【再掲】日本人は愚かではない

日本人は、自分の愚かさが時には国家を破滅に導くことがあることに気づかないほど、愚かではありません。
この記事は、旧ブログの2013年5月17日の記事「日本人は愚かではない」の再掲です。



日本人は、建国以来、幾多の国難を乗り越えて、外国の侵略から国家の自存と独立を守りぬいてきた、勇敢で、知恵に溢れた、優秀な民族です。



●日本人は、各列強が、帝国主義的な野心を掲げて同じように覇を競い合っていた時代に、日本だけが悪の侵略国家であり、数十万の一般市民が原子爆弾や絨毯爆撃の炎によって瞬殺されても、それは我々が当然受けるべき罰であったとする、戦勝国の押し付けた自虐的な歴史観をいつまでも正しいと信じ続けるほど、愚かではありません。

●日本人は、中国や、韓国、北朝鮮が、一方的な被害者のふりをし、日本の戦争犯罪に関して彼らが誇張して語る物語に対し、ただ謝っていれば、平和や友好関係が維持されるのだと考えるほど、愚かではありません。

●日本人は、中国や、韓国、北朝鮮が、一方的な被害者のふりをし、日本の戦争犯罪に関して彼らが誇張して語る物語に対し、「あったか」か「なかったか」の二元的思考に陥って、否定と謝罪の間を振り子のように何度も行ったり来たりするほど、愚かではありません。

●日本人は、中国、韓国、北朝鮮といった隣国の悪意のあるプロパガンダの根底には、私たちが友好を求めてやまないアメリカと言う大国が作り出した都合のよい歴史観が存在することに気づかないほど、愚かではありません。

●日本人は、日本の独立後も、表向きは日本の防衛を名目に軍隊を駐留させ、絶えず内政干渉を行い、日本の自存と独立を奪ってきたアメリカにすがってさえすれば、これら隣国の悪意をはねのけることができると考えるほど、愚かではありません。

●日本人は、冷戦が終わって20年が経過しても、世界の情勢が変化したことに気づかず、アメリカ=善の陣営、中国=悪の陣営と、いつまでも善悪二元的に考え続けるほど、愚かではありません。

●日本人は、アメリカ軍の駐留を恒久化させ、日本の歴史上初めて日本を他国の属国としてしまった自民党という外国の傀儡政党を、いつまでも純粋な「保守政党」だと信じ続けるほど、愚かではありません。

●日本人は、民主党がひどい売国政党だったという事実は、自民党がすばらしい愛国政党であることを意味しないということに気づかないほど、愚かではありません。

●日本人は、安倍政権が実現を目論んでいる、TPP、道州制、日中韓FTA、マイナンバー制度、消費税増税、水道民営化、電力自由化、英語公用語化、六・三・三制度の廃止、移民の受け入れなどが実現したら、日本という国家の終焉につながることに気づかないほど、愚かではありません。

●日本人は、上記のような国家破壊につながるありとあらゆる売国政策を実現させようとする安倍政権を、保守政権だと信じ込むほど、愚かではありません。

●日本人は、安倍政権が実現を目論んでいる、TPP、道州制、日中韓FTA、マイナンバー制度、消費税増税、水道民営化、電力自由化、英語公用語化、六・三・三制度の廃止、移民の受け入れは、日本という国家の終焉につながることを知りながら、「安倍さん以外に誰がいるの」と問い続けるほど、愚かではありません。

●日本人は、一部の閣僚による靖国神社参拝など、安倍政権が示す愛国的なパフォーマンスが見せかけであることに気づかないほど、愚かではありません。

●日本人は、小泉政権という前例がありながら、そもそも小泉政権の後継者として指命された安倍晋三が率いる政権が、小泉政権と同じように、愛国的パフォーマンスで国民の目を欺きながら国を売る、典型的な新自由主義の政権であることに気づかないほど、愚かではありません。

●日本人は、数年前に、小泉構造改革が、多くの自殺者やリストラや日雇い労働者やホームレスを生み出したことを自分たちの目で目撃しながら、安倍政権が実現を目論むTPPや道州制といったさらに大規模な構造改革が、国民生活の徹底的な破壊につながることが予測できないほど、愚かではありません。

