沢村直樹氏と侍JP氏は訂正し謝罪せよ

きちんと、禊ぎをせよ。
沢村直樹氏と侍JP氏は、2月3日の夜、すなわち、TPP参加12カ国がニュージーランドでTPP協定文に署名する日の前夜、「TPP違憲訴訟の会」に対して、「反日団体のガス抜き」なる誤ったレッテルを貼って、ニコ生の放送、ツイッター、ブログなどで拡散させた、その事実誤認を認め、訂正し、謝罪しなさい。

TPP協定文よりも上位にある日本国の最高法規である日本国憲法によって、TPP批准・発効を阻止することは、反TPP活動の最大の正攻法であり、実効性がもっとも期待されるものです。

あなたがたが行ったことは、「TPP違憲訴訟の会」に対する名誉毀損であるのみならず、日本国民の手による反TPP活動に対する大きな妨害行為です。

国会議員全員の事務所に電話をかけてTPPに関する立場を問いただすという、沢村直樹氏が愚直なまでに行っているすばらしい活動に汚点を残さないためにも、きちんとした訂正と謝罪が不可欠です。

「自分たちは悪くない」と開き直ったり、なかったことにしてうやむやにしてしまえば、あなたがたの活動の信頼性はそこで失われます。
*
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

補足

本来は、今回のことで自省したことや自分のコメントの真意、皆様への御礼等を書きたいのですが、疲労しているので簡単なことだけ書かせて頂きます。

>選挙のことに触れないところは何を考えているのか謎
>新自由主義・グローバリズムの危険を解く上で、絶対に外せない 組織やキーワードである日米合同委員会の存在や、ACCJ、CSISの存在に触れないというのは以前から不自然に感じていました。


・選挙→以前から記事だけでなく、コメントへの返答等、既に何度も触れておられます。
・日米合同委員会→日米地位協定については触れておられるのですが、一々のことに初心者向けの詳細解説記事まで書かなければならないのでしょうか。
・ACCJ→当のご本人もブログ内で言及し始めたのは昨年の11月下旬から。
・CSIS→こちらも何度か触れておられます。
直近のわかりやすい記事。
http://wjf-project.info/blog-entry-951.html

WJFさんだけでなく、他のブロガーについても「〜について触れていないからおかしい」という思考パターンによる批評・批判はよく目にしますが、ろくに検討もせず、「総合的に」判断するこもなしに、自身のパッと見の印象や先入観から適当なことを言っているだけ、というケースが多いように思いました。

ご返信ありがとうございます

ちいほ様、なるほど。そういうことだったのですね。
解りました。どうもです。

たくろう様

実際に主催者がどうかというより、以前、沢村さんご自身がニコ生で、「賛同人に今まで敵だった左翼の人が名を連ねているが、そのようなことを言っている場合ではない。」と仰っていたんですよ。
だから、今回ツイッターデモをした層も含めて、あなたたちは、そういうスタンスだったはずでしょう?という意味です。

>ちいほさん。

>元々、賛同してるのがリベラル・左寄りの訴訟。という認識で皆さん原告になっているはずです。

そうだったの!?知らなくてごめんなさい。自分も原告ですが、TPPは国家や宗教や言語(母国語を貶めるかのような英語、英語って授業にこだわる文科省のグローバル化政策)などの文化、国境の枠さえ無くそうというくらい、全て自由化という自由貿易と称するルールの単一化、国民から決定権を遠ざけ、主権を奪うことにつながるような危険なものだと思っていましたので、リベラル(自由主義)・左寄りの訴訟というのは初めて聞いた。

>TPPはやっぱり噂通りかそれ以上の酷いもののようです。

ですよね?だから原告になりました。

ようずんさんには見えない

ようずんさんに化けたつもりなのかな?
ようずんさんは、そんな言葉は使わないし、そんな書き方もしませんよ。
物真似が下手ですね。

おおWJFよ

おお WJFよ! 怒ってしまうとは なにごとだ!
 しかたのない やつだな。 おまえに もう いちど きかいを あたえよう!
 たたかいで キズついたときは まちにもどり
 やどやに とまって キズをかいふくさせるのだぞ。
 ふたたび このようなことが おこらぬことを わしは いのっている!

