国家における対称性の問題

左翼の果たす役割。
私は昭和九年から同十五年に至る間、自ら種の論理と呼んだ弁証法の研究に従い、これをもって国家社会の具体的構造を論理的に究明しようと志した。その動機は、当時台頭しつつあった民族主義を哲学の問題として取り上げ、従来私どもの支配されきたった自由主義思想を批判すると同時に、単なる民族主義に立脚するいわゆる全体主義を否定して、前者の主体たる個人と、後者の基体とするところの民族とを、交互否定的に媒介し、もって基体即主体、主体即基体なる絶対媒介の立場に、現実と理想の実践的統一としての国家の、理想的根拠を発見しようと考えたことにある。あくまで国家を道義に立脚せしめることにより、一方においてその理性的根拠を確保すると同時に、他方において、当時の我が国に顕著であった現実主義の非合理的政策を、できるなら少しでも規正したいと念願したわけである。

(出典: 田辺元『種の論理の弁証法』序文 1946年)

現在の日本人の弱さは、神道の抱える弱さでもあり、現状追認と、権力迎合に陥ってしまうことである。

たとえば、今年の5月26日から5月27日にかけて開かれる伊勢志摩サミットでは、TPPによって日本を破壊しようとしている国賊安倍晋三に率いられ、G7と欧州連合の各国首脳が、伊勢神宮を参拝するのだという。

よりによって、「斎庭の稲穂の神勅」を授けた皇祖神の神の宮を、日本の稲作を根絶やしにしようとする張本人が参拝する。

これほどまでの、日本という国家やその歴史に対する冒涜があるだろうか。

そのことに対する怒りは、神社関係者から全くあがってはこない。

怒るどころか、むしろ、歓迎する有様である。

伊勢だけではない。

出雲大社御遷宮奉賛会の会長は、あろうことか、TPPを推進してきた経団連の米倉弘昌がつとめていた。

よりによって「国作り」を行った神の社の刷新を、「国を壊す」輩が取り仕切っていたというのだから、情けない。

これほどまでに、「所造天下大神」(あめのしたつくらししおおかみ)の魂を汚す行為があっただろうか。

現在の日本人や神道が示すこの弱さは、対立する二つの原理が、「交互否定的に媒介」し合うことなく、一つの原理のみに傾斜し、圧倒的になることから生じている。

現在の神道からは、権力を相対化しようとする、反体制的な左翼的原理(私はこれを「地祇的原理」と名付けた)は、完全に払拭されているかに見えるが、過去の歴史を振り返れば常にそうであったわけではない。

神道は,中央集権的な律令国家の編成を目指した、天武朝から持統朝にかけての朝廷によって編纂された記紀神話に大きく依拠するから、当然のことながら体制翼賛的な性質を持つ。

しかし、その記紀神話は、被征服王朝の王である「大国主」という、ヤマト王権側からみれば「反体制的」な神に重要なポジションを与えたのであり、記紀神話はもともと、体制翼賛的な右翼的原理と、反体制的な左翼的原理のコンビネーションから成り立っていたと言える。

記紀神話の中で重要な位置を占める「国譲り」神話は、まさに、この対立する二つの原理が、「交互否定的に媒介」する物語であった。

記紀神話の中に当初から織り込まれていたこの「左翼的原理」は、平安時代の末期には、春日大社や日吉大社のような神社を拠点として展開された「強訴」(ごうそ)という反体制デモの形で歴史の表面に現れた。

参考記事: グローバリズムと神道(27)(2015年2月25日)

都にあって朝廷を取り仕切っていた藤原氏の一門は、彼らの氏神である春日大社から、ご神体の鏡を付した「春日神木」を掲げてやってくる「春日神人」(かすがじにん)らの反体制デモに、戦々恐々としていたのである。

西洋においてブルジョワ革命やプロレタリア革命などの反体制運動が起きるよりはるか以前から、日本には、このように反体制・反権力の歴史が刻まれていた。

「春日神人」を、平安当時、「国民」(こくみん)と呼んだのは何かの象徴だろうか。

国家と国民が「交互否定的に媒介」してこそ、国家は健全な姿を保ち、前に進んでいくことができる。

人の脳が右脳と左脳から成り、人の身体が右半身と左半身から成って、まっとうな全人となるように、

また人間の脳や身体と相同性をもつ神社の本殿や境内が、人間と同じ左右対称の形をとっており、阿形と吽形の左右の狛犬のいずれか一つだけを選び取ろうとすることが全くナンセンスなように、