●日本人は、同じやり方で二度も、三度も騙され続けるほど、愚かではありません。

●日本人は、アメリカがかつての交戦国であったドイツやイタリアには内政干渉を行わないのに、日本に対してだけは内政干渉と間接支配を続けるのはなぜだろうと疑問に思わないほど、愚かではありません。

●日本人は、一時的な株高や円安のニュースに踊らされ、この先、消費税増税やTPPなどの構造改革によって、国民全体を巻き込む経済的苦境が待ち受けていることに気づかないほど、愚かではありません。

●日本人は、安倍政権が実現するであろう拉致問題の進展が、安倍政権の外交力の成果というよりは、北朝鮮との癒着を示すことを疑わないほど、愚かではありません。

●日本人は、亡国最終兵器であるTPPへの参加によって国を失おうとしているにも関わらず、物事の優先順位が分からず、韓国人の問題で大騒ぎし続けるほど、愚かではありません。

●日本人は、安倍政権が「対中包囲網」のためにTPPが必要だと言いながら、日中韓FTAを締結しようとしていることを「変だぞ」と思わないほど、愚かではありません。

●日本人は、TPPが亡国最終兵器であることを知りながら、TPPに嬉々として参加しようとしている安倍政権を支持し、次の選挙で勝利を与えることが民族の自殺行為であることに気づかないほど、愚かではありません。

●日本人は、TPPが亡国最終兵器であることを知りながら、日米同盟のためには仕方がないとあきらめるほど、愚かではありません。

●日本人は、自分の愚かさが時には国家を破滅に導くことがあることに気づかないほど、愚かではありません。

●日本人は、仮に上記のいずれかの愚かさに一時的に陥っていたとしても、自分の愚かさを認め、修正できないほど、愚かではありません。

日本人は、建国以来、幾多の国難を乗り越えて、外国の侵略から国家の自存と独立を守りぬいてきた、勇敢で、知恵に溢れた、優秀な民族です。

これまで多くの国難を乗り越えてきたように、現在直面する大きな国難をも、私たちは必ず知恵と勇気をもって、乗り切る事ができると信じています。
*
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

よりによって署名式直前にこの騒ぎ

今朝方は長文失礼いたしました。

本気でTPPを阻止したいと考える人達はPCに向かつて御託ばかり並べていないで、前進、行動し続けているのだなと思ったので、内田聖子さんのTweetを転載させて頂きます。

>つい先ほどニュージーランドでTPP協定に各国閣僚が署名。現地では抗議デモも多数。各国の市民団体などは、今後の各国での批准での闘いを宣言。
>2016年2月4日 09:14

ところで安倍晋三は悪魔の遣いさん、先日お騒がせした旧統一協会の件に引き続き追加情報、有難うございました。
(私はあの時の自分の慌てぶりを思い出すと侍JPさんの「感覚」もわからないのではないのですが、情報不足が気になったので。また、そこまで気になるのなら何方かが会合に参加してみたらよいのではないかと思ってしまいました。)
「説明会」とは、このPARCの報告集会ですよね。
■(FB)報告集会: TPP協定の全体像とその問題点 ―市民団体による分析報告―
https://www.facebook.com/events/1681787532076391/
あとは内田さんに問い合わせて下さった方がいらっしゃるようですし、更なる情報を待ちたいと思います。

それと、あらためて思ったのですが「完全な保守派、右派のみ」で構成されている、または所謂「中立的立場のメンバーのみ」で構成されていて、左派も混じっているそれらよりも有益で現実的な活動や研究・分析をしている反TPP団体や活動グループつてあるのでしょうか?
色々なコメントを拝見していてそう思いましたし、極端なことを言えば、そこまで左派だの何だのを気にするのなら、反TPP活動も今後はそれらに関係する団体、人々の活動や情報、資料を一切利用せずやってみませんか?
PARCにもケチがついたとなると内田聖子さんも頼れませんね。

最後に、「あ」さんはそんなに草を生やすのがお好きなら、家庭菜園でもガーデニングでもなさったら如何ですか?

