釜ゆでになる国民

あなたがたの愚かさのツケを、未来の世代が払う。
下の絵は、子どもと一緒に釜ゆでにされる石川五右衛門を描いた歌川国貞による江戸時代の錦絵です。



朦朧とする意識の中で、子どもを煮えたぎる油につけさせまいとして、父親が最期の力を振り絞っている悲しい絵です。

消費税増税、円安による物価高、残業代ゼロを認めた労働基準法の改悪、配偶者控除の廃止、派遣法の改悪、高額療養費の負担増、非正規雇用の拡大、外国人労働者の受け入れ拡大、消費者金融の上限金利引き上げ、GDPのマイナス成長、実質賃金の低下・・・

99%の国民のあらゆる犠牲の上に、株価(1%の人々の私腹)の上昇のみをねらったアベノミクス。

TPP参加が決まれば、国民生活は、今後ますます酷い釜ゆで状態になっていきますが、子どもを熱湯につけさせまいとして力を奮うどころか、自分たちの子どもを釜の中に放り込んで、安倍晋三と共に、うれしそうに薪をくべ、火に油を注いできたのが安倍信者です。

警告の声に耳をふさぎ、

「安倍政権は救国政権」
「安倍政権は日本の最期の希望」
「安倍さんを信じよう」
「安倍さんを守ろう」
「安倍さんを批判するのは反日左翼」
「安倍さんを批判するは中国・韓国の工作員」
「安倍さん以外に誰がいる」
「民主党よりまし」
「安倍さんの周りが悪い」
「安倍さんの真意は他にある」
「参院選までは臥薪嘗胆」
「参院選に勝てば本格保守政権が誕生する」
「泥の中をかき分けるように安倍さんを支持し続けよう」
「構造改革の臭いをかいだだけで安倍支持をやめるのは革命だ」
「安倍さんは通名を廃止し在日を日本から追放する」
「TPPはマスコミの飛ばし記事」
「消費税増税はマスコミの飛ばし記事」
「消費税増税は財務省の木下のせい」
「TPP絶対反対・安倍政権絶対支持」

などといって、安倍晋三という類例のない売国奴を支持し擁護し続けてきたバカタレと、インチキ保守の反日工作員どもは、未来の世代に代わって、仲良くそろって真っ先に釜ゆでの刑を受け、地獄に墜ちるべきでしょう。



安倍批判を展開していたWJFプロジェクトが安倍信者どもから激しいバッシングを受けていた、三年前の古い記事を引用します。

あなたが作り出す地獄の中で、あなたの子がのたうつ

「新自由主義政策を実現するために、人々の愛国心を利用する。」

小泉純一郎や橋下徹と同様、これが安倍政権の本質です。

「新自由主義」という言葉が何を意味するのか、具体的にイメージしにくい方は、小泉政権時代を思い出してください。

社会の格差が広がり、「勝ち組」と「負け組」に国民が二分されました。ホリエモンのように一攫千金をものにする人々がいる一方で、失業者や、派遣労働者、お正月をあたたかな家の中で迎えることすらできないたくさんのホームレスが街にあふれました。自殺者も増えました。まじめに汗水垂らして働くことがばかばかしくなり、いかに楽をして儲けるかばかりを考える風潮が広がりました。家庭の主婦までもが投資にのめり込むようになりました。

靖国神社に参拝し、愛国者のふりをしながら、このような社会を日本にもたらしたのが小泉純一郎でした。そして、そのとき幹事長として小泉純一郎の売国を補佐していたのが安倍晋三です。

TPPや道州制が実現してしまったら、そのときに訪れるであろう格差社会は小泉時代の比ではありません。

「安倍さん、さすが」と手を叩きながら、

みなさんは、自分の子どもたちに地獄を用意しています。

「どうして、こんな世の中なの?」

「どうしてこんなに生き辛いの?」

彼らが、みなさんを恨めしそうに見つめる日がまもなくやってきます。


みなさんは日米同盟のためなら、TPPも仕方がないと考えるかもしれません。

安倍さんが決めることならば、安倍さんを信じて、受け入れようと思うかもしれません。

しかし、子どもたちに、上のように問われたとき、

「日米同盟のためなのだから、仕方がないじゃない。」と説明できますか?

「安倍さんが決めたことなのだから、がまんして受け入れなさい。」と答えられますか?