侍JPさんと沢村さんへ 2

URLの数が超過してしまったのでコメントを2つに分けました。

ところで、昨日、仕事帰りに問題の説明会に実際に参加してきました。感想という名の日記です。

18時半に間に合わせたかったので、首都高を使ってタクシーで行きました。運転手さんが饒舌な方だったので、TPPの説明会に行くのだと言ったら、ご実家が農家とのことで「そんな大事なこと!私も大反対ですよ。」と言われ、安倍政権批判で話が弾みました。

着いて1階の受付に声をかけてみたら、そっけなく「9階でーす」とだけ言われました。場所だけ貸している風でした。

報告はTPP反対のお馴染みのメンバーで、会場内は普段動画で観ている雰囲気と一緒でした。いわゆる反日左翼っぽい発言はどなたも一度もされておらず、「なぜ日本政府は、国を売り渡すようなことをするのか」という言い方をしていました。

TPP分析のために別々の専門家が結集しているチームであり、ガス抜き団体などという言い方は、どう考えても当たってないと私は思います。

1階にキリスト教の大きな絵画が飾られていました。私としても、韓国のキリスト教の施設で開催だと何か関係があるかのようで、別団体との繋がりを感じさせない別の場所の方が望ましいと思いました。
侍JPさんや沢村さんのご指摘は、左派の方が思いつかない良い着眼点でした。
だからこそ、ツイッターデモの前に、この会場だとなぜ一般国民に対して逆効果を生む可能性があるのか、それを分かっている保守系の方が“紳士的に”説明する必要があったのでは?

しかし報告の内容が大変すぎて、保守系が韓国がどうのなどと騒いだことに顔が赤くなる思いでした。

動画でご確認ください。
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/286062

こちらは資料です。こちらを片手に動画を観れば、内容としては足を運んだことと同じです。(現在上がっているのはVer.1ですが、会場で配られたのはVer.2です。あとでアップされると思います)
http://www.parc-jp.org/teigen/2016/tpptext201601.html

今まで、「TPP反対派は大げさ」「不安ばかり不当に煽っている」などとよく馬鹿にされてきましたが、まったくそんなことはなく、TPPはやっぱり噂通りかそれ以上の酷いもののようです。
みなさん、この報告会の拡散に協力しましょう。

侍JPさんと沢村さんへ

PARCの報告会の「案内」をしたのであって、「TPP交渉差止・違憲訴訟の会の説明会」ではないですから、
侍JPさんのこちらの記事は、その点については修正が必要です。
http://antiglobalism.blog.fc2.com/blog-entry-137.html

3年前、よしふるさんが左翼系TPP反対デモの日程を動画で告知したら、そのデモがWJFだという嘘の動画を上げられ、私は当時悔しかったです。
今回と構図が同じです。

『支持政党は?』と質問すると『安倍信者』とキレるWJFの笛太鼓デモ
この気持ちの悪い朝鮮太鼓の連中WJFプロジェクトですwww
http://www.nicovideo.jp/watch/sm20841066

よしふるさんはデモ主催者のことを考えている場合ではないと思い告知したと動画で書いておられたと記憶しています。(相当前のことで頭の中で事実関係が曖昧です。記憶違いでしたらツッコミお願いします。)

今回の説明会は、確かに訴訟の会と構成員は被っていますが、別団体という事実はしっかりと踏まえたうえで、丁寧に意見を届けるべきだったと思います。

WJFさんは会場選択のまずさに意見すること自体には反対しておられません。
問題は、
・説明会の主催は訴訟の会ではないこと。
・丁寧に訴える前からツイッターデモという失礼な方法
です。

また、上記の侍JPさんのブログのコメント欄に、WJF様について、
>選挙のことに触れないところは何を考えているのか謎
>新自由主義・グローバリズムの危険を解く上で、絶対に外せない 組織やキーワードである日米合同委員会の存在や、ACCJ、CSISの存在に触れないというのは以前から不自然に感じていました。

とありまして、これについて。
「個人的に不満に思う」ならまだしも、自分が重要視している事柄に触れないとすぐに「不自然」に感じる政治界隈の人たちの感覚はおかしいと私は思っています。(三橋のように矛盾した行動を理詰めで検証できる場合は除きますよ。)

WJF様が政治面に触れなくなったことは私も不満に思っており、コメントした際に回答を頂いたこともありますが、ブログ記事本文でも、参院選以降「政治」の世界に限界を感じ、「非政治」に関心が向いておられることが度々説明されていますよね?