本当は日本の歴史を駆け足で復習した直後だったこともあり、今迄見てきたどのチラシよりも積極的に配布したくなるような記事、また自分自身も非常に程勇気づけられた記事だったという感想を書くつもりでしたが、またしても「この道はいつか来た道」みたいなことになってしまい、勉強にはなりましたが些か残念にも思いました。

Re: 今回の件で内田聖子さんに直接聞いてみました

内田さんの回答は公開可能でしょうか?
誤解が解けるなら、公開させていただきたいのですが。

あよ

>オイオイ、コメント消して反日発言を『無かった事』にする気か?wwwwwwwwwww

あまりにどうでもいいことなので、消しただけです。
TPP違憲訴訟の会が、せっかくやってくれていることにも、
沢村氏がせっかくやってくれていること(議員事務所への電話)にも、
水を差したくないだけ。
TPPに反対している人たちが互いに足引っ張ってどうするよ。

オイオイ、コメント消して反日発言を『無かった事』にする気か?wwwwwwwwwww

ボロが出てきたな、WJFプロジェクトwwwwwwwww

市民向けです

どうやら、誤解があった様に思います。
TPP交渉差止・訴訟の会が案内している為、何か勘違いをしておられる様ですね。
今回の報告会を主催しているのは、PARCですよ。
そして案内にもある様に、内容は、TPP協定の全体像とその問題点、それとTPP協定文の分析レポートの報告会です。
PARCと市民団体の分析チームが、この2ヶ月間かけてTPP協定文書の翻訳をしたものを、一般市民に解り易く説明するのが目的です。
それと会場を選んだ理由は、急な事だった為、PARC事務所から一番近い場所で、他に空いている所を探す時間がなかったからです。
従って、TPP違憲訴訟の会が行う訳でもなく、まして訴訟に関する報告会でも無いのです。
当然、韓国云々は関係ありません。

No title

前言の私の稚拙をお許しください。私のような感情論でのポジションの押付けに、あまり生産性がないことは承知しております。申し訳ございませんでした。

さて、一件、お願い?ご意見?ご検討依頼があります。 左右を超えた、共闘策として、『サイモン・ウィーゼンタール・センター(:Simon Wiesenthal Center、略称SWC)』 の中韓及び、戦勝国史観勢力、さらにはその枠を超えた勢力による、反日共闘工作について、問題提起していただけないでしょうか?
この勢力は、「南京大虐殺」「強制連行性奴隷」の反日プロパガンダ工作の巨大スポンサーだと解釈しています。

TPPの背後にある、ユダヤ国際金融・軍産複合体・NWOの「本性」「目的」理解と、その先にある「日本国への危機」に対して、日本国民がわかりやすく理解できる縮図としての格好の象徴かと思います。
この団体に与野党問わずの人脈、政治家支援の宗教団体も深く関与したネットワークがあるのには驚きです。なぜ、中韓の反日に加担するのかを抗議する姿はまったくなく、服従のみの関係です。
これこそ、現在の国際構造をわかりやすく象徴している構図に思えてなりません。

世の中、思想(宗教)、金、権力で大きく動きます。「捏造」周知も容易でしょう。
戦前から、そして、WW1、WW2、それ以降の世の中の流れ、構造構築に、この思想の勢力が、大きくかかわっているのは、私のような若輩者より、深い知識をもっていらっしゃるかと思います。「陰謀論」で蓋をする風潮が私には理解できません。

「600万被害」等、捏造誇張物語が追加創作されたアンタッチャブルな永遠の被害者特権を振りかざした、「攻撃的・独善的」ファッシズム思想は世界でも疑問を感じている声が多くあります。

この勢力の活動に「疑問」を呈することは、かつてのマルコポーロ炎上事件が起こったように、国内外で周知・注目の気付きを引き起こせるはずです。

手法の一例は、
①封殺される、ホロコースト虐殺数、ガス室等の疑問・問題提起による注目

②杉原千畝個人だけでない、フグ計画、上海日本区、五総理層会議、樋口季一郎に代表される、当時の日本政府・軍による、ユダヤ難民救出貢献の真実拡散と、当時の米国を含めた連合国側の「ユダヤ難民救出に対する消極的姿勢」の苦言による、ユダヤ問題の日本の人道的貢献の提示

