3年前を振り返る(1)

戦いに備えよ。
3年前の2013年7月の参院選の 6年間の任期満了に伴い、議席の半数が改選される参議院選挙を夏に控える今年2016年は、同じく夏に参院選を控えていた、安倍政権が発足した直後の2013年を彷彿とさせます。

安倍政権は、衆議院を解散して衆参同日選挙を計画しているとの報道も流れていますが、3年という月日が経過して、再び、私たちは重大な局面を迎えようとしています。

自民党の圧勝という、日本人の大敗北に終わった2013年7月の参院選の後、私は次のように記しました。

今回安倍政権を支持し自民党に投票した人たちも、これが反自民勢力の敗北ではなく、日本全体の敗北であったことをまもなく知ることになるでしょう。私たちが警告してきたことを、ご自分の目で直接見、ご自分の体で直接味わうことになります。

嘘だと思うのならば、1年後、2年後、数年後にこのブログに戻ってきて古い記事を読み返してみるとよい。いや、わざわざ一年も待たなくともよい。今年の1月以降に私が書いてきたことを今読み返してみればよい。TPPにせよ、消費税増税にせよ、私が書いてきたことは、あらかたそのとおりになってきたではありませんか。

(出典: WJFプロジェクト「日本の終わりのはじまり」2013年7月21日 )

そこで、今後の戦いに備えていくため、2012年12月の安倍政権発足の頃から、2013年7月の参院選に至る時期の、3年前のWJFプロジェクトの古い記事をいくつか選んで再掲し、あの頃を振り返っておきたいと思います。

今日、再掲するのは、民主党から自民党への政権交代が実現した2012年12月16日の衆議院選挙直前の記事、「『真の保守』とは何か」(2012年12月7日)です。

自民党の圧勝が予想されていた衆院選をひかえ、

「民主党(悪)VS自民党(善)」

という保守を標榜する人たちの間に蔓延していた(今も蔓延している)単純な善悪二元論に、警戒心を抱いていたことがうかがえます。

「真の保守」とは何か

日本人と、外国人(特に西洋人)のものの考え方に顕著な違いがあるとするならば、それは、日本人は「二元性を嫌う」ということではないかと思います。

物事を「あれか、これか」の二つにはっきりと峻別した上で、片方を選び、他方を排除する。これは特にキリスト教の影響の強い西洋文明に顕著に見られる考え方です。

日本人が伝統的に「あれか、これか」といった、二元的思考を持たなかったこと、もっと素朴に自然にシンプルに考える人々であったことは、日本には、西洋に見られる宗教戦争のように信条の違いによって血と血を洗うような歴史や、信条内容の違いにより誰かを死に追いやる異端審問のようなものが存在しなかったという事実にもはっきりと現れています。「日本のアニメには明確な善人と悪人が登場しない」といった指摘もよく耳にします。

このように二元性を嫌う日本の伝統的風土の中で「保守」とはどのようなあり方のことをさすのでしょうか。

「保守VS革新」
「保守VS反日」
「右翼VS左翼」


といった二項を立てて、片方を是とするというのは、日本の伝統的な思考でないことは、既にお解りいただけると思います。

「真正保守」という言葉がありますが、自らの正統性を強く標榜し、他の立場を「偽物」として排除する教条主義的で偏狭な響きを持つこの言葉は、その真正性の主張とは裏腹に、むしろ二元性を好む西洋人やキリスト教の姿勢に近いものであり、日本の伝統的精神を反映してはいないように思われます。

すると、日本人の伝統的な精神の姿に合致した「真の保守」のあり方とはどのようなものでしょうか。

この問題を突き詰めていくと、「保守」という、私たちを特定のあり方に固定したり、条件づけたりする言葉そのものが抜け落ちて、ただ「日本人が日本に対して真摯に責任を果たす」ということだけが残るのではないかと思います。ここでいう「日本」とは、2012年現在、私たちが目にしている時間的に切り取られた「日本」のみならず、その歴史の黎明から、子々孫々の代に至るまでのすべての時代を包摂した一つの共同体としての「日本」を指します。その一員である今の私たちが、時代を超えた共同体としての「日本」に対してどう責任を果たすのかという問題ですから、こう考えると、単なる「反日」や「左翼」への反作用としてではなく、より広い客観的な視野をもって、現在日本が直面する個々の問題と取り組めるようになるのではないかと思います。

