に逢うては,仏を殺し,祖に逢うては,祖を殺し,羅漢に逢うては,羅漢を殺し,父母に逢うては,父母を殺し,親眷に逢うては,親眷を殺して,始めて解脱を得ん。」(『臨済録』)

根源への遡行は常に繰り返されなくてはならない。

日に新しく、日に日に新しく。

果たして、神道や日本神話から、

「日本は特別」 「日本は他の国とは違う」 というイデオロギーは導出されるだろうか。

されるだろう。

あなたやわたしが特別であるように、日本は特別であるだろう。

特別でないものはこの世界に何一つ存在しないだろう。

犬も猫も魚も鳥も、それぞれの特殊性をまとっているだろう。

しかし、神道や神話は、日本の特殊性の称揚に尽きるものだろうか。

そうではないだろう。

ハイヌウェレ型神話の一つであるオオゲツヒメの神話が一例であるように、日本神話の根底には、新石器的な「神話の知」という世界的な普遍性を抱えている。

日本神話は、「別天津神」という世界創造に関わった超越神すらも包摂する。

日本人は、神道の長い実践を通じて、「習合」という優れた智恵を発展させた。

仏教を媒介として、イチキシマヒメは、同時に、サラスヴァティー(弁財天)というヒンズー教の神様と同一視された。

天照大神は、同時に、大日如来でもあった。

特殊でありながら普遍。

普遍でありながら特殊。

人為の手に汚されることのない、世界のあるがままの実相を、神話は、そのままに包摂しようとするだろう。

そのような神話が、死に絶えることなく、枯れ果てることなく、現代に至るまで生きたまま保存され、実践される土地として、日本は世界の中でやはり特別であるだろう。

「日本は特別なんかじゃない」と誰かがとんだりはねたり叫んだりしたところで、日本は特別であることをやめないだろう。

宗教について

例えば
幸福の科学がおかしな団体であることは
私は常に感じている。
特に
神人合一は本当に危うい、人間が作った
不完全な宗教の特徴だ。自分は完璧な
真理を言った積りが、流行り廃りに
消えてしまう。
そんなもんは信じてはいけないと思う。
だが一方で
そのカルトは紛れもなく、日本社会から
日本人の中から出て来たものだ。
どの国からもカルトは出て来るが、
だからこそ
「日本は特別」
「日本は他の国とは違う」
「日本人は優秀」
などという言葉がは慎んだ方がいい。
そういった言葉こそがカルトだからだ。

安倍晋三は悪魔の遣いよ

>ただ、この動画の作者は与国秀行氏といって、幸福の科学職員です。
>しかし偏見を持ってはいけません。


Aという思想や宗教から脱するのに、Bという思想や宗教に絡め取られる必要はないのであり、あなたのアドバイスは全く的外れである。

安倍信者をやめたとたんに、おかしな陰謀論や思想に傾斜していく人々が後を絶たない。

99%の中に1%の毒を混ぜ込むのがカルト宗教の常套手段だというのに、幸福の科学の動画を推奨するなどもってのほかである。

おかしな誘導はやめていただきたい。

特定の思想や信条や宗教の中に答えはない。

「仏に逢うては,仏を殺し,祖に逢うては,祖を殺し,羅漢に逢うては,羅漢を殺し,父母に逢うては,父母を殺し,親眷に逢うては,親眷を殺して,始めて解脱を得ん。」(『臨済録』)

参考記事:
日本を救うただ一つの答え
http://wjf-project.info/blog-entry-157.html

必要なのは、言葉の本当の意味で「無思想」「無宗教」になること。

あれや、これやの、特定の思想や信条や宗教から「離れる」こと。

特定の思想や宗教に絡め取られない生き方を確立することである。

そういうと、私が神道について語ったり、日本神話を解き明かしていることと矛盾しているのではないかと思われるかもしない。

しかし、私は、あらゆる思想や宗教を否定しつくした後に、信じることも信じないことも、知ることも知らないことも、政治も非政治も、思想も無思想も、すべてを包摂しながらなおもそこに残る、日本人の生活や思考の底にあるものについて論じているのであって、特定の宗教や思想について語っているわけではない。

ネトウヨの原点

未だこうした書き込みをしている者も、未だ安倍信者や三橋信者をやっている人も、もう一度ネトウヨの原点に戻って、自らが目覚めたと自覚したであろう時の気持ちに立ち返ってみる事です。
そうして過去の目覚めたと思っていた時と、今一度振り返ってみた時との思想的ギャップを確認してみてください。そうすれば漸く人並みに脱皮できると思いますよ。

ネトウヨの原点とは、小林よしのり氏のゴーマニスム宣言であろうかと思う訳ですが、幸いな事に現在、ユーチューブにて真実の歴史なる動画がアップされてますから、是非観賞してください。
大航海時代から日本の敗戦までの歴史の骨組みが解り易く説明されている、とても良い作品であり、それが朗読付きで動画化されてますから、ネトウヨにも優しく理解できる事でしょう。

そうしてレベルアップできたならば、次は与国秀行氏の動画「世界を救う日本の心」という動画をvolから順番に視聴していってみてください。
そうすれば漸く信者体質から脱却できる事でしょう。
ただ、この動画の作者は与国秀行氏といって、幸福の科学職員です。
しかし偏見を持ってはいけません。

この与国秀行氏という人物は、幸福の科学伊勢原支部長でありながら、教祖の大川隆法とは思想を異にする人物で、独自の思想で次々と動画を作成している人です。
彼の過去姓は谷山秀行といって、不良少年として有名だったそうで、幸福の科学に出会って立ち直る事ができたそうです。
その後、テレビの格闘番組に出演したり、09年に衆院戦に出馬して破れ、帰りに暴漢に襲われて左目を負傷、それが切っ掛けで悟りのようなものを得、瀕死の状態にある日本を救う為に命を掛け、この様な動画政策に邁進しているとの事です。

初めてこの動画を観た時、私は、その先見性に驚いたものでした。
と同時に、この方が幸福の科学でなければ、もっと視聴率は伸びるのに、と残念でなりませんでした。
そうした経緯を踏まえながらも、偏見と先入観を取り払い、是非、ご視聴ください。
WJFプロジェクトについて
ご寄付のお願い
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
蓮舫の二重国籍問題のジレンマ

違う入り口を選んだハズなのに、ドアを開けると、同じ出口につながっている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。