③「②」の背景に基づいた中で、『なぜ、ユダヤのSWC勢力が、日本の人道的貢献を「政府の意向に反した個人貢献」と宣伝し、「日本国のユダヤ貢献の実態封殺」を工作共闘し、中韓の反日プロパガンダのバックアップに加担するのか? 敗戦国ではあるが、本来であれば、「その一点」においては日本を擁護する立場ではないのか?』の苦言と問題提起

④及び⑤「南京大虐殺」「性奴隷」の捏造に対する異議・実態の検証提示

④及び⑤ハワイ併合への日本政府の抗議から、日露戦争・講和から、満州・中国へとつながる日米摩擦の背景や、C・I・スコフィールド、サミュエル・アンタマイアー、ルイス・ドンビッツ・ブランダイス、ジェイコブ・シフ、バーナード・バルーク、トーマス・ラモント、サミュエル・ゴンパーズ等(キリありません)の、クリスチャンと結びついた『シオニズム』思想に基づく国際支配支配の背景、さらには、フランクリン・D・ルーズベルトやソ連に代表されるユアヤ勢力による政権関与の実態からくる、日米戦への誘導工作の実態(ヒス、カリー、ホワイト、モーゲンソー、ハリマン、ダレス、ザックス、ロスチャイルド、クロムウェル、ステティニアス)、そして、原爆背景の実態の検証提起と SWCの「原爆民間人ホロコースト肯定論」への抗議・・・・

⑥WW2以降も発生している、同様の構造からの世界各国で誘発される戦争ビジネス、国際支配の実態との結びつけでの、「④⑤」の構造実態を証明させる追加例示。

⑦上記に基づく、国際構造下での、TPPによる、「グローバル社会構造加速での日本の奴隷化への危惧」の日本国民への問題喚起。

という、流れです。 これなら、「日本」を中心とする勢力であるならば、左右を超えて共闘できるかと思うのですが、いかがでしょうか?
保守層には「属米警告」「自虐史観脱却の問題提起」になりますし、離米左翼に対しては、「無条件の特亜愛と自虐史観受容への偽善警告」という踏み絵にもなると思うのですが???
①は注目引き寄せるためであって、巨大勢力を、日本を攻撃目標に仕向けさせるためのものではないので、主張に程度が必要でしょうが・・・。 少なくても、救出されたユダヤ親日勢力に対して、「日本を捏造を根拠に攻撃している、自分たちのグループがいるとはけしからん」って、親日ユダヤ勢力のサポートともに、「SWCを抑止」したいだけなのですが。このSWCを含めた、戦前の誇張歪曲反日史観を継承する勢力とは、日本の与野党ともに、べったりですよね。ハリウッド・カリフォルニアやNYメディアもその典型。 
上記のSWCへの問題提起の手法、数パーセントでもご検討の対象としてご考慮頂ければ幸いです。私はTPPは、この思想勢力が強く主導した共栄圏いや、属国圏の拡大と解釈しています。


ところで、なぜ、日本の似非?背乗り?特亜崇拝?の左翼は、「従米反対」だけに寄声をあげるのでしょうか? 私は保守?の立場でありたいと思っているので、「従米(実態は属国)反対」ではある一方で、その舵取りは、イコールで、「自主独立」には繋がらず、「土下座での特亜隷属」に過ぎないように思えてなりません。 左翼と思われる連中が、中韓の反日プロパガンダや政治体制にしっかりとした「苦言」を呈した上で、東アジアの協調を呼びかけるのであれば、一定の理解がありますが、この勢力のダブルスタンダードの不信こそが、共産主義誘導工作との解釈を日本の一般層へ生み出し、日本国民をより従米体制に加速させている大きな原因になっていると思うのですが、いかがでしょうか? 
沢村氏の指摘するプロレスならば、この勢力も日本を奴隷化できるTPPを望んでいるからのやらせでしょうか? 似非?左翼にとっては、奴隷の優先順位が、「米→中韓→日」から「米→日→中韓」にシフトされるから火病されてるのでしょうか?中韓移民が促進されれば、背乗り?左翼にとっては、思想マジョリティーに近づけるので、むしろ、TPP賛成を欲しているのでしょうか?もちろん、左翼層も特権層と下層に分かれているでしょうし、在日・背乗り勢力にも、古参と新参等や南北対立もあるでしょうから、TPP反対の真意はさまざまでしょうが、日本を奴隷化させて悲願の南北統一の理想実現から遠ざかるから反対などの真意もあるのでしょうか?