体制や権力を肯定する右翼的原理が排除されて、体制や権力を否定する左翼的原理ばかりが圧倒的になっても、その逆に,左翼的原理が排除されて右翼的原理ばかりが圧倒的になっても、国も人も、健全な姿を保つことはできないだろう。

左右対称であることの意味は、二対のものが一体であるということである。

日本と韓国の二国は一体の国ではないので、日韓の間に「対称性の構図」は描かれてはならず、その非対称性が維持されなくてはならなかった。

参考記事:
非対称的に攻めろ(2012年4月23日)
情報戦とオセロゲーム(2012年12月8日)
浅田真央選手を守れ(5)(2012年12月17日)

しかし、日本という国家は一体である。

ならば、その内部の対称性は維持されなくてはならない。

左翼と右翼の間の関係は非対称であってはならない。

ひたすら右に傾斜して、国家の中に非対称性を作り出してしまうことではなく、左右の対称性を維持することこそが、本当の「愛国者」の務めでなくてはならない。

そのことに気づいている「愛国者」はいまだ多くはない。

TPPという国難を乗り切り、国家の一体を維持するために不可欠なのも、左右の対称性の回復なのだ。

現在の日本には、大衆を扇動して、国家が一体であるために不可欠な対称性を破壊し、非対称性へと顛落させようとする勢力が跋扈している。

そのために彼らが利用する手段は、必ず、「あれか、これか」の二項対立を突きつけてくることだ。

彼らは決して「あれも、これも」とは言わない。

「あれか、これか」。

二対のいずれかの選択を迫ることで、調和のとれた対称性を損なおうとする。

国家を礼賛する「右翼」だけでは、逆説的なことに、国家というものは保守されてはいかない。

国が国として健全に立つためには、国を否定する契機をその内部に含み持たなくてはならない。

左翼の人々は、そういう重要な役割を果たしている。

だから、国家を維持しようとする「愛国者」は、左翼の人々に、安易に「反日」のレッテルを貼って排除してはならない。

左翼の人々が果たす重要な役割を、積極的に評価し、大らかに包摂していかなくてはならない。
*
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

所詮妬みから始まったこと

標題通り、私はネトウヨは
妬みから始まったものとしか
捉えていません。

例えば在特会は
「不法滞在者は強制退去」
「在日には特権がある」
と怒りを顕にしますが、

そういう怒りが消えたなら
日本を、日本の伝統文化を
守ったことになるのでしょうか?

その怒りの消え方次第では
逆に日本の伝統文化なんてどうでも
良くなるんじゃないでしょうか?

