沢村直樹氏の謝罪

「右翼」の殻をやぶれるか、否か。
沢村直樹氏がニコ生の中で、いさぎよく、謝罪してくださったそうです。

沢村直樹氏に訂正と謝罪を求めたのは、

条約よりも上位にある、日本国の最高法規によって、TPPの批准・発効を封じようとする「TPP違憲訴訟の会」の活動の有効性は、在日韓国YMCAで報告集会を開いた程度のことでは損なわれないこと。

「TPP意見訴訟の会」に「ガス抜きの反日団体」なる烙印を押し、その信頼性を失墜させることは、TPPを推進する勢力と戦っていく上であまりに損失が大きいこと。

反TPPの右派を結集させてきた沢村直樹氏が、TPP協定文書署名の前夜に、反TPPの主要団体である「TPP違憲訴訟の会」に対して、ツイッターデモという集団による攻撃をよびかけ、反TPP勢力の分断行為に走ったたことは、あまりに愚劣だったこと。

そのことを、右派の人たちに対して今や大きな発言力をもっておられる沢村直樹氏の口を通して、再度確認していただき、「TPP違憲訴訟の会」の信頼を回復すると同時に、あらためて、「TPP違憲訴訟の会」への結集を呼びかけていただきたかったからです。

沢村氏は、「報告集会の主催者が故意に在日韓国YMCAを会場に使ったのでなければ謝ります」という言い方で謝っておられ、また、相変わらず「TPP違憲訴訟の会は、靖国神社で集会を開くべき」となどと的外れなことをおっしゃっており、私たちが求めた意味での謝罪と訂正になっていないのではないかと指摘される方たちもいます。

「TPPと戦っていくうえで右翼・左翼は関係ない」

沢村直樹氏がかねがね語っておられる言葉の通りであり、そのためには、左派の人たちに集会の開催場所に関する配慮を求めていくのと同時に、右派の人たちも、自分たちの先入観や固定観念の中に閉塞するのではなく、自分たちの立場を超えて、より広い場所に自分を押し開いていこうとする姿勢が重要なのだと思います。

この点はWJFプロジェクトも同じなのですが、沢村直樹氏は、右派の立場に留まっているからこそ、右派の人たちに耳を傾けてもらえるという強みを持っています。

しかし、その強みは、右派の立場の外側にいる一般の人たちからは顧みられないという弱みにもつながります。

また、せっかく結集させることができた人々を、今回の出来事のように、「右翼」という殻の中に閉塞させて、「左翼叩き」の方向に誘導してしまうのでは意味がありません。

WJFプロジェクトも含め、沢村直樹氏やその周辺の人々の活動が、真に「右翼」の殻をやぶるものになりうるか否かが求められているのだと思います。
*
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

沢村さんがいくら真摯に対応しようとも
エゴを通し続ける侍JP氏と付き合い続ける限り、信頼は失われていくもの。
「周りからどう見られるか」が分からずに活動を続けても人は去っていくだけでしょう…。
精力的に活動している方なだけに、最近の様子は悲しく思います。

No title

韓国YMCAは、やはりPARCが以前から使用してきた場所の一つのようです。そのため、またこちらが会場となる可能性があります。沢村さんが「今回場所がたまたまそこしかなかったのなら仕方がない」ということでご納得されたというのであれば、今後またここが会場になった際、抗議を続けてゆかれるのでしょうか。心配です。
ならば、今回のところは原告を降りて、会場のことは目をつぶってほしい。というのが私の個人的な思いです。
ツイッターデモはごく限られた人が連投しただけですし、会場に不満を持っている原告が半数程度いるならば話は別ですが、原告二千人のうち数十人もいないと思われます。
勿論彼らは単純な好みで反対しているのではなく、自身が政権批判する中で反日呼ばわりされてきたことを踏まえて、国民からどう捉えられるか、安倍政権サイドがこれをどう利用するかを憂慮しています。
それは私も理解していますが、普段使っている場所を、変えて下さいというのはご迷惑です。「反日団体のガス抜き」などという文言で拡散したあとでは、失礼のないように提案することも不可能です。

もし仮に、「痛いニュース」や「保守速報」あたりで、【悲報】反TPP市民団体が反日施設で団結!のように取り上げられて一般人に拡散されたとしても、反論を書き込みに行きましょう。上念倉山あたりが馬鹿にして取り上げたとしても、それはほとんど影響ないので粛々とTPPの害を訴えていきましょう。
WJFプロジェクトについて
ご寄付のお願い
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
蓮舫の二重国籍問題のジレンマ

違う入り口を選んだハズなのに、ドアを開けると、同じ出口につながっている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。