不要な誤解をわざわざ生み出させる、「場所」の選択は、普通におかしいですよ。共闘を呼びかけるのであれば、意図的に表面では遠慮する「配慮」はあってしかるべきです。日本国民の思想なら、そういった「気遣い」に頭はまわります。だから一般にTPP反対側の保守層は、当然「?」って思いますし、従米保守側等のTPP加速を狙う勢力からしたら、格好のターゲットねたではありませんか?

※ベンジャミン・フリードマン
https://www.youtube.com/watch?v=lZqRhxgPepw
https://www.youtube.com/watch?v=grR44avjwCc
https://www.youtube.com/watch?v=3K-7Hl9s2gc

私には、WJFさんのような、客観性に基づく、すばらしい動画を作成する能力はありません。 グローバル化阻止のご尽力に敬意を表しています。 

No title

沢村氏も侍jp氏も、おかしなことにおかしいと叫ぶ「正直な子供」としての筋を通しているだけでは無いのか。

それを違憲訴訟の会は頑張っているから多少のことは目を瞑れ。頑張っているから足を引っ張るな。と宥めることは安倍を持ち上げ続けた国賊と変わらないのではないか?

なぜ彼らが感情的になってまで非難の声を上げたのか?それなりの理由はあります。もしそれ知っていたら侍jp氏に向けたような軽率な発言は出てこないものと思います。WJF氏はおそらくYMCAがどのような活動の拠点とされてきたか知らなかったのでは無いのか?そうだと願いたいです。

米韓FTAとTPP

最初に。
時間がなく急いで書いた為、誤字脱字、言葉足らず、説明不足の点が多々あるかと思いますが、今回は何卒ご容赦下さい。

●待JRさん
>声くらいお願いします。 

「うりこひめとあまのじゃく」のあまのじゃくみたいなご意見だなあと思いつつ、現在、動画は非公開になっていますが、声を聞いた方々の感想なら読めますよ。
「慰安婦神話の脱神話化」(序章)英語版・読み上げバージョン
http://wjf-project.info/blog-entry-930.html

●攘夷さん
>左翼にも良くない点があるのを知っているWJFがそこに触れずに持ち上げ続ける
過去記事を読んだらわかると思いますが、記事内で触れていたり批判していたりするだけでなく、直接対峙したりもされてますよね?

●さて、本題に入ります。
侍JPさんのような警戒心の堅持も大切かとは思いますが、私自身は他の問題や事件などの裁判をみても、また現憲法下のうちに「訴訟」を起こすこと自体に意義があると感じているので、「ガス抜き」といってしまうのは如何なものかと思ってしまいました。
が、それなら先ずはその方向で丹念に調査しつつ、とりあえず場所の件については(特に2つ目のコメントでお書きになったようなことは)「TPP交渉差止・違憲訴訟の会」に直接具申なさるのがよいのではないでしょうか。
また、あのメンバーの中で比較的理解してもらいやすいと思しき人がいれば、その人個人にでもよいかと思います。
(もうしておられるかもしれませんが。)

ただもう随分前から、TPP交渉差止・違憲訴訟の会だけでなく、他の反TPP団体等のサイトや一般的なニュースサイト等でも、先に米韓FATを締結した韓国の実情や韓国のFTA・TPP反対派の話はよく出てきていたことも合わせて考えてみるのも大切かと思います。
そういえば以前、日本のTPP反対団体の会合で、韓国の反対派による講演もあったことから、要は韓国が関係しているから「TPP反対派は反日左翼」だとする批判の声が上がり、主催者側が困惑していませんでしたか?(こちらか他のブログでも、そういって反TPP派に対する注意を促すコメントを読んだ気がするのですが。)