「保守」が、「左翼」や「反日」に対する反作用やアンチテーゼに過ぎないものであれば、将来必ず新しい反作用を招きます。そうならないためにも、もっと深い根底に根ざし、二元的な枠組みを超えた「保守」のあり方を私たちは探るべきでしょう。
*
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

またマルチポストですか

しかもナチス・ドイツ時代のドイツ国防軍の兵器名でユダヤ人について語っているのがまた何とも。
そもそも、慰安婦問題とタルムードを同列に扱っている時点で誰も相手にしないでしょうし、「日本民族の遺伝子」だの「日本人独自の遺伝子」だのというくだりを読んでも、「ユダヤ人」や「タルムード」について基礎から学び直してからにして頂きたいとしか思えませんでした。

なんのこっちゃ

オーフェン」

日本人しか知らない秘密って
タルムードみたいなもんとは何なの?
日本人に犯罪民族の烙印を押すなど本気で言ってる?
じゃあ自分の子供にもそうして教えているわけだ
毎日新聞変態記事は素晴らしく日本人を描いているので必ず読め
慰安婦性奴隷 ま軟禁虐殺も真実だ
731部隊は悪魔の化身だった
そう子供におしえるわけだ
これからは犯罪民族としていきる
そこを隠れ蓑にして純潔性を守るのだ
意識だけで可能だ
移民?どんどん来いや 負けねえぞ
強姦?どんどんやれ  負けないぞ
人殺し どんどんやれ 負けないぞ

なぜなら意識があるから

とちくるったか?

ユダヤのように国を持たず世界に散らばれば良いと?或いは窮余の一策?

悪いけど

筋金入りのグローバリストである安倍さんはそんな深謀遠慮など持っているわけがないと思うよ。グローバリストと敵対できずに内側から溶解してしまう、今のままではね。理屈に無理がありすぎて、すんなり入ってこない。何かの信者にのみ通用するものでこちらの読者には通用しないからそんな議論は安部ちゃんマンセーのところでやってほしい。わざわざここでやることないだろう。

オーフェンロール43型よ

あなたが「安倍総理はこう考えているはずだ」と考える一次的なソースはなんですか。
安倍が何かの書物や講演でそのような考えを披瀝したというのでしょうか。
それともあなたは、根拠もなしに、自分の「信仰」を語っているだけなのですか。

安倍がどのような考えに基づいて慰安婦問題で謝罪をし、村山政権すら行わなかった実質的な国家賠償にまでふみきったのか。

私は参考となるソースを提示することができます。

安倍と関係の深い統一教会の教えによれば、エバ国家日本は、アダム国家韓国に対して謝罪をし、償いをし、一つにならなくてはならない。日韓合意は、統一教会のこの教えをそのままなぞるものです。

お父様から統一食口の皆様方へ
韓国という国が日本の為にどれだけの犠牲を負ったのかあなた方は
本当に観念的であり、現実的でないんだね。神様の名の基に、自分の
至福や利益ばかりにとらわれて格好だけは立派であり、全く神様の願う
方向性に心情が向いていない。韓国は未だに、どれだけ、日本の犠牲に
なっていると思う。
日本人は韓国人を救う使命が残っているだろう。日本の使命は韓国と
1つになる事であり、また、何によって、1つになるの?それは真の愛
(天宙真の真理)である。天宙真の真理によって、神様の基台が成され
ようと、また、全てを統一化できる時をやっと迎えたというのに日本人の
あわれな姿によって、閉ざされようとしているではないですか。
エバ国家日本は、アダム国家韓国に対して大きな悔い改めをしなければ
ならないというのに、未だに、韓国におんぶされているのです。
あれだけ韓国において、いろいろな現象を見せて必死に霊界が教えて
いるにもかかわらず。


http://www.geocities.jp/daniel_king_25/ctpf38.html

http://www.familyforum.jp/2012111313079
https://www.youtube.com/watch?v=jEjSCHff6yk

