「南京虐殺」関連動画・序章の概略

問題提起となる動画の骨格。
動画は、ヴェネツィア国際映画祭金獅子賞、アカデミー賞名誉賞を受賞した、1950年の黒澤明の映画『羅生門』の原作となった、芥川龍之介の短編小説『藪の中』の紹介から始まる。

舞台は平安時代。藪の中で発見された男の死体を巡って、下手人として検非違使に捕縛された男と、死んだ男の妻と、巫女の口を借りて語る男の亡霊の三者が、それぞれ事件の真相を語ろうとする。

下手人は証言する。「手籠めにした女に彼女の夫と決闘するように乞われて、男を殺したのだ」

女は告白する。「夫の前で辱められた自分に向けられた夫のさげすむような目を見て、心中を決意し夫を殺したのだ」

死んだ男は巫女の口を借りて証言する。「妻に裏切られて絶望し、自害したのだ」

三者の証言は食い違っており、結局、誰が真相を語っているのか明かされないまま小説はとじられる。

この作品を通して、芥川龍之介は、「客観的な事実など存在しない。時間や空間の特定の狭い範囲に置かれて生きる人間が、各自のエゴというフィルターを通して構成しなおした『物語』しか、この世には存在しないのだ」と言おうとしているかのようである。

(とても短い短編ですので、興味のある方は読んでみてください。)
青空文庫: 芥川龍之介『藪の中』

いわゆる「南京虐殺」問題は、この短編小説に似てはいないだろうか。

証言は互いに食い違っている。

中国人であれば、悪しき日帝から人民を解放した中国共産党に正統性を付与するための物語として、「南京虐殺」を語ろうとするだろう。

アメリカ人であれば、残虐なファシズムに対する自由と民主主義の勝利の物語として、「南京虐殺」を引き合いにだすだろう。

彼らの勝利が輝かしいものであるためには、「南京虐殺」の闇はいっそう深いものでなくてはならないだろう。

戦後民主主義や共産主義に同調する日本人であれば、アメリカ人や中国人と同様、「南京虐殺」を悪しき大日本帝国の闇の深さを示す例として語ろうとするだろう。

戦後体制に背を向けて、単に大日本帝国を美化しようとする右派の日本人であれば、「南京虐殺」を完全なる虚構として論じようとするだろう。

人はそれぞれ、各自のエゴを慰撫するための物語を形成しようとするだろう。

しかし、ここで、私たちが、それぞれの「エゴ」を離れて、あたかも神の視座から、当時の南京市で起きていた出来事を捉えようと試みることは可能だろうか。

仮に、私たちが、神の視座に立つことはできなくとも、私たちが「客観的な事実だ」と信じる、それぞれの「物語」が、各自のエゴによってゆがめられている可能性を自覚することは可能だろうか。
*
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

予告編のBGMが『ピアノ・レッスン』の「The Heart Asks Pleasure First(楽しみを希う心)」だったこともあり、意外な展開に驚きながら早速青空文庫で『藪の中』と『羅生門』を読んだら止まらなくなってしまい、黒澤明監督の映画『羅生門』まで観てしまいました。
その後で改めてこちらの記事を拝読しましたら、自分自身もあの豪雨の中の羅生門の下で、「正義や真実」などではなく、自らの(日本人としての)エゴに基づいて様々に思い惑っているだけの凡俗な人間でしかないことを痛感させられ、自省することしきりです。
また、国際的な諸問題に対し「日本は中立的な立場を生かした仲介役を果たすべき」といふような漠然とした提言をなす評論家はいても、それを突き詰めて、世界において日本が真になすべきこと、世界における日本の存在価値を真剣に探求している日本人がWJFさん以外にいるのだろうか?ということも考えさせられました。
そういうこともあり、この度の動画も非常に深く、良質な作品となることを今から確信しております。
尚、こちらの一連の記事を通して、日本の欧米化、近代化について再考した後に、芥川龍之介の他の短編を幾つか読み直してみると、今までとは異なる視点から考えさせられることが多々あったことも申し添えておきたく思います。
WJFプロジェクトについて
ご寄付のお願い
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
蓮舫の二重国籍問題のジレンマ

違う入り口を選んだハズなのに、ドアを開けると、同じ出口につながっている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。