以下、既にご存知だとは思いますが参考までに。

■米韓FTAで、韓国は“アメリカの植民地”になった - 政治・経済 - ニュース|週プレNEWS
http://wpb.shueisha.co.jp/2013/09/03/21628/
>この米韓FTAについて、立教大学経済学部長の郭洋春(カク・ヤンチュン)教授はこう指摘する。

>「アメリカの政府や企業の関係者がTPPに関して、必ずといっていいほど口にするセリフがあります。それは『米韓FTAは21世紀にアメリカが結ぶ自由貿易協定のモデル。TPPで論議していることは、すべて米韓FTAに盛り込まれている』というものです」

>ということは、米韓FTA後の韓国をウオッチすれば、TPP参加後の日本の姿が見えてくる。

(※「誰が」よりも「何を」言っているか、を重視して頂けると有難いです。)
■私たちの活動 | TPP交渉差止・違憲訴訟の会
http://tpphantai.com/concept/

>和田 聖仁
>TPPは、1989年からの日米構造協議、1993年からの、いわゆる「年次改革要望書」による、郵政民営化に象徴される構造改革路線の集大成です。

>韓国においても1997年のIMF危機、2012年3月に発効した米韓FTAにおいて同様の規制緩和・撤廃に遭遇しています。詳細は私の知人のソン・キホ弁護士による「恐怖の契約 米韓FTA TPPで日本もこうなる(農文協ブックレット)」のとおりです。

>日本、韓国の規制緩和にはワシントン・コンセンサスの影響が見受けられます。これは、1980年代以降の途上国債務問題、経済危機に対処するための国際通貨基金(IMF)、世界銀行(World Bank)等の共通の政策パッケージで、財政赤字の是正、補助金のカット、税制改革、金利の自由化、貿易の自由化、海外投資の受入れ促進、国営企業の民営化、規制緩和など挙げられていました。

>そして、今回のTPPは米韓FTAがモデルと言われ、また、TPPの相似形である「国家戦略特区」とともに、従来よりも、はるかに広範囲で、さらに速度を速めて進められてゆく可能性が高いです。

>山田 正彦
>日本がTPP交渉に参加したいと言い出したころ、私は米国政府の考えを直接聞きたいと考え、2012年1月に渡米し、当時の米通商代表部(USTR)マランティス代表補を訪ねました。そこで「TPPで日本に何を求めるのか?」と聞くと、マランティス氏は「米韓FTAの内容を読んでくれ。日本にはそれ以上のものを求める」と明言されました。そのあとすぐに、国務省のキャンベル事務次官補の筆頭代理ズムライト氏と面会すると、全く同じ答えが返ってきました。「米韓FTA以上のものを日本にTPPで求める」とはっきり言われたのです。

>当時、日本の新聞四大紙はとも推進論を展開、テレビも「日本は韓国に乗り遅れるな」などと大キャンペーンを張りました。しかし、米韓FTAを結んだ当の韓国はどうなったでしょうか?

■FTAとTPP、国民健康への災い―米韓FTA発効後2年6ヶ月後の現在 | TPP交渉差止・違憲訴訟の会
http://tpphantai.com/info/ftaとtpp、国民健康への災い―米韓fta発効後2年6ヶ月後の/

No title

そこまでいうのなら、WJFにはいつか責任を取ってもらわればならない日が来るでしょう。安倍の悪政にも対抗し、同時に左翼が齎す日本の破壊にも対抗するのが本物の保守ではないのか。

左翼にも良くない点があるのを知っているWJFがそこに触れずに持ち上げ続けるということは、安倍を持ち上げた国賊のように、とんでもない左翼を持ち上げた国賊としての責任が将来的に発生するということ。

筋を通すのか、逃げるのか。後者ではないことを願います。

No title

私のコメントはそんなに 右 でしょうか、

私自身、WJFさんの仰るほどネットに詳しくはありませんので、

左派の方として紹介された安田さんという方も、またWJFさんが右翼だということも

今日始めて知りました。

WJFさんは少し動画を見ただけですが、一見右派よりの中立だと思っておりました

右翼 というのは 大声や街宣車で中韓を叩く人たちだと思っています。

WJFさんへ

私の思い込み とおっしゃるのもいいですが、

ご自身の考えや視野も『果たして中立か?』と疑われて居りますでしょうか。

大丈夫と言われましても、右翼団体が来て騒ぐ、

それを一般人(を装ったサクラ)がネットに流したり、

TVや新聞などでニュースとしてふれ回られたらどうなるか考えられておりますでしょうか?