子どもたちに地獄を味わわせたくなければ、

今、体を張って、TPPと道州制を止めて下さい。

それこそが「大人の」日本人の責任であり義務です。

日本は、今、大変な危機の状態に置かれています。

目を覚ましていただきたい。

そして、声を挙げていただきたいと、強く願います。

(出典: WJFプロジェクト「あなたが作り出す地獄の中で、あなたの子がのたうつ」2013年2月21日)
*
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>TPPや消費税増税や原発に表向きで反対している?
>しかしそれが嘘であり、単なるガス抜きの為の演技であるという可能性を疑わないのですか?
なんだそのコシミズみたいな陰謀論は
そんなことを言い出したらまともに自民党を批判してる奴までみんなガス抜きってことになるだろ
少なくとも反対してんだから裏切らない限り応援するのが当たり前
お前みたいな最初から諦めて選挙にも行かず誰がやっても同じ、何も変わらないとか言ってる奴が多いから
自民党政治が永遠に続くんだろ

No title

ざっとまとめると
・売国政治が自民党だけだと思ってる
・共産党や社民党や山本太郎は日本の為に動いている政党であり政治家である
・自民党や民主党よりまともな政党が日本に存在すると思っている

といった感じでしょうか。

私から見るとこのような短絡的思考に陥ってる人は安倍信者たちと何の変わりもありません。断言しますが日本にまともな政党なんて最初からありません。
私は軽い気持ちで「現状として誰もかれも日本の為に動く政党や政治家はいません。」と言ったわけではありません。与党と野党、安倍信者と反安倍勢力の言動、背後にある外国勢力の策略や圧力を冷静に分析し導き出した答えです。

自民党に騙され、民主党に騙され、また自民党に騙され、次はどこに騙されますか?次は共産党や社民党や山本太郎に騙されるのですか?TPPや消費税増税や原発に表向きで反対している? しかしそれが嘘であり、単なるガス抜きの為の演技であるという可能性を疑わないのですか?またTPPや消費税増税や原発に表向きで反対している政党の所属議員が増えたからといって、議員みんなが同じように反対する保証はどこにありますか?共産党や社民党や山本太郎が政権を取ればもう日本は安泰だ、何も心配はいらないとまるで今の安倍信者のように、壊されて行く日本を手を叩きながら応援し続けるのですか?安倍自民がTPP反対や愛国で騙したように、他の政党や政治家も平気で国民を騙すだろう。私はそこまで政治に不信感を募らせてすべてを疑っています。

よくねじれを作れなどといろんな方が言いますが、次のような展開を思い浮かべて見てください。
売国政党A + 売国政党Bという組み合わせの与党はもちろん売国しますよね?
しかし本来ならばそれをねじれで阻止するはずの野党の正体が売国政党C + 売国政党D + 売国政党Eという集まりだった場合何が起きるのか?
後は自分で考えたり想像してみてください。現在日本を取り巻く政治状況はそのような悲劇的な状況に陥っている(またはこの先陥っていく)といっても過言では無いと私は思うのです。作り出すべきねじれは政党間のねじれよりも、政治家と国民の間のねじれであるべきだと思います。政治家は平気で嘘をつき、国民を騙す者なんだということを知ったうえで考えるべきです。

最初からまともな政党や政治家など存在しないという視点で見て、またこの先も出てこないと言う視点で考え、次々と金太郎飴のように出てくる売国を国民の力でモグラ叩きのように叩き出す。この国を外国に売り渡し、亡国へ導く者は名を変え人を変え次々と現れます。グローバリズムという世界各国をごちゃ混ぜにしようと企む勢力を叩き出し、グローバル化という狂った羅針盤を正常に戻す唯一の抵抗方法は攘夷論だと思います。攘夷精神こそが時代に合った真の保守の理念であると考えます。その為には受け皿が必要であり、そこから知識を共有し、思想を深め、士気を高め、同志と共に立ち上がらなければなりません。攘夷精神としての国守りに終わりは無いのです。

No title

>現状として誰もかれも日本の為に動く政党や政治家はいません。
そんな認識だからいつまでも政治は変わらず自民党の売国政治が加速し続ける

TPPや消費税増税や原発に反対してる共産党や社民党や山本太郎は日本の為に
動いている政党であり政治家
全ての政策が正しいとは言わないが少なくともそういう自民党や民主党より
まともな政党を選ばなかった国民のツケが今の惨劇を招いている

No title

日本人ひとりひとりに日本を守る為には自己犠牲を厭わぬ自発的な覚悟と行動が必要だと思っています。
誰かに縋っていればそれでいいといい、誰かに任せておけばそれでいいなどという受動的な考えを持つ人間が少数にならない限りはいつまでも日本は外国からカモにされ続けるでしょう。

No title

「日本の保守難民」の受け皿になれますか?