以前、反安倍ブロガーさんから、「ブログは結局自分の書ける内容のことしか書けない」というお言葉を頂きましたが、その通りなのだと思います。
WJF様は政治経済のご専門家ではなく、元々の関心が哲学畑の方なのでしょう。「なぜCSISについて語らないんだ。不自然だ。」とか、ときには「○○は黒だ」までいってしまうような思考方法はおかしいと思います。

あと、これは私の想像で、もし違っていたら大変申し訳ないのですが、このブログで政治話を追っていた2013年前半に比べて、侍JPさんその他、保守ブロガーやニコ生主が増え、具体的な政治話を拡散するようになったことで、こちらのブログの荷が一部降りて、それを関心事に充てているのではないかと考えているのですが…。
WJFさんは侍JPさんや沢村さんの盛んな活動をご存知なので、「なぜ選挙のことを言わないんだ」の答えは、あなた方がいてくれるからでは?閲覧者は重なってますからね。
こう言うと「違います」と言われそうですが(笑)



WJF様と読者の方が論争になるといつも、旧ブログで起きた署名騒動を思い出します。

なぜ日本海呼称問題について「署名」をしてはならないのか
http://wondrousjapanforever.cocolog-nifty.com/blog/2012/04/post-0292.html
他にも何本か記事があります。この騒動は象徴的で、WJFプロジェクトの中できわめて重要なすばらしい記事です。個人的に一連の記事の再掲を希望しています。
コメント欄ではWJF様が今と同じブレない主張をされています。

WJF様の主張は、
・韓国と署名合戦をすることは対称の構図を作ることであり、相手の思う壺である。
・アメリカに請願するのは事大主義の属国のすることである(そもそもアメリカ人以外が使えるシステムではない)
・間違った方法でなく、東海表記を採用している一般企業に声を届けるなど、他にやり方がある。

といったものでしたが、ネトウヨは理解できず、
「今まで黙っていたから日本の立場が悪くなったんだ!」
「日本人は怒って当たり前、WJFは日本に対する愛はないのかー!」
という感情論で韓国と鏡写しの行動をとり、アメリカへお願いの署名という愛国無罪の愚行に突っ走って、独立国としての日本の誇りを傷つけたのでした。

不思議なのは、WJF様は決して「抗うな・主張するな」と言っているのではなく、「そのやり方はよくない、別の方法がある。」と具体的に挙げているのに、彼らがそれを理解できず、WJF様のように地道に外国人の認識を変えようとする人の努力をぶち壊したことです。

今回も、WJF様は「主催者に、冷静に意見を届けるならまだしも、」と、この会場で行う事に懸念を表明すること自体に反対していらっしゃるわけではありません。

にもかかわらず、「これほど問題があるのだから、怒って当然だ。」からと、無防備に、よい印象を与えない方法で突っ走ったことを正当化する。
ツイッターの通知欄を開いたときに、失礼な言葉遣い&言葉足らずのツイートが何百件も入っている状態を見て、中の人がどう感じるか想像がつかないのでしょうか。
(私もリプライを大量投下しがちなのでブーメランです。)

また、TPP反対が反日左翼扱いされる懸念であれば、その手の人たちに見つかる前に、こっそり主催者に掛け合って、今後の開催場所についてお願いした方がいいと思います。
幸か不幸か、反日左翼レッテル貼りの人にすら気付かれないくらいにTPP説明会が目立っていない状況なのに、フォロワー約8000人の侍JPさんのアカウントでデモしたら逆に広まってしまいます。

>いくらでも場所がある証拠を出しましょうか?
>http://www.shinjuku.hall-info.jp/pc/state.html
>ほら、新宿だけでもこんなにホール空いてますよ?