バブルになる、人手不足になれば
「中小企業に人が集まらない?
そんなの外国人にやらせりゃいいじゃん」

そんな「今が駄目だから怒る、
今が良ければそれでいい」
という考えに基づいた保守は
私の目には保守に見えない。

貴方の周りにはそんなネトウヨは
いないんでしょうが、
私の周りには毎日狂ったかのように
「チャンネル桜を見ろ」と怒鳴る
人間が最低一人はいます。

たった一人で一般化は勿論出来ませんが、
色々とWebを通じた人脈ネットワークは
あるみたいでしたのでね。

たまに
「集会出ようよ、出ろよ」とか言われますが、
私は保守をそういう眼でしか見れないので
断固拒否します。

棚橋よ

復興特別税に文句を言っている「ネトウヨ」がいるならば、そういう推論は成り立ちますが、実際にはそのような「ネトウヨ」に遭遇したことはありません。

「ネトウヨ」の中には、公共事業に投入される税金は消滅してしまうわけではなく、乗数効果によって、景気を刺激する効果をもつという経済知識をもつ人々もいます。

島が返還されれば、そこで観光業や漁業も日本人の手で行われるようになるのですから、なにがしかの経済効果も期待できます。

勝手に「こうだろう」と決めつけた上でなす批判は不毛です。

「ネトウヨ」には、多々批判されるべきところがあるのはそのとおりですが、歴史問題や領土問題を鼻で笑う左翼も、褒められたものではありません。

左翼の人々の、歴史問題や領土問題への冷笑的な姿勢や無関心こそこそが「ネトウヨ」を作り出しているからです。

右派の人たちが、左派の人たちの主張の中にある種の正しさをみとめなくてはならないように、左派の人たちも、右派の主張の中にある種の正しさを認めなくてはなりません。

そんなの知るかよ!というのも保守

では、WJFさんが先導切って
移り住んだらいいでしょう。
まあ、そんな事は望んでいる
訳ではないですけど。

私は返還されても無駄だから
返還されなくていい、と言ってる
訳ではなく、

北方領土が戻って来て金が掛かる
ようなら「戻りたい奴が払えよ!」
という風になり兼ねないのが
今のネトウヨだという事です。

それを保守と言えるのかどうか。

棚橋よ

北方領土が戻ったなら、
貴方はそこに住みますか?
全てのインフラは一新され、
貴方の税金が投入されます。


東北が復興されたら
貴方はそこに住みますか?
全てのインフラは一新され、
貴方の税金が投入されます。

そのとき、あなたは
「あんなお荷物、要らんかったのに」
と言うんですか?

北方四島に古くから暮らしていた人たちがいます。
先祖の墓のあるふるさとに戻りたいと願っている人たちです。
理不尽なやり方でふるさとを奪われたのは、
ふるさとを失った福島を初めとする東北の被災者と同じでしょう。
彼らのふるさとを国家が取り戻そうとするのは当たり前な話だし、
それを国民が支えなければならないのも、また、当たり前な話です。

北方領土が戻ったなら

北方領土が戻ったなら、
貴方はそこに住みますか?
全てのインフラは一新され、
貴方の税金が投入されます。

守るべき土地
望んで得た島

例え都会の生活が
苦しくなっても

王道楽土を作らねば
「あんなお荷物島、要らんかったのに」
なんて卑怯者が保守を名乗るだけ。

日本のルーツ

近代において国家権力や中枢から見捨てられてきた山陰地方を旅することで、国譲りの舞台となった古代の日本人の心を辿る旅となりました。
WJFさんのブログに出会い伊勢と出雲の対称性の妙を知り、歴史のなかで積層された日本のルーツに接する機会をいただいたこと誠に感謝です。

文化を守るのは難しい

日本人にとっては二束三文の山を
中国人が買ったら「国を守れ」と
騒ぎ立てる。

だったら日頃から、そんな山の
価値を守る努力をしたらいいじゃ
ないか。

今のネトウヨがやっている保守とは
生活防衛以上でも以下でもない。

伝統文化を守るといのは
そんな簡単なもんじゃない。

守るべき本質

昨年、伊勢神宮内宮の別宮月讀宮に参拝した時に宮司の方と話す機会があり
ました。外宮と内宮を参拝しても、調べて別宮までを参拝する人は少ない。
詳しく知らべて興味を持ち参拝するのは最近では外人の方が多いそうです。
その宮司の口調から察すると、最近の日本人は成っちゃいない感覚。
理解は出来ますが伊勢神宮の宮司でさえ、この様な感じでしたので何だか残
念な思いでした。確かに日本人より日本を理解し日本人らしい外人はいます
が、極少数だと思います。
私は幼少の頃、生前の母に連れられて九州地元の仏閣巡礼に行っていました。
その頃はまだ巡礼者も多く賑わっていましたが、今では閑散として韓国人旅
行者が増えています。馴染みのある住職に現政権の問題点を話す機会があり
ましたが、良くやってると残念な答えでした。その雰囲気から察すれば、
やはり神社仏閣の何ら税金等の優遇に関係があるのだと思われます。
神社仏閣を維持する為には確かに費用が必要だが、本質を忘れては本末転倒
でしょう。本質から離脱した神職、住職等では無く、神社仏閣本来の尊い意
味合いや教えを守るべきでしょう。
今は安倍政権の格差貧困社会政策の為に日本庶民は追い込まれ心も時間も余
裕が無い。この悪循環が続けば何れ神社仏閣はおろか天皇制も危機に直面す
る事でしょう。日本人のアイデンティティは失われ、日本は中身の無い競争
原理だけの国に落ちぶれる。そんな事も想像出来無いほど、日本人が駄目に
なったとは思いたくはない。大嘘付きの口だけで利用できるものは何でも利
用する売国安倍晋三を日本人は阻止しなければなりません。
この春は宇佐神宮に行く予定ですが、当時の皇室を守られた和気清麻呂公の
霊社にこの国の行く末を守って下さるよう参拝したいと思っています。




WJFプロジェクトについて
ご寄付のお願い
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
蓮舫の二重国籍問題のジレンマ

違う入り口を選んだハズなのに、ドアを開けると、同じ出口につながっている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。