保守難民の発生

支持していた政党や政治家による痛恨の売国、または裏切り
支持していた保守団体、活動家の二枚舌

などの現実を目のあたりにして怒り、幻滅、失望、絶望を抱えながら日本の保守難民が大量に発生します。中東で家と生活を破壊された難民が安住の地を求めて移動するように、日本の保守難民も安住の地を求めて移動します。ある者は今まで持っていた日本的思想を完全に破り捨て、180度逆に振り切れてしまう人もいるでしょう。

保守難民は反日左翼(不快は承知であえてこの言葉を使います)に吸収され180度逆を行くのか、安倍保守に再吸収されるのか、両者ではない第三の受け皿を見つけ出しそこから新たに再出発するのかの三択だと思います。
例外として政治への興味を金輪際無くし、選挙にも行かず国が売られようが苦しめられようが滅ぼうが関係ない「無機質な日本人」として生きるのか?
しかしそれは選挙権を持つ日本国民として正しい生き方では無いので例外としました。

多くの保守難民は諦めない気持ちを持っていることだと思います。
そして同時に受け皿を求めています。
それは安倍支持者などが口にする「安倍以外に誰がいるのか」という言葉からも読み取れます。受け皿さえあれば安倍でなくていいのだと思います。
しかし政治内部を見回せば、現状として誰もかれも日本の為に動く政党や政治家はいません。
だからこそ「安倍以外誰もいない」などという幻想、現実逃避に陥ってしまうのでしょう。

既成の保守団体等にも少し変化の兆しが見えてはいますが、まだまだまったくもって不十分と言っても良いでしょう。
AもBもダメならCという選択、このCという受け皿が政治にも国民にも圧倒的に不足しているように見て取れます。
政治がダメならせめて保守難民(日本国民)が反日左翼にも国賊安倍保守にもどちらにも吸収・再吸収されないように、草の根としての受け皿こそが必要なんだと再認識しました。
WJFプロジェクトもその役割を担える数少ない受け皿の一つだと思います。

WJFプロジェクトにも保守難民たちが流れ込むでしょう。その時はどうか暖かく迎い入れてあげてください。目覚める者を増やす機会は何度でも来ます、受け皿としても踏ん張りどころであると思います。私自身もやれることはやっていくつもりです。

最後に
本当の反日勢力、外国勢力は日本人同士での争い、そして分断を誘います。このことはWJFプロジェクト自身がとっくに熟知しているはずです。昨今の政治情勢を見ると安倍自民公明vs民主共産その他野党の連合という二極化した状態になっていく気配があります。
私にはこの構図こそが既に反日勢力、外国勢力によって仕掛けられた彼らにとって都合が良く、支配しやすい日本を構築する為の工作だと思ってます。

難しいことですが、その思惑にまんまとハマらないように、また誤解を受けないように上手く受け皿としてご活躍してくださるよう願っております。

AJCNレポート: 海外メディアは慰安婦問題日韓合意をどう報じたか? -日本人が知らない歴史戦完敗-



我々が調査した限りでは「日本政府は潔く謝罪した。韓国は受け入れるべきだ」と主張する海外メディアは皆無でした。すべてのメディアに共通しているのは「日本政府がついに性奴隷制度を認めた、その多くは韓国人女性だった」との断定で、これまで日本の民間団体による反論で消えかかっていた20万人強制連行という言葉も亡霊のように蘇っている、ということです。中には、10代のうら若き処女を拉致、強制的に売春させ、果ては殺したというような酷い話まで載っているケースも複数あり、その傾向は時を追って過激度を増しつつあります。最近顕著になっている中国からの「40万人強制連行説」が散見されるのを見ても、日本を悪魔化し、孤立させたい勢力から強力なプロパガンダが行われていることが推測されます。また、案の定、韓国以外の国にも賠償すべきだという論調が目立ちます。以下、海外報道の一部をご紹介します。(本文より抜粋)


AJCNレポート: 海外メディアは慰安婦問題日韓合意をどう報じたか? -日本人が知らない歴史戦完敗-
jcnsydney.blogspot.com/2016/01/ajcn_8.html




AJCNレポート: 海外メディアは慰安婦問題日韓合意をどう報じたか? -日本人が知らない歴史戦完敗-



オーストラリアで、韓国の反日団体と、最前線で戦われている日系人グループの『AJCN』さんから、今回の日韓慰安婦合意に関する海外メディアの報道を、多数、報告して頂けました。

↓  ↓  ↓

AJCNレポート: 海外メディアは慰安婦問題日韓合意をどう報じたか? -日本人が知らない歴史戦完敗-
jcnsydney.blogspot.com/2016/01/ajcn_8.html



内容は、かなり、日本人にとって、絶望的なものとなっております。
海外の最前線で、韓国の反日団体と戦っておられる方達の、生の声、いえ、悲鳴、となります。

どうか、皆様、上記記事の、拡散を、お願い致します。
そして、それが・・今、私達にできる、彼等(AJCN)への、せめてもの『サポート』となるのではないかと存じます。
どうぞ、皆様、よろしくお願い致します。

また、次のコメントに、本文の一部を、転載させて頂きます。(連投、失礼致します)
その上で、どうか、全文、目を通していただきたく存じます。
どうぞ、皆様、拡散のほど、よろしくお願い致します。

m(__)m




WJFプロジェクトについて
ご寄付のお願い
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
蓮舫の二重国籍問題のジレンマ

違う入り口を選んだハズなのに、ドアを開けると、同じ出口につながっている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。