内田さんの、
>その時点で空いている会場がたまたま韓国YMCAだっただけであり、

というのは、人員・資金・時間・期限が限られている中で、「この団体が出来うる範囲」であたった結果、という意味でしょう。
説明会の主催は、「NPO法人 アジア太平洋資料センター」ですから、韓国のこの施設と関わりがあって、会場がスムーズに取れるのだとしても不思議はないのでは?「実は繋がってた!」のように驚く必要はありません。元々、賛同してるのがリベラル・左寄りの訴訟。という認識で皆さん原告になっているはずです。
ですので、私も原告ですが、
>これはおかしいだろと 気がつき始めた
となる感覚はわかりません。

彼らにとっては脅威のブログ

「あ」とか、なりすましWJFとか、WJFさんが承認していないコメントが大量にあるんですね。しかも他サイトで人の名を語るという卑怯さは日本人らしくない。これは、このWJFプロジェクトが、日本破壊を目論む勢力にとっていかに脅威であるかを示しています。
右翼ブログがさんざん在日や特亜を叩いてみてもこんな粘着はないでしょう。それらが彼らにとって脅威でもなく、むしろカオスを生む好ましい方向に行っているから。だけど、WJFプロジェクトだけはそうではない。日本人のあるべき道を指し示しているから「彼ら」にとってはどうしてもつぶさなくてはならない存在。
特に、これまで作成された動画は「彼ら」にとって拡散されたくないものだ。日本人だけでなく、特亜の人々をも目覚めさせてしまう。
粘着する誹謗コメントの多さは、このブログがグローバリストにとって最も邪魔な存在であることを証明していると思います。

なりすまし「WJFプロジェクト」よ

神社に放火すんなよ。

君がこのブログに書き込んだ、私が承認していない誹謗中傷のコメントは100以上。

http://blog-imgs-86.fc2.com/w/o/n/wondrousjapanforever/2016020601.png
http://blog-imgs-86.fc2.com/w/o/n/wondrousjapanforever/2016020602.png

君は、以前からツイッターでWJFプロジェクトに執拗にいやがらせをしたり、アダルトサイトに「WJFプロジェクト」の名前で勝手に書き込んだりしている人だよね。
http://t-proj.jp/twitter/?q=from%3Anarimiyaruri

どうしてそこまでWJFプロジェクトに粘着するのかな。

「在日嫌いの日本人」になりすまして、「在日叩き」や間違った「アイコクシン」へと日本人を誘導する君のような、本物の反日野郎がいるから、「在日叩き」のプロパガンダに日本人は安易に乗ってはならない。

日本人にさんざん「在日叩き」をさせて、日本人を不利益や国家破壊へと誘導する、「人を呪わば穴二つ」的なカラクリができあがっているからだ。

そういうカラクリをさんざん観てきたはずなのに、沢村氏も侍JPも何をやってるんだか。

あよ

>一般人ドン引きの『グローバリズムと神道』とかいうオカルト記事

君は知らないかもしれないが、日本に暮らす「一般人」は、たいがい初詣に神社にいき、お守りを買ったり、おみくじを引いたりするものです。

家内安全、商売繁盛。

「一般人」が抱く、ごく普通のありふれた素朴な願いの延長線上にではなく、嫌韓や反中や在日への敵意といった憎悪に根ざす「アイコクシン」は、それ自身が毒を含むようになり、日本を損なうものになるだろう。

>SEALDsを『(なりすましではない本物の)韓国人の集団』

SEALDsが横文字ばかり使って安保法制に反対しながら、なぜ安保法制より深刻な問題であるTPPのようなグローバリズムを批判しないのか違和感を述べたことがあるが、「SEALDs=韓国人」などと一言も述べたことはない。

http://wjf-project.info/blog-entry-924.html
WJFプロジェクトについて
ご寄付のお願い
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
蓮舫の二重国籍問題のジレンマ

違う入り口を選んだハズなのに、ドアを開けると、同じ出口につながっている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。