レッテルを貼られるということについて理解できておりますでしょうか?

失礼致します。

世間は既に嫌韓・嫌中、親米に染まっています。
私は外国人が不当に貶められることも嫌いですし、
外国人の友人・血を引く知り合いも居ます。
右翼・右派の外国人叩きにもうんざりです。

ただ、同時に嫌韓嫌中報道の見せる日本国への貶めや、
国内での外国人による身勝手な行いや犯罪にもげんなりです。

どっちも知りたくなかったですし、無くなって欲しいです。
もうお腹いっぱいです。

しかしながら、今の日本人は深く考えること、
中立から俯瞰することが苦手な方が多く、容易にメディアに踊らされます。

そして気分次第で、外国人嫌いのネトウヨにも、人情深い人権擁護派にもなります。

その数は、少数ではなく日本の日和見層の半分です。
(やや右派の強い今は6~7割かもしれません。)

だからこそ、韓国に縁のある場所である程、
たまたま気分で右翼のようになっていた人々は反発し、
TPP反対の世論が弱まってしまいます。


TPP反対を成功させることと、ご自身の美学どちらを優先されるのですか?

No title

なるほどって関心させられてますが、正体不明で世論誘導してもさ。。。

声くらいお願いします。 くだらない意見ですか?

侍JPよ

>いいですか、世間一般の人は、TPP違憲訴訟の会の内容よりも
場所で見てしまうのですよ。


あなたの「世間一般の人」の定義がずれてるんですよ。

ネット右翼界隈を「一般の人」と思ってませんか。

一般の人は、在日がどうのとか全く気にしてないんだって。

在日のことなど気にもしないような人たちに声を届けずにどうするんですか?

「在日がー」と騒いでいる人たちの言葉に、「一般の人」が耳を傾けると思ってるの?

No title

くだらん、じゃないのですよ。

いいですか、世間一般の人は、TPP違憲訴訟の会の内容よりも
場所で見てしまうのですよ。

在日韓国ナンチャラという、反転連が集まる場所でやったら、
TPP反対は反日左翼で反転連と同じだと思われて、終わりです。

TPPを阻止したいからこそ、この場所はおかしいと言っているのです。

侍JPよ

>TPP違憲訴訟の会が、反日団体のガス抜きの可能性があります。

くだらん。

私は大学受験で、水道橋の件のYMCAのユースホテルにとまったわい。

(ビジネスホテル代わりに利用しただけで、私は在日ではありませんよ。)

憲法の方が条約よりも上位にある以上、どこで集会を開こうと、日本国憲法によって、TPPを封じ込めるのは、最も正しいアプローチです。

参考記事
「なぜ、こんなことになったのか」(2)
http://wjf-project.info/blog-entry-982.html

バカウヨ頭のままで、TPPに反対する一般国民の足を引っ張るんじゃない。

沢村氏も含めて、何をくだらないことで大騒ぎしているんですか。

一般の人は「在日」がどうだとか気にしてないって。

あなたがたの「一般」が、ずれているんだよ。

侍jpよ
あなたが掲げている「脱二分化」はどうなったの

https://pbs.twimg.com/media/BoR79zUCEAABak4.png

「左翼」と呼ばれている人たちとも手を結ばないと、TPPなんかとめられねーだろ

TPP違憲訴訟の会について

TPP違憲訴訟の会が、反日団体のガス抜きの可能性があります。

●日時:2016年2月5日(金) 18:30~20:50 ※開場18:00
●会場:在日本韓国YMCA 9F 国際ホール
http://www.ymcajapan.org/ayc/jp/
●資料代:800円 ※定員100名(先着順)

No title

昔はともかく売国自民党に政権を与えていまだにそれを支持する現代の日本人は愚か
WJFプロジェクトについて
ご寄付のお願い
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
蓮舫の二重国籍問題のジレンマ

違う入り口を選んだハズなのに、ドアを開けると、同じ出口につながっている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。