3年前を振り返る(2)

同じ問題意識を深めてきた3年間。
2012年12月の安倍政権発足の前後から、2013年7月の参院選での自民党の圧勝までの3年前の歩みを、当時の記事を通して振り返ります。

本日取り上げるのは、2012年12月20日の記事、「歴史的思考の喪失」です。

歴史的思考の喪失

浅田真央選手を守れ(7)のコメント欄で、かなり重要な議論が出てきたように思います。あらためてそこで指摘したことを記事として記録に留めておきます。

それにしても、情報戦のみならず、企業や国家戦略のためにも、今何が起きているのかを歴史に基づいて総合的に解釈する作業は不可欠ですが、そのような国益のために戦略的に行われる実戦(実践)的な研究は今日本のどこで行われているのでしょうか。戦勝国による近代史の歪曲は、単に「日本を貶めている」というレベルに留まらず、日本人から歴史的に思考する視座そのものを奪ってしまっているように思います。ばらばらの事実を扱うことはできても、現在の自分たちの立脚地も含めた俯瞰的、総合的な物語を日本人が紡ぐことを妨げてしまってきたのではないでしょうか。戦後日本の戦略性の根本的な欠如は、戦後日本の歴史の喪失とも深く関係しているように感じずにはおれません。歴史的視座なしに、戦略的思考を持つことは絶対にできませんから。地図もコンパスも奪われたまま、ジャングルに放置されてきたのが戦後の日本です。歴史の喪失は日本に地政学的戦略性の欠如を招き、日本に多大な損害を与えてきたように思います。

歴史とは本来、現在の自分たちの立ち位置を含めた世界の成り立ちを説明する共同体の自己認識のための物語なわけですが、「事実」と「価値」、「なされたこと」と「なされつつあること」、「認識」と「実践」、「これまで」と「これから」の二つの領域をまたがって紡がれるものであると思います。

ところが、日本が戦争に負けて、戦勝国に都合のよい歴史があてがわれたとき、以下のような問題が発生したのではないでしょうか。

1. 歴史は、日本の「これまで」を効果的に説明する自己認識の物語としては役に立たなくなった。
2. 戦前の「軍国主義」に協力したとされる学者のパージが行われるとともに、戦後の歴史家や人文・社会科学の学者たちは、「価値」の領域から待避し、ばらばらの「事実」を扱う実証的研究に極端に傾斜していった。
3. その結果、歴史は、「これから」に光をあてる実践的な学問であることをやめてしまった。
4. 歴史が「これまで」の事柄についても「これから」の事柄についても、機能不全に陥った結果、日本から戦略的思考が失われてしまった。


「浅田真央選手を守れ」シリーズで試みようとしているのは、歴史的思考、戦略的思考を取り戻すためのささやかな実験でもあります。これまでは、「どうしてマスコミは浅田選手とキムヨナをセットにして取り上げるのか」という問題を、韓国の「対称性の構図」戦略と朝鮮の良賤制とのアナロジーという観点で考えてきましたが、次回から「どうしてキムヨナは不自然な高得点を取るのか」という問題に踏み込んで考えてみたいと思います。今度は朝鮮の「事大主義」の問題が前面に現れてきます。「良賤制」と「事大主義」が表裏一体であるように、「マスコミが浅田選手とキムヨナをセットにして取り上げる」ことと「キムヨナが不自然な高得点を取る」ことはまさに表裏一体です。

(出典: WJFプロジェクト「歴史的思考の喪失」2012年12月20日)

当時、浅田真央選手とキム・ヨナ選手の問題を取り上げ、分析を行っていましたが、

1. 日韓の間で、対称性の構図を作る (良賤制的二項対置。アダム国家とエバ国家という統一教会の掲げる日韓関係も同じ。)

2. アメリカや国際スケート連盟など、グローバル勢力への事大を通して、最終的に韓国側が優位に立つ状況を作る。(事大主義による韓国の優位性)

という同じパターンが、今回の、慰安婦問題に関する日韓合意においても、執拗に反復されていることがわかります。

「これまで」と「これから」をつなぐ自己認識の物語としての歴史、という課題については、下の四章に収斂されつつある、「グローバリズムと神道」という小論の執筆を通して挑戦中です。

第一章 垂直方向上方からふりかかるもの
第二章 垂直方向下方に横たわるもの
第三章 水平方向後方からよびかけるもの-神祇史観-
第四章 水平方向前方に待ち受けるもの-一瀉千里の奔流となりうる日-

WJFプロジェクトは、同じ問題意識を手放すことなく、長く、深く、暖めてきました。
*
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

2分化論を設定した者たちが真の敵

2者間対立構図を作って思想統制をしようというやり口は古典的手段ですね。もはや為替・株などの経済や水・食料・燃料などの資源が外交カードとなり混迷を極めた現在でも、左翼右翼・共産主義資本主義の2分化論者が言動の場で幅を利かせているというのは、グローバル化に対抗しなければならない状況下で実に致命的です。国民共通の敵をスケープゴートとして用意してお互いに争わせておけば、政財界ハンドラー達は自分達に火の粉が降りかかることなく笑って私腹を肥やすことができますからね。

反特亜論・反サヨク論のみに徹する輩や、反日論者は踊らされていることも認識できずに真面目に馬鹿をやってるか、カネのためにビジネス活動者(利益目的の個人投資家もこれに含む)としてやってるかのどちらかだと思っています。特に後者は為替の上下だけで与党批判から賞賛に変わったなど、某生配信でもけっこう見受けられました。そして今や左翼右翼や愛国者という言葉が捻じ曲げられ、全く意味を成していないということです。
WJFプロジェクトについて
ご寄付のお願い
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
蓮舫の二重国籍問題のジレンマ

違う入り口を選んだハズなのに、ドアを開けると、同じ出口につながっている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。