【再掲】浅田真央選手と建国記念日

縄文の森よ、繁茂せよ。
この記事は、旧ブログの2013年2月11日の記事「浅田真央選手と建国記念日」の再掲です。

完璧なSPの演技でした。

迷いと苦しみを乗り越えての二年ぶりのトリプル・アクセルの成功。

大変苦しい状況の中迎えた建国記念日ですが、願わくは、私たちも浅田選手の後に続きたいものです。
私たち一人一人は、その心の深層に、縄文の森にまでさかのぼる「日本の根」を宿しています。

国を守るということは、なによりも、私たちの心の中の根っこに水をやり、芽吹かせていくことであり、この木がまっすぐに育つように国の形を整えていくことではないでしょうか。

浅田選手のすばらしい演技も、縄文の森から生えだした、日本の樹木の一本であったと思います。

浅田選手がもくもくと練習に取り組んでいた時、おそらく彼女はもっとも力強く、私たちの国を守っていてくれたのだと思います。

他国の悪口を言うことが、国を守ることではありません。

特定の人物や政党を神格化し、狂信することが国を守ることではありません。

憎悪や狂信ではなく、浅田選手のように、自分の心の中の深い「日本の根」から、本当の意味で国を愛し守る行動を起こす人々が、もっともっと現れますように。

そして、どうか、この苦難を切り抜け、この森がいつまでも豊かに繁茂しますように。

そう強く願います。

参考記事:
日本の根っこ(2013年7月3日)
非対称な勝利2014年2月22日
*
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

WJFプロジェクトについて
ご寄付のお願い
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
蓮舫の二重国籍問題のジレンマ

違う入り口を選んだハズなのに、ドアを開けると、同じ出口につながっている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。