No title

日本人だけが知っている秘密・・・本当にそうなれば、たしかにいいかもしれない

でも現実は日本人すら知らない秘密になるだけだろうよ

河野洋平や朝日新聞は単なる無自覚な売国奴!

WJFさん、答えさせて頂きます。
河野洋平や朝日新聞は、韓国・朝鮮の立場に立ち、日本人と世界を「嘘」の歴史で騙そうとしました。
それは単なる売国です。
それに対し安倍総理は日本人を歴史の「真実」で目覚めさせる一方、グローバル勢力には日本人を永遠に断罪させるための歴史の「嘘」を与えました。
ここに、彼らの独善を利用して日本人とグローバル勢力を永遠に敵対させる仕掛けを埋め込んだのです。
日本民族がグローバル勢力に取り込まれ民族意識を失って霧消することがないように、日本民族だけが共有するグローバル勢力に敵対する自意識を持たせた。
この安倍総理の深謀遠慮を偉大と言わずして何と言えましょう。

オーフェンロール43型よ

あなたの理屈は、安倍晋三ほど酷いやり方ではないが、同じように慰安婦問題に関する誤解を世界に広げることに貢献した河野洋平や朝日新聞にもあてはまってしまう。

ならば、あなたは言うべきだろう。

「河野洋平や朝日新聞の偉大さをなぜ理解できないのか」と。

安倍総理の偉大さを何故理解できないのか?

慰安婦合意で安倍総理を批判するのは間違いだ。
在日朝鮮人は民族の純血性を守る為、進んで差別される状況を作る。
安倍総理は、グローバル化する世界の中で日本民族の遺伝子が失われないよう、日本人だけが差別される状況を作ったのである。
つまり世界の人と共有できない、日本人だけが知っている秘密を作ること。
これがどれほど民族にとって大切なことであるか。
このことより日本人同士の紐帯は増し、一方で他民族との壁を作れる。
これから日本に移民を導入すれば混血が進み日本人独自の遺伝子は失われて行く。
そうなると純粋な日本人の数が減り、やがて居なくなってしまう。
それを避けるには、日本人と他民族の間に決定的な壁を作る必要があったのだ。
日本人に犯罪民族の烙印を押させることで、他の民族と日本人の間に打ち解けられない決定的な壁を作りだすことができる。
日本人だけが真実を知っていて、世界の他の民族は知らない真実を持てる。
他の民族と共有することのできない知識。
世界の人が知っていることと正反対の日本人だけが知る真実。
これがとても重要なことを安倍総理は知っている。
ユダヤ人が世界に散らばりながら民族性を失わなかったのは、彼らが迫害される民であり、他の民族が知らないタルムードの教えを守って来たからだ。
日本人に犯罪民族の烙印を押させることで、ユダヤ人が持っているような民族共有の秘密を日本人は手に入れたのである。
その秘密を守るものが日本人であり、知らない者は日本人では無いのだ。
民族と民族の間には、混じり合わない為の意識の壁が必要だ。
安倍総理はそのことを知っているのである。
安倍総理は偉大である。
永遠にグローバル化できない強い知識を持つことでグローバル化を生き延びることが出来る。。
それが民族混合の時代に日本民族が生き残るカギであることを総理は知っていたのだ。
http://www.youtube.com/watch?v=PzCZomuHVVQ
WJFプロジェクトについて
ご寄付のお願い
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
蓮舫の二重国籍問題のジレンマ

違う入り口を選んだハズなのに、ドアを開けると、同じ出